プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


20.丸亀高校


A/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話 (C.ドビュッシー)


丸亀高校はこの年が全国大会初出場なのですけど、実際に普門館の生演奏を聴いた限りの印象では、
1989年と90年の演奏の傾向と目指していた方向性は大変よく似ていたという感じがいたします。
一言で表現するともの「泥臭いサウンド」なのだと思います。
換言すると「懐かしい香りがする吹奏楽」とも言えると思います。

1990年代のコンクールに入ると、編成の中にハープ・チェレスタが入るのは珍しくもなんともない光景になっていて
常連校ですと、コントラファゴット・コントラバスクラ・コールアングレ等の木管低音楽器が、楽器の持ち替え無しに
最初からパート内に加わっているというのが当たり前の編成になっていて、
1970年代後半に初めて吹奏楽コンクールに出場した当時の私の感覚ですと
「ファゴット・オーボエが楽器編成に加わっているなんてなんと充実した編成!」とか
「あの学校の打楽器セクションは、4台ともティンパニが手締め式ではなくてペダル式になっているなんてすごすぎる!」みたいに
感じていたものですけど、
平成の時代に入ると、そうした私の感覚自体が既に時代遅れになっていたと思います・・(汗・・!)
1989年=平成元年というと、常総学院が全国大会に初出場し、あのとてつもなく洗練された響きをお披露目して以降は、
「洗練された吹奏楽の響き」がスタンダートな傾向になっていく中で、
こういう言葉は大変悪くて失礼かもしれませんけど、こうした丸亀高校みたいな「泥臭いサウンド」が登場すると
何となく「ホッ・・」とするのも事実でしたね。

聴いていて、正直「洗練さ」とは程遠い演奏だったと思います。
課題曲Aの冒頭は、音楽としては大変優しく響いてくるのですけど、やはり「洗練さ・ひさやかさ」は今一つでした。
自由曲の「海」も全体的にサウンドが濁り気味で、ソロも今一つアピール度が足りないという印象を受けたものです。
そうそう、この年の丸亀高校の「海」のアレンジャーは藤田玄播でしたが、
実は村山先生は観音寺第一高校時代の1983年にもやはり「海」で全国大会に出場されていて
この際のアレンジャーは出雲第二中学校の渡部修明先生でしたけど、
83年のアレンジは正直「今一つ・・」とも感じる内容だっただけに、単純に比較しても藤田玄播のアレンジの方が
吹奏楽に合っているようにも感じたものでした。
(ドビュッシーの海に、小太鼓のロールを入れてしまう出雲第一中の錦織先生のセンスの無いアレンジよりは
まだマシなのかな・・?という感じもあります)

だけど聴いていてどこか「懐かしい香り」が漂っていたのは逆にこのチームのアピールポイントだったと思います。
都会的洗練さはあまり感じさせない代わりに「大地にしっかりと根をおろした」とか「温かみが感じられる演奏」とか
「おおらかな演奏」というのか
どこか「懐かしい香り」を感じさせる少しレトロな感覚の演奏だったと思います。
時代は既に平成に入っていたのですけど、演奏自体の雰囲気が1970年代の演奏みたいというのか、
「古き良き時代の昭和」を感じさせるようなどこか温かみが感じられる演奏だったと思います。

だけど、丸亀高校の指揮者の村山先生は、ある意味すごいなとも思いますね。

村山先生は、1988年まで観音寺第一高校を指導され、1988年も全国大会に出場されていたのに、
翌年の89年にそれまで全国大会に一度も出場した事も無い丸亀高校に異動をされ、一年目からいきなり
全国大会に出場されていたのは大変立派な事だと思います。

余談なのですけど、1988年の村山先生指揮での観音寺第一高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏は、
もしかしたら村山先生としても感慨深いものがおありだったのかもしれないです。
1981年の四国大会で観音寺第一高校が、渡部修明先生のアレンジ版を使用してダフニスとクロエを自由曲として
選び、無事に全国大会代表・金賞を勝ち取りながらも後日吹奏楽連盟から
「渡部アレンジ版は未承認曲だから演奏不可」と指摘を受け、泣く泣く全国大会への出場を辞退したという経緯が
あったとの事です。
そ観音寺第一高校は、1988年にこの「ダフニスとクロエ」第二組曲をブートゥリー版として自由曲に演奏し
無事に全国大会への出場を果たし、全国でも銀賞を受賞されていましたけど、
1981年の雪辱を果たされて感慨深かったと思います。

過去の村山先生指揮で大変印象的な演奏というと、観音寺第一高校時代のものですけど、
メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」序曲とワーグナーの歌劇「リエンチ」序曲でした。

メンデルスゾーンの「フィンガルの洞窟」という古典的名曲を吹奏楽にアレンジして
演奏すること自体大変勇気がいりますし、
そういう古典的名曲を無謀にも演奏し玉砕した事例は数多く知っていますけど、
そうした難点を特に違和感なく現代風にしっとりと聴かせてくれたのは大変ポイントが高いと思います。
原曲は、金管にトロンボーン、そして当然ながらユーフォニウムも入らないのですけど、
この両楽器とかサックスセクションを加算しても、決して「厚化粧」みたいな響きにならずに
古典的な「控えめでかれんな演奏」をしっとりと聴かせることが出来たのは大変素晴らしい事だと
思います。
原曲は打楽器はティンパニーのみにのですけど、これに小太鼓・大太鼓・シンバルも加わっていましたが、
原曲を損なうような響きにはなっておらず、さほど違和感は感じさせず、
むしろ原曲に元々そうした打楽器が入っているかのような雰囲気さえ感じさせてくれました。

これはどこが成功要因なのかな・・・・

村山先生のキャラでもあるような「控えめな感じ」がプラスに出たとも思えますし、
指揮者のバランス感覚の良さも大きいと思いました。

とにかく吹奏楽で、こうした古典的名曲を表現出来る事は
吹奏楽の「無限の可能性」みたいなものも感じさせてくれましたね。
特に木管、特に特にクラリネットセクションの「ひそやかさ」は素晴らしい響きでしたし、
ラスト近くのクラリネットだけのうねりみたいな部分も特に際立っていたと思います。

1986年のワーグナーの歌劇「リエンチ」序曲も素晴らしかったと思います。

スケールはとてつもなく大きいのに、音楽がとても「優しく甘美」な事は本当に見事でした!
ワーグナーの「巨大さ」の中に秘められた「優しさ・スイートさ」を本当にたっぷりと歌い上げてくれたような
気もします。
マーラーやワーグナーの音楽は、
「優しさも甘さも厳しさも基本は音色から生まれる」ような気もするのですけど
村山先生の方向性はそうしたものであったようにも思えてなりませんね。

フィンガルの洞窟もリエンチも評価としては銅賞なのですけど、私はこの二つの演奏からは、
間違いなく「何か」は伝わっていたと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3489-cf21a5a8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |