プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方キャラの日」というと、例えば「4月6日は妖夢の日」とか「3月7日は早苗さんの日」とか
「5月14日はこいしちゃんの日」などのように分かりやすい語呂合せもあるかと思えば、
「毎週金曜日はカレーの日だからムラサの日」とか
「3月18日は因幡の日」みたいに「なんじゃこりゃ・・?」みたいなキャラの日もあったりします。
ちなみにどうして3月18日は因幡の日なのかというと、
因幡→1月78日(いなば)=3月18日となるいうことで、3月18日は因幡てゐと鈴仙・優曇華院・イナバ(うどんげちゃん)の
記念日になったというかなり強引なものがあるようです・・・(笑)

さてさて、うどんげちゃんの事を当ブログで触れるのも久しぶりという感じでもありますので、まず初めに
うどんげちゃんについて簡単に復習をさせて頂きますと・・・

うどんげちゃんは、実は地上の兎ではありませんし、ましてやてゐみたいな「地上の妖怪兎」でもありません。
元々は月に住む「月の兎」だったのですけど、アメリカによる月面着陸の話を聞きつけ、
「地上の民が月界に侵略してくる、もしかしたら月の最大の賢者で現在は地上にて暮らしている永琳の影があるのだろうか・・
もしも本当に地上の民が侵略してくるというのならば、捕えられて奴隷にされる前にここから逃げてしまおう!」と考え、
月から逃げ出して現在は、幻想郷にある永遠亭にて、永琳様・輝夜・てゐと共に暮らしています。

うどんげちゃんは、言うならば「逃亡者」なのだと思います。

同時に月の仲間たちを見捨てて、一人「自己保身」を図った「裏切り者」という評価も成り立つのかな・・とも思います。

うどんげちゃんにとっては月から地上への逃亡と言うのは同時に「環境の激変」という事でもあるのだと思います。
生まれ故郷を捨てたのは確かにうどんげちゃん自身の「意志」なのかもしれないですけど、
それはその時点では「もしかしたら本当に地上の民が侵攻してくるのではないのか?」という当時誤まった認識が
月の兎の間にデマゴーグとして広がっていたという少し気の毒な事情はあったと思いますし、
その「逃亡」というのはうどんげちゃん自身の強い意志というよりは「そうせざるを得なかった・・」みたいな
何か消極的な理由の方が強いのかもしれません。
うどんげちゃんが「仲間を見捨ててきた」というのは紛れもない事実でありますから、
うどんげちゃんの心の深層としては「後悔」というものよりも
「裏切って申し訳なかった・・」みたいな「後ろめたさ」の方が強いんじゃないのかな・・とも思ったりもします。

とにかくそんな訳で幻想郷にやってきて「永遠亭」に運よく保護されたはいいけど、
うどんげちゃんとしてはどこか「心にすっぽりと大きな穴が開いた」とか「何か大切なものを失った」とか
「癒す事の出来ない傷を心に負ってしまった」みたいなそうしたマイナス的なモヤモヤ感は
しばらく続いていたのだと思います。
そうした喪失感が、なんとなくですけど、うどんげちゃんの一つの持ち味でもあるあの「愚痴の多さ」に
繋がっているんじゃないのかな・・とも思ったりもします。

だけどうどんげちゃんは徐々に「変化」を見せるようになってきます。

うどんげちゃんのお師匠様でもあり同時にやむを得なかった事情があったとは言え、うどんげちゃんと同様に
不本意ながらも地上にての生活をせざるを得なくなった永琳様からの
「私達はこれから・・・そう、あなた・・うどんげも含めて全員、月の民ではなくて地上の民として
生きていく!」という固い決意の気持ちをうどんげちゃん自身が知る事になった事が
うどんげちゃんの気持ちをかなり和らげていったんじゃないのかな・・とも思ったりもします。
うどんげちゃんとしては・・・
「そっか・・実はお師匠様も私も同じ逃亡者なんだ・・その永琳様が地上で生きていく事を決意されたのだから
この私だってこの地上で頑張って生きないといけない!!」みたいな事を決意したんじゃないのかな・・・と
私なりに考えたりもします。

この辺りからうどんげちゃんも段々といい意味での「変化」が見られるようになっていったと思います。

最近の作品においては、「東方鈴奈庵」においては、里の人間達に独断による対面販売を大成功させたり、
「東方紺珠伝」においては、今までは怯える対象であった月の本拠地へ真っ向から乗り込み、
その月すら脅かす強敵(純狐・ヘカ―ティア様)にも臆することなく立ち向かうなど、精神面において大きく成長した姿が
見られる様になったのは「素晴らしい!」としか言いようかないと思います!

そうですね・・・まとめるとうどんげちゃんを象徴する言葉は何かと言うと、あ・・「愚痴」ではないですよ・・! (笑・・)

それは「希望」という言葉なのだと思います!

似たような事例として「こいここ(こいしちゃんと秦こころ)は僕たちの希望の恋心」という言葉があるのですけど、
それに近いのがうどんげちゃんなのだと思います。
うどんげちゃんの「これから私はこの地上で生きていく!」という強い決意がうどんげちゃんの希望なのだと
思います。

あ・・なんか思いっきり前振りが長くなってしまいました・・・(滝汗・・!!)

上記のようなうどんげちゃんの「希望」について

「ほんの僅かな希望を手に、
地上に降りた うどんげちゃん。
ゆるやかで優しい時間を過ごせるといいね。」ととっても素敵に表現され、
同時にとっても素敵なうどんげちゃんを描かれた素敵な御方が当ブログの大切なブロとも様のお一人の
kirakiya.rumari 様でして、本記事は、昨年12月から今年の1月にかけてそのkirakiya.rumari 様が描かれた
うどんげちゃんの完成イラスト、並びにその制作過程をご紹介させて頂きたいと思います。
その過程はまさに「無」から有」を創造される素敵な軌跡だと思います。

さてさて私がkirakiya.rumari 様のブログ kira kiya な 空 rumari な想い を一番最初に拝見させて頂いたのは昨年の8月頃だったと思います。
その際に 豪華客船の女の子(イメージ)  というとある少女が落下していくというどこか不思議で清楚な雰囲気に
心魅かれるものがあったという印象が大変強いです。

あの不思議なイラストからは、なんか私の脳内妄想としては、
「格差社会」の中で、裕福な富裕層の家庭の女の子が悲愴な「決意」を抱き、ある貧しい家庭の男の子と
一緒に進む道を選択したために、 見た目的には「落ちていく→堕ちていく」みたいな感じもあるけど、
この女の子にとっては、それこそがまさに「これが自分が選択した未来!!」である事を示唆したような作品のように
感じたものでした。

kirakiya.rumari 様のその記事の中の素敵な詩として・・・

「前だけを見つめ
自分の信じた道を進む
いつまでも繋いだ手は離さない

貴女の強さは、
蠍の優しさにも負けない」 というものが記されていて、
同時に「自分が選択した未来」に 幸せを求めた女の子のイメージで描きましたというコメントからは
前述のうどんげちゃんではないですけど、
「自分自身の不幸も幸福もそれを掴みとるのは本人の心の持ち方次第・・それが希望と言うもの」にも
繋がるものだと思いますし、
それは何となくですけどkirakiya.rumari 様が求められているテーマではないのかな・・?とも当時感じたものでした!

その「豪華客船の女の子」という素敵なイラストからご縁が始まり、kirakiya.rumari 様と私にとって大変ありがたい交流が
スタートさせて頂いたのですけど、
実はですね・・・・
当初の私の勝手な脳内妄想では、
「こんなみずみずしい発想が出来て不思議なイラストを描けちゃう方って女子高生さんなのかな・・?
10代の女の子なのかな・・?」と本気で思っていたのですけど、
後日、kirakiya.rumari 様は既にご結婚もされていてお子様もいらっしゃる御方と知り、
その意外さに私自身も驚きましたし、同時にkirakiya.rumari 様の「発想の若々しさとか感性のみずみずしさ」に
大変な共感を感じたものでした!!

そうしたところ、kirakiya.rumari 様の kira kiya な 空 rumari な想い が通算500拍手を超えられた際に
「500拍手記念としてリクエスト募集!」という大変嬉しいお話を頂き、
私としては、
「kirakiya.rumari 様は以前東方の神子も描かれたことがあるし、うさぎ自体をよく落描きキャラのモチーフにされているし、
上記の豪華客船の女の子の希望というイメージにも重なるものはあるし、
「kirakiya.rumari 様にリクエストさせて頂きたいキャラは東方のうどんげちゃんしかいない!」と思い
うどんげちゃんをリクエストさせて頂き、「kirakiya.rumari 様から快諾を頂いたというのがそもその経緯という事でも
ありました!

さてさて私のこんな長すぎる他愛もない文章ばかりではそろそろアレ・・ですので(笑・・)
「kirakiya.rumari 様の素敵なうどんげちゃん並びにその制作過程をご紹介&転載をさせて頂きたいと思います。







まずはじめに・・このイラストが最終的に今年の1月24日に完成された最終的な「感性イラスト」です。

まずはこの全体的な雰囲気を見て頂きたいと思います。

そして下記からはその制作過程を転載させて頂きたいと思います。下記の下書き状態からいかに
色々なご苦労を経て最終的にあのとっても素晴らしいうどんげちゃんにたどり着いたのか
その素敵な「変容」も是非楽しんで頂きたいと思います。



20161222005436bdas.jpg



上記は昨年12月22日の段階の下書き作品です。

こちらは スケッチ用紙にシャープペンで描かれたものでして、
この後に修正→本描き(ペン入れ) という制作過程に入るとの事です。

この当時のkirakiya.rumari様のコメントとして
「うどんげちゃんは、
描くテーマがかなりわかれますね。
可愛くもあり、
何処か寂しそうな感じもあり、
狂気じみた印象もあり。
それらのどこを重点にするかで
かなり描きかたが変わりますね。
おもしろいコだと思いました^_^ 」との事でしたけど、最終的にうどんげちゃんの「秘められた希望」という事に
重点を置かれた素敵な作品になったと思います。
絵師様によっては狂気をメインに描かれる方もいらっしゃいますし、「東方三月精」の漫画のように
コミカルさを強調された方もいらっしゃいますし、描き手の感性によって随分と印象が異なる東方キャラでもあるのですけど、
やはり「希望」をメインに描かれたのは大正解だと思いますし、
逃亡者・裏切り者・人見知り・対人恐怖症等のうどんげちゃんのマイナス面よりは「希望」という側面を描かれたのは
kirakiya.rumari様の「優しさ」じゃないのかな・・?とも思ったりもしますね!



20161229010815001s.jpg



さてさて、こちらは昨年12月29日に描かれたうどんげちゃんの制作途中です。

この段階は、本描き(ペン入れ)との事で、素材は ボールペンとの事でした。

こちらは色が入る前のうどんげちゃんなのですけど、さてさて・・ここからどんな素敵な変幻があるのかな・・・?



20170110003242066s.jpg



こちらは年が明けて1月10日の途中経過の作品です。

この際のkirakiya.rumari様のコメントとして
「色付け素材は水彩のみです。
少し修正しました。
その後少し デコりました。

今回は瞳の色でかなり試行錯誤しました。
赤い瞳なので、赤すぎてもダークな感じになり、
黒過ぎると赤ではないような?となってしまい💦
今の色に落ち着きましたが、
もう少し変化させる予定です。」とのお言葉がありました。

この途中経過イラストを掲載時にこのポンコツ管理人の私はよせばいいのに
「昨年末の時点と比べて瞳が幾分大きくなり、その結果としてつぶらな感じが遺憾なく伝わってくる雰囲気があり、
うどんげちゃんらしい「月からの逃亡者なんだけど頑張っている感じ」がきちんと描かれているようにも感じられました!
欲を言うと・・・
瞳はあとほんの少しだけ「真紅」みたいな感じてもいいのかもしれないですね。 」
みたいな余計なアドバイス(汗・・!)をさせて頂いたのですけど、

kirakiya.rumari様様からはなんと・・!

「真紅」の色ですよね。
そうなんですよね。
瞳の色がまだしっくりこないのです。
たぶん赤色自体が足りないからだと思うのですが、
赤みを足し過ぎると「吸血鬼」のイメージが
出てしまうような気がします💦
なので、光を伴った赤の表現をどうしようかと試行錯誤中です。
こういう試行錯誤が面白い過程でもあったりします(^^)
イメージしたような色彩に近づくといいなと思います。

との大変ありがたいお言葉を頂きました。

正直あの時は「余計なひと言しちゃってkirakiya.rumari様を迷わせてしまったのかな・・」と少し不安だっただけに
あのお言葉はなんか結果としてこんな私にも素敵にご配慮頂けているkirakiya.rumari様の素敵で繊細な気配り
なんだなぁ・・!と感心したものでした!

さてさてこのうどんげちゃんの「瞳の色」はその後どうなったのでしょうか・・・??

多分ですけど、私が推察した限りではこの時点でのkirakiya.rumari様は相当判断に迷われていたような感じも
ありましたし、kirakiya.rumari様としての素敵な試行錯誤があったと思われます。




2017011700352564cs.jpg



こちらは1月17日の途中経過のうどんげちゃんです!

さてさて・・前回の課題の「うどんげちゃんの瞳の色」なんですけど、
あんまり「赤」を強調されると確かに吸血鬼みたいなイメージも出てきますし、
「赤」のイメージを弱めちゃうと、 うどんげちゃんの元々の設定の
「うどんげの赤い瞳には満月と同じ狂気が宿り覗き込んだものを狂気に落とす」
という狂気さを薄めちゃうし、
この辺りは絵師様の「素敵なさじ加減」という事で難しい面は多々ありますよね・・・

さてさて・・・kirakiya.rumari様はその点の課題をどのようにクリアされたのでしょうか・・・??

おぉ――――、瞳の色に随分と真紅の感じが増し、「月の兎」という面が素敵に強調されているように思えます!
これは素晴らしき改良だったと思います!!

kirakiya.rumari様自身も
「水彩と少々 エアブラシで色付け。
のち少し デコりました。
瞳の色はほぼ納得な色付けになりました。」と満足されていたようです!

「前回に比べてかなり「赤」・・真紅を
イメージされている事が遺憾なく伝わり、前回に比べてうどんげちゃんらしい
「可愛らしさ・うさぎっぽい感じ・狂気を操る能力」がかなり力強く表現されていると私は感じたものです!

それと、今回よりネクタイとスカートの色も鮮やかに塗られ、こちらもとってもよくイメージに合っていると思います。

いやーー、こうやって回を重ねられていくと「絵師様のご苦労」とか「一枚のイラストの変化」というものが確実に伝わってきて、
イラストの難しさと同時に「楽しさ」みたいなものもきちんと伝わっている点は
本当に素晴らしいと思います! 」
というのは当時の私自身のコメントではありましたが、自分で言うのもなんですけど
まさに「その通り!」だと思います。

その制作過程において瞳の色とか口元とか色々と迷われる場面も多々あったとは思いますし、
kirakiya.rumari様の ご苦労の痕跡というのか試行錯誤の痕が 色々と伝わってくるまさに「産みの苦しさ」でもある
途中経過でもあったと思いますが、
いよいよそのご苦労が下記の完成作品で見事に実を結ぶことになります!



20170124005218efcs.jpg



改めてですけど、こちらがうどんげちゃんの完成イラストです! ちなみに完成は先月の1月24日でした!

本当に一か月間近くお疲れ様でした!!

最終的に「希望」に溢れたとっても素晴らしいうどんげちゃんが完成したと思います!

このうどんげちゃんは、「成長」が伝わるウサギちゃんだと思いますし、 「希望の象徴」としての
うどんげちゃんだと思いますし、ここにはかつてのようなおどおどしたり臆病風に吹かれて逃げてばっかりという
うどんげちゃんはいないのだと思います。

本当に素晴らしいうどんげちゃんをありがとうございました!

そしてこんな私からのリクエストに素敵に応えて頂けたことに改めて感謝申し上げたいと思います!

このうどんげちゃんは私の「宝物の一つ」として今後も当ブログで大切に大切にさせて頂きたいと思います。

kirakiya.rumari 様からは
「地上の兎として頑張っているんですね^_^
楽しい毎日だといいですね! 」とのお言葉を頂きましたが、
大丈夫! うどんげちゃんは、先日の東方人気投票でも大きく順位を上げ、私の一押しキャラの早苗さんにすら
迫る勢いです!! (汗・・!)
多分ですけど、てゐのチクリにもこれからは怒涛の反撃をしまくると思います! (笑)




20160903005329ff9s_convert_20170212180613.jpg


2016090300532915b_convert_20170212180646.jpg



せっかくですので、kirakiya.rumari様が昨年9月に描かれた「優しい蠍イメージイラスト」の縦版と横版のイラストも
転載をさせて頂きます!
ちなみにですけど、この完成作品の途中過程においては、髪の色は淡いピンクではなくて銀髪でした!
銀髪がこうやって淡いピンクになるだけでまさに雰囲気がガラッ!と変る事も新鮮ですけど、
kirakiya.rumari様ご自身が描かれた「一枚のイラスト」に「生命」を吹き込まれたとも言えると思いますね!
ヘンな例えで申し訳ないのですけど、
魔術師が人形に魂を吹き込んで、
自分の意志で動く人形を創りだしたという感覚に似ていると言えるのかもしれないです。

そうそう・・この髪の先端は「蠍の毒針」との事です!

蠍は怒らせたら怖いですぞ・・・??


20161023005615a15s.jpg


20161023005611144s.jpg



最後に・・・うどんげちゃんと同じ東方という事で、昨年10月に描かれた「豊聡耳神子」のイラストも転載を
させて頂きたいと思います!
この神子はシャープな感じが素晴らしいですよね!
獣耳みたいな髪型とヘットホンが見事に表現されていて、神子らしい現代感覚を素敵に描かれていると
思います!

ちなみにこの神子ですけど、kirakiya.rumari 様にとっては驚くべきことに東方初描き作品でした!!

kirakiya.rumari 様! 今回は私のリクエストにこんなにも素敵に応えて頂きありがとうございました!

同時に絵師様としての、kirakiya.rumari 様の「素敵な気迫」とか「迷いながらも前進される力強さ」にも
感銘を感じたものでした!

どうぞこれからも宜しくお願いします。

最後に・・・

今回は、kirakiya.rumari 様の素敵なイラストのほんの一部を転載&ご紹介させて頂きましたが、
kirakiya.rumari 様には他にも素敵なイラストとか
もう一つのお顔でもあるネックレス等のアクセサリーの記事もありますので、
是非是非皆様!! kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い をご覧になって頂けるととっても嬉しいです!

当ブログだけでなく kirakiya.rumari 様 の素敵なブログ  kira kiya な 空 rumari な想い も何卒宜しくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラストを描く過程もキレイだなぁ〜
と思っちゃいました♪ヾ(´︶`♡)ノ
なかなか、見る機会ないですしね(^-^)

こんにちは^^
うどんげちゃんは、かなり有名なので、私も結構知っています^^月のウサギは、そもそも中国あたりから発祥しているようですね。日本では飛鳥時代から、月のウサギが登場するらしいですが。
うどんげちゃんの祖先さんですかね^^
kirakiya.rumariさんの絵もお見事ですね。
「無」か「有」を生み出す。
その生み出すための労力や熱意というものに、本当に感服します。
既存のキャラであれ、それぞれの絵師さんごとにこだわりがある以上、まさに「無」から「有」を生み出す行為であることに変わりは無いですね。
素晴らしいです^^

うどんげちゃんは、健気なうさぎさんなのですね…(=◇=)❤
こんなすとーりーをきくと、なんだか、うどんげちゃんも描いてみたい欲望がむくむくと…!(°∀°=°∀°)❤
kirakiya rumariさまのイラスト、とってもすてきですね❤
うどんげちゃんではないですが、最後に載せられた神子ちゃんは、なんだかルックスがとってもわたし好みでした!!!(>ω<)❤

こんにちわ

うわぁ!透明感のある素敵なイラストですね。
こんな風に制作過程を細かく見られる機会はあまりないので、勉強になりました。お子様もいらっしゃる方でこんなイラストを描ける方もいらっしゃるんですねぇ。嬉しくなります。

制作過程は貴重!!

napo 様


そうなんですよ! この素敵な制作過程は本当に無から有を創造される素敵な事だというのが
よく分かる軌跡だと思います。
下書きも大変ですし、色塗りとか細かい修正とか本当に絵師様は大変なご苦労があるものだと
思います。

素敵なうどんげちゃん!

八咫烏 様


うどんげちゃんが月から逃走する際に使用したアイテムというのがまるで日本の伝説みたいな「羽衣」というのも
なんか面白いものがあると思います。
東方の世界は、日本の他にも西洋・東洋、そして宇宙など色々な要素を盛り込んだ作品でもあるのですけど、
うどんげちゃんもそうした世界各国の素敵な伝説の申し子と言えるのかもしれないですね。

kirakiya.rumariさんの素敵な絵を褒めて頂きありがとうございます!

うちのブログでこうした絵師様の「制作過程」を公開するというのも初めての試みなのかもしれないですが、
私自身がこの記事を作成している祭も、その途中経過でのコメントのやり取りとか
kirakiya.rumari様ご自身の絵の修正・微調整・迷いなど色々思い出すことが多々あり、
改めて「一つの絵」を完成するまでの絵師様のご苦労には頭の下がる思いがしたものです。

希望の象徴

Baby pink amy 様


今度の新しいプリキュアのキュアホイップのモチーフも「うさぎ」なのですけど、
このうどんげちゃんも実はその正体は「月の妖怪兎」なのでした!
うどんげちゃんのバックストーリーはなかなか泣かせるものもあったりするのですけど、
そうしたうしろめたさ→希望への変化を素敵に象徴されたのが
kirakiya rumari 様の絵なのだと改めて感じますね!

amy様も是非是非フランちゃん・こいしちゃん・咲夜さん、そしてこのうどんげちゃんのamy様らしい絵の制作を
描いて頂ければとっても嬉しいですし楽しみです!

kirakiya rumari様の神子は、確かにamy様のお好みと言える素晴らしい作品だと
私も思います!

umi 様、ありがとうございます!

umi 様


kirakiya.rumari 様の素敵なイラストを褒めて頂きありがとうございます!
私もとっても嬉しいです!
確かに・・・kirakiya.rumari 様の絵は幻想的でもあり透明感がしっとりと伝わる作品でもありますし、
この「手作りの温かい雰囲気」が素晴らしいと思います。

この制作過程はまさに「素晴らしき軌跡」なのだと思います!


こんばんは。

あい様などの紅い眼の子が大好きな私ですが、いいですねえ。
「無」から「有」を創作していくことは大変・・・と書くのは簡単ですが、実際は言葉にするのも難しい過程があったでしょうしそこに対しての労力は大変なものがあったのでしょう。

5月14日はこいしの日というのは分かりやすいですけど、世の中「ええその日!?」と思う強引な記念日は結構ありますよねえ(笑)

とても素敵な記事にご紹介して下さり、
ありがとうございます^_^
とても嬉しいです!
うどんげちゃんの瞳の色は、
ご意見頂けて私も
もう少し明るくした方がやっぱりいいと、
方向が見えたのでとても嬉しかったです。

あまり上手に ぬくぬく先生さまのように
文章に表現出来ないのがもどかしいのですが、
大変ありがとうございました^_^

これからも楽しくのんびりイラストを
描いて行きたいと思います。

まさに素敵な軌跡だと思います!

冬音様


このイラストの作成の過程は、まさに「その制作過程という軌跡は奇跡なのかも!」と感じさせるくらいの
素晴らしき歩みだったと思います。
絵師様としてのご苦労が痛いほど伝わってくるものでしたけど、最終的にこうした素敵な作品に仕上がり、
苦労が報われたものだと思います!

冬音様からも素敵に褒めて頂けた事に深く感謝いたします! ありがとうございました!!

「紅い瞳」・・・そう言えば冬音様のあい様もそうでしたね!
ミカヅキさんの「冬こいし」みたいなマフラー&手袋も素敵でしたね!

こちらこそありがとうございました!

kirakiya.rumari 様


いえいえ、私の方もkirakiya.rumari 様のブログととっても素敵なうどんげちゃんイラストを
ご紹介出来た事をとても嬉しく思っています。
改めですけど、こんな私からのリクエストに素敵にお応えして頂けた事やこの制作過程におけるコメントのやり取り等に
感謝いたします。
ありがとうございました!

最終的にうどんげちゃんのあの瞳の色も理想的なものになったと思いますよ!!

私自身もあの紹介記事は楽しい気持ちでスイスイと書かせて頂く事が出来ました!

kirakiya.rumari 様もどうかこれからも楽しくまったりとイラストを描き続けて欲しいと思いますし、
今後も更新記事を楽しみにさせて頂きたいと思います。
次は、1000拍手目のリクエスト募集に期待させて頂きたいと思っていますと言いたかったのですが、
あらあら・・もう少しで1000拍手到達ですね!
その際はまたまた素敵な募集を楽しみにさせて頂きたいと思います(笑)

今回は本当にありがとうございました!

どうかこれからも何卒宜しくお願いいたします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3461-d3d1c94b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |