プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私、普段は基本的にはコンタクトを使用しています。
というか、今現在の言い方は「使用していました」という過去形になってしまいそうですね。
私の場合コンタクト歴は大変長く、かれこれ30年程度使用していたことになります。
最近のコンタクトは当然ながら「使い捨てタイプ」が主流になっているのですけど、
実をいうと私自身は、つい最近まで使い捨てタイプではなくて、1枚のレンズで2年程度使い続けるソフトレンズを
使っておりました・・(滝汗・・!)
今時使い捨てタイプを使用していない人も珍しかったと思いますし、コンタクトの保管方法も
現在のように保存液に一晩浸しておけばいいという方式ではなくて、まるで昭和の頃のような(!?)
既に「死語の世界」の領域と化している煮沸方式を続けていたというのですから、
いかに頭が固いというのか、今まで利用していて使い慣れているものを新しい方式に変更したくないみたいな
変化を嫌うタイプと言えるのかもしれないですね・・・(苦笑・・)

うーーーむ、いまだにコンタクトを煮沸してケアしている人なんているのかな・・・・??
多分ですけどほぼ皆無だと思います・・・(汗・・!)
でもなんか抵抗があるのですよね・・
一日中目ん玉に入れていたコンタクトをただ薬剤に浸して、それを翌日普通に装着するなんて
気持ちとしては今一つ「嫌だな・・」と思ってしまうのですよね・・・
感覚としては・・・・
煮沸してコンタクトに付着した雑菌はぜーーーんぶ熱で殺したい・・みたいなものがあったりもしたものでした。

だけど、先日ですけど、ついに長年使用し続けていた「コンタクトレンズ」を卒業する事にしました!

コンタクトレンズを使用する事自体なんか面倒くさい・・と感じるようになってきましたし、
何よりも一番大きかったのは、最近まで使用していた使い捨てではないソフトコンタクトレンズが老朽化したので、
コンタクト交換の際に毎回利用していた池袋のピックカメラに交換しに行ったところ、
「お客様が使用されていたチバビジョンは既にそうした使い捨てタイプは生産していない。
というかほとんどのメーカーはそうした使い捨てではないソフトコンタクトは既に取扱いをしていない。
お客様の目は、右目の視力が0.07程度に対して左目が0.6と俗にいう「ガチャ目」な上に左目は強めの乱視が入っている上に
老眼(汗・・!)の兆しが散見されるので、そろそろコンタクト使用に限界が生じてきている」と
指摘をされ、
最終的には「そろそろ眼鏡に変更をされた方が宜しいのかもしれませんね」とやんわりと釘を刺されたので
これもいい機会だと思って、
コンタクトレンズを卒業し、眼鏡にする事といたしました。

もちろん今までも家の中とか休み日なんかは眼鏡を使用していましたので、
眼鏡を終始使用し続ける事には別に違和感もないですね。
そう言えば前回のコンタクト交換時の眼底検査の際にも
「長期間使用による眼のダメージの痕跡が散見されるのでそろそろ眼鏡に切り替えた方がいいかもしれない」と
言われていましたので、時期的にも妥当だったのかもしれないですね。
「目に傷がある」というのは指摘され続けていました。
これは確かに心当たりがあります。
1996年に山梨から都内に念願の(?)異動が実現できた際に、結構ギリギリまで引継ぎ業務に追われ、
同時に自分の部屋の荷造りをしたりしていて、荷物を一旦新しい住まいに発送した際に、
「あ、いけない!、コンタクト保管ケースとか煮沸器等のコンタクト関連グッズと眼鏡そのものを
引っ越し荷物の中に入れてしまった・・」と気が付いてしまい、
結果的に3日近く、コンタクトレンズをずっと目の中に入れたまんまにしてしまい、
三日ぶりにコンタクトレンズを外したところ、さすがにひどい充血状態となってしまい、
結果的にこれが目を傷つける主たる原因となってしまったようです・・
(後日、眼科の先生に呆れられてしまいました・・大汗・・!)

「眼鏡」ってなぜか知りませんけど昔から抵抗があるのですよね・・・
上記で書いた通り、私の場合右目と左目で大きく視力が異なり片目に乱視が入っているために、
だ眼鏡の場合ですと、左目と右目でレンズの厚さが違い、重量的にもかなりアンバランスな
感覚が残ってしまいます。
こうやってコンタクトを無事に(?)卒業して眼鏡一本でいく事にした訳ですので、今後は一日中眼鏡を掛ける事に
慣れないといけないですね!
最近の眼鏡レンズは特殊対応・軽量化が一層進んでしかもお安くなっていると聞いていますので、
いずれ眼鏡屋で新しいものもつくりたいと思います。







さてさて、ここから先は「東方project」関連のお話です。

東方Projectで眼鏡をかけているキャラって実はほとんどいません。

東方眼鏡っ娘というと、朝倉理香子とマミゾウと宇佐見菫子だけです。
朝倉理香子は旧作キャラで、現在の東方の世界に登場する事はありませんし、
宇佐見菫子自体はあくまで外界の女子高生ですので、幻想郷内のキャラというとマミゾウだけなのかもしれないですね。
ちなみにですけど、森近霖之助は眼鏡を掛けていますけど、あの御方は東方では極めて珍しい男性キャラで
少なくとも眼鏡っ娘ではありませんので・・・(笑)
三月精の一コマとしてルナチャイルドがメガネを掛けているシーンがありましたけど、あれはあくまで
ワンシーンだけでした!
東方で眼鏡がお似合いそうなのは、パチュリーさんなのかもしれないですね・・(笑)

さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記のマミゾウのイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが2014年4月に描かれた作品です。

このアミグリさんが描かれたマミゾウはある意味大変希少価値があると思います。

というのもこのマミゾウは、東方鈴奈庵の2巻に載っているマミゾウをアミグリさん自身が模写された作品です。

ちなみにこのマミゾウ模写はシャープペンではなくて鉛筆でされたそうです。

当時のアミグリさんのお言葉として
「模写って結構時間かかるんですね…←何をいまさら
春河もえ先生の作画はとてもきれいで、丁寧で、あこがれます…」
との事でしたけど、やはり絵師様というのはこうした模写からはじめられて腕を磨かれて
徐々に自分らしさとかオリジナルティーを身につけられていくものなのですね!
私から言わせて頂くと、鈴奈庵のもえ先生の絵は大変美しく幻想的な雰囲気が「うまいよなぁ・・」と感心させられますけど、
いやいや、アミグリさんの絵だって全然負けていないし、とっても綺麗で美しいといつも感じております!

更に書かさせて頂きますと・・・

最近アミグリさんから「アミグリさんご自身が絵を描くきっかけ」についてのエピソードを教えて
頂いたのですけど、一部転記をさせて頂きますと・・
「中学生のころ、とても絵の上手な友達がいて、その友達とよく手紙交換をしていたんですけど、
その手紙に描かれている絵がとにかくうまくて、その子の絵をこっそり真似してかいていたのが、私
のお絵かき人生の初めの方でした。

そして少しずつ好きな漫画の絵を真似して描いてみたりもしていましたね。
やっぱり最初は「真似」から入りましたね。 」

なるほど・・! 当たり前の話ですけど、最初からうまい人などいないのですよね!

最初はこうした真似・模倣から始まっていくものなのですね!

そうした事を示唆するとっても素敵なエピソードだと思います。

ちなみにですけど、アミグリさんが過去に模写された作品として、こちらの デデンネ(模写) もとっても可愛いと思います!

そうそう・・・「東方Project」の世界観としては、これまで何度か書いた通り、妖怪と人間を完全に分離するために
博霊結界を張り外界にいる妖怪を全て幻想郷内に集結させたという設定がありますけど、
マミゾウみたいに外界に残っていた妖怪も一応はわずかながらいたとの事です。
マミゾウの正体は「化け狸」なのですけど、マミゾウの強さは相当なもので、「最強の妖怪の一人」という
立ち位置でもほぼ問題ないかと思われます。
それでいて人望が厚いというのも大きな魅力ですし、マミゾウがよくマミゾウ親分みたいな言い方をされるのも
よく分かる気がしますね・・・(笑)
例えば命蓮寺内においては、新参者でもある幽谷響子のよき相談相手でもあり、
またまた「東方小鈴庵」においては不動のレギュラー入りを果たし、
生まれたばかりの妖怪や新たに幻想入りした妖怪に、幻想郷や妖怪としてのルールを教える教育係も買って出るなど、
幻想郷の治安維持にも務めている様子がこの鈴奈庵では提示されています。
私としては、是非是非白蓮さんにお願いしたい事は、このマミゾウを重宝してあげて欲しい!
と言う事ですね。
白蓮さんの右腕としてマミゾウをフルに使えば、命蓮寺の勢力も更に一層拡大していきそうな気もしますね。
あれれ・・・そうなると霊夢の博霊神社はますますさびれちゃうから
それは設定上まずいのかな・・・?
マミゾウはあくまで「タヌキ」ですので、やっぱり、藍しゃま・・八雲藍とは仲が悪いのかな・・・?
藍を式神として使用しているゆかりんとマミゾウの接点がないだけに、今後、マミゾウとゆかりんとの絡みにも
大いに期待したいものもあったりします。
「つかみどころがない」とか「飄々としている」という点ではゆかりんとマミゾウはどことなく似ている雰囲気も
ありますので、この二人は絡めばかなり面白いコンビになると思います。


上記の模写・マミゾウはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

今月はアミグリさんが描かれた「こいしちゃん特集」や版権作品特集 その③を企画化させて頂きましたが、
1/4の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」と合わせて、
皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんやこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

そして、これは後日改めて予告をさせて頂きますが、これまて゜のフランちゃん・こいしちゃん特集がとっても
好評でしたので、
来月早々には「アミグリさんが描かれた妖夢特集」も企画化させて頂く予定です。

これに関しましては詳細が決まり次第改めて予告記事を掲載させて頂きたいと思います。

こちらの方も是非楽しみにして下さいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コンタクト卒業なんですねぇ…
悪い方の視力に引っ張られず、
視力差を維持してるんですね。
私は、引っ張られて両目とも0.1に。

今は、お手頃価格でオシャレなメガネも
多いので、ぬくぬく先生にお似合いのメガネを♪

なんか、ぬくぬく先生さんとは色々奇遇ですね^^
私がおっさん散歩に選んでいる先も縁が深いようですが、私がコンタクトを入手している場所は池袋のフジコンタクトなのです。
私もコンタクトなんですよ^^
眼鏡が微妙と仰る意味合い、すごくよくわかります。
正直、コンタクトのほうが視界が広いですし、目の前にある眼鏡がうっとうしく感じる時があるのですよね。
私はまだしばらくコンタクトを続けますが、眼鏡のほうがお金がかかりませんし、目にも健康的なようですね。
将来的に、私もそのルートをたどると思います^^

アミグリさんの絵を描き始めたきっかけがなんとも微笑ましくて良いですね^^

無事に卒業・・(笑)

napo 様


napo 様も実はメガネまたはコンタクトだったのですね!

ガチャ目は日常生活には影響ないですけど、健康診断の視力測定の際に毎回ヘンな目で見られてしまいますね・・(笑)

やっとケアが面倒なコンタクトを卒業できましたので、
メガネライフを楽しみたいと思います。
まずは今よりももっと軽量なメガネにしたいと思っています!

色々とご縁があるようで嬉しいです!

八咫烏(冬眠中) 様


お―――、八咫烏様も実はコンタクトで、しかも同じ池袋で作られていたのですね!
先日の所沢・両国の件と言い、この寄寓は嬉しいものがありますね! (笑)
もちろん埼玉にもコンタクトを作れる店は一杯あるのですけど、一度手続きをしてしまうと、
2回目以降も手続きがスムーズなもので、ついつい池袋にばかり行ってしまうものですね。

老眼が入るとコンタクトの使用が限界時期に入りますので、その辺りが境目と言えるのかもしれないですね・・(汗・・!)

アミグリさんの模写作品は極めて貴重なだけに、そのきっかけのエピソードと合せて
またまたお褒めのお言葉を頂きありがとうございます!

先生こんばんわぁ(^^)/
コンタクト3日はやばいですよ?
私も、つけっぱなしで1日寝た事ならありますが、なんか裏側とかに行ってキョドりましたから(笑
しかも取りにくかったり充血も・・・3日なんて・・・想像して目が痛かったです;w;

眼鏡で正解です!!眼鏡人口増えますように(祈

アミグリ様みたいに綺麗な絵を描く方でも模写するのですね・・・そうすることで上達ですか、なるほどぉ(メモメモ
私も頑張って模写模写っ=333

コンタクト・・

Cれに 様


Cれに さんもコンタクトなのですね!

実は私は以前はもっとポンコツな事をやらかしていまして(汗・・)
「コンタクトが無い無い・・どこへいった・・」と探していて放置していたら、なんと・・!
目の裏側が熱く充血しているのに気が付き、よくよく見てみたら、まぶたの裏側に
なくしたと思っていたコンタクトが付着していました!!

あれ・・取り出す際は激痛でしたね・・

いやいや・・Cれに 様の絵もとても美しくて素晴らしいですよ!
私はああいう作風はとても大好きです!
是非是非Cれに様のブログでああした美しく幻想的なイラストを私たちに素敵に見せ続けて
頂きたいです!

ちなみにいわしレモンスープ缶詰ですけど、ヤオコーとマルエツには普通に一つ148円で売られていましたよ!

ふふふ、お仲間。

ようこそこちらがわへ(笑)

老眼が進むとコンタクトは難しいですよね。
私も何年か前からメガネに変えました。
自動車に乗る時は遠くが良く見えるメガネをかけますが、降りたら中近両用をかけます。
手元もよく見えてちょっと遠くもよく見える…。

そういうお年頃なんですよ~、わたし達(笑)

お仲間ですね・・(汗・・)

mama.ikuko 様


うーーむ、微妙ですね・・(汗・・)

「コンタクト、まだいけるじゃん」と思っていたのですけど、
使い捨てじゃないソフトコンタクトがほぼ生産中止になっている事と老眼の指摘は二重のショックですね・・(苦笑・・)

mama.ikuko 様と私はほぼ同世代ですので、
mama.ikuko 様がそうという事は私もそうなんですよね・・
これからは眼鏡一本でいくとしますか・・! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3458-24b2cb64
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |