プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


住宅のアフター&クレーム対応みたいな仕事を日々していると、毎日5~10軒程度の家を巡回する事となり、
嫌でも他人の家とか他人の家の家庭事情みたいなものも見聞きする事は、
他の皆様よりはかなり多い立ち位置にいるんじゃないのかな・・?と思う事も多々あったりもします。

そうした中で最近ちょっと増えてきたのかな・・?と感じる風潮として、

①高齢者の一人暮らし

②高齢夫婦の内、どちらか一方が病気又は痴呆で結果的に老老介護をしている世帯が本当に増えてきている

③子供世帯は親たちのそうした困窮にも意外と無関心・・?というか「あんまり関わり合いたくない・・」みたいな
 感じでお互いに行き来はしているけど、深いところまで関わり合いを持ちたくないような雰囲気がある

そんな感じなのだと思います。
昔から「孝行したいときには親はなし」とか言われていますけど
(ツービート時代の毒舌漫才コンビ時代のビートたけし巨匠が、若かりし日には「孝行をしたくない時親がいる」と
言われていた事もありましたね・・汗・・!)
そうした親世帯が既に彼岸の彼方のいる自分達夫婦にとっては、「自分の親の面倒を誰が見る・・?」みたいな
切実な問題は一応は関係が無いものの、
そうした「自分たち自身の高齢化」というのが逆に避けられない問題になる可能性があるというのも
なんだかせつない話だよなぁ・・としみじみと感じる事もありますね。

先日お伺いした家もそんな感じの家でして、ご主人がいわゆる若年性アルツハイマー又は何かしらの精神的疾患を
患い、先方から依頼を受けて簡単な浴室暖房乾燥機設置の見積もりを持って行っても
とある一つの項目について同じ事を7~8回繰り返して何度も何度も質問を繰り返してきたり、
1分前に聞いてきた事と全く同じ質問をしてくるなど明らかに正常な人ではない異常さを感じたものです。
一緒に横で聞いていた奥様もかなり困惑された表情をされていたのが印象的です。

こうした方と商行為を行うこと自体、何かあった場合ちょっと面倒なものでして
その場は「では検討しておいて下さい」と半ば逃げるような形で引き上げざるを得ないという感じでした。

でもそうは言ってもこれは本当に他人事ではないのかもしれませんね。

「一寸先は闇」という言葉が示唆する通り、私自身もいつ倒れてしまうのか、ボケてしまうのか
「いやいや自分に限ってそんなことは無いよ・・」と言い切れる自信は無いものでして(汗・・!)
万が一、自分自身が倒れたり、ほんの瞬間前の事も思い出せない程痴呆が進んでしまったとしたら
一体誰がちょっと頭のネジがゆるんだポケッ・・としている内の奥様のフォローを誰がするのか・・?
誰が彼女の老後の面倒を見るのか・・?
はたまた自分自身の面倒は・・・最後は一体誰が見てくれるのか・・・

私自身も最近ようやく「若くはない」・「以前みたいな爆発的パワーは無い」という事を自覚してきましたので(滝汗・・!)
目に見えない「不安」は感じずにはいられません。

自分の身の回りの事を自分自身で出来なくなってきたら、「終わりの始まり」を意味するのかな・・とも
感じる事もありますね・・

よくニュースで高齢者の孤独死なんてことが報道されていますけど、
不謹慎な表現になるかもしれませんが、少々違和感を感じるのも事実です。
他人に迷惑をかけてまで、他人に自分自身の生活の面倒を見てもらってまで
「生きたい」とは思えない…という気持ちも実はあったりもします。
お前がまだ健康だからそんな事が言えるんだ・・みたいな批判は重々承知しているのですけど、
他人に迷惑を掛けてまで生きるのだったら・・・
自分の意志が明確なうちに静かにこの世からフェイドアウトしていきたい・・消滅したい・・みたいにも
感じる事もたまにではありますがあったりもします。
他人に迷惑をかけて生きるのなら、他人に自分自身の身の回りの世話まで委託するくらいなら、
ひっそりと自分自身を消滅させたいという感覚があるのも事実です・・・・
(自ら自分のかけがえのない命を絶つという感覚ではなくて、雲が青空に溶け込んでいって消えるような
感覚です・・)

だけど同時に、心のどこかで「命ある限りはしぶとく生き続けたい!!」という思いもあるのも事実ですし、
その辺りは微妙なものはありますし、
「まだまだやり残したことは一杯あるし、この命がある限りは・・自分の事が自分でちゃんと出来ている間は
自分に出来る事の全てはやり尽くして完全燃焼したい!!」という気持ちがあるのもまた事実でもあります。

青い空の下で雲がすーーーっと消え行く様に・・・まるで空に溶け込むように消えていくような
自分自身の最期というのも
「一つの理想的な最期」なのではないかとも思ってしまいます。

我が家は子供がいないものですので、二人暮らしという事になるのですけど、
うちの奥様も、基本的には・・生きているのか死んでいるのかよく分らないようなタイプなので、
休みの時に二人で家にいても、
家の中も「シーン」と静まりかえっている事が多いような気がします・・・
竹中直人主演の映画で「無能の人」という作品がありましたが、
(主人公は元漫画家で、現在は何もせず家でぼんやりとしている。作品の中では親子で拾ってきた石を
 小屋で売っているが、当然そんなもの売れるわけもなく、ただひたすら小屋でじっーとしている)
そのワンシーンで、奥さんが
「何だかこうしていると世界で何が起きても私達はこうやって寂しく生きているのかしら・・」と
いったセリフがありましたが、
それに近い感覚を自分自身抱くこともあります。

正直今はいいけど、あと何十年かしたら、自分達二人はどうなっているのだろう・・・と漠然とした
不安を感じる事もありますし、
それが私自身の「心の深層の不安」という事なのかもしれないです。

うちのブログにしては珍しい(?)ちょっとシリアスで楽しくないお話で申し訳ありませんでした・・・(滝汗・・!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

世の中不景気なことばかりですから気が滅入りますね(´・ω・`)
せめてずっと超健康であるように
それなりの食生活をせねばと想っております
あとはストレス?なにそれおいしいの状態を満喫できればいいな( *・ω・)ノ

ぬくぬく先生様

とても心に染みる記事でした。
うちにも、一人暮らしの母がいますので、他人事とは思えません。
二言目には迷惑かけたくないといって、突っ張る母にもっと甘えればいいのにと思いますが・・・母も同じように、一人で生きられなくなる時の事を切実に考えているようです。
家族が元気でいてくれるってありがたい事だなと改めて実感しますね。

健康で長生きして、ある日コロッと天国に出発するのが一番の理想ですけど、なかなかそうもいかないですよね。
親の介護問題・・・ウチの両親は既に、老老介護に差し掛かりつつあります。
今後どうにもならなくなった場合、私が面倒見るのは目に見えているんですけど・・・(一人っ子です)
ウチは転勤族だし、どうしたもんかなと。
ちゃんと考えないといけないんですけどね。
頭が痛くなる問題ですね(;▽;)

夫婦ふたりだとそうじゃないですか~
職場の人も子供が巣立ったら話すことない
から話さないって聞きますしね〜

同じ空間にいて、居心地が良ければ
それが幸せなんじゃないですか♡(^-^)
わが家もお互いスマホしてますよ(笑)

こんばんは。毎度ながらコメントありがとうございました。

今回のテーマは未来の不安ですね。誰しもが一度は考えるテーマかもしれませんね。
自分自身も高齢者の方と関わる機会が多い職業柄のため関心のある記事でした。
仕事上関わった高齢の方、病気された若い方も例外ではなく皆さん家族に、他人に迷惑かけたくないから自分で生活できるようになりたいとおっしゃる方ばかりでした。ご家族も同様、○○はできるようになって欲しい、介護するのは厳しいから施設へおねがいしますとの話をされており、本人とご家族の方の意見が合わない話を聞く度に辛く思います。
余談はここまでにして、先のことを考えるのはいいのですが、現在家族がみんな健康で暮らせているのであれば、今この時間を何に使うのか考えてみるのもいいかもしれませんね。皆が後悔しない生き方をするのが一番ですね。

美味しいものを食べさえできれば・・・(笑)

みけねころんそう 様



何か嫌な事が起きた場合のストレス発散として「美味しいものを食べる事」を案外一番の特効薬なのかも
しれないですね・・(笑)

毎日笑って美味しいものを食べる事さえできれば随分と違うのかもしれないですけど、
中々そうもいかないのが現実なのかもしれないですね。



遠くからそっと見守ることが出来れば・・・

umi 様


昔は「他人に迷惑を掛けて生きるくらいなら・・」と切実に思っていた事も確かにあったものですけど、
現実的に自分自身がそうしたお年に近くなってくると
「もっと生きたい!」と思うようにもなるこの「矛盾」が痛し痒しですけど、
誰かが精神的に近い距離から「いつでもあなたを温かく見ていますよ・・」みたいなメッセージを発信さえ
していれば多少は安心感は持ってもらえるのかも
しれないですね。




切実ですよね・・

めろ子 様


人間の寿命が延びるとか長寿とか医療技術の進化というのは本来は大変喜ばしいお話でも
あるのですけど、
現実的な高齢化社会による「親の面倒の負担」等を考慮すると、
喜んでばかりもいられないというのは、ある意味皮肉なものも感じるのですけど、
老々介護を日々されている方とかその家族の皆様のご苦労を考えると
中々つらいものがありますね。

趣味が合っているのが救いなのかも・・・(笑)

napo 様


確かに・・・

結婚して同じ家に一緒に住んでいても「会話」が何も無くてしら~っとした光景は
ちょっと苦痛なのかも・・・??

うちの場合、うちの奥様が元々アニメおたくみたいな所があり、本来は音楽のみが趣味の私が
いつの間にか感化されてしまったというのが大きいし、
それが会話に繋がっているというのも一つの救いなのかも・・??

矛盾・・?

Bär 様


大変ご無沙汰しております!

今後もたま~には当ブログへのコメントを頂ければ、この管理人は大変喜んでしまいますけど、
出来れば、Bär 様には絵師様の立場からのイラスト紹介記事の方へのコメントを頂ければ
もって嬉しいのかも・・?
(贅沢な注文ですよね・・汗・・!)

少し酷みたいな言い方になってしまいますけど、
人と言うものはある一定以上の年に差し掛かったら
「この世での自分自身の理想的な死に方」みたいなものを考えておくというのも決して悪い事では
ないのかもしれないですね。
昔は「他人に迷惑を掛けていきるくらいなら・・」みたいな極端な事も考えていましたけど、
自分自身が年を重ねると「もっと生きたい」と考えるというのも矛盾なんですけど、これまた事実・・

その矛盾の中で、「自分の理想の生き方」を模索するのもいい事なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3513-c6d06d73
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |