FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


組曲「第六の幸福をもたらす宿」は、吹奏楽に関わった人ならば結構知名度は高いと思われますが、
純粋に管弦楽の作品としては、知名度はゼロに等しいのかな・・・
元々が映画音楽として作られた音楽を組曲版としてオーケストレーションされた訳なのですが、
演奏効果も高いし、非常に分り易いし、明るいし、何よりもメロディーが親しみやすいから
オケの演奏会曲目になっても決して遜色はない曲だと思います。

この曲を広めるきっかけとなったのが、1996年の文教大学の演奏なのですが、
この演奏は改めて聴くとかなりユニークですよね。
後半の展開は、異常とも思える位テンポを落として、たっぷりと気持ちを込めるようにゆったりと
歌いこんでいる所が特徴だと思います。
だけど少しサウンドが濁っていたせいもあったのか、この年は銀賞にとどまっています。

最初にこのタイトルを耳にした時、
何となくイメージとして、
何もかも幸せを手にした男がいたのだけど、何か満ち足りない日を過ごしていた。
「幸せ」って何だっけ?と自問自答し、自分探しの旅をしている時に、ある旅館で起きた出来事みたいな
ストーリーなのかなと思っていたら、そういう話ではなくて、
中国の概念である五福(1.長寿、2.富、3.健康、4.徳、5.悔いなき末期)に加える第六の福をそれぞれが見つける、という意味で劇中登場する宿につけられた名前というのがタイトルの意味であり、
映画としても、この話は前半にさらっと出ている程度だけとの事です。
映画自体私は見た事がありませんが、戦時中の中国を舞台とし、主演女優は、イングリット=バークマンとの
事です。

この組曲は、

Ⅰ.ロンドン=プレリュード
Ⅱ.ロマンティックな間奏曲
Ⅲ.ハッピーエンディングから成り立っていますが、
Ⅲのハッピーエンドが一番聴き応えがあります。

Ⅲの中間部のピッコロから開始される単純なメロディーの元歌は、イギリスの童謡「Old Man」との
事です。
あのメロディーは何かとても親しみやすく、何か耳に残り易い楽しいメロディーです。

アーノルドの曲は、吹奏楽に編曲してもあまり違和感はありませんが、
管弦楽の演奏のCDはシャンドス版しか持っていませんので
吹奏楽版では、コンクール演奏なのですけど
1999年の狭山ヶ丘高校の素晴らしい名演がお勧めです。
この学校、最近では関東大会でもあまり耳にしないけど、まだ元気で頑張っているのかな・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/346-c4fc69f3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |