FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年の課題曲A「吹奏楽のためのインヴェンション第一番」は本当に素敵な曲ですよね。
出だしのファンファーレに始まり、サックスとオーボエのうっとりするような掛け合いに
木管が絡まり、アレグロの躍動感、しっとりした中間部、そしてラストの一気呵成・・・
3分30秒足らずの小品なのですが、音楽の構成がしっかりとしているし、メロディーラインが
たまらなく魅力的だし、
大好きな課題曲の一つです。

作曲者の内藤淳一氏は、白石工業⇒泉高校⇒仙台向山と指揮者としては
今一つの実績ですが、作曲家としての素描は素晴らしいものがあると思います。
このインヴェンションも良かったけど、97年と99年の課題曲のマーチも素敵でしたよね。
99年の仙台向山高校の水口先生は、課題曲の選曲に結構困惑したかもしれませんよね。
だって、課題曲Ⅰは、自分の前任者の作曲だし、
課題曲Ⅳは、自分の仙台第二高校時代の後輩の作曲だし、
どちらを取るか多少は迷いがあったのかもしれませんよね。
(結局は課題曲Ⅰを選んだようですが・・・)

1983年の高校の部は、正直前半はあまり魅力に残るチームは少ないです。
野庭の名演の印象が強すぎるせいもあるのですが・・・
この年は、後半の方に素晴らしい演奏が多かったようにも思えます。
ちなみにプログラム1番から10番までで、銅賞は既に5団体・・・

〇東海大学第四高校

 このチームは、80年代後半から急激にサウンドが華麗になった印象があるのですが、
 初出場の「ジークフリートの葬送行進曲」とか80年の「リエンチ」とか
 82年と84年の「天使ミカエルの嘆き」、85年の「バストラーレ」
 そして、83年の「古祠」はどちらかというと演奏が内省的で、どちらかというと「地味」な
 印象がありました。
 この年のサウンドが実に渋くて暗い表情を持ち、とても後年の「ローマの祭り」の爆発的サウンドと
 同じチームとは思えない程です。
 だけど、この年はしっとりと仕上げ、サウンドも柔らかく、
 何よりも渋いこの曲を情緒たっぷりに歌いこんでいる姿勢が素晴らしいと思います。
 地味ながらも印象的な演奏です。

〇茨城高校

 このチームの課題曲Aはかなり風変わりな作りです。オーボエ奏者が上手という事もあるのですが、
 課題曲前半は、オーボエがしっとりと歌い込み、それをうまく木管楽器につなげています。
 金管楽器が意外ともっさりとしているので、鋭角的なサウンドには至らず、何かどよーんとした
 感じになっているのが惜しまれます。
 だけど自由曲の「エルザの大聖堂への厳かな行列」は、考え込まれ練りに練った「知性的な演奏」とも
 言えると思います。
 一般的に、オーボエのソロからクラリネットのソロへとカイリエ編曲の場合はつないでいくのですが、
 このチームの場合、カイリエ編曲でありながらも、オーボエがクラリネットへとつなぐことなく
 一人でソロを奏でていますから、余程オーボエに自信があったのかもしれません。
 全体的に知性的で構成がしっかりしている印象がある中で、矛盾しているのかもしれませんが
 同時に「感受性」が強い演奏のようにも感じられます。
 ラスト近くのホルンの雄叫び以降の展開は、金管楽器と打楽器が、これまで抑えに抑えていた
 感情の高ぶりを一気に爆発させているような感じもしました。
 音が多少硬いのが多少の欠点なのかな・・・
 金賞には至らなかったけど、惜しまれる銀賞の一つです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/349-46093351
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |