プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


小野塚小町(愛称はこまっちゃんです! 元ネタがなぜか小野小町というのもなんだかすごい話なのかも・・・??)は、
幻想郷内を担当する死神の一人です!
あの江戸っ子みたいな粋のよさに加えてあの気風のよさ!!
そして何よりもあの「きゃん・・!」に代表される可愛らしさとか東方でも屈指のグラマーさ・・・!!
も―――、こまっちゃん大好き!! 今すぐ結婚してぇー―!!という感じなのかもしれないですね・・・(笑)

ちなみにですけど、東方でグラマーなキャラというと、こまちゃん以外では、ゆゆ様・ゆかりん・藍・永琳様・勇儀・美鈴
あたりがそうなのかな・・・?? (汗・・!)

小野塚小町は、地獄の閻魔様というのか地獄の最高裁判長でもある四季映姫様(役職名=ヤマザナドゥ)の
直属の部下であり、その主な仕事は、死者の魂を彼岸へ運ぶ三途の川の船頭という事です。
ちなみにですけど、小町と映姫様の担当エリアは幻想郷内ですので、
幻想郷内での人間とか妖怪の死者は、小町によって三途の川を渡り、そして映姫様によって最後のお裁きを
受けるのです。
小野塚小町の最大の特徴でもあり魅力でもあるのですけど、
仕事がヒマな時はいいとして、仕事の合間とか休憩時間とかなんとか色々「言い訳」をしまくって、
持ち場を離れてよーーく幻想郷内をぶらついて仕事をさぼっている姿が目撃されていて、
幻想郷内最大の「サボマイスター」とか「サボりの達人」とか「必殺! サボり人」とか言われています・・・(笑)
幻想郷内を散歩ならまだしも・・・昼寝をしたり昼間っから酒をかっくらっているその堂々とした「サボり具合」に
本当に惚れ惚れとするものがあったりもしますっ!!
いや―――、あの小町の「サポリッ振り」は見ていて本当に逆に気持ちがいいですね!!
そしてよく上司の映姫様より「またサボっていて!!」とお叱り&小言を食らうのですけど、
そうやって怒られた時の、あの・・「きゃん!!」という叫び声はとにかくとっても可愛くて、あの「きゃん!!」
だけで「こまっちゃんだーいすき!!」となってしまいそうですね(笑)

上記にて小野塚小町の元ネタはなぜかあの世界三大美人の一人でもあり歌人の小野小町と記したのですけど、
こまっちゃんが優雅に風流に歌を一首詠んでいたのが「東方三月精」にて提示されていて
とても素敵なものがありました。

くれないの

舞い散る旅で

土となる

風は河波

私は渡し

この歌の意味は、「枯葉は別に私がいなくても勝手に落ちて土へと朽ち果てる」みたいな「もののあはれ」みたいな事を
詠っているものと思われますけど、
こまっちゃん流の解釈としては
「死者を三途の河に渡すのも、逆に彼岸の場所にそのまま留めておくのも
それは自分自身が判断する事
だけど・・・死者たちも勝手に三途の河を渡ってくれれば、私の仕事も楽になるのにね」という事で
いかにも「さぼり」がお得意のこまっちゃんらしい歌とも言えるのかもしれないですよね。

東方の世界においては、死者という幽霊が無事に三途の河を渡れるか否か、
三途の河を渡っている最中に小町によって船から投げ落とされてしまうか否かを決めるのは
あくまで小町自身の胸三寸・・・というか小町の気分次第・・というのも面白いものがありそうですね。
話し好きで話がやや説教くさいこまっちゃんのお話をテキトーに聞き流してしまったり、
はたまた・・・グラマーなこまっちゃんのお色気についつい目がくらんで(?)
生前のスケベ心&煩悩まる出しでこまっちゃんに万が一ボティータッチなんかしてしまったら・・・
間違いなく、三途の河を渡して貰えず、そのまんま船から突き落され
閻魔様のお裁きを受ける前に既に天界にも冥界にも地獄にも行けず、永遠に彼岸の岸あたりを彷徨い続けてしまう・・
そんな事態も決してありえない話ではないのかもしれないですよね。
そっか・・・こまっちゃんは実は偉い御方でもあるのですよね!

この「三途の河」なのですけど、
死者によって実は「河幅」が異なるみたいですね。
その長さというのは、そうした小町のような死神に渡す「渡し賃」の多いか少ないかによって
決まるとの事です。
つまり、大金であればあるほどその河幅は短くなるとの事です。
こうやって書いていると、「あれれ・・それって地獄の沙汰も金次第ってことなの・・・?」と思われがちですけど
実は違います。
渡し賃というのは、死者の全財産であり、その全財産というのは、いわゆる「金銭」ではなくて、
一つの「徳」という感じなのかな・・・?
つまり・・・
生前、親しくしてくれた人たちが本当にその人のためを思ってどのくらいのお金を使ってきてくれたのか・・・というお金の
合計がその「全財産」という事なそうですので、
要は、「生きたお金としての価値の尊さ」という感じなのかもしれないですよね。
何て言うのかな・・・「お金はあの世にもっていけない・・」という事なのですから、
お金というものは・・・生前において、本人の為にも他人に広く分け与えるという意味でも
そんなケチケチ貯め込まないで
「お金は使う事にこそ価値がある・・・」みたいな考えの提示という事なのかもしれないですね。
うーーん、やっぱり東方の世界は奥が深いです!

お金なんていう「現生の毒薬」みたいなものは決してあの世には持っていけるものではないし、
ましてや現世での「貨幣価値」みたいな価値基準というものは、あの世においては通用するものではありません。
「お金」というものは「生き金」というのか、この世で使うからこそ意味があるという事なのでしょうね。
「お金は天下の廻りもの」という事ですから、
自分の為にだけ使うのではなくて、他人のため・・・困っている人のためにも使うからこそ意味がある。
そうした他人のために使ったお金というのがいずれまたまた自分にも返ってくる・・
だから、そんなケチケチしないで、お金がある時は、決して「無駄遣い奨励」という訳ではないのですけど、
「誰かのため」に使った方がいいのかもしれないですよね。
それが「生きカネ」という事であり、
現代社会で既に一つの大きな問題になっている「格差社会の是正」という事にもつながると思ったりもします。
勿論、現世で莫大な富を有している人の考えでは
「俺が一生懸命努力に努力を重ねて、勉強を重ねて・・結果的に築いてきたこの財産を
誰にも邪魔されないで貯め込んで何が悪い!!
これはオレの金なんだぁーーー!!」という事なのかもしれないですけど、
お金なんてものは・・・自分一人で使えるのはたかがしれている・・
それだったら「分配」というか・・きちんと「高額所得者はそれ相応の税金を払う」とか「寄付」みたいな形で
社会に還元した方が、いずれは、社会全体に冨が行き渡り、
そうした事は必ず本人自身の「更なる富」にも繋がっていけるし、
結果的に・・・「情けは人の為ならず・・」ではないけど、
他人のために使ったお金というのはいつかは「自分自身」にかえってくると思うのですけどね・・・
そんなケチケチため込んだり、内部留保したって、一向に世の中全体の景気回復には役立たないと
思うのですけどね・・
それが出来ないのは人間の「業」であり、人間らしいところではあるのですけどね・・・

だけど、東方の「あの世」の概念はこの辺りはバッサリと斬り捨てているのは大変興味深いものがあります。

「地獄の沙汰は金次第」って事は絶対にない・・
この世のお金に関する価値基準は一切通用しない・・・、否! その概念を小野塚小町に持ち込むと
えらい目にあってしまうというか・・
万一・・・そうした渡し賃をこの世での概念同様に渋ってしまうと・・・
三途の河すらも越えられず、自分は地獄に行くか冥界に行けるか・・・という閻魔様のお裁きすら受けられずに
小町によって船から叩き落され、川の中の化け物魚たちに食われてしまい、
永遠に彷徨い続けるというのは、
この世の「金の亡者たちの無慈悲」を見るたびに、逆に胸がスカッ!!とするものがあったりもしします。

冒頭から例によって話が長くなってしまいました・・・(滝汗・・!)

今回はそうした小野塚小町のグリフォンフィギュアを簡単にご紹介をさせて頂きたいと思います。




蟆城㍽蝪壼ー冗伴_convert_20170304172540



このグリフォンフィギュアですけど、四季映姫様と小野塚小町は、上司と部下という関連性のせいか、
同時期に発売になっていました。
スケールは共に1/8ですけど、
サイズは、小町が24㎝、四季映姫様が18㎝でしたから、
やはりこの二人の身長差は見た目にもはっきりと伝わっていると思います。
そしてよく言われる事なのですけど、「権限は映姫様の方が強いけど、胸に関しては、上司と部下の格差社会」(汗・・!)
なんて揶揄されるのも、小町の胸を見れば一目瞭然という感じもしますね・・(笑)
そして小町のあの「鎌」がやっぱり地獄の使者みたいな感じで見た目にも大変鮮やかですね!

この小野塚小町のグリフォンフィギュアの商品概要は下記の通りです。

商品名 : 小野塚 小町~Ver.2
素材形態  :  PVC製塗装済完成品
発売時期 : 2012年10月
価格 : ¥ 8,400 (税込¥ 8,820)
サイズ: : 約24cm 1/8スケール
原型製作: : でる

東方の「高身長キャラ」というとお空がいますけど、小町の公式での身長設定ではお空と大体同じという感じですので、
やはり小町のこの迫力は伊達じゃないですね!
上司の映姫様が横にいると、上司なんだけど映姫様がとてつもなくちびっ子に見えてしまいますからね・・・(笑)



蟆冗伴_convert_20170304172320



改めてですけど、小町の迫力は相当なものがあると思います!

スケール的には1/8なのですけど、感覚的には1/6~1/7にも感じられますので、この迫力は
八坂神奈子とお空クラスの「圧巻さ」を感じずにはいられないです!

この小町の高身長&迫力も素晴らしいものがあるのですけど、輪をかけて「威圧的雰囲気」を感じさせる
要因になっているのが、いかにも「地獄の死者」らしい「鎌」ですね!
小町によるとこの鎌は武器でも何でもなくて、実は単なる飾りで、これを手に持っていた方が
三途の川の船の運転の際に、死者達のウケがよいから持っているだけ・・との事ですけど、
小町がこうした物騒な鎌を手にしているだけで「この人には逆らえない・・」みたいな感覚にもなってしまいますね!
ちなみにですけど、小町は実は大の話し好きで、
三途の川にて船を漕いでいる際もずーーっと話しまくってばかりいるとの事です・・・
(船に乗っているのは死者と言うか既に幽霊ですので口が利けず、ただひたすら小町の話している事をひたすら
聞くしかないというのも何だか微笑ましいものがあったりしますね・・・笑・・)

鎌を手にしているのですけど、小町のスカートはとっても可愛いです!

ちなみに小町のこのヒラヒラスカートは4重構成となっています。
そしてこのスカートの段差は、まるでどこかのお伽話の舞踏会のドレスみたいな感じもしなくもないですね・・(笑)



蟆冗伴3_convert_20170304172411



小町の後姿・・・

うーーむ、やはり小町が手にしている鎌は後ろから見ても異彩を放っていますし、
正面から見るよりももっと迫力が伝わってきますね!

小町は三途の川の船頭、つまりは地獄の水先案内人という事で、死者をお迎えに行ったり
長く生きすぎた仙人等の魂を狩りに行く役割ではないので、この鎌は本来は必要ないのかもしれないですけど、
種族は一応は死神ですのでこの鎌を持っているという事なのかもしれないですね。

後姿でスカートがふわっと舞って部分的に太ももが露わになっているのが素敵ですね!



蟆冗伴2_convert_20170304172347



このキリッ!としたお顔立ちも大変美しいですね!

小町は東方でも正統派の美人と言えるのだと思いますし、さすがに元ネタがあの小野小町だけの事は
ありそうですね!

そしてやっぱりこの小町の「豊かな胸」は圧巻ですね!

これ・・・フィギュアなんですけど、服の中にボール・スイカ・球を入れているようにも感じさせるほどの
この豊かさは素晴らしいですね!! (滝汗・・!)
これはもしかして、「胸の大きさ」に関しては東方ではNo.1とも言われているゆゆ様に対抗できそうなのは、
この小野塚小町をおいて他にはあんまりいないような気さえしますね! (笑)




蟆冗伴5_convert_20170304172516



小町の髪型もかなり特徴があると思います。

一見ツインテールのようにも見えますけど、実際は「光の三妖精」の一人のサニーミルクみたいな
ツーサイドアップのような髪型に近いようにも感じられます。
「東方鈴奈庵」の小鈴みたいな鈴みたいな感じの髪飾りがとてもよく似合っていると思いますし、
とても可愛いですね!

そしてこのオレンジにも近いような赤髪がとても見栄えがしていると思います。

「赤」と言うのは、やはり「地獄」の灼熱の炎を象徴しているのかもしれないですね。




蟆城㍽蝪壼ー冗伴2_convert_20170304172600



小町は「東方花映塚」にて、霊夢とのバトルの際に、
「残りの寿命と引き換えに、お前の眼を・・」か何とか言っていた事がありましたけど、
間違ってもこまっちゃんはどっかのノートのなんとかという死神ではありませんので・・・(苦笑・・)
だけどあんな可愛くてグラマラスな死神様ならば、是非是非・・・
「あなたと一緒にあの三途の川を渡りたい!!」と死後の世界で叫びたいものですね!! (汗・・!)

よくサイトの心理テストにおける質問事項の一つして
「デスノートとなんでも一つだけ願いが叶うノートのどちらをあなたが選ぶ?」と言うのがあったりもするのですけど、
そんなのはまさに愚問ですね!
私にとっては「こいつくたばっちまえ!」みたいに嫌な奴は本当に数多くいますけど(汗・・!)
実際に「そいつの死」を望むほどの凄まじい「恨み」を持つ相手が今の所は、誰もいないというのは、
私のこれまでの人生の中でも「一つの救い」なのかも・・・??
ま・・・一人ぐらいは過去にいたかな・・? そうですね・・・そいつが過去において私に何をしたのかと言うと・・・(以下略・・)



komachi_convert_20130727181134.png



moblog_9b2056a9.jpg




さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、ここから先は
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の2枚の小野塚小町は、いずれもアミグリさんが描かれた作品です。

上のデジタルの小町はアミグリさんが2013年8月に描かれたものであり、
下の小町は、2014年2月に描かれた色鉛筆使用のアナログです。
ちなみに2014年2月の小町は一度当ブログで転載をさせて頂いておりますので、こちらの小町は再転載という事に
なります。
2013年8月の方は初めての転載という事になります。

2013年8月の小町なのですけど、3/4の「妖夢特集 その①」のトップバッターの妖夢に近いものがあると
思えるのですが、実を言うと、アミグリさんは、2009年6月というかなり初期の頃に小町を描かれ一度
完成されていたのですけど、先日の妖夢の時のように、更なる高みと完成度の高さを目指されてリメイクを重ねられ、
最終的に到達したのが上記の小町なのです。
やはりこれは妖夢の時と同様に、絵師様としての「素敵な進化」なのだと思えますし、
一つの到達点に満足される事無く「更にもっと素敵なものを目指していこう!」という上昇志向を素敵に
示唆されているのだと思われます。

ちなみにですけど、2013年8月の元絵とも言える2009年6月の小町は、 こまっちゃん です!

→ こまっちゃん 

2009年と2013年の違いは、髪や服装の細かさもそうですし、やはり2013年のアミグリさんは「淡い色彩の時代」でも
ありますので、全体のトーンが2009年も淡くて、幾分幻想さを強みに表現されているとも
言えるのだと感じられます。
それと2009年に比べると2013年版は、色の濃淡のコントラストが更にくっくりしている点も挙げられるのだと
思われます。

2014年2月に色鉛筆仕様のアナログで描かれた小野塚小町も素晴らしいですね!
とても色鉛筆だけて描かれたとは思えないほど色彩感が充実しるようにも感じられます。
ピンクと青の対比がとってもフレッシュに感じられますし、ツ―サイドアップも髪飾りもとっても可愛いと思います。
このふんわりとした優しい色彩感が見ている人になんか「やすらぎ」を与えてくれそうなのですけど、
こういう地獄の使者ならば、
是非是非私も小町と一緒に三途の河を渡らさせて頂きたいものです!!
だけどこのアミグリさんが描かれた小町はそうした「地獄の使者」というよりも弥勒菩薩様のような
「優しい雰囲気」を私達に伝えてくれているようにも感じられますね。

デジタルとアナログの「描き方の違い」もよく伝わっていると思います。

上記の小野塚小町のイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!


皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんやこいしちゃん、妖夢等を描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」
などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、 宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

アミグリさんが描かれた「東方以外の版権作品集 その⑤」は3/18に開催予定です!

こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

何より引っかかったのは…
三途の川は、人によって川幅が違う
というトコロ!

え〜~っ、そうなん!歩いて渡れるくらいが
いいなと勝手に思っちゃいました(笑)

でも、
やっぱ、死んでから銭次第か〜(笑)

私も三途の川の長さが違うという所に衝撃を受けました。
しかもその理由が、親しい人がどれだけお金を使ってくれていたか、ってところなのですね。
うーん、しかしそれだと目に見えないところで良いことをして、誰にも知られずに亡くなった、なんて方はどうなるのだろうと思いました。「徳」という概念が金銭に代替されるならば、川の幅は狭くなっているのでしょうか。
それにしても、小町ちゃんは良いですね。こういうさっぱりしたタイプのお姉さんは大好きです。亡くなってから小町ちゃんに会えると思うと、そんなに悪いもんでもないなと思います。
フィギュアの小町ちゃんは、表情が性格を表していますね^^
サボリ屋さんですかー、私もなかなかのサボリ屋さんなので、色々気が合うかもしれませんね^^

功徳・・・

napo 様


東方の世界の場合ですと「地獄の沙汰も金次第」ではなくて、
生前の「功徳」によって川幅が異なるという解釈ですので、私達も生きている間は、ケチケチお金を溜め込んだり
お金を巡って他者と争う事は愚かな事ですよ・・と素敵に提示をしている事なのかも
しれないですね・・(笑)

実際、お金だけはあの世に持っていく事は出来ませんからね・・



浄玻璃の鏡

八咫烏(冬眠中) 様


そうですね・・少し補足をさせて頂きますと、小町の上司の映姫という閻魔様は、
「浄玻璃の鏡」という死者の生前の行いや功徳を一瞬で映し出し白日の下にさらけ出してしまう
とてつもないアイテムを持たれていますので、
そうした情報を映姫を通して小町も事前に把握しているのだと思われます。

小町自身も原作においては「そうした生前に悪い事した奴らの話が一番面白い」と言っていましたけど、
人間と言うものは、死後の世界では生前の善行も悪行も全て把握されてしまいますので、
あんまり悪い事はしない方がいいんじゃないの・・?みたいな事を素敵に提示しているようにも
思えますね・・(笑)

東方で面白いのは、地獄の閻魔様の映姫が公休の際に幻想郷を普通に散策され、悪行が目立つ人間や妖怪に対して
「このままでは地獄行き!」と事前警告をされるのはある意味ありがたいのかもしれないですね。
ちなみに設定においては、あのゆかりんですら、映姫の姿を見かけるとさっと姿を隠してしまうとの事です・・(笑)

こまちのサポリっぷりは見ていて気持ちがいいですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3502-2c12546c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |