FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


世間は、株高・円安効果により「脱インフレ」だの「景気回復」だの威勢の良い言葉が
並んでいますが、正直どんなものなんでしょう・・・?
これらに恩恵を受けるのはほんの一部の富裕層に大企業の社員程度で、
一般庶民にまでお金が循環する事なんてあるのでしょうか?
あったにしても、まだまだ当分先でしょうし、
その頃には消費税や電気代だの諸々値上がりの後だから、
景気回復を実感できる日々は永遠にないものと思った方が良いのかもしれません。

それを見込んだのかどうかは分りませんが、まだまだ普通のサラリーマンの財布のひもは固いと
睨んだのが牛丼業界なのかもしれませんよね。
先日先陣を切って、すき家が牛丼一杯250円、続いて松屋、そして驚いたのが
吉野家でしたね。
だって狂牛病以前の水準にまで値下げ、しかもすき家・松屋のように期間限定ではないそうですから
びっくりしましたよね。
確かにありがたい事はありがたいのですけど・・・

私は中学・高校の頃は仙台の片隅にいましたけど、当時は仙台周辺に
吉野家自体店舗数は少なく、学校の近くに吉野家が開店した際は、ちょっとした大騒ぎに
なったものです。
「だれそれの姉ちゃんが、吉野家でバイトしている」
「あそこの店長は自分の親せきで、頼めばおしんこ程度はサービスしてくれる」等々
ヘンな噂が飛び交ったものです・・・
(田舎だから仕方がない・・・)

大学生になって上京し、最初の一年間は大宮に住んでいたのですが、大宮駅前だけでも
二軒吉野家があり、
「さすが都会じゃん・・!!」と妙にあの時は感動したものです。

だけどその当時、1984年頃の吉野家の牛丼は確か並盛一杯400円だったから、あれから30年近く経過
しても値段が変わらないというか、値下がり後の280円という価格を考えると、
これは「奇跡」としか言いようがない感じですよね。
当時銭湯は、確か230円で、現在は440円だったから、ほぼ倍近くまで値上がりしている事を
考えると、企業努力には本当に頭が下がる思いです。

話は変わりますが、牛丼チェーン店って「マニュアル」はあるはずだと思うのですが、
店舗によってというか、人によって何か微妙に作り方・味に差があると感じるのは
果たして私だけなのでしょうか・・・?
何かよーく煮詰まったもの、固い感じがするもの、赤身ばかりの生臭い感じがする時、
微妙なレア感が非常に素晴らしい時など
その時その時、店舗によっても、人によっても
何か微妙な温度差を感じてしまいます。

個人的には、国道17号線沿いのマルエツ蕨店の近くというか、デニーズの隣の
「松屋」は、毎回レアな食感がGood!!と感じてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/353-00c4b192
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |