FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


改めて「ドキドキプリキュア」第10話を見てみました。

ポイントは、「焼きもち・嫉妬・他人を抜け駆けして自分だけいい思いをしたい・
他人が不幸になっても自分だけが楽しめればそれでいい・相手の事なんてどうでも良い」という
ジコチューな心は誰にでもあるという事なのでしょう。
今回の主人公の六花さんにだって、影の主役のありすにだって
プリキュアと言えでもそうした「心の負の部分」は誰にでもあるという事なのです。
それとどう向き合うのか、その負の部分を抱え込みながらもどうやって他人と関わって生きていくのか
というのは、全員が抱える課題なのでしょう。

問題は、そうした「負の課題」を無理やり「ジコチュー」という怪物に仕立て上げる敵方のやり方
なのでしょう。
誰しもが持っている「心の負の部分」は別に批判されるべきものではありません。
それとどうやって向き合っていくのかが一人一人の課題でもあるのです。
そうした心の負の部分を巧みにつけこみ利用する敵に対して、プリキュア達が
いかに奪われた心を取り戻させていくのかというのが
今後のテーマとして明確に提示されたのだと思います。

そうしたテーマを扱っているという意味では、
「ハートキャッチプリキュア」と目指すべき方向性は似ているのかなーとも思いました。
確かに基本設定とか周りの環境なんかは「フレッシュ」との類似性が多いドキドキなのですが
目指すべき方向性、そして「何のためにプリキュアとして戦うのか」という目的性は
ハートキャッチと重なる部分は多いと思います。



前回、「焼きもち・嫉妬」について触れましたけど、
思い起こしてみると、プリキュアのメンバー同士という訳ではないのだけど、
ハートキャッチのえりかが第一話にてデザトリアンにされてしまったきっかけは
まさしく「姉への嫉妬」が原因でしたね。
ハートキャッチの第8話は、それを踏まえての話でしたが、
えりかの姉、ももかが妹であるえりかに対して抱いていたうらやましさを
クモジャキーにつけ込まれる話で、第一話とは逆の話として展開されていきます。

ハートキャッチも守ろうとしていたものは、「敵に奪われ利用されつけこまれた心」だったのです。

その意味では、ドキドキもハートキャッチも目指すべき方向性は同じなのだなーと
改めて感じました。
だけどデザトリアンの場合、
人間体では絶対に言えない「心の本音」を容赦なくストレートに言葉として吐露していきますので、
心を奪われた方としては、何か恥ずかしいものがありますよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/348-780dc89a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |