プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事は「霊夢語り」なんですけど、今回ばかりは霊夢の保護者とも言えるゆかりん=八雲紫様の事を
私の脳内妄想を交えて書かせて頂ければ誠に幸いです。

ゆかりんは言うまでもなく幻想郷最大の賢者&強者&幻想郷の根幹システムを作り出された
まさに幻想郷の素晴らしき創設者といっても過言ではないのですけど、そもそものゆかりんの正体ってなんなのだろう・・と
感じる事もあったりします。
ゆかりんは妖怪なのですけど、間違いなく言えることはただの妖怪ではないという事なのだと思います。
というかゆかりんって元々は一体なんだったのか・・? その「真の正体」は実は公式でも何も明らかにされていませんし、
公式見解としても「幻想郷最強妖怪」だけで説明終了みたいな感じもありそうですね・・・

というか、そもそもの謎でもあるのですけど、ゆかりんって一体どこに住んでいるのでしょ・・?
藍と一緒にどこかに住んでいるのですけど、その居場所が誰にもわからないというのも凄い話だと思いますし、
幻想郷内で「住所不定」なんていうのはさすがにゆかりんと藍だけじゃないのかな・・?
ゆかりんの能力は「境界を扱う程度の能力」という事で、
幻想郷と外の世界を隔てる境界を自由に行き来出来ることから、結構以前から
「ゆかりんの住いは実は幻想郷内ではなくて外界じゃないのか・・?」とか
「ゆかりんは実は外界の妖怪ではないのか・・?」みたいな説は根強くあったりもしますからね。
そうした住所不定という点は華扇も少し似ているのかもしれないですね。
華扇は自身の屋敷を「 方術 」を用いて隔離し、住みやすいよう周囲の環境にも手を加えて生活しているのですけど、
なぜか小野塚小町は華扇のお屋敷は自由に出入りしているようですけどね・・(笑)
そうそう、その華扇なのですけど、「東方深秘録」においては、
二ッ岩マミゾウと連携しての深秘録の異変の首謀者に対抗するなどメインキャラの一人という立ち位置になっていて、
そうした異変解決の過程で幻想郷を創設した「賢者」の真名を知っていることが明らかになったりしているのですが、
その賢者の真名って何なのでしょうか・・?
やはりゆかりんに関連する事なのでしょうか・・?
東方茨歌仙においては、ゆかりんは結構早い段階から華扇に興味を示しているようですけど、
それもその辺りに何か関係があるものなのでしょうか・・?
ゆかりんも勿論そうなのですけど、私の中では「東方で今熱いキャラ」の一人が華扇でもあると感じています。

ゆかりんは以前から「寝てばかりいる」とか「冬は冬眠している」みたいな話が多いのですけど、
以前も書いた通り、それは「ゆかりんが幻想郷内に飽き足らず外界でも色々と活動・暗躍をしている事」に対する
カムフラージュとしてそうした噂を意図的にゆかりん自身が流布したんじゃないのかな・・?と
思ったりもしますね。
というか、案外もしかしてゆかりんの活動のメインは幻想郷内ではなくて本当に外界なのかもしれないですね。
幻想郷内のルールとして「妖怪は人を襲い、人は妖怪を恐れる」みたいなものもあったと思いますが、
ゆかりんは基本的には幻想郷で一切人を襲う事はありません。
だけどそれだったらゆかりんの妖怪としての本分に反し、妖怪としての存在意義に疑問を呈する事にも
なりかねないのかな・・?とも思ったりもします。
そこで想定されるのは、ゆかりんは幻想郷内では悪さは一切しない代わりに
外界で悪さをされているのかもしれないですね・・(笑)
そして外界で人を襲う悪さの他に、茨歌仙で華扇に対して示唆したように、幻想郷内の人を襲う妖怪たちの
食料として外界から「神隠し」という名のもとに「人さらい」をしているのかもしれないですよね。

あ、そうそう・・ゆかりんってよく二次創作ネタにおいて、はマエリベリー・ハーンとの類似性を指摘されていて
実は幻想郷のゆかりん=外界のはマエリベリー・ハーンは同一人物ではないのか・・?と言われる方も結構いたりも
するのですけど、一理はあると思うけど「さすがにそれはないよね・・」とも感じますね。
その類似性というのは、ZUN帽等外見が類似しているとか
類似する固有能力(ゆかりんは「境界を操る程度の能力」で、マエリベリー・ハーンは「境界を見る程度の能力」)などが
挙げられるのですけど、マエリベリー・ハーンは列記とした人間で京都の大学生である事を考慮すると
さすがに同一人物説は違うでしょ・・と思ったりもしますね。

以前ふと感じた事があったのですけど、「博麗神社で祀られている神様とは実は紫様=ゆかりんではないのかな・・?」と
脳内妄想をしたことがあります。
その根拠として、

1.霊夢の博麗神社というのは、幻想郷の核心でもあり、そこで祀られている神様か一切登場しないのは
 いくらなんでも不自然だし、霊夢が「自らの神社に祀られている神様」を知らないというのはさすがに
 ありえないでしょ・・・という脳内妄想から導き出された結論というのは、
 その博麗神社で祀られている神様自体が既に登場しているからではないのか・・・?
 そしてその神様というのが実はゆかりんそのものではないのか・・?
 
2.「東方緋想天」で、あの迷惑天人の天子に霊夢の博麗神社を破壊された際には、普段は飄々としているゆかりんが
  異例とも言えるほど珍しく激高し感情を露わにして「博麗神社は私の神社!」とはっきりと明言していた。

3.神器の一つ、陰陽玉は妖怪は触れる事も出来ない筈なのに、
  (三月精では、華扇は陰陽玉に手に持とうとしても触れる事さえできませんでした・・)
  ゆかりんは、その陰陽玉自体をなんと「東方地霊殿」においては、霊夢に対するサポート妖怪として、
  通信用に普通に使用していましたから、
  やはり只の妖怪ではないし、否! もしかしたら「神に近い存在」と言えるのではないのか・・?という解釈も
  成立するのではないのか・・?

そうした事が挙げられるのじゃないのかな・・とも感じます。

それにしても「東方緋想天」における天子に対するゆかりんの激高振りはすさまじいものがありましたね!

普段感情を表にしないポーカーフェイスの御方が激高するとその「怒りの半端なさ」は一目瞭然みたいなものを
改めて感じますし、
いかにゆかりんが幻想郷、そしてその核心的存在とも言える「博麗神社」をゆかりんが愛しているのかを
示唆しているエピソードだとも感じられます。

「美しく残酷にこの大地から往(い)ね!」

ゆかりんが放った天子へのこの言葉は、天子への怒りと同時にゆかりん自身がうどんげちゃんに対して
「博麗神社は私のもの!」と言い切った言葉とほぼ同源ではないのかな・・と思ったりもします。
考えてみると、東方Projectの歴史の中で、温厚で飄々としたゆかりんをマジギレさせ
「天子を殺す宣言」すらもやってしまい、天子をマジに立ち直れないほどフルボコのボコボコ状態にさせてしまう
原因を一人で作り上げた天子も「いい根性しているよね・・」と別の側面から評価してあげたい
気持ちもあったりはしますよね・・・・

だけどさすがにゆかりんが博麗神社のオーナーとも言うべき「神社の主神」というのはちょっと無理が
あるのかもしれないですよね・・
ゆかりんは、上記の通り確かに神様みたいな側面はあるのかもしれないですけど、どちらかというと
地獄と現世を封ずる塞の神のような雰囲気も持たれているとも感じますし、神社の主神と言うには少し違和感が
あるのかもしれないですよね。
それに神様と言うものはあんなに胡散臭くはないものなのかもしれないですよね! (滝汗・・!)
塞の神のように人々から恐れられることで信仰を得る祟り神の存在と
恐れられる事で自らの存在を維持する妖怪の間には大きな違いは既に無いとも思えますので、
そうした意味ではゆかりんを「神様」として祀る事自体はやはり違和感はありそうですね。
反面、結界の要である神社の主神と結界の管理者がイコールというのは、それなりの説得力はあるとは
感じるのもまた事実です。

白蓮さんが「東方星蓮船」にて博麗神社が全然信仰集めてないから神が怒っていると言っていたと思います。
ゆかりんが博麗神社の主神であると仮定すると、
霊夢に普段から信仰集めを半分強制的にでもやらせているはすだと思うのですけど、
霊夢にそうした事をさせないで霊夢のやりたいようにさせているという事は逆に言うと
「ゆかりんはやっぱり博麗神社の神様とは違うよね・・」という事になるのかな・・とも思ったりもしますね。

ゆかりんの本当の正体って何なのだろう・・・? ふとそのように感じる瞬間もあります。

只の普通の「妖怪」じゃない事は間違いないとは思いますけどね・・・
式神の藍はキツネ、同様に橙は化け猫、
そうなると・・・
なんだろう・・・もしかして「龍」なのかな・・・??
阿求ちゃんの設定では、龍、すなわち龍神は幻想郷の最高神であり、幻想郷の創造神でもあります。
博麗大結界を張った際にこの龍神が出没し、妖怪の賢者がその命を掛けて
龍神に対する誓いを約束し、龍神は去ったとの事ですけど、
ゆかりんは、結界張る事を画策した賢者とも言われていますので、さすがに「龍」という事はないですよね! (汗・・!)
雰囲気的には決してありえない話ではないのかな・・・?とふと感じる事もあったりします。

私の脳内妄想としては、博麗神社の現・巫女さんは霊夢なのですけど、
博麗神社の初代巫女さんというのは実はゆかりんであったのかな・・?とふと妄想する事もあったりもします・・・(滝汗・・!)
ゆかりん=巫女さんなんて書いてしまうと
「えぇー、だってゆかりんというのは妖怪なんでしょ・・? 妖怪に巫女の資質はさすがにないでしょ・・」と
言われる方も多いと思うのですけど、
まだ幻想郷が完全に外界から分離をされていなくて、外界の普段全く人気がないようにウルトラ僻地みたいなところに
博麗神社が寂れかかってまさに「廃社」寸前みたいな状態で残っていて、
当時の巫女さんは、そうした僻地の上にそこでわずかながら住む人間たちからも全く信仰をされなくなり、
参拝に来る人も願掛けをしにくる人も、お正月の初詣の際も参拝客が皆無で
人々から「信仰心」が失われていたのを嘆き悲しんでいた巫女さんに対して
龍神がどこからともなくやってきて、幻想郷と外界のシステムの提案をした上で、
幻想郷の黒幕としての妖怪になる事をその巫女さんにそそのかし、その巫女も
「信仰心が得られない神社や神や妖怪に対して畏敬の念を感じない人間社会に最早何も未練はない」という事で
あたかも早苗さんが外界から幻想郷に移住してきて来た時のように悲愴で決然とした覚悟をもって
「自らの妖怪化」と「幻想郷と外界の完全分離」を承諾し、
そうした分離後の初代・博麗神社の巫女を務めた・・そして今現在は妖怪の立場として、博麗神社と幻想郷を
見守り続けている・・・
そんな事もありなんじゃないのかな・・とふと思う事もあったりします。
だってそうでないとゆかりんが「博麗神社は私のもの!」と言いきったり博麗神社を倒壊させた天子を
あそこまでフルボコにする必要もないんじゃないの・・?思ったりもしますけど、
さすがに「ゆかりん=博麗神社の初代巫女説」はありえそうもないですよね・・・(滝汗・・!!)







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記の霊夢のイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
今月描かれたまさに出来立てほやほやの最新作の霊夢です!

この霊夢はとってもキラキラしていて可愛いですね!
実はなのですけど、一番最初にこの霊夢を私が見た時の第一印象は、
「あー―、この霊夢は、今年の1月にアミグリさんが描かれた きらきら! こいしちゃん に雰囲気がよく似ていて、とってもキラキラしていて可愛い!」
といったものでした! (笑)
今年1月にアミグリさんが描かれた舌をペロッとだしたあの可愛いこいしちゃんみたいな路線に近い霊夢と言えるのかも
しれないですね! (笑)
そうした意味では、今回転載の霊夢と今年1月のあのこいしちゃんは、「素敵な姉妹作」みたいな位置づけといっても
いいのかもしれないですね。
そのくらいこの二人のキラキラとした可愛らしさは際立っていると思います!

霊夢の髪がキラキラ輝いている様子とか肩だしぶりが とてもお似合いだと思いますし、とってもキュートな霊夢だと
思います!

この霊夢で興味深いと感じるのは、 アミグリさんの霊夢にしては珍しく(?)ウインクを している点なのかもしれないです。
ウインク霊夢は2015年8月の霊夢以来 久しぶりという事もあるのですけど、
こういうウインク霊夢も逆に目の大きさとキラキラ感がより強調されて とっても可愛いと思います!
そして手をきちんと合わせている様子は、やはり「霊夢は巫女さんなんだぁ・・」と改めて感じさせてくれますね! (笑・・)

上記のこの素敵な霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

3週間前はアミグリさんが描かれた「こいしちゃん特集」を企画化させて頂きましたが、
1/4の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」と合わせて、
皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんやこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

この一つ前の記事で既に告知済ですか゜、3/4と3/12の2回に分けてアミグリさんが描かれた「妖夢特集」を
開催させて頂きます。

こちらの方も是非楽しみにして下さいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ゆかりんに関する様々な考察、さすがです^^
とても深いところまで考察がなされていて、読んでいてともておもしろかったです。
でもゆかりんは、あえて謎のキャラで良いですよね^^
やはり最強とか、最大とか、「最」っていう字が付くキャラクターなどは、謎がさらにカリスマ性を高めてくれると思いますので。
でもそれを考察するのがとっても楽しいですよね^^
アミグリさんのこの絵好きです^^ちょっと前アミグリさんのブログのTOPにあった絵ですよね^^

あ…冒頭のほうを読ませていただいているとき、「かみさまじゃないのかな…?」なんて思ったりしたら、まさにそういう記事だったので、驚いています…(=◇=)❤
ゆかりんみたいな神様だったら、親しみがもててよいですね。
それにしても、アミグリさまの霊夢ちゃんは、あいかわらずかわいいですね~~~(>人<)❤

ゆかりん最高!!

八咫烏(冬眠中) 様


いえいえ・・こんなに素敵にお褒め頂きありがとうございます!

というか、あれは考察と言うよりもほぼ全て「私のたわいもない脳内妄想」ですね・・(汗・・!)

逆にそれだけ妄想のし甲斐がある素晴らしいキャラが八雲紫だと思いますし、あのミステリアスさ・不思議さ・胡散臭さは
本当にまさにゆかりんそのものだと思います!

アミグリさんの霊夢を褒めて頂きありがとうございます!
このキラキラとした雰囲気は私も大好きです!

ゆかりんは胡散臭い神様・・・??

Baby pink amy 様


自分で書いていていうのもなんですけど(笑)、ゆかりんがもしも神様だったとすると
こんなにも胡散臭い神様はいないのかもしれないですね・・・(笑)
だけどあのミステリアスな雰囲気とあの独特の胡散臭さはまさにゆかりんそのものだとも思いますね!

またまたアミグリさんが描かれた霊夢を素敵に褒めて頂きありがとうございます!
このキラキラした霊夢はとにかくめちゃくちゃ可愛いですし、私も大好きな霊夢です!!

ゆかりん が神様かもしれない仮説面白いですね(^ ^)
元々妖怪が神様に変化する事もありそうな気がしますし、
お稲荷さまのような神様など。
もしかしたら、あるかもしれませんね^_^

私も緋想天のゆかりん大好きです。幻想郷への愛が伺え、とてもかっこよかったですね。それにしてもゆかりん、ミステリアスなお方です。先生の考察をよんでますます謎が深まり、ますます魅力的に感じました。個人的にはゆかりん最強!ですっ

胡散くさい神様・・・?? (笑)

kirakiya.rumari 様


あんなしょーもない私の妄想記事をお褒め頂けて嬉しいです!

東方では、妖精→妖怪化 人→妖怪化と言うのも実際に起きている事ですし、確かに妖怪→神様への変容が
あってもおかしくは無いのかもしれないですね。
もしもそうだとしてもゆかりん=八雲紫は相当胡散臭い神様だと思うのですけど、
ま・・神様自体が元々は胡散臭い存在なのかもしれないですね・・(笑)

ありがとうございます!

七日 様


いえいえ、あんな私のしょーもない脳内妄想記事をこんなに素敵にお褒め頂きとっても嬉しいです!
ありがとうございます!

私にとってゆかりん=八雲紫様は「幻想郷最大のヒロイン」という位置づけになっていて、
霊夢ともども東方の絶対的エースという感じです。
私もとにかくゆかりんが大好きです!

またいつか以前描かれたようなあのミステリアスで美しいゆかりんを七日様が描いて頂ければ
とっても嬉しいですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3449-c9c85204
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |