プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日の当プログの記事は「キラキラ☆プリキュアアラモード」の被り物としての「プリキュアショー」の事でしたけど、
改めてあのショーでの写真を眺めてみると、
中学生組の可愛らしさと高校生組の大人っぽさのあの「対照性」がとても素敵ですし、
物語として初期設定からそうした「明確な違い」を見せているのはとても面白い事ですし、そうした立ち位置とか年の違いを
乗り越えてどのように「プリキュアチーム」としての交流・結束が図っていけるようになるのか
その辺りも今後とても楽しみになってきたと思います。
そして同じ高校生組の中でも、あきらとゆかりの違いが極めて明瞭というのも大変興味深いものがあると思います。
プリキュアショーの中でも、
まさに「王子様!」に相応しい感じのあきら=キュアショコラと
大人っぽいエレガントなレディでもあるのですけど同時に「高校生らしい少女」みたいな可愛らしさも醸し出している
ゆかり=キュアマカロンの違いはかなり明確であったようにも感じたものでした。

今作においてはプリキュアに変身後に各プリキュアに獣耳と尻尾が備わっているのも歴代プリキュアには見られない
大きな特徴とも言えるのですけど、
耳に感としては、うさ耳のホイップとネコ耳のマカロンが大変印象的ですし、
尻尾に関しては、最初の印象ではリスがモチーフのカスタードが一番目立っているのかな・・?とも予想したのですけど、
実際はショコラの尻尾の大きさがかなり目立っているようにも感じたものでした。

それにしても今作は今の所では敵キャラの影がうすいですね・・・

敵の概要とか目的とかその組織等についてはまだほとんど描かれていませんし、今作はジコチュー・サイアーク等の
いわゆる化物系が登場しませんし、敵キャラがパワーアップする事でそうした怪物化するという簡素化(?)されている上、
「浄化」みたいな撃破もされずに毎回毎回プリキュア達に敗れるとはるか彼方にふっ飛ばされるだけ・・という事で
済んでいる事も印象が希薄という事になっているのかな・・とも思います。

「キラキラ☆プリキュアアラモード」の第7話においては、そうした敵について語られるのではなくて
プリキュアサイド側の妖精の事が語られていて、ペコリンや長老がどうしていちか達の住む世界にやって来たのかが
語られていましたけど、
改めてよく見てみると、ペコリンやその仲間たちって「スマイルプリキュア」に出てきたメルヘンランドの妖精さんみたいな
雰囲気の人達ばかりでしたね・・(笑)
やっぱり「キラキラ☆プリキュアアラモード」に雰囲気というか世界観が似ていそうなのはスマイルなのかも
しれないですね。

あの第7話でのいちかはとっても可愛かったですし、少しは(?)プリキュアらしい自覚もちょびっとは出てきたようで(笑・・)
仲間たちとはぐれて「孤独感」を実は胸に秘めていたペコリンを気遣ってあげたり、
そうしたペコリンを危害を加える敵キャラをプリキュア伝統の「絶対に許さない!」という事で果敢に戦ったりと、
いちかは単なる可愛いだけのポンコツちゃんではない事もよーーく伝わってきましたので、
大のいちか=キュアホイップ好きの私としては大変安堵するものもありましたし、そうしたいちかを心配して
こっそり後を付けてきていちかをサポートしていた4人のメンバーもとても素敵だったと思いますし、ニカッ・・とするあおいが
可愛すぎる・・・!!と改めて感じたものでした!

あ・・・いけない・・今は第6話の語りであって、プリキュアショーや第7話では無かったですよね・・・(汗・・)








たぶん誰しもが感じている事だと思うのですけど、第6話におけるあきらのいちかに対するあの「お姫様抱っこ」は
本当に素晴らしかったですね!
風で飛ばされたタオルを拾おうとして無茶なジャンプをしたいちかを、ダイビングキャッチしてお姫様抱っこするあきら
でしたけど、あのあきらの様子は、ともすれば男装の麗人とか宝塚みたい・・・とか言われがちなあきらでは
あるのですけど、どちらかというと「王子様・・」みたいな雰囲気の方が強かったようにも感じられます。
否! 王子様・・・というよりはむしろ「可愛い女の子が王子様のコスプレをしちゃいましたぁ・・!」みたいな印象の方が
強かったようにも感じられます。
あきらは既に公式HPにてスカートを穿いた高校の制服姿がお披露目されている事もあったのですけど、
ハートキャッチのいつきのような「男の子のような女の子」みたいな印象は正直あんまりなくて、
私的には、プリキュア5のりんちゃんみたいに「ショートカットがよく似合う女の子」みたいな印象の方が強いです。
というか・・・あきらがキュアショコラに変身した際のあのミニスカートと絶対領域は素晴らしすぎると思います!! (笑)

それにしても女の子が女の子を抱っこするお姫様抱っこは素敵すぎますね!

歴代のお姫様抱っこというと、私的にはプリキュア5GoGoにおいてルージュがドリームを
アラジンと魔法のランプの魔神から救出する際にやってくれたあのお姫様抱っこシーンがとても印象的でしたけど、
今回のあきらによるいちかへのお姫様抱っこは、
とにかく「かっこいい!」という感じでした!
お姫様抱っこじゃないですけど、初期の頃のスイートの「音吉さんの秘密」の回における
海岸シーン・・奏が響に対して放ったあの不滅の名言・・・「足くじいた・・おんぶして!」による響が奏をおんぶしたシーンも
素晴らしいものがありましたし、
あれは歴代プリキュアにおける最高の百合シーンの一つなのかもしれないですね・・(笑)
そんなシーンは存在しないのですけど、もしも響が奏をお姫様抱っこしたらこれほどお似合いそうなカップリングも他に
いないのかもしれないですよね・・(笑)

だけどそんな事よりも、私は・・・是非是非あんな可愛いいちかをお姫様抱っこしたいですし、
二度に渡るあの場面は私は剣城あきらになりたかったですっ!! (滝汗・・!)




76890968-s_convert_20170318191910.jpg



いちかがあきらを勝手に「高校生のお兄さん」と勘違いして初恋状態みたくなってしまうのは、
ハートキャッチのつぼみ先輩を彷彿とさせてくれますが、
いちかも同じでしたね・・! この娘は惚れっぽいタイプなのかな・・?
恋に恋する乙女の額の熱さは、あおいがいちかの額に手を当てると「あちちっ・・」という感じでしたけど、
このあおいの「あちちっ・・」はなんか昭和の頃のアニメみたいなレトロ感が漂っていましたね・・(笑)
それにしてもいちかは第5話でゆかりに顎をこちょこちょされて第6話ではあきらにお姫様抱っこされるなど、
やっぱりいちかは素敵な「みんなの可愛い妹」みたいな存在ですよねっ!! (笑)
うーーむ、私には残念ながら妹はいないけど、こんな可愛い妹は今すぐ欲しい!という感じなのかも・・ですね・・(笑)
歴代プリキュアで「妹」になって欲しいのは、ブッキー・つぼみ・みゆき・めぐみ・みらいあたりなのかな・・?
お姉さんになって欲しい御方は、かれんさんと今作のゆかりなのかな・・?
お嫁さんになって頂きたいのは、りんちゃんまたはゆうゆうですっ!! (笑)

それにしても、ゆかりの反応はとても面白いですね!
(第7話で知っていてとぼけていた・・というのが判明しましたけど、それもゆかりらしい話ですね! 笑・・)
「ふふ・・初恋かしら・・」・「面白い・・」・「剣城・・そう・・」
既にゆかりは全てを分かっていたけど「いちかのドタバタぶりを見てみたい・・」なーんていうちょっと悪趣味な所は、
やっぱり東方のゆかりん=八雲紫様の生まれ変わりみたいな御方なのかもしれないですね・・・(笑)
ゆかりん=八雲紫様がみる夢が東方旧作のメリーとか言われる事も二次創作ではあるようですけど、
同様にゆかりん=八雲紫様が見る夢の一つが、琴爪ゆかりのある訳はないですよね・・(滝汗・・!)




30ec3edf-s_convert_20170318191806.jpg



あきらには病弱の妹がいて、その妹が大好きというチョコを買うために、あおいたちの粋な(?)はからいもあり、
いちかとあきらのデートが実現してしまうのですけど、
両親が妹・みくの看病のために病院の近くに引っ越したたため、両親の元を離れて、
祖母と同居する事になった事情を打ち明けていたところ、ビタードが襲来し、あきらが妹のために買ったチョコは
奪われてしまいます。
町中のチョコからキラキラルが奪われ意気消沈するあきらに、いちかは「チョコを作りましょう」と提案するのですけど、
こういういちかのひたすらにまえむきな所は本当に素晴らしいものがありますし、
まさにピンク系プリキュアの鑑なのだと思います!
そしていちか達はチョコ作りを開始し、いちかはなぜか・・?「犬」のデコレーションをするのですけど、
うーーむ、既にいちかは後のあきらのプリキュア化・・そして犬キャラのプリキュアになるという事を予感
していたのかな・・・?? (笑)
この時、あきらはその犬のチョコを「かっこいい」ではなく「かわいい」と感想を述べたため、
ひまりとあおいはあきらの「正体」(?)に気が付くのですけど、
いちかは当然ながらこの時点ではいまだに気が付いていません・・・(笑)

うーーむ、いちかのこの「鈍感さ」は、あの偉大なるめぐみ大先輩の鈍感さを超越する可能性もありそうですね・・・(笑)



814e7e32-s_convert_20170318191849.jpg



0d676366-s_convert_20170318191743.jpg



それにしてもあきら=キュアショコラは凛々しく格好いいですね!

いちか達のチョコ完成後にビタードが襲撃し、いちか達はプリキュアに変身し戦うのですけど、
パワーアップしたビタードの攻撃で吹き飛ばされ、いちかは・・なんと・・!変身が解けてしまいます!
というか・・・プリキュアとして変身後にこの程度の(?)ダメージで変身が強制的に解除され、正体がばれてしまうのは
歴代プリキュアとしては大変珍しいのですけど、
ま・・・この後すぐ、いちかはまたまた再度、あきら=キュアショコラにお姫様抱っこされてしまいますので、
それはそれで「予定通り!」という感じでしたね! (笑)
余談ですけど、歴代プリキュアの矯正変身解除シーンで一番インパクトがあったのは、
ハートキャッチ第10話にて、ブロッサムとマリンがダークプリキュアに敗れ去り、変身が解除され
下着姿(?)になってしまったシーンなのだと思います。

「私達に構わず早く妹さんにチョコを届けて」と言ういちかの涙を、
あきらは親指で優しく拭い「置いていけると思うかい?」と微笑んでいましたけど、
も――、まさにあの時のあきらさんは「王子様!」そのものでしたね!

そしていちかをビタードの攻撃から身を挺してかばい、
「いちかが自分と妹のために作ってくれたチョコを守りたい」と願ったあきらはキュアショコラへと覚醒する事に
なりましたけど、
まさにお約束の展開でしたね!

この第6話でようやく5人のプリキュアが勢揃いする事になりましたけど、
中学生組と高校生組の交流を含めて、今後ますます楽しみになってきたと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3529-a0b0b8bc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |