プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


季節は3月に入っていて、たまにですけど「少し暖かくなってきたよね・・」と感じる瞬間もあったりして、
東方Project風に言うと、春告精のリリーホワイトがあの満面の笑顔で「春ですよー」と春の到来を告げに廻りそうな日も
近いのかもしれないですね(笑)

だけどそうはいってもまだまだ寒いです・・・

そうした寒い日の朝の通勤とか帰り道などにおいては、自動販売機等でのホットドリンクがとてつもなく恋しい時が
あったりもします。
そうしたホットドリンクは、コーヒー・ホットレモン・お茶・ココア・ミルクティーも美味しいし温まるのですけど
「コーンスープ」もとても温まりますよね!
もちろん飲んだ際のあの喉から胃に温かいものが流れるぬくもりも素敵なのですけど、
コーヒーやお茶は単なる水分なのですが、こうした缶タイプのコーンスープは、缶の中にコーンのつぶつぶが一杯
入っていて、あの粒々のコーンを食べると、ほんのちょびっとではあるのですけど少しはお腹の足しになりますし、
ちょっとしたおやつというのか間食にもなるとも思いますので、
それはコーヒーやお茶等の普通の水分系とは明らかに一線を画すものとも思われます。

そして、これは別にコーンスープに限った話ではないのですけど、ホットドリンクのあの熱い缶を
最近少し凝り気味の首筋に当てて、缶を首筋にぐりぐり当てて廻すと、これが結構気持ちいいです! (笑)
瞬間的にではありますが、首のこりが解消されるような気さえします。

さてさて、冬のこうした温かいコーンスープはとっても美味しいし温まりますのでとてもありがたい飲み物なのですけど、
一つ難点を挙げると、つぶつぶのコーンがどうしても缶の底に残ってしまうのが「困ったなぁ・・」という
感じなのだと思います。
缶を開ける前に思いっきり振るとか、飲んでいる最中にこぼれない程度に振るとか、多分ですけど、
皆様も色々な工夫をされているのかもしれないですけど、結局は何粒かは缶の底に残ってしまい、
空になった缶を更に振ってコーンを出したり、口で思いっきり吸い上げる等で対処するのが関の山だと思います。

これは既にネットでも紹介済みでご存知の方も多いと思うのですが、
コーンスープの缶のコーンを残さず飲みきる方法は意外と簡単なそうです!
その方法とは何かと言うと、
飲み口の少し下あたりをあらかじめ凹ませておくという事だけです! 
これ、私も試してみましたけど、決してすべての粒が一回で出てくるという訳では無いものの、
上記の方法をやらないよりは、はるから楽に粒を飲み切る事が出来るのは間違いないと思います。
詳しいことは不明ですけど、流体力学が関係しているとの事ですけど、ま・・理屈はともかくとして
残さず飲み切る事が出来るのは助かりますよね! (笑・・)




こーん




あ・・ちなみにですけど、缶飲料のフタなのですけど、
平成生まれの方は、もしかしたら、プルタブ式というプルタブという缶のフタが本体から離れてしまう方式を
ご存じない方が大半なのかもしれないですね・・・
昭和生まれの私なんかは(汗・・!)
子供の頃に、缶のフタを開ける際にフタが缶から切り離される瞬間に指を切って流血させたりもしていたものでした・・(汗・・!)
確かこの方式だとこのフタが道路とかいろんな所にポイ捨てされていたり、夏場の海の砂浜にこれがポイ捨てされると
子供の足が怪我しちゃう事とか色々と問題があったりして、
時代が平成に入ると、ステイオンタブ式といって、開封してもプルタブ(缶のフタ)が取れないタイプにとって代わられ、
最近では上記のようなプルタブ式の缶ジュースはほとんど見かけなくなってしまいましたね・・

だけどプルタブ式でもステイオンタブ式でも、上記のような裏技を使わなければ
缶のコーンスープのつぶつぶを残さずに飲み干すことは至難の業と言えるのだと思います。

あ・・だけど例えば最近ではダイドーの「コクとろ」などのように缶のフタ式ではなくて、ボトル缶コーヒーのように
飲み口の蓋がキャップ式になっているものは、飲み口が元々とても大きく設計されていますので、
こういうタイプですと、そもそも、コーン粒が下に残るという事自体無いと思います。

今後はこういう飲み口が大きく広い方式がコーンスープの入れ物の主流になっていくのかもしれないですね。




コーン




自動販売機みたいなコーンスープではないのですけど、
キャンベルの濃縮タイプのコーンポタージュはとっても美味しいですね!
あの濃厚で本格的な味は結構私も気に入っています!

中身を鍋にあけ、約 300ml程度の空き缶1杯分の牛乳を、徐々に加えながら中火でゆっくりかきまぜ温めていくのですが、
元々の缶自体にもコーンは入っているのですけど、缶詰のコーンを丸々一缶たっぷり投入すると
更に美味しくなりますし、あのボリューム感はなかなか魅力的だと思いますし、ちょっとしたお食事代わりとしても
十分通用すると思います。

先日なのですけど「マイ水筒」の中に、このキャンベルから作ったコーンポタージュを入れてみたのですけど、
確かに仕事中にそれを飲むととても体内が温まりますが、一つ欠点を挙げると、
飲み干した後の水筒の掃除が面倒です!
だって・・スープが水筒の奥深くにこぴりついていて洗い流すのが結構面倒でした・・・(苦笑・・)

最後に・・自動販売機の缶スープも素敵ですし、上記のキャンベルみたいな濃縮式もいいのですけど、
それに近いようなものも実は家で簡単に作る事は出来たりもします!
しかもこれ、一度に大量のものを作れるから、保存しておくと後々結構重宝したりもします。

作り方はとてつもなく簡単で多分ですけど5~7分程度で出来ちゃうと思います・・(笑)

鍋に牛乳を入れて温めて、そこに顆粒のコンソメスープの素を入れます。
そしてそこに、コーン缶ホール 1缶 及びコーン缶クリーム 1缶 を丸ごと投入し、弱火で温めれば
あっという間に完成です!

冬はこれ、とっても温まりますし、とにかく手軽に作れますから、お勧めさせて頂きたいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

キャンベルといえば

こんにちは。

まだまだ、あったかいスープが美味しい時期ですよね。
管理人さまがキャンベルのポタージュスープを紹介していましたが、ボクのキャンベル缶といえば、トマトスープかなぁ。
アンディ・ウォーホルの絵でも有名ですが、一度も口にしたことありません。

幸運スープ

こんばんは。

コーンスープは「幸運スープ」ともとれますよね(笑)
・・・とれませんかね?
今から5年前、札幌のグランドホテルのコーンスープの缶の記事を作ったのを思い出しました。
1972年の札幌冬季オリンピックの選手にも提供されていたこのスープ、あれから45年経った今でも市民に愛されています。
URLにその時の記事を貼りつけておきましたので時間がある時にでも読んでいただけば幸いです。

キャンベル

五航戦の愛鷹 様


あ――、あれね・・という感じですけど、あのキャンベルのトマトスープは、かなりというかめちゃくちゃ濃厚です!

お湯でもいいのですけど、牛乳とミックスさせて温めて食べるとかなり美味しいと思いますが、
酸味が強いのが少しネックなのかもしれないですね。

どちらかというとフランスパンを浸しながら食べた方がより美味しいのかもしれないですね!

ありがとうございます!

冬音 様


2012年に既にこうした素敵な記事を書かれていたのですね!

確かに、コーン→幸福へと繋がる語感の響きはありますから、十分にその意図は伝わりますね!

1972年の札幌冬季オリンピック・・・懐かしいですね! 笠井選手とかジャネット・リンとかハイファイセットの歌とか
懐かしいものはありますね!
(→実年齢がバレバレですね・・汗!)
当時のホテルが提供した料理がこうやって現在にまで受け継がれている事に大変尊いものを感じますし、
素晴らしい事だと思います。

コーンスープの歴史は、札幌グランドホテルの歴史であるというのは、食べ物一つとっても
そこにはそこに携わった多くの皆様の素敵な歴史でもあると思いますし、
この美味しそうなコーンスープを食べた家族・恋人たち・接待等会社関係の宴席の場とか老夫婦の結婚記念日とか
そこには素敵な一人一人の歴史や思い出があるのかもしれないですね。

幸運神社は是非是非参拝させて頂きたいものですし、期間限定との事でしたけど
「幸運」と記された缶は記念に取っておきたいくらいですね!

フタありのコーンスープがあるのですね!
それもダイドー。自店の自販機に入れてもらいたいと
思いました(^^)…もうシーズンオフになるので、
今シーズンは無理なのですが…。

コーンが出やすくなるように飲み口が広くなった時に、
ものすごく感動したのを思い出しました。

ダイドー製品はとっても飲み易くていいですね!

薬屋の嫁 様


コーヒーのボトル缶みたいで飲み口が広いから、コーン粒が残る事はないですので、
あれはとても飲みやすいと思います。
是非是非他のメーカーも追従して欲しいですね。

お店の前に自動販売機があるとそうした管理もする必要があると思いますので、便利なようで
大変な側面もありそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |