プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてですけど、守矢神社の二社の神々・・・八坂神奈子と洩矢諏訪子のお二人の神々は
人騒がせなはた迷惑な神様と言えるのかもしれないですね・・・(笑)
幻想郷内には霊夢が「東方風神録」の早苗さんとの初対面で話していた通り
既に八百万の神々とか付喪神・厄神・神霊みたいな方がいる事はいるのですけど、こうした神々はいわば
幻想郷がゆかりんたちが画策した博麗大結界によって外界と幻想郷が隔離されて以降の土着の神々でもありますし、
当然ながら彼らは外界の「高度な科学技術の存在」は知る由もありません。
(阿求ちゃんの「東方求聞史紀」においては、博麗大結界は張られていても、外界の神々は自由に外界と幻想郷を
行き来できるとなっていましたけど、それならば別に神奈子たちは別に湖ごと移住をしている必要はなかったのではないの・・?
みたいな指摘はスルーしておきましょうね・・笑)

だけど、神奈子と諏訪子たちがいざ幻想郷に移住してみると、
予想以上に幻想郷自体の科学技術とか新しい技術が遅れていて、
「確かにあんまり科学技術が進歩しすぎると外界のように、人間達の考え方が全て合理的になり、
夜も妖怪も神様すらも恐れ無くなる事は大変困った事だし、それが私たちが外界を捨てて幻想郷に移住をしてきた
理由なんだけど、あまりにも技術が遅れすぎているのは、かえって幻想郷内の人間達の生活水準の向上には
繋がらないのかも・・」と考えたのかもしれないですね。
幻想郷は外界から隔離されたエリアなのですが、全体的な雰囲気は江戸時代後半~明治初期の頃あたりの雰囲気が
漂っているようにも感じられますね。
多分ですけど、幻想郷内には「電気」は通っていないと思いますし、霊夢や小鈴がろうそくとか灯籠とか提灯を使用している事が
そうした電気未開通を示唆しているようにも思えます。
ちなみにですけど、なぜか・・? 守矢神社では普通に電気が通っていて、守矢神社内の照明器具は
蛍光灯らしきものが使用されていたりもしています。
なぜ守矢神社だけ電気が通っているの・・?というと、神奈子たちが外界から移住をしてくる際に
外界の色々な技術をたくさん持ち出してきて、それを妖怪の山の河童たちに売り込み、技術を教え、
元々手先が器用で技術水準が高い河童たちがそれに食いつき、守矢神社の電化工事に一役買ったと言えるのかも
しれません。
「東方求聞口授」において、神奈子は、
1.外界のイメージとはかなり違う天狗と河童が妖怪の山で既に高度な技術を有し、高度な社会を既に気付いていたのは
  驚いた。
2.河童が元々有していた技術はかなり高度で驚いた。と述べていましたけど、
そうした天狗と河童が棲みつく妖怪の山の山頂に湖と神社の建物ごと移動をしてきたというのはむしろ妥当だったと
言えるのかもしれないですね。
(あの大きな湖を置ける適切な場所がそこしか無かった・・という事情もあるようです・・)

神奈子は、元々が大の新しきもの好きで科学技術が大好きで、またまた好奇心旺盛な神様でもありますし、
フレンドリーで大の酒好き&とてつもない酒豪で
(幻想郷内最大の呑兵衛の萃香と差しで飲んで勝てる可能性があるのは八坂神奈子だけかもしれないですね!)
同時に、幻想郷のそうした古い体質とか技術の遅れを神奈子なりに心配していたのだとは思います。
外界みたいに「全てが合理主義・・」みたくならない程度の簡単な文明開化を幻想郷にもたらしたいと考えていたのかも
しれないですし、穿った解釈を取ると
そうした幻想郷内の人里の人間達の「生活水準向上」が霊夢の博麗神社ではなくて、自分達の「守矢神社」の
知名度UPに繋がると考えたのかもしれないです。

その結果として神奈子は諏訪子共々、色々な事を画策し、それが結果として「異変」になっていったのだと
思われます。

既に早苗さん語りとか聖白蓮語りで触れてはいるのですけど、
東方星蓮船のそもそものきっかけは、地霊殿での間欠泉騒動なのです!
つまりそれは神奈子と諏訪子の技術革命が全ての原因とも言え、この二人の神さまたちが、
元々鳥頭で純粋で素直ないいこのお空にとある余計な能力を与えてしまい、お空がそうした能力を制御できずに
暴走してしまったというのが、ある意味平和ボケしていた幻想郷内に白蓮さんとか神子といった宗教関連の
ニューヒロインを生み出してしまった事に直結をしてしまうのです。
つまりは、神社勢力の守矢神社組がおとなしく何もしなければ、幻想郷内の宗教関連施設は、
霊夢の博麗神社と早苗さんや神奈子の守矢神社だけで済んでいたものが、
そうした神奈子たちが余計な事をしてくれたおかけで、白蓮さんの仏教勢力、そして神子の道教勢力という
新しい宗教を幻想郷内に呼び込むきっかけを見事に作ってしまい、
言うならば自ら「商売敵」を作ってしまったようなものですよね・・・(笑)
だけど、これらの一件は神奈子というある意味おおらかな神様にとっては「全然大した問題」ではないようでして、
神奈子自体、「日本は八百万の神々が元々祀られていて、こうした一つの場所に複数の宗教勢力が
存在している事自体当たり前の事」と考えているようですし、
神奈子自体は、そうした事で多少焦りが生じている早苗さんに対して、東方茨歌仙にて
「他宗教と争っても信者数は増える事は無い」と諭している辺りは、
さすがそうした「元々の宗教の多様性と寛容性の意義」をきちんと認識されている事を示唆している話であり、
神奈子のおおらかさと寛容性を示す素敵なエピソードなような気もしています。
(ま・・霊夢にとっては神奈子の技術革新自体が「異変」にしか見えないのは当たり前の事ですし、
そうした異変解決のために働かされてしまった霊夢は、ま・・気の毒と言えば気の毒なのかもしれないですね・・・笑)

更に「星蓮船」本編の顛末が次作「東方神霊廟」の神霊騒動のきっかけとなっているため、
こちらもそもそもの発端はやはり神奈子たちが引き起こした間欠泉騒動が間接的な原因になっている事を考えると、
やはりどうしても・・・
「また守矢か・・」とか「いいかげんにしろ神様」とか「そろそろゆかりんが過労死するぞ」などと言われており、
「守矢神社はトラブルメーカー」というのかそのお騒がせ振りは、
やはり神社と言うか神様と言えども、幻想郷そのものは常識には囚われてはいけない所なんだなぁ・・と
改めて実感しますね・・・(笑)

お空について少し補足をいたしますと、
お空は、元々は旧地獄の主のさとり様のペットとして旧地獄とか間欠泉の管理や温度調節の仕事をお燐と共に
していたのですけど、
山の神(八坂神奈子と洩矢諏訪子)によりもたらされた八咫烏の力を取り込み事で、力を付けたはいいものの
元々の頭がからっぽですので、その力を暴走化させてしまいます。
それじゃなんで元々そんな鳥頭のお空にそんな力を与えたのかと言うと
「元々が素直な性格なもので、そうした暗示に掛り易かった・・」というのがお空が選ばれた理由との事ですけど、
うーーむ、やはりその辺りは「人騒がせな神様」という感じなのかもしれないですね・・・
結果としてお空はそうした力をコントロールできず暴走化し、地上を破壊すれば新たな灼熱地獄が生まれると愚かにも考え、
異変発生の原因になったのですけど、
後日この件に関して「東方求聞口授」の座談会の場にて魔理沙から文句&ツッコミを入れられた神奈子が
「てへっ・・」と誤魔化していたのはなんかとても面白かったです。
神奈子の意図としては、遅れている幻想郷の技術と生活水準の向上を意図し、
幻想郷内の動力確保・・つまり「電化」というものを目指していたのだと思われます。
そのためお空に、お空の力の源となる「八咫烏の神の力」を与え、
核融合のエネルギー資源を得るため、地底の底にある旧地獄を核融合炉として活用し、
その場所で八咫烏の力を入れたお空を活動させたいというのが本来の神奈子の意図だったと思われますけど、
結果としてこの計画は挫折する事になってしまいます。
ま・・その理由は、旧地獄内には、怨霊・鬼、そしてさとり様といった勢力が闊歩していて協力体制を取るのが
難しい上に旧地獄はあまりにも地上から遠すぎ深すぎた・・というのが大きいのかもしれないですね。
河童の幻想郷内での独自進化とかその技術はかなり高いものである事を認めながらも、
外と比べて相当遅れている河童の技術を見た神奈子が「山の産業革命計画」を立てたはいいけど上記理由により、
エネルギー確保は実現困難であり、新しい代替エネルギー資源が必要という結論になってはいるようです。

それにしても神奈子は技術革命とか新しいものが大好きなようですね・・・
神奈子と諏訪子が元々外界で祀られていた長野県の諏訪湖周辺が精密機械などで有名なことに
由来するのかもしれないですね、
(ちなみに諏訪湖には間欠泉センターも存在するようです・・・(笑)

東方茨歌仙では「常温核融合」の実験の為に金属の神様を降ろせる霊夢に依頼してパラジウム合金を造らせたり、
治水や発電を目的として河童達に命じてダムを造らせたりと、エネルギーの技術革命に関する行動が
やはり随所で見られています。
但し・・ダム建築については河童達が神奈子の命令通りにダムを造らずに決壊の危険が起きかけたり、
河童達の労組と揉めたりしたため、結局は中止となっています。
そうそう、このダム建設には実はとある目的も秘められていまして、要は・・・
守矢神社自体が妖怪の山の山頂に建立されていて、このままでは参拝者が誰も来ないから麓に守矢神社を移設できないか・・
という諏訪子の目論見もあったようです。
そして、この「参拝客が守矢神社に来れるような策」として持ち出されたのが「ロープウェイ計画」なのです!

早苗さんというのか守矢神社組が、どうして心綺楼と深秘録というある意味派手な宗教戦争に加担しなかったかと言うと、
神奈子はもっと上の次元の事を考えていて
「別に今この異変にタッチしなくてもうちには何の影響もない・・・それよりも、
何とか妖怪の山の上に建立されているうちの神社に人里からの参拝客を呼び込まないと
うちの神社に未来は無いのかも・・・
そのためにも何とかロープウェーを引く事は長期的に出来ないものか・・」という計画をずっと天狗と共に
検討していたというのが異変解決に参加しなかった理由と言うのも、なんかいかにも神奈子らしい考えでしたね。

そしてこのロープウェイ計画については、ついに・・・!

最新号の「東方茨歌仙」にてその完成概要がお披露目されていましたけど、これについて語り出すと
キリがないもので、この辺りは、「3月7日は早苗さんの日」の記事あたりで
フォローをさせて頂きたいと思います。



nittori---_convert_20120321165645.png



さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記と下記のイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたにとり・・河城にとり関連の2枚のイラストを
転載させて頂きたいと思います。

にとりは、茨歌仙や鈴奈庵ではかなりよく出てくる河童のキャラですよね。

あややのカメラとかはたての携帯の写メールみたいなものも、神奈子たちからその技術を売りつけられ、
それを応用した作品と言えるのかもしれないですし、
茨歌仙で登場した「プラネタリウム」の高度な技術は素晴らしかったです!
あの回において、にとりがスカートの端をつまんで霊夢に対して
「霊夢さんが来てくれるとそれだけで安心です・・どうぞお越しください」とお願いした様子は「小さなレディー」みたいな
感じもしたものでした。
ま・・・にとり自体は結構がめつくて案外とえげつない商売をしているのは・・・それは見なかった事にしておきましょうね・・(笑)

上記のにとりはアミグリさんが2012年3月に描かれた作品です。

この時代のアミグリさんは「淡い色彩の時代」の真っ只中という事もありまして、こうした薄い色彩感覚が
今現在の作風から見ると
「あ・・かなり作風が素敵に進化されたんだ・・」と感じますけど、それは現在へと繋がる進化の一つの脱皮過程と
言えるのかもしれないです。
だけど私自身は以前から申し上げている通り、今現在の作風もこうした淡い作風の時代も
どちらも大好きです!

このにとりは少し幼さが感じられるのが素敵ですね!
にとりは少しロリっぽい方がお似合いだと思いますし、アミグリさんが描かれる可愛いロリっぽいにとりが
とても魅力的ですね!
ツーサイドアップの髪型も帽子もリュックサックもとてもよく似合っていますね!
グリーンと水色の色彩感が「水の生き物の河童」をとてもよくイメージさせていると思います。
背景の水滴もイメージにぴったりだと思います。
ちなみにこの背景の水滴はアミグリさんご自身の手描きでこちらは描かれるのにかなり苦労されたとの事です。



22172269_convert_20111004180046.png



上記はにとりとチルノの二人のイラストです!

この二人が公式で絡む事はあんまりないものでして、これは珍しい組合せと言えるのかもしれないですね。

このにとりとチルノは2011年10月に描かれた作品を転載させて頂きました。

ふたりともとっても可愛く描かれていますよね!

チルノの横顔というのはアミグリさんの作品としては珍しい部類に入るのかもしれないですね。
にとりの少しお澄まし気味の表情も可愛いですね!
こうやって見てみると、にとりもチルノ同様に ちびっこいキャラと言えるのかも しれないですね。

確かにこの二人はそうしたちびっこい雰囲気がよく似合っているような感じもありますね。

上記の二枚のにとりのイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

明日・・2/26に改めて改めて予告記事を掲載させて頂きますが、アミグリさんが描かれたフランちゃん・こいしちゃん特集が
おかげ様で大変好評でしたので、
3月に2回に分けてアミグリさんが描かれた「妖夢特集」も予定させて頂いております。

どうぞこの素敵な「妖夢特集」の方もご期待ください!

また3月になりましたら、「アミグリさんが描かれた版権作品特集 その⑤」も予定させて頂いておりますので
こちらの方も宜しくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

八咫烏の力っていうところで、おやっと思いましたが、幻想郷でのお話がよくわかりました。アミグリさんの絵も、あえて薄い感じの色彩で描かれていて、絵そのものが光を放っているかのようですね^^にとりって、昔は、ホームセンターのニトリを想像していました^^

八咫烏の力

八咫烏(冬眠中) 様


八咫烏の力って・・・あ・・、確かに八咫烏様のHNそのものでしたね! (笑)

あの三本足の神聖な力を東方でも屈指の鳥頭のお空に与えてしまう幻想郷の世界は、
やはり「常識が通用しない不思議な世界」と言えるのかもしれないですね。

アミグリさんは、2012年~13年の2年間は、「淡い色彩の時代」になっていて
(あ・・これは私が勝手に命名しただけです・・汗・・!)
あの淡い色彩の時代も最近のキラキラした雰囲気もどちらも本当に素晴らしい絵師様だと思います!
いつもこうやってアミグリさんのイラストを褒めて頂ける事に強く感謝します!
ありがとうございます!!

にとりって確かに・・「お値段以上」のあのニトリを連想してしまいますよね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3450-449fa17e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |