プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「キラキラ☆プリキュアアラモード」の第3話のあおいはとっても可愛かったですね!
このブログでは何度も語っている通り、土日祝日出勤の私は、プリキュアはリアルタイムで見る事は
出来ないのですけど、日曜の晩の帰宅後のお楽しみは、
やはり録画しておいたプリキュアを見る事ですね!

第3話のあおいは、可愛いのですけど、バンドのヴォーカリストとしても大変凛々しく格好良かったですし、
スマイルプリキュア第4話で、みゆきたちがお弁当を食べているベンチに強引に割り込んできた上級生を諌めていた
なおちゃん同様、アイスクリーム売り場で同様に割り込んできた男子生徒に決然と
「悪いことは悪い!」と諭すあおいを見てしまうと
「うーーむ、この娘はなおちゃんの再来かっ!!」と本当に嬉しくもなったりしましたし、
あおいの中学生としての制服も素敵ですし、なによりもあの「八重歯」はとってもキュートでしたね!

あ・・、いけない・・今回はあくまで第2話の感想記事でした! (汗・・!)

ま・・・第2話はさっと書かせて頂き、第3話のあおいとか第5話のゆかりについては、
改めてじっくりと記事にさせて頂きたいと思います。
というか、第4話は順当な流れで言うと、紫系プリキュアのお披露目という事になると思うのですけど、
第4話は一端インターバルを置いて、まずは「中学生組」の結束を確認した上で、
第5~6話で「高校生組」を登場させるという演出も中々よく考えられたものがあると思います。

今回は青色系に先駆けて黄色系が登場するというプリキュア史上初めての試みでしたけど、
なかなか面白かったと思います。
青系のあおいが従来の「知的」という役割ではなくて、体育系・熱血系みたいな雰囲気もあるというのも
大変興味深いものがありますが、
そうした従来の「知的な役割」を単に黄色系に移しただけなのかな・・?と当初思っていたのですけど、
いやいや・・そんな簡単な事をさせないのがやはりプリキュアたる所以なのかもしれないですね!

今作の黄色系のひまり=キュアカスタードは、確かにお勉強ができそうな賢そうな雰囲気をもった
「知的ポジション」と言えるのですけど、
その知的というのが、あの「得意分野を喋り出したら止まらない」というのが大変面白い所ではありました。

語り過ぎて気づいたら周りが自分の話に興味なくなってるってのありますよね! (笑)
そのトラウマがあって人と上手く喋れなくなってしまうというひまりのエピソードは、
実はリアル社会でもかなりあるんじゃないのかな・・?と思うだけに、その点を大変素敵に提示し、
子供向け番組ながらもなかなか現実的なエピソードのようにも感じたものでした。

そうしたひまりの「うんちく女王」(→この言葉は、初代プリキュアのほのかが最初に言われていましたね!)の聞き役が
もしかしたら・・・・? ひまり以上に人の話は聞かない可愛い暴走キャラのいちかというのも
大変面白いものがあったと思います。








fdde1264-s_convert_20170222195542.jpg



またまたあおいの話になってしまうのですけど、あおいの制服を見てしまうと
「プリキュアのセーラー服も本当に可愛いよねぇ・・」と感じてしまいますよね!
プリキュアの制服って初代からスマイルまではブレザー系ばかりだったのですけど、
ドキドキとハピネスチャージで初めて「セーラー服」が登場してきたのですが、特にめぐみと六花のセーラー服は
ちにかくめちゃくちゃよくお似合いで可愛かったと思います!!
今作もセーラー服ですけど、あおいもそうですけどいちかのセーラー服がとてもよく似合っていると思います。
ひまりもとてもよく似合っているのですけど、セーラー服として最初に登場したシーンが
いちかとの顔面直撃というのも、考えてみればこの娘も「プリキュアになるために生まれてきたような存在」
なのかもしれないですね・・(笑)

それにしても相変わらずいちかは落ち着きなくやたらぴょんぴょんと飛び跳ねていますけど、
こんなうさぎみたいな可愛い妹みたいなプリキュアは本当に素敵ですよね!
まさにピンク系の素敵な鑑なのだと思います!
そして相変わらず落ち着きなく人の話をさっぱり聞かない愛すべき暴走系でもあるのですけど、
こうしたいちかがお菓子を作る場合って・・・・
そう・・! やっぱりテキトーな「目分量」になってしまいますよね!! (笑)

案の定、プリンのカラメルソースは焦げたり、果てには鍋の上でなぜか大炎上!!

うーーむ、この娘のこのテキトーさとチャレンジ精神は、私、とにかく大好きです!!

いや―ー、今作もピンク系のこうしたポンコツ振りは素晴らしいと思います!!

そうしたいちかを呆れるように遠くから見つめるひまりも可愛いし、いちかのプリンづくりがあまりにもひどいので
ついに・・
ひまりもぶち切れてしまうのですけど、いやいや、そりゃわかりますよね・・・(笑)
あれはまさにブロッサム先輩の「私、堪忍袋の緒が切れました!」の世界になってしまいますよね・・・(笑)

というかこうしたひまりのように普段はおとなしい知的系を本気で怒らせたら怖い・・ということは
少しはいちかは分かっただけでも今回の収穫なのかもしれないですね。



8af76e2d-s_convert_20170222195611.jpg



それにしてもひまりの話はすさまじく長かったですね・・・

そうした「うんちく女王」というと言うまでもなく初代のあの聡明な才女のほのかを思い出してしまうのですけど、
ほのかの場合は「手短にポイントを的確に伝える」という素晴らしき才能もありましたけど、
ひまりの場合は、とにかくやたらめったら「自分の知識」を誰かに伝えたいという思いが強すぎてしまい、
そうした事がひまりに中々友達ができなかった理由というのもプリキュアらしいお話だったともいえるのでは
ないでしょうか・・?

そうした喋りすぎの(?)ひまりに対しても、人の話はさっぱり聞かないけど、とにかく結果的に
ひまりの話の中身はさっぱり理解できていなくても長時間お付き合いしたいちかは、とても素晴らしいと思いますし、
そうしたいちかはやはり今作の主人公に相応しい存在なんだなぁ・・と
改めて実感したものでした。


5c1f4825-s_convert_20170222195754.jpg



例によって例の如く、何だかよく分からないけどプリキュアになっちゃったぁーー!みたいな典型的なお話でしたけど、
「初めて私の話を素直に聞いてくれたいちかを大切にしたい!」とか
「こんなプリンを粗末にしてしまう怪物は絶対に許せない!」というのがプリキュアとして覚醒した動機と言うのも
実に伝統的なプリキュアらしいお話だと思います。

キュアカスタードは「リス」みたいでとても愛くるしい雰囲気ですね!

リスみたいなふさふさ尻尾がとても可愛いです!

カスタードの5代前のじゃんけんをする黄色い先輩は、初陣においていきなり逃亡をしてしまいましたけど、
カスタードは変身してもちゃんと戦っていたのは意外だけど素敵でした!

みゆき×やよいはある意味、「鉄板のピンク×黄色」の組合せでもありましたけど、
今作のいちか×ひまりもそうした素敵なカップリングの予感もありそうですね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

ひまりの過去エピソードはなかなかリアルで痛々しかったですね。思わず目をそらして耳をふさいだ大友も多かったかもしれませんね。

お菓子作りというテーマも明確なので、感想を書いていたらいつの間にかうんちくを語ってたなんて人も頻出しそうです。自分もそうなりそうですけどね。頭のどこかがうずうずしてます(笑)
せめてうっとうしくならないように制御したいところです。

第四話の中学生組のやり取りがどんな感じになるか楽しみですねえ。予告を見た限りドタバタな感じで期待が持てます。

そういえば・・・

プリもしゃ 様


そういえば、プリもしゃ 様も自ら「スイーツ作り」をされていましたね!

最近の記事で拝見させて頂き「すごいなぁ・・」と感心したものです!

そういう意味ですと、まさに、ひまりの気持ちはよーくお分かりなのかもしれないですね・・(笑)

いちかもひまりも熱くなると人の話は聞かなくなってしまうという共通性があるみたいですけど、
この二人の今後の絡みもとっても楽しみですし、この二人を見てしまうと、スマイルのみゆきとやよいをどうしても
思い出してしまいますね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3482-e2ebe7d1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |