プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


少し古い話になりますが、3月3日の当ブログの記事は「3月3日は雛まつりの日」という事で
東方Projectの鍵山雛の事とか
ドール・お人形・フィギュア等人の形をしたモノにも付喪神が宿る事も多々あり、飽きたからといって安易に
長期間放置とか遺棄をしてしまうと、その家の厄がそのドールに降りかかってしまう危険性があるから、
そうした場合は、「今までありがとう!」と感謝の気持ちを伝えながら、お祓い・供養をしてもらった方がいいのかも
しれないみたいな記事を書かせて頂きました。

あの記事はおかげさまでかなりの反響・アクセス数を頂けたばかりでなく、
amy様・napo様・八咫烏(冬眠中)様・アミグリ様・ごにぎり様・冬音様から素敵なコメントを頂けました事に
改めて感謝をさせて頂きたいと思います。
いつも本当にありがとうございます!
(と思っていたら、翌日の「アミグリさんが描かれた妖夢特集 その①」も雛まつり記事をはるか超越するアクセス数も
頂戴させて頂きました! 本当に皆さまからの当プログへの応援のお気持ちはとってもとっても大きく伝わってきました!
本当にいつもありがとうございます!!)

3/3の記事を要約すると・・・

「ひな人形」というと、最近の3/3の豪華絢爛な節句に象徴される通り、「派手!」とか「行事」という感じもするのですが、
鍵山雛によると、 本来ひな人形とは「厄を溜めて河に流す」のが主目的との事で、
本来の趣旨からするとひな人形自体は厄払いを目的とした使い捨てにしなければならないという事で、
豪華なひな人形自体は人々に流されることなくその代々に渡って自宅内にて厄をため続けることになるという懸念も
あるとの事で、その点を雛としては大変危惧しているとの事です。
その辺りについて鍵山雛は東方求聞口授の中では
「貧乏人はもったいないとか理由を付けて子孫代々まで長持ちするような丈夫で頑丈なひな人形を作ってしまいがちだけど、
それは大変ナンセンスな話であり愚かな話」と評しています。
ひな人形を長期間飾っておくと、その家の娘の婚期が遅れるという俗説は、この鍵山雛の話から考えると
「なるほど・・それは確かに一つの根拠があるのかも・・」という感じになりそうですね。
東方の「ドール娘」の中でも、やはり「違い」はあるのかもしれないですよね。
鍵山雛は、ドールやお人形、特にひな人形は、長期間保存はよくない、ある時期でそれを棄てる事も必要という
考えですし、
メディスンはその捨てられた事に恨みを覚え妖怪化した存在なのですけど、
両者には確かに違いはあるのですが、そうした意味においてもやはり「万一棄てる際のお祓い」は大切だという事なのかも
しれないですね!

さてさて・・・上記で記したとおり、ドールやお人形さんたちを粗相に扱う事は大変良くない事でありますし、
場合によってはそうした人達に因果応報みたいな形で厄が降りかかるという事なのですけど、
それじゃ、「マネキン人形」の場合はどうなんでしょうか・・?みたいなある意味突拍子もない事を少しだけ
書かせて頂きたいと思います。

以前も何度か書いたと思うのですけど、私自身は14年在籍した金融機関破綻後は、
住宅・建築業界に転身し、結果的に今現在に至るまで住宅・建築に関連した業界に在籍しているのですけど、
2001年~06年の間は、こうした総合住宅展示場のモデルハウス内の営業担当として働いておりました。
だからこうした「住宅展示場」の裏の話とかウラの裏の話は・・ま・・結構心得ております・・・(笑)
月に一回開催される住宅展示場イベント企画会議というやつに、たまたま所長不在の為、私が代理で出席した時も
他の色々な住宅展示場の所長クラスから、企画会社に対して、
「イベントが毎回マンネリ化している」
「来場客数の減少傾向が止まらない、何とかしろ!」
「広告やイベントに新鮮味がない」
「毎回毎回、フワフワという子供向け玩具と犬と猫のふれあいショーでは新規の来場者が見込まれない」
「大体、あんたらやる気あるの?」
「新しい集客アィディアを出すのがあんたらの役割だろう」などなど
結構つるし上げみたいな状況になっていて、何か気の毒みたいな感じでした。

でもそれはある意味仕方がないもので、
暴露話になってしまいますが、一般的にこうした総合住宅展示場は、イベント企画事業社に
対して、出展住宅メーカーは賃料+展示場維持管理費+企画料として毎月毎月150万~180万近くを
支払っているのが相場なのですから・・・
そりゃ、各出展住宅メーカーも、来客数が伴わないと文句をつけたくなる気持ちも
分りますよね。
歴代所長達がよく自分達に対して、
「大体賃料で毎月150万、お前達の給料で約160万、設計とインテリアコーディネーターの給与関係で
約100万、モデルハウスの維持管理費やその他各種費用、そして新聞掲載等の広告宣伝費で、
このモデルハウスを維持するのに
毎月500万以上かかっている。だからお前たちが月間に利益率30%以上の新築を最低3棟以上の契約を上げ、
月間1500万以上の粗利を出さないと、モデルハウスの維持運営が出来なくなり、これを下回ると
本社からどのような目で経営判断されるのか、お前ら分っているよな・・・」なとど
よーく言われましたけど、
それが毎月毎月順調に消化出来ればなんの苦労も無いのですけどね・・・(苦笑・・)

全国各地の住宅展示場があの手この手で集客を図り、少しでも契約のチャンスをうかがっていますので、
住宅展示場でよく開催されている「プリキュアショー」というものは、案外と・・・??
こうした汚い(??)大人達の思惑が蠢いているのかも・・・??

ま・・そういう場合は、プリキュア達の必殺浄化技でもって住宅展示場で蠢いている
笑顔の裏で「契約・契約」とにやついている悪い営業マンを浄化して欲しいものです・・・・(笑)

もっとも当時の私自身なら、真っ先に浄化されていたかも・・・???

だけど・・・もしも・・・「キュアラブリー」によって浄化され「愛よ、天に帰れ!!」とか言われたのならば
本当にそうしちゃうのかも・・・??

上記で書いた事はどちらかというと住宅展示場という「全体」の話なのですけど、
こうした総合住宅展示場には各住宅メーカーのモデルハウスが15~30棟ぐらい建てられているのが一般的なのですが、
各モデルハウスでも
「総合住宅展示場としての全体的なイベントに任せておくわけにはいけない!
うちらの会社はうちらの会社としての独自の企画はさせて頂く」という感じで、モデルハウス内には、
色々とあの手この手の独自のイベントやキャンペーンや客寄せをやっていたものでした。
こうした総合住宅展示場にはある一つの約束事項があり、それを遵守しないメーカーには何らかのペナルティーが
課せられたりもしていたのですが、それが何かと言うと
「住宅公園内を歩いている人達に直接声掛けや勧誘は厳禁」というものでしたので、各メーカー共に、
自分達のモデルハウス内に入ってきたお客さんたちの目を引こうと色々と知恵を絞っていたような感じもしたものでした。

当時私が在籍していた住宅メーカーもモデルハウス内に、例えば床暖房体感コーナーとか
東武ワールドスクウェアみたいなミニチュアハウスの展示とかIHの体験コーナーとか
色々とやっていたものでしたけど、中にはある意味とんでもない企画(?)もあり、それが何かと言うと
「新築住宅を楽しむ一家」みたいなイメージという事で、大人2体のマネキン人形と子供2体のマネキン人形を
モデルハウス内のダイニングスペースに配置し、「一家団欒」みたいな雰囲気を演出しよう!みたいな意図がそこには
あったんじゃないのかな・・・?と思います。
(大変マイナーな話ですが、2000年頃にテレビ東京が放映していた「オー!マイキー」という
出演が全てマネキン人形の1話につき約3分の短編ドラマを多少は意識していたんじゃないのかな・・・?とも思います)

だけど・・・

やっぱりマネキン人形と言うものは、いくら服を着せていたとしてもなんか「不気味・・」という印象を与えてしまうのですよね・・・

せっかく用意したマネキン人形計4体も来店客からの
「不気味・・」とか「表情が無表情なのでこわい・・」とか「意図がよくわからない・・」みたいな声が相次ぎ
確か一週間程度でこのマネキンディスプレイは中止となり、
この不要となった(?)マネキン人形たちは、モデルハウス内の小屋裏三階に設置されていたクローゼットの棚に
放置される事になったのでした・・・
一般的にこうしたモデルハウス内の収納スペースには、来展客に「日常を忘れて貰い瞬間的に夢を見て貰う」ために
いかにも生活臭が漂うようなモノは何も要れないようにしておくのがセオリーでも
あるのですけど、モデルハウスの運営に当たっては、こうしたディスプレイ用のグッズとかカタログとか
キャンペーングッズ等の置き場所も確保する必要があり、うちらの場合は、普段それほど来展客が来ない小屋裏三階の
クローゼットにそれらを置いていたものでした。
そして来展客がそうしたクローゼットを勝手に開けないように
「社員使用のためここは無断で開けないで下さい」と掲示をしていたものでした。

だけど、こういうのって「鶴の恩返し」じゃないですけど「開けるな」と書いておくとついついそこを開けてしまいたくなるのが
人間の本能なのかもしれないですね。
ある日の事、とある家族連れが来展し、こういう場合って一人の営業担当がその家族連れをご案内するのですが、
大抵の場合、その家族の中の何人かは、その営業担当が案内している家族の群れを離れて
勝手にモデルハウス内をフラフラと見学するという事はよくある話でもあります。
さてさて、その際にとあるご年配の奥様が一人、その家族の群れを離れてその三階の小屋裏三階にフラフラと
やってきたのはいいのですけど、その「開けるな」と書かれていたクローゼットをついつい開けてしまったのです。
そしてその時運悪くこのクローゼットには、結構なモノが色々と山積みされていて、
そのご年配の奥様がクローゼットを開けた瞬間に山積みされていた諸々のグッズがダ―――っと雪崩を打つように
溢れてきて・・・しかも・・・!!
悪い事に放置されていたマネキン人形もクローゼットの棚から転がり落ちてきて、マネキン人形が床に落ちてきた
瞬間に、マネキン人形の「首」が取れてしまい、
まるで獄門打ち首みたいな様相で首だけそのご年配の奥様の足元に転がり落ちてきて
その奥様はモデルハウス内に響き渡る「ギャー――――ッ!!」みたいな悲鳴をあげられ、
うちら社員が「何事かっ!」と駆けつけた時には、マジで腰が抜けられていて、まるで生まれてきたばかりの仔馬のように
ヨタヨタと這いずり回っておられました・・・(滝汗・・!)
というか・・私、人間が本当に腰が抜けて全く動けなくなるという様子はあの時初めて見たような気もします・・・
でも、それって仕方ないですよね・・・
クローゼットの扉を開けた瞬間にマネキン人形が落ちてきて、しかもその首がもげて生首のように足元に転がり落ちて
くれば、そりゃ・・・腰も抜けますよね・・・(滝汗・・!)

でもあの時後始末が大変だったような記憶が・・・??

その顧客はカンカンに怒ってしまうし、モデルハウスの所長は平謝りでしたし、翌日は朝から
モデルハウス内の一掃清掃と不用品整理が始まったものでした・・・(苦笑・・)

確かあの時は「こんな不気味なマネキン人形は廃棄してしまえーー!」みたいな感じになったのだと思うのですけど、
たぶん・・というか間違いなくあのマネキン人形は「お祓い」とか「供養」なんかされないまんま
燃えないゴミに出されていたのかもしれないですね・・・

その後当時私が在籍していた住宅メーカーは、親会社からの「こんな利益が出ない部門は即刻廃止!」という事で
会社清算という事になってしまい、
私はこうして最初の金融機関に続いて人生二回目の「会社破綻→全社員解雇」という羽目になってしまいましたので、
うーむ・・これももしかしたらあの時のマネキン人形の「厄」が廻った結果と言えるのかもしれないですね・・・




髮媽convert_20170306233904


メディスン



上記で生首がコロコロと転がってくるみたいな感じ・・とかなんとか書きましたけど
東方でそれに近いイメージの妖怪というと「キスメ」なのかな・・・?
キスメは常に桶の中に潜んでいる凶暴な妖怪で「釣べ落とし」を得意としています。
そして設定の上では、人の首を刈ってきては、その生首を桶の中に入れてケタケタ笑っている・・みたいな事も
時折やっているようでして、その辺りが「不遇キャラ」みたく言われてしまう要因なのかも・・・??

ま・・キスメの事は一旦おいておいて(汗・・)
東方の世界でも私達外界の世界でも、マネキン人形に限らず、お人形さんと言うものに対しては、
飽きてしまったり、はたまた引っ越しとか
万が一にもこうしたドール・お人形さんに対して、ロクな供養もしないまま
ポイと捨ててしまうと、あなたにも何か「厄」が降りかかってきますよ・・というのが
東方におけるドールの世界であり、
そのお手本のような御方が、雛であり、メディスン・メランコリーなのかもしれないですよね。

そうですよ――!!

皆様、飽きたからと言って簡単にドール・お人形さん・フィギュアを捨てたらダメですよぉーー!!

とにかくお人形さんみたいな人の形をしたものは粗末に扱ってはいけない!という事に尽きるのだと思いますし、
万一捨てる際には「供養」が大切という事なのかもしれないですね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはです(^^)/
人形(ヒトガタ)の廃棄には細心の注意が必要です。人形は特に意思を持ちやすいと言われますし、粗末に扱ってはいけません…。等とホラーっぽい感じになってしまって失礼(-_-;)
開けるなと言われると開けたくなる心理、分かります。でもおっかなびっくり触ると色々な事が重なって起こりますよね。何故でしょう…。
私は玩具歴長いですが、基本的に経年劣化で合金が砕けたなど、再起不能レベルしか廃棄しません。メンテナンスも趣味ですし。廃棄する場合は感謝の念を込めて最後のメンテをしてから廃棄しています。ドール関係は全く捨てた事が無いです。経年劣化でパーツ硬化もありますがリペア出来ますしね。おそらく私は一生こんな感じな気がします。

「住宅展示場」の裏の話…、超おもしろいです。
なんか、最初から最後まで、ダーッと読んで、ほえーっ、って思ってしまいました。
ぬくぬく先生さんの、その人生経験の重さ、みたいなものが文章の至る所に見られて、「この人、すごい人だなぁ」って本当に思ってしまいました^^
しかし、マネキンが飛び出てきたら、それは確かに腰を抜かしますよね^^;怖いってレベルではないような気がします^^;
東方の話もプリキュアの話もおもしろいのですが、また金融機関や建設業のお話をうかがわせてくださいね^^

素晴らしいと思います!

ごにぎり 様


ごにぎり さんのそうしたドール・フィギュアに対する「愛情」は素晴らしいものがあると思います!

ご自身でメンテナンスやリペアをされるというのが実に素敵ですし羨ましいです!

そうやってごにぎりさんに愛されたドールやフィギュアの皆様は「幸せ者」と言えるのだと思いますし、
東方式に言うと、鍵山雛・アリス・メディスンが泣いて喜ぶお話だと思います!!

私も食玩といえども人の形を模したものは大切にしないと厄難が降りかかりそうですね・・(汗・・!)

過剰なお褒めのお言葉ですよ・・(汗・・!)

八咫烏(冬眠中) 様


いやいや・・・そんなそんな・・とてつもない過大評価ですよぉ――(汗・・)

社会人として生きていた時代がたまたまバブル発生前夜→バブル絶頂→崩壊→平成大不況に重なっていたから
金融から建築の世界への転身を含めて色々経験できたという事に過ぎませんし、
恐らくは私たちの世代ってこうした経験は色々あると思いますよ・・(笑)

カラス様のあの粋でユーモアに富んだ文章を拝見させて頂くと、
私も「もっと勉強しないと・・」としみじみ感じてしまいますね!

こんばんは。

住宅展示場のお話、興味深く読ませてもらいました。

「オー! マイキー」 懐かしいですね。
色んな商業施設でマネキンさんを見ますが、ぞんざいな扱いな所もあれば、しっかり綺麗にしているお店もあり個性的です。
オーマイキーの「吉忠マネキン」や「平和マネキン」などの業界大手が手掛けたものの紹介ページを見ると凄いなあと思ってしまします。

ドールさん、最近ブログに登場していない子も含めてたくさんいます。
駅の名前が書いてある板で、小さい子(1/6サイズのリカちゃんサイズの子)の出番を作ろうとしているのですが、これからも陽の光が当たるように、たまには出してあげようと思いました。

オー! マイキー

冬音 様


おお――――っ! 「オー! マイキー」のネタを書いても分かる人なんて99.99%いないだろう・・と
思っていましたので、冬音様から反応を頂きとても嬉しいです! (笑)
マイキーを振る女の子たちもとっても魅力的でした!
というか・・あの作品はローカル番組と思っていたら、冬音様のエリアでも放映されていたのですね!

マネキンさんも「ドール」である事には変わりはないので、ちゃんと大切にしてあげないとダメですよね!

冬音様のブログでも「最近はあんまり登場していないドール」もかなりいらっしゃるのですね。
是非是非そうした子たちも
今後あの素敵なブログに登場してくると楽しくなりそうな予感に溢れていると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3505-70a00288
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |