プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


冒頭で少しばかり私信を・・・

改めてですけど、アミグリさん、3月24日のお誕生日おめでとうございます!

そして何よりも・・・!!

本当に多くの皆様より、当ブログやアミグリさんのブログ「dream fantasy 」にとっても素敵なお祝いメッセージやお祝い絵を頂きましたことに深く深く感謝申し上げたいと
思います!
皆さま、本当に今回はありがとうございました!

お祝いコメントを頂きました、みけねころんそう 様 ・ napo 様 ・八咫烏(冬眠中) 様 ・ kirakiya.rumari 様・ごにぎり 様
schwert  様!! 本当に素敵なお祝いメッセージを頂きましてありがとうございました!!
更に・・!
アミグリさんの「お誕生日おめでとう絵」を描いて頂きました、みけねころんそう 様 ・ うみ 様 !
お忙しいところ、とっても素敵なお祝い絵を描いて頂けた事に改めて感謝申し上げたいと思います。
ありがとうございました!

みけねころんそう 様のとっても可愛い春雨ちゃん! うみ 様の優しい眼差しで花束がとつても印象的な霊夢!
とても素敵でした!
改めてありがとうございます!

みけねころんそう 様のとっても可愛い艦これの春雨ちゃんイラストをご覧になりたい方は、
是非 艦これの春雨ちゃん!
をご覧頂ければと思います!

艦これの春雨ちゃん!

そして、うみ 様の とってもふんわりと優しい眼差しの霊夢のイラストをご覧になりたい方は、
是非是非・・ うみ 様の赤リボンと花束が印象的な可愛い霊夢 をご覧頂ければ幸いです!

→ うみ 様の赤リボンと花束が印象的な可愛い霊夢

みけねころんそう 様 ・ うみ 様 ! とっても素晴らしいサプライズの贈り物を頂きまして
今回は本当にありがとうございました!
心の底より感謝の気持ちをお伝えさせて頂きます。


どうかこれからも当ブログもアミグリさんのブログ「dream fantasy 」も何卒宜しくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


本記事は、先日・・「3月7日は早苗さんの日」において後半でちらっと話をさせて頂きました
幻想郷の人里と守矢神社を結ぶ「ロープウェイ」の完成についての補足記事とご理解頂ければ幸いです。
ロープウェイが今後の守矢神社と博霊神社の運営に当たってどのような影響が出そうか等の
私の脳内妄想について簡単に触れさせて頂き、
そして後半は、当ブログではもしかして・・・レギュラー化されているのかもしれない dream fantasy の素敵な管理人のアミグリさんがその「早苗さんの日」に描かれた
とても可愛くてキラキラしてとてつもなく完成度の高い早苗さんのイラストを
転載&ご紹介をさせて頂きたいと思います。

ちなみにですけど、今回の記事は「東方茨歌仙」の第38話をベースにさせて頂いております。

早苗さんの雪かきシーンから第38話が開始されますけど、
やはりここでも霊夢と早苗さんの違いは明瞭に出ているんじゃないのかな・・?と感じますね。
「東方鈴奈庵」でも示唆されていた通り、早苗さんは人里における人間たちに対する布教活動というのか
守矢神社の営業活動もかなり熱心に行っていて、その結果としてなのか、
守矢神社の分社を結構至る所に建立しているような感じもあります。
そしてそうした分社に対する雪かきもちゃんと真面目にしている点がやはり霊夢との「違い」は嫌でも
伝わってくるものはありそうですね・・(笑)
そしてそうした早苗さんに対して、人里の人間たちも雪かきを手伝っていましたし、
お茶やお茶菓子も早苗さんに振る舞っている事から、早苗さん自体が既に幻想郷の人里の人間から
「認知」をされている事を示唆していると思いますし、
早苗さんのこうした地道な布教活動が徐々にではありますが、染み込んできているのかな・・とも感じさせる
エピソード゛だったと思います。
そして、更にさらに・・早苗さんは、霊夢の博麗神社内に祀られている守矢神社の分社の雪かきも
行おうとして博麗神社まで歩いていきます。
ここで一つ興味深い描写がありまして、何かと言うと、早苗さんの口から人里から博麗神社の距離が
提示されていました!
「新雪を歩いて一時間くらい」とのことでしたけど、
そうなると大体4~4.5キロといったところなのでしょうか・・?
人里からは遠いようでもありますけど、決して遠すぎる訳でもないし近いという感じでもなく
その中途半端な距離が興味深いものがあったりもします。
早苗さんがどうして日々こうした人里に対する営業活動に熱心なのかと言うと、
人里から早苗さんの守矢神社があまりにも遠すぎる上、守矢神社自体が「妖怪の山」の山頂に建立されていて
人間たちの参拝が当初から期待できないという事情があったりもします。
ですけど、人里の人間たちが「早苗というあんな可愛い女の子がこんなにも熱心に布教活動をしているのだから
一度ぐらいは守矢神社にお詣りにいってあげたいな・・行ってあげないと悪いのかも・・」と思っていても、
肝心の守矢神社が遠過ぎるし、妖怪の山の山頂に建立されているから、行くまでの間に妖怪に襲撃されて命を落とす
可能性だってあるし、ましてや妖怪の山の現在の主でもある「天狗」が常に監視をしているからも近づく事も
出来ない・・という状況なのだと思います。
霊夢の博麗神社は、確かに人里から近くはないけど、守矢神社ほどの「遠距離感」は無いという感じでも
ありますので、本来だったら、霊夢の努力と知恵で
「博麗神社の参拝客増加」は少なくとも守矢神社よりは楽なはずなんだけど、霊夢はそうした苦労や手間を
面倒くさがり
「私は別に参拝客何か増えなくても妖怪退治や異変解決で食っていけるからそれでいいもん!」という感じなのかも
しれないです。
順当にいけば、「人里からの距離感」とか「歴史」の点から言って
霊夢の博麗神社VS早苗さんの守矢神社の「参拝客争奪戦」は霊夢の圧勝で終わって然るべきなのかも
しれないですけど、
そうならないのがやはりいかにも霊夢らしい所だと思いますし、その点に守矢神社としての「勝機」(商機?)を
見出したのが守矢神社の神奈子であり、早苗さんなのだと思います。
霊夢は、早苗さんの事は本当に何とも感じていないのに対して、
早苗さんはなんだかんだいって霊夢の事を意識していて、どちらかというと商売敵としての視線よりも
人間的なライバル視をしているんじゃないのかな・・とも感じたりもします。
(それが人間臭い「嫉妬心」に基づいていないのは、さすが一応は現人神らしい早苗さんらしい話だとも思えます)

博麗神社を訪れた早苗を出迎えたのは華扇で、霊夢は不在でした。
当たり前の話かもしれないですが、霊夢は守矢神社の分社前の雪かきなんか・・する訳ないですよね・・(笑)
「霊夢に言い聞かせておきましょうか?」と華扇は言うのですけど、
さすが華扇は、そうした霊夢の「守矢の分社なんて知ったこっちゃない・・」みたいな意識はちょっとまずいんじゃないの・・?
みたいな多少の後ろめたさはあるのかもしれないですね。
だけどこの時の早苗さんからの「華扇さんは霊夢さんの保護者みたいですね・・」という言葉になぜか華扇はデレるのですけど、
この際の早苗さんの大人っぽさと華扇の動揺は見ていて楽しいものがありました! (笑)
あ・・だけど、こらこら早苗さん・・! 霊夢の保護者は、あくまで、ゆかりん=八雲紫様ですので・・(笑)

3/7記事でも既に書かせて頂きましたが、実は・・
ロープウェイ計画が現実のものになってきつつありました・・
否・・! 実はほぼ完成されていました!
やはり神奈子・諏訪子・早苗さんにとっては、せっかく全てを投げ打って外界から幻想郷に移住をしてきたのだから、
この幻想郷でも人間たちから一定の信心とか参拝客がいないと、
そうした移住そのものが無意味なものになりかねない・・みたいな危機感も多少はあったと思われますし、
「せっかく移住をしてきたのだから、妖怪の山の天狗や河童や諸々の妖怪から信心を貰っても
肝心の人間たちからの信心がないとちょっとね・・」みたいな意識もあったのだと思いますし、
そうした幻想郷の人里から人間が守矢神社に参拝のために訪れてくる「方策」の大きな根幹が、
人里と守矢神社を結ぶ「ロープウェイ」なのだと思われますし、
神奈子たちがその実現のために、深秘録等の異変に参加せずに、そのロープウェイ計画の実現化に
心血を注いだのも大変分かる気はしますね。
否! 神奈子・早苗さんたち守矢神社組にとってはそこに賭けるしか無かったし、まさに「切り札」を
投入したのだと言えると思います。
保守的な天狗たちを説得したばかりでなく協力体制まで取らせてしまい、施工にあたっての協力とか
待機所とかロープウェイの走行中に人間が妖怪に襲われないように警護まで約束させてしまう
神奈子のそうした説得工作とか他者をまるめこんでしまう能力は、凄いものがありそうですね!
そうした「交渉」に当たって必要な事は「双方にメリットがある」という事なのですけど、
天狗と河童にとってのメリットとは、
1.参拝拠点を作る事で、人間達がフラフラと妖怪の山に立ち寄って聖地を汚すことを未然に防止
2.守矢神社の参拝客に対してグッズ販売を行う事で商売が出来て、天狗たちも儲かる
との事だと思われます。
うーーむ、天狗たちが人間に売りつけるものって何なのかな・・?
やっぱりあややの「文々。新聞」じゃないけど書籍とか新聞なのかな・・?

とにかく茨歌仙で提示された「人里~守矢神社までのロープウェイ計画」というものは、
天狗にとっては人間たちにグッズ・新聞・神奈子たちが外界から持ち出してきた科学技術を応用した生活便利品等を
売りつけて儲けるというメリットもありますし、
ロープウェイの警護・管理料という名目で守矢神社から一定の税金みたいなものも徴収できそうですし、
守矢神社にとっては、待望の人里からの参拝客が増える事で、守矢神社の認知度が上がり、
今までは人間からは期待できなかったお賽銭・寄付等もある程度見込めそうですし、
何よりも一番大きいのは、これまでは幻想郷で発生した異変とか妖怪退治の依頼は、ほぼ全て
霊夢の博麗神社にしか依頼の仕様が無かったものが、
博麗神社にとって代わって早苗さんたちの守矢神社も、そうした異変解決屋に名乗りをあげて
従来の「博麗神社の独占状態」を阻止し、あわよくば、「幻想郷内の異変解決」にあたっての主導権を霊夢から
奪い取りたい・・みたいな意図もあるのかもしれないですよね。

つまり、ロープウェイ計画というのは、守矢神社にとっても天狗にとってもウインウインの関係と言えるのだと
思います。

ま・・霊夢にとっては「そんなの冗談じゃないわよ・・!」みたいになってしまう可能性もありますよね・・(笑)
だけどそういう場合でも霊夢は、のんびりとした危機感のない性格でもありますので、
「早苗に負けて悔しい」という感情は多分起きないと思いますし、
「異変解決を守矢神社もやってくれるのだったら、私の負担が減って楽になるし、もっとのんびり過ごせる・・」と
思っちゃうのかもしれないですよね・・(笑)

茨歌戦の中の霊夢もやっぱりそんな感じでして、予想通り(?)「金儲け」の画策でした・・・(笑)

霊夢も人里のロープウェイの待機所にて、博麗神社のお守りとかまんじゅうを売りつけようと
ノリノリで準備しているのはいかにも霊夢らしいのですけど、
商売敵の神社に参拝客がいっぱい来る・・という考えは霊夢にはほとんど無いのが面白い所ですね。
早苗さんは博麗神社をかなりライバル視しているのとはエライ違いがありそうですね。

さてさて・・実際に稼働し始めたら、霊夢の博麗神社にはますます参拝客が来なくなるのかな・・?
そして参拝客が大勢来ることになった守矢神社には今後どのような変化があるのか・・?
その辺りも今後の茨歌仙の見どころの一つと言えるのかもしれないですけど、それについては、
見方によって色々な解釈もできそうですね。

守矢神社にロープウェイを開通させた真の理由ってなんなのでしょうか・・?
やっぱり神奈子・諏訪子たち守矢神社の神々にとっては、もちろん守矢神社の参拝客と知名度UPが一番なのでしょうけど、
「霊夢の博麗神社の参拝客を減らす」のが最大の目的と言えるのかもしれないですね。
もちろん、博麗神社というのは幻想郷のシステムの根幹となる神社ですし、守矢神社はあくまで外界から移住してきた
新参者という事情もありますので、
「潰す」とか「廃社に追い込む」という事ではなくて、霊夢の博麗神社と共存共栄しつつも、
幻想郷内の神社勢力の主導権を霊夢から奪取したいという事なのかもしれないですね。
神奈子自身「他の宗教勢力と争ったって信者数は増えない」という考えを元々有していますので、
ギスギスした霊夢との覇権争いをする意志は毛頭ないし、それをやってしまうと逆に自分で自分の首を絞めてしまう結果に
なりかねない危険性も秘めていますから、
適度に霊夢の博麗神社と仲良くしながらも、現在の博麗神社のある意味「異変解決屋としての寡占状態」を
崩したいという意図があると言った方がいいのかもしれないですね。
外界の資本主義の理屈ですと「二つの商売敵の組織がある場合は、一方が一方に価格競争を仕掛け、
体力がある方が体力が無い方を駆逐し、強き組織が弱気組織を統合していき、利益の寡占状態を目指していく」
という感じなのかもしれないですけど、
そうした外界の常識があんまり通用しない幻想郷においては、「主導権を握りながらも、もう一方の組織を統合することなく、
共存共栄を図っていく事」の方が優先されるという事でもありますし、
その事が「幻想郷内のバランス」とか「幻想郷の根幹は博麗神社」と考えているゆかりん=八雲紫様の神経を過度に
刺激する事も無く、ゆかりんにとっては
「霊夢の仕事が減る・・? うーん、それもいいんじゃないの・・? もしも霊夢がそれは困るというのなら、霊夢自らが
自分できちんと考えるべきなんじゃないの・・?
霊夢から何か相談があったら、私は知恵を貸してあげてもいいんだけど・・」というお考えなのかもしれないですね。

果たしてこの「ロープウェイ」は今後どんな展開になっていくのか大変興味はあります。
だって展開によっては、東方Project・・というか、「東方茨歌仙」の主人公が霊夢・華扇→早苗さんに
チェンジしてしまう可能性すらあるのだと思えます。

だけど・・

この辺りの私自身の予想と言うか妄想は意外と(?)しょぼいものがありそうです・・(笑)

ロープウェイ自体は大人気になるのかもしれないですけど、幻想郷の人里の人間たちにとっては、
物珍しさゆえにロープウェイに乗ることだけが目的になってしまい、肝心の「守矢神社への参拝」という事が
早苗さんたちの当初の思惑ほど大きく伸びないまま、
そのうち「ロープウェイ」自体が人間から飽きられてしまい、ロープウェイ自体が閑古鳥が鳴いてしまう可能性も
あるんじゃないのかな・・?とも考えられます。

「人里の人間は熱しやすく冷めやすい・・」という事をやはり幻想郷の創造主でもあられるZUN神主様としても
もしかしたら示唆されているという事なのかもしれないですね。
要は、「人の心はうつろいやすいし気まぐれである・・」という事を
このエピソードを通して改めて私たちに提示をしたいんじゃないのかな・・?と勝手に脳内妄想をしたりも
しちゃいそうです・・(笑)

一時的に爆発的に守矢神社に対する参拝とか信心は増えるけど、いつの間にか飽きられてしまい、
そのまんま廃れていき、いつのまにかロープウェイそのものが廃線状態になってしまい、
光の三妖精たちの格好の遊び場所になってしまう・・みたいなオチになるのかもしれないですね・・(笑)
神奈子と諏訪子は、「ま・・こんなものね・・」と全く気にも止めない感じなのでしょうけど、
早苗さんはしばらくの間は「茫然自失」という感じでショックを引きずるのかもしれないですね・・(汗・・!)

ちなみにですけど、茨歌仙の上では、ロープウェイは春には開業予定との事ですけど、
現実世界では例大祭の時期でもありますし、東方新作ゲームの東方憑依華が出そうな時期でもあります。
もしかして・・? この新作に「ロープウェイ」はちらっ・・とでも登場するのかもしれないですね。
そうなると・・・?
東方深秘録には未登場ゆえに新作では登場予定はないはずの早苗さんにも何らかの出番がある可能性も
全く無い訳では無い・・という感じなのかもしれないですね。




kirakirasanae-02-kahitudesu_convert_20170307153458_convert_20170314141916.png


さてさて、ここから先は既に高齢となっておりますアミグリさんのイラストのご紹介コーナーです。
上記の早苗さんのイラストは、
dream fantasyの管理人様のアミグリさんが、今月の「3月7日は早苗さんの日」に描かれた、まさに出来立てほやほやのものです!

dream fantasy の管理人様のアミグリさんは、
おととい、3月24日に「お誕生日」を迎えられました!
改めて、お誕生日おめでとうございます!!
当ブログでも当日はささやかではありましたけど「アミグリさん、お誕生日おめでとう記事」を書かさせて頂きましたが、
多くの皆様にご覧頂き、たくさんの拍手とコメントを頂けましたことに改めて感謝申し上げたいと思います。
本当にいつもありがとうございます。

上記の早苗さんですけど、とにかくこのキラキラ感が素晴らしいと思います!

そしてめちゃくちゃ可愛い早苗さんだと思います!!

実をいうとこのイラストの下に、アミグリさんが「3月5日は巫女の日」のイラストとして描かれた霊夢と早苗さんの
ツーショットイラストを転載させて頂いているのですけど、それとの比較で見てみると、
こうやって早苗さん単独で掲載をされると 早苗さんの魅力が一段とググッ!と引き立つように感じられますね!

霊夢とのツーショットのイラストの早苗さんは、素敵な笑顔を見せてくれていましたけど、
この早苗さん単独のイラストは、少し表情を変えられていて、
そうですね・・・私の勝手な脳内妄想の領域ですけど、前述の「ロープウェイ」の話ではありませんが、
人里から直通で初めて守矢神社にやってきた人間たちに対して
「ようこそ! 皆様の御参拝を大歓迎します」と感謝をした上で
「いいですかぁー、ここは人里ではなくてあくまでも妖怪の山という妖怪たちにとってホームグラウンドですので、
今から私が注意する事はよく守って下さいよー!
一つ目は・・」と人間たちを諭しているようにも見えたりもします。

いや―――、こういう早苗さんは本当に素敵だと思いますし、本当にお美しいと思います!

アミグリさんが過去に描かれた「早苗さん」としては、もしかして・・? 最高傑作の一つとも言えると思います!

先日の「3月7日は早苗さんの日」の時に当ブログで転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた早苗さんも
素敵ですけど、こちらも甲乙つけがたいほど素晴らしい早苗さんだと思います!

アミグリさんは、昨年末あたりからまたまた素敵な進化を感じさせてくれていて、
従来の持ち味の「ファンタジー感」に加えて、上記の早苗さんのように「キラキラ感」が加わって、
更に絵師様としての魅力がパワーアップされていると思います。
それを素敵に示唆された作品が、昨年末のあのフランちゃんなのであり、今年初めのあのこいしちゃんなのだと
思います!

同じような衣装の霊夢に比べて「肩の露出感」が早苗さんの方が 少し際立っているようにも感じられ、
その点がより華麗さを素敵に私たちに伝えていると思います。

早苗さんの肌の透明感が素晴らしいですね!
それと・・
早苗さんがどことなく日焼けの痕が残っているようにも感じられるのは、
「早苗さんも妖怪の山の山頂の湖で 泳いでいるのかな・・?」みたいな脳内妄想も発生しそうですね・・・(笑・・)




rei-sana-!!-03_convert_20170305180657_convert_20170306151621.png




アミグリさんは、「3月5日は巫女の日」に、「完璧!!」としか言いようがない素晴らしいれいさな・・・霊夢と早苗さんも
描かれています!

これは素晴らしい霊夢と早苗さんだと確信していますし、
「巫女の日」にこれ以上相応しい作品はないのではないのか!!と思わず絶句してしまうほどの
素晴らしい幻想郷の巫女さんの二人だと思います!

早苗さん単独イラストの早苗さんの表情と「れいさな」のツーショットの際の早苗さんの表情の違いを
皆様に感じ取って頂ければ幸いです!

上記のこの素敵な霊夢と早苗さんの二人の巫女さんイラスト、および早苗さん単独イラストは、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

本記事のすぐ下は、実は「4月に開催されるアミグリさんが描かれたチルノ特集」の予告記事になっていますが、
4月のアミグリさんが描かれたチルノも是非ご覧頂ければ大変嬉しいです。
こちらの方も何卒宜しくお願いします。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

最後に・・・

アミグリさんのお誕生日は過ぎてしまいましたけど、もしも宜しければ・・アミグリさんに今からでも
「お誕生日おめでとう!」のお祝い絵を描いて頂ける絵師様がいらっしゃいましたならば、とっても嬉しいです!
遅れてでのお祝いもOKとの事ですので、もしも宜しければ・・
絵師の皆様方・・何卒宜しくお願いいたします!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

人里と守矢神社を結ぶロープウェイ、うーん、なんとも想像が広まっていく存在ですね^^確かにぬくぬく先生さんがおっしゃっておられるように、神社だって結局人が来ないとさびれてしまうわけですから、様々なイベントとかうって、信者や参拝客を増やそうとするのは当然だと思います。ましてや、幻想郷の場合、神様がたが目に見える形で具現化しているわけなので、その欲求もストレートに表れるでしょうね^^;
東方のこういう設定もうまいなぁって思います。こうなったらどうだろう、って考えさせてくれるものって、それはもう作り手だけの世界ではなくて、それを解釈しようとする、支持しているみんなの世界に変わりますものね^^
参拝客、どうなるんでしょうね^^私個人は、多少遠くてもどちらの神社にも行ってみたいと思いますが^^(霊夢と早苗さんの写真撮ってきます。でも霊夢は有料かも(-_-;))

霊夢に記念写真をお願いすると・・・(笑)

八咫烏(冬眠中) 様


ご指摘の通り、この茨歌仙の公式漫画の設定はうまいところを突いてきたと思います。
果たして早苗さんの守矢神社にたくさんの人間の参拝客が押し寄せたとしたら、幻想郷全体に
どのような素敵な変化がありそうなのか・・というのは、
色々と妄想のし甲斐もある楽しい設定だと思います。
私としては「人間は感動するのも飽きるのも早いのでは・・?」という説を取りたいと思っています(笑)

二人の巫女さんとの記念撮影、いいですよねぇーー!

早苗さんは笑顔で無料で応じてくれそうですけど、霊夢は「記念撮影」をお願いすると、
あややを呼んできて、あややに写真を撮らせて、1枚2000円ぐらいぼったくりそうな感じもありそうですね・・(笑)
2000円のうち、写真現像も含めてあややに1200円ぐらい渡って、800円ぐらいが霊夢の取り分
なのかもしれないですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3521-708c869a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |