プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
19位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前ですと「日の丸弁当」じゃないですけど、
お弁当の白飯の真ん中に「梅干し」が入っている事はごく普通だったと思うのですが、
最近は梅干しが入っているお弁当の方が少し珍しくなってきたような感じもあります。
だけど梅干しっていいですよねぇーー!
なんかいかにも「日本人の心のふるさとの食べ物」というのかジャパニーズソウルフードみたいな雰囲気も
あったりしそうですね・・・(笑)
白飯とおかずだけのお弁当で、少しそれに飽きてしまったなぁ・・と感じたら、この梅干しをパクっ・・と頬張ると
口に中にじーーんとあの酸っぱさが広がり、そしてまたなんか新しい食欲が湧いてきそうな気もしますので、
そういう意味では魔法の食べ物と言えるのかもしれないですね。
というか梅干しを全然見た事も聞いた事も食べた事がない西洋人の人があれを食べたら一体
どういう反応を示すのか、私、とっても気になります・・(笑)
同様な事は「くさやの干物」にも言えるのかな・・・??

さてさてそうした身近な梅干しなんですけど、実はこの食材には驚くほどの効能が詰まっていて
それはまさにミラクルと言えるのかもしれないですね。
梅干しは長期間保存が可能な食材というのも大変魅力的なのですけど、その長期保存が可能な効能が
殺菌効果だと思われますが、冒頭で「日の丸弁当」みたいな事を書きましたけど
食べ物の殺菌効果という意味ではお弁当に梅干しを入れる事自体は実は大変理に適っていると思われます。
その梅干しの素晴らしき効能なのですけど、特に疲労回復効能と血液サラサラ等の生活習慣病予防効果と言う意味では、
かなりの効果があるようですね!
梅にはクエン酸と呼ばれる成分が含まれていて、クエン酸の量は梅干しにすると、さらに増えます。
クエン酸は疲労回復効果があることで知られる栄養素です。
私たちが疲労を感じる原因は、体内に蓄積された乳酸と呼ばれるものです。
体の中に乳酸がたまってしまうと、疲労という形になってあらわれます。
疲労回復のためには乳酸を分解すればいいわけですが、このときに活躍するのがクエン酸なのです!
そう言えば、高校の頃に学校行事の一つに、早朝4時に出発して昼頃にとある山の頂に登山するという無茶なものが
ありましたけど、8時間近く歩き続けて頂上に辿り着いた時にお昼ご飯として出されたおにぎりに入っていた具は
梅干しのみでしたけど、あれを食べたらなんとなく活力が湧いてきて下山の方もどうにかこうにか
出来たような記憶がありますね・・
あれも一つの疲労回復効能だったのかな・・?
梅干しには血液を弱アルカリ性に保つことが出来るため、血液をサラサラに維持する効果もありますし、
梅干しに含まれる、カテキン酸は殺菌の働きがあり、食中毒の予防や整腸機能もあるとの事です。
またまた・・・梅干しを食べることでインスリンの働きを高め、血糖値を下げるため、糖尿病や高脂血症の予防につながる
というのも既に前期高齢者みたいなものになりつつある(?)私たちの世代には嬉しい話なのかも
しれないです。

西洋のことわざで「リンゴは医者いらず」とかいうのがあったと思いますが、日本においては
「梅干しは医者いらず」ということになるのかもしれないですけど、
一つだけ注意する点は、塩分が強いから取り過ぎに注意!という感じなのかもしれないですね。

そうした素晴らしき食材の梅干しなのですけど、食べ方はなにもおにぎりの具材とか日の丸弁当だけでは
ないと思います。
大変古い話なのですけど、昔フジテレビで「料理の鉄人」という番組が放映されていた時、和のアイアンシェフの
道場六三郎さんが一時期体調を崩され番組を休んでいて、そのカムバック時の対戦として選ばれていた食材が
確か梅干しだったと記憶していますが、当時あれを見ていて
「へぇーー、梅干しってこんな風にも料理に使えるんだ!」ととっても感動した記憶がありますけど、
実は家庭でも簡単に短時間で調理できる梅干しを使ったメニューって結構あると思います。

これはあくまで私が過去に実践した一例ではあるのですけど・・・

1.梅干しといわしの炊き込みご飯

これはめちゃくちゃ簡単でかつとっても美味しいです!
炊飯器に水とお米を入れ、そこに最近の当ブログでも登場していた「イワシのレモンスープ」の缶詰から
イワシを細かくほぐし炊飯器の中に入れ、更にここに細かくすりつぶした梅干しと生姜を少しばかり入れて、
炊飯器のスイッチを押したら完成です!
私個人のお勧めとしては、ご飯は少し焦げ目がつく程度まで炊き込んだ方が美味しいと思います。
そしてこのお味なのですけど、意外にも「梅干し」の味が全体を支配しているようにも感じられ、
魚の生臭さを完全に消し去り、とってもさっぱりとした味になると思います。

2.トマトと梅干しのさっぱりパスタ

これも比較的簡単です!
フライパンにオリーブオイルをひき、缶詰のホイールトマト・鶏のもも肉を細かくカットしたもの・にんじん・玉ねぎ・ピーマン・
そして梅干しを細かくすりつぶしペースト状態にしたものを、フライパンで炒めます。
そしてそこにあらかじめ茹でてあったパスタに絡めるだけで完成です!
このパスタのポイントは、トマトと梅干しのさっぱり感です!
トマトと梅というとどちらも酸味が強い印象がある食材ですけど、決してお互いに足を引っ張り合わず
全体的には「さっぱり感」をうまく演出していると思います。
この上に大量の粉チーズをかけるともっと風味がUPします!

3.ツナ缶フレークと梅干しのさっぱりチャーハン

これもとてつもない手抜き簡単料理です・・・
あらかじめシンプルな卵チャーハンを作っておき、完成直前にツナ缶フレークと缶詰のコーンと
やはりすりつぶしてペースト状にした梅干しをチャーハンに追加して投入し、最後に少し強めの火で炒めれば
あっと言う間に完成です。

私が書いているものは、あくまで「手抜き・時間短縮」がモットーでして、梅干しはかなり奥が深い食材だと
思いますので、時間と手間を掛けたものならば
もっと美味しくて素敵な食べ方が一杯あると思いますよ! (笑・・)



縺・a縲€譏歙convert_20170211173340



話はガラッと変わるのですけど、
皆様って幼少の頃の記憶って何歳ぐらいからありますか・・・?
大体一般的には4~5歳前後あたりなのかな・・?
こんな事書くとまたまたこのポンコツ管理人の実年齢がバレバレになってしまいますが(滝汗・・!)
私自身は三波春夫の大阪万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」の
「こんにちはぁー、こんにちは・・」のあのフレーズはリアルタイムで聞いた事があるような気もするのですよね・・・

それと私自身が初めて「テレビ」というものを認識した番組が実はなのですけど、
上記記事で「梅干し」を取り上げたさせて頂いた事とも多少は関連はあるのですけど、
1969年にアニメ化された「ウメ星デンカ」じゃないのかな・・・?とも思ったりもします。
この「ウメ星デンカ」が放映化されていた頃は、私自身もほんのおこちゃまの頃でしたので、
もちろんこのアニメ自体はほとんど記憶はないのですけど、何となく漠然と「なんか見た事ある・・」みたいな記憶は
あったりもしますね。 あの宇宙船でもあるカメがなんか妙に記憶に残っていたりもします。
このブログではよくアニメ番組の事も書いたりしていますけど、
もしかして私自身が生まれて初めて見たアニメと言うのがこの「ウメ星デンカ」なのかもしれないですね・・・(笑)

あ、そうそう! この「ウメ星デンカ」が放映されていた頃のテレビは、カラー放映が大分進んでいたにも関わらず
この「ウメ星デンカ」は予算の都合で白黒での放映だったそうです!
うーーむ、今どきの若い世代の皆様に「白黒テレビ」といっても「何それ・・??」みたいな反応になってしまうのかも・・?? (滝汗・・!)


この「ウメ星デンカ」の概要ですけど、これは実はあの藤子不二雄先生の作品でもあります。

はるか宇宙の果てのウメ星の爆発により、王様とお妃、それにデンカを乗せた瓶(カメ)が地球の中村家へ漂着し、
その中村一家との奇妙な居候生活を描いたほのぼの逆漫画の走りとも言える作品です。
デンカがいろいろなアイテムを不思議な瓶(カメ)からとり出すのは、実は「ドラえもん」の先駆的作品と
言えるのかもしれないですね。

前述の通り、
私がその幼少の頃の記憶としてこの宇宙船=カメはなんとなく白黒テレビとしてうっすらと記憶に残っていますね・・・




puripara-sohuli-02_convert_20150910170420.png




「梅干し」に関連したキャラというと、今現在はそりゃ言うまでもなく「プリパラ!」のそふぃですよね!!

普段のそふぃはジャージでぐだぁ・・・としか゜ちでポケッとした女の子でもあるのですけど、梅干しを口にした途端に
アイドルとしてのスイッチモードが点火して歌もダンスも天才的レヴェルぶりを見せつけるという感じなのですけど、
あの普段の干物女ぶりとのギャップがまたまた楽しいと思います。
そふぃは梅干しのことを「レッドフラッシュ」と呼んでいて、
梅干しが切れると急に脱力し「ぷしゅ~」が口癖で虚弱体質の干物女と化すという設定はアイドル時の姿との
ギャップがたまらない魅力ですよね!
そふぃは一度梅干しが切れるとプリパラ空間に来ても干物状態のままなのですけど、
梅干しを食べると再びアイドルモードのスイッチが入るというのもとっても面白いと思います。
らぁらの実家である「パパのパスタ」には定期的に「梅干しピザ」なる特注のピザを注文しているのですけど、
それを配達にきたらぁらは、干物状態としてのそふぃを見ても、それがそふぃと全く気付かなかったというのも
楽しいエピソードでした!

ちなみにそふぃのお誕生日は「7月30日は梅干しの日」じゃないですけど、見事に7月30日です!! (笑)

さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記のそふぃのイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人のアミグリさんの作品でして、
今月当ブログで掲載をさせて頂きました「アミグリさんが描かれた版権作品特集 その③」でも
かなり反響があったイラストの一つです!

アミグリさんが描かれたそふぃはそうした「干物女」としてのそふぃではなくて
アイドルそのものの素敵なそふぃだと思います!
頭に上にちょこんと乗ったシルクハットとかアホ毛も、長くて赤い髪も
まさに「選ばれたアイドルとしての女の子」みたいなオーラに溢れていて素敵ですよね!
このキラキラとした輝き溢れる雰囲気はまさにアイドルそのもののオーラだと思います。

上記のこの素敵なそふぃはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

皆様の中で「こんな可愛いそふぃを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

上記イラストはプリパラのそふぃでしたけど、
そうそう、実はなのですけど、アミグリさんは、2月26日に、やはりプリパラから、ぴのんちゃんを描かれています!
この アニメ「プリパラ」 ぴのんちゃん をご覧になりたい方はぜひこちらからお入りください!

アニメ「プリパラ」 ぴのんちゃん

アミグリさんが描かれるぴのんちゃんは、とてもカラフルで可愛いです!

最後に・・・

間もなく「春ですよ―」の3月ですが、実は3月の当ブログは、イベント関係がてんこ盛りでして、
アミグリさんが描かれた妖夢特集を3/4と3/12に開催させて頂きます他にも
アミグリさんが描かれた東方・艦これ以外の版権作品特集とか
久しぶりになりますが、アミグリさんが描かれたオリジナル作品集とか
3月7日は早苗さんの日、とか3月10はさとり様の日とか3月5日は巫女の日とか
3月3日は雛まつりの日とか色々ありますので、
是非3月の当ブログも何卒宜しくお願い申し上げます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

梅干し大好きなんですよねー。昔は必ず一日一粒食べていたんですが、最近は塩分の関係もあって、ちょっと遠慮しています^^;
子供の頃の最初の記憶ですか?祖父の家で、テレビを見ながら、ハイハイしていた記憶が一番最初の画像ですかね^^あの瞬間に、自我らしきものが芽生えたのだと思っています。
もしかしたら、それ以前の記憶もあるのかもしれませんが、なかなか覚えていないものですね^^;
他の人にも、自分の一番古い記憶って何ですかって聞いてみたいですね^^

梅干し、おいしいですよね~。

実は、私が子供のころは、梅干しが食べられませんでした。
私は食わず嫌いで、食べ物の好き嫌いが激しくて、梅干しもその一つだったんですけど、一度食べてみたらおいしくって、今では梅干しは大好きな食べ物のひとつになっています。
今まで食わず嫌いで梅干しを食べていなかったのがもったいないなー…と思いましたね…(笑)

少し驚かれるかもしれませんが、私、幼少のころの記憶がほとんどないんです…(汗)
ビーズだと思って手につかんだものがダンゴ虫だとわかってすごくびっくりした、というのはほんのり覚えております…(笑)

そして、そふぃのイラストを再転載していただき、ありがとうございます!!
そふぃの普段の「ぷしゅー」なところと、梅干しを食べたらシャキッとするあのギャップがとても大好きですね!

それと、ぴのんの記事紹介もありがとうございます!!

明日から3月ですが、3月のぬくぬく先生のブログもイベントがてんこ盛りで今から楽しみです!

戦後間もない日本人はとても貧乏でした。
もちろん学校の給食もなく、よくてごま塩をまぶした白米に梅干が一つ乗ってるだけの梅干弁当。
たいがいは、麦飯に梅干が乗ってる梅干弁当…卵焼きのおかず付きの弁当を持ってくるお金持ちの子が羨ましかったです(笑)

子供の頃の記憶

八咫烏(冬眠中) 様


梅干しいいですよね! 確かにご指摘の通りかなり塩分は強いとの事ですので、
好きな食べ物もほどほどに・・という事なのかもしれないですね・・・(笑)

私は幼少の頃の記憶って実はあんまりなくて、小学生以降の記憶しか残っていない感じもあるのですけど、
最近ではそうした記憶すらも曖昧になってきているのは、加齢と歳月のせいなのかもしれないですね。
ただなんとなくですけど、白黒テレビの存在は覚えていますね・・(笑)

3月も宜しくお願いしますね! (笑)

アミグリ 様


素敵なコメントを頂きありがとうございます!!

私も実は幼少の頃の記憶はうすいですね・・・(汗・・!)
それは加齢と歳月の流れという事なのかもしれないですけど、幼稚園~小学校低学年の記憶は
うすくなってきていますね・・
幼少の頃、団地に住んでいた事があるのですけど、エレベーターが設置されていなくて
階段の上り下りが大変だったのはなんとなく覚えていますね・・(笑)
ダンゴムシの話はなんか微笑ましいものがありますね。

そふぃも素敵ですけど、最新のぴのんちゃんもとってもキラキラして可愛いですね!

あのぴのんちゃんも後日「版権作品特集」に転載させて頂くイラストに是非追加させて頂きたいですね!
3月は、またまたアミグリさんのイラストを色々とご紹介させて頂くイベントがかなり多いですので、
是非3月も何卒宜しくお願いします!

梅干し弁当


sado jo 様

そうですね・・私自身も母親と喧嘩した次の日の弁当は、そうした「梅干し弁当」のみでおかずは一切無し!という事も
たまにはあったものですけど、
そうした場合はクラスメイトにたかりまくりですね・・(笑)

だけどsado jo 様の時代ですと、そうした事も出来ないというのか周りの人たちもそうした日の丸弁当ばかりというお話で
やはり時代の変化というものを感じますし、
食べ物のありがたさを改めて感じますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3460-11ef9126
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |