プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.福岡工大付属高校


A/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」~Ⅱ.戦いの踊り Ⅲ.暁のベルキスの踊り Ⅳ.狂宴の踊り (O.レスピーギ)


1987年の福岡工大付属高校(現.福岡工大付属城東高校)の「カウボーイ」は銀賞ながらも
まさに「伝説」に相応しい演奏だったと思います。
あの年のホルン・ユーフォニアム・トランペットなどの金管セクションの優秀さは、吹奏楽コンクール史の中でも
群を抜いている素晴らしさがあったと思います。
反面、木管セクション・・特にクラリネットのリードミスの頻発は大変残念なものがありました・・・
そうした「金管セクションの素晴らしき優秀さ」の流れと勢いに乗る形で、1988年のコンクールは、
金管セクション殺しとあまりにも名高い不滅の難曲&名曲のクロード・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」で臨みましたが、
結果はまさかの九州大会ダメ金で全国大会出場ならず・・・
(ブレーン社の「レジェンダリー」に収録されている演奏は定期演奏会が音源ですけど、あの演奏は、素晴らしい熱い演奏
だと思います! 一つ勿体無いのは、中間部のトランペットソロを完璧に外し、瞬間的に演奏が止まりそうな錯覚に
なったものでした
 聞いた話では、九州大会でも自由曲の演奏中に結構やばいソロミスがあり、演奏が瞬間的に止まりそうに
 なった事も一因のダメ金らしいですね・・・)

そんな訳で1988年は悔しい思いをされていたと思うのですが、そうした鬱憤と雪辱を翌年のこの1989年の大会で
思いっきり晴らすことになります。
そして結果的にこの年を最後に長年この学校を手塩に育てられた鈴木孝佳先生は福岡工大付属高校を去られてしまい、
勿体ない事にその後は一度も吹奏楽コンクールに出場されていません。
そうした事情のせいか、大変気持ちと集中力の強い完成度の高い演奏を聴かせてくれ、結果的に
1984年以来久しぶりの金賞を受賞しています。
(かえすがえすも1985年の九州大会ダメ金により5年連続金賞を達成できなかったのは大変惜しまれました!
 85年の自由曲がラッセンの「マンハッタン交響曲」というとてつもなく地味な曲を選曲したのも一因なのかも・・??)
とにかく鈴木先生としては、有終の美を飾り、最後に大輪の花を咲かせてくれたような気がします。

課題曲A/風と炎の踊りは冒頭のひそやかさが遺憾なく発揮され、前半の抒情性と後半の激しさの対比は
大変的確に表現されていて悪い演奏ではありませんが、最後のトランペットのソロがスカスカにかすれてしまい、
当時普門館の客席で聴いていた身としては、かなりひやひやしたというのもあったりします。
課題曲は全体的に少し鳴らし過ぎというマイナス面もあったかとは思うのですが、そのマイナス面を埋めて
なおかつお釣りがきそうな演奏が自由曲のベルキスだったと思います。
自由曲「シバの女王ベルキス」は、前年度に東北学院大学が全国初演を行い、指揮者&編曲者の淀先生は
吹奏楽の世界にベルキスを世に広めたという大きな功績を残す事となりました。
(淀先生のあまりの早過ぎる死が惜しまれます・・淀先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます・・)
東北学院大学は、ⅠとⅣを繋ぎ合せた演奏ですが、
福岡工大付属の演奏は、小長谷氏のアレンジによるもので、
Ⅱ.戦いの踊り~Ⅲ.暁のベルキスの踊り~Ⅳ.狂宴の踊りを選曲しています。
戦いの踊りは、このチームが全国初演ですが、出だしのティンパニのソロと金管の咆哮は
本当にインパクトがありました。
冒頭のティンパニ奏者はあの場面を叩けたら相当気持ちがいいかもしれないですね・・
続いての大太鼓二台による太鼓連打も迫力がありましたし、続くクラリネットのソロもいかにも
アラビアンナイトみたいな音の世界であり、とても興味深く聴いたものです。
ⅡとⅣの間に挟まったⅢの暁のベルキスは、大変しっとりと抒情的に美しく聴かせてくれ、
ⅡとⅣがあまりにも激しい音楽ですので、その音楽としての「落差」を大変ダイナミックスレンジを幅広く取っていたような
印象があります。
(1992年の常泉寺吹奏楽団は、この「暁のベルキス」の部分をメインに大変しっとりと聴かせてくれましたが、
ベルキス=よく鳴る曲というイメージが定着した中で、これ程内省的なベルキスも珍しいので印象に残っています)

福岡工大付属のベルキスは、豪快さと細やかな部分が融合した素晴らしい演奏でした!

そうそう、Ⅳの舞台横からのバンダは大変効果的でした!
Ⅱの大太鼓連打の部分iにおいて、太鼓の撥に鈴をつけて太鼓と鈴の音が同時に鳴る
演出は印象に残っています。
バスドラムの打点がしっかりとズドン!と決まったとド同時に鈴がシャリシャリ・・と鳴っていましたので
どこなくオリエンタル風みたいな雰囲気も醸し出していたと思います。

翌年から指揮者が真和志中・石田中・那覇中等でお馴染みの屋比久先生へと変わり、福岡工大サウンドも
一変する事となります。
中学校であれほど実績を残された屋比久先生ですら、高校の部では最初ご苦労されていたのが印象的です。
90~91年は九州大会ダメ金で、屋比久先生の指揮で福岡工大が初金賞を受賞されたのは、1993年の事ですから、
いかにスクールバンドにおいて、実績ある指揮者が離れると後任の方がご苦労されるのかの
一つの典型事例なのかもしけないですね。
この屋比久先生はすごいです!
だって・・私が生まれる以前から既に九州大会に出場されていて、そして昨年も大学の部で全国大会出場を
果たされていましたから、まさに吹奏楽界の「神様」みたいな存在の先生だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

いつも楽しく拝見させていただいております。

福工大附属の1988年の九州落ちの件ですが、課題曲が止まりそうになったことが大きな要因だったとのことでした。
自分は吹奏楽から離れていた時期ですので、聴きに行った知人から後日聞いた話ですが、間違いないと思います。

失礼しました・・!!

CLA aka なはとむじーく 様


当ブログをいつもご覧頂けてありがとうございます! 大変光栄に思っています!!

福岡工大付属の88年の支部大会ダメ金の一因は、課題曲だったのですね! 大変失礼しました・・

どうしてもブレーン社のあのレジェンダリーシリーズの「ダンス・フォラトゥーラ」のトランペットの音が
止まりそうなミスが大変印象的でしたので、
そうしたイメージを持ってしまいました・・! (滝汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3483-4d63ac28
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |