プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ルーミアは「宵闇の妖怪」という事で「闇を操る程度能力」を持つという設定なのですけど、
周囲を闇で球状に包み込むことで昼間でも夜と同じ暗さにするというのが最大の特徴で、
要は、ルーミアの周辺にいる人達全てを一瞬で真っ暗闇に放り投げる事が出来るみたいな能力です。
でもこれって結構厄介かもしれないですね。
あたりは何にも見えないし、
「あ・・・誰かいた・・」と思ってもそれが味方なのか敵なのかさっぱり分からないし
視界ゼロの状態に強制的にさせられてしまう・・という感じですね。
この闇に乗じて襲われるとひとたまりもなく、逃げ道すら見えなくなるそうですので、もしもですけど、
ルーミアが他の妖怪と結託して徒党を組まれて襲撃されたら、相当恐ろしいものはあるんじゃないのかとは思います。

幸いな事に(?)ルーミアの場合、基本的に単独行動だし、「本当に人を食うのか・・」みたいな幼い可愛い雰囲気が
漂っていますし、何よりも、
周囲を闇で包んでしまうのだけど当の本人が、本人も視界を奪われてしまう欠点があるのが何ともお茶目な所ですね!
あたりは真っ暗闇なのですけど、ルーミア自身も実は・・・この闇の中では本人も何も見えていないとの事です・・(笑)
自分で闇を発動しておいて、実は、ルーミア自身も全く闇の中の自分の位置を把握できていませんし、
同時に、闇の外の様子も全く見えていないそうです。
だから・・・
あちこちで木にぶつかっている姿が目撃されているとの事です。
そして基本的には・・あんまり人も襲わず、昼も夜もあてもなくふよふよと空を飛んでいるだけの事が多いとの事です。
毒舌でお馴染みの阿求ちゃんの著作の中でも「実は相当マヌケではないのか・・?」とすら書かれてしまっていますからね。

そういうちよっとおバカさんみたいな所とか可愛い容姿とかなんかが
人気の由縁だと思いますし、そうした「何も考えていなそうな雰囲気」がルーミアの可愛らしさであると思いますね。
ルーミアみたいな幼女金髪系というのは、昔も今も人気が高いという事なのかもしれないですね。
後述しますけど、グリフォンフィギュアのルーミアは、そうした幼女・金髪というロリ要素が満開の上、
レミリア様の牙とは違うのでしようけど、牙に近いような感じもあるあの「八重歯」がとっても可愛いと思います。
そしてルーミアの外見的特徴でもある頭のリボンもとっても可愛いものがあると思います。
(牙みたいな八重歯とか頭のリボンの雰囲気なんかはルーミアとレミリア様は少し似ているのかな・・・?とも思ったりもします)




繧九・縺ソ縺・convert_20170203170132



ルーミアはとっても可愛いですよね!!
東方の世界ではそんなにゲームとか公式漫画でも頻繁に登場するキャラではないのですけど、
東方人気投票では毎年安定の上位位置をキープし続けていますけど、それは分かるような気もします。!
あの金髪・紅いリボン・人食系妖怪でありながらこの幼い雰囲気、
そして何よりもあの「そーなのかー」ネタ一本でここまでの人気キープ!!
やっぱりルーミアは東方には必要不可欠な魅力的なキャラだと思います。

今回取り上げるグリフォンフィギュアにおいても、ルーミアは両手を左右一杯に広げていますし、、
このポーズは、当方三月精等公式漫画でも随所に見られますけど、あのポーズが意味するものって
果たして何なのかな・・・?
ちなみにですけど、二次創作ではよく「ルーミアは頭のリボンを外すと真の能力が覚醒する」とか何とか
言われていますけど、そのルーミアの「真の能力」って何なのでしょ・・・!?
なんかとっても気になりますね! (笑)
普段何も考えないでふわふわしている妖怪が本気モードになった場合のその「落差」なんてのも一度ぐらいは
是非見てみたい気持ちもあったりもしますね。

このルーミアのグリフォンフィギュアの商品概要は下記の通りです。

素材形態 : PVC製塗装済完成品
発売時期 : 2013年7月
価格 : ¥ 7,800 (税込¥ 8,190)
サイズ:: 約17.5cm  1/8スケール
原型製作:: おかのだい

ルーミアは古参キャラで人気キャラなのですけど「1面ボス」という雑魚キャラ扱いのせいなのか(汗・・!)
「まめルーミア」以外はフィギュア化にも恵まれていなかったのですけど、こうやってグリフォンが
本格的なルーミアを制作&発売された事はとても素晴らしい事だと思います!

全体の雰囲気もとっても可愛くて素敵だと思います。



繝ォ繝シ繝溘い_convert_20170203170203


繝ォ繝シ繝溘い3_convert_20170203170254


グリフォンフィギュアのルーミアの再現度も中々素晴らしいと思いますね!

左右に両手を広げたあの独特なポーズ・金髪・赤リボン・黒のスカート、
そして赤い靴に白の靴下はまさに「ロリの鑑」なのだと思います!
ルーミアって何となくなのですけど、レミリア様・フランちゃんあたりと同い年ぐらいなのかなぁ・・・とふと思ったりも
するものなのですけど、
ロリ幼女という比較では、萃香・諏訪子よりは全然弱そうで、
最近生まれたばかりの毒を操るメディスンよりはまだ強そうなのかな・・?みたいな印象もあったりはします。
「闇を操る程度の能力」という一見とてつもなく強い能力を持ちながらも、見た目とのギャップとか
「いかにも弱そう・・」みたいな雰囲気との落差が
「なんかルーミアって放っておけないよね・・」みたいな雰囲気をもたらしていると言えるのかもしれないですね。
設定の上でもルーミアは小柄設定になっていますけど、このグリフォンフィギュアでもどこなく
「線が細い・・」とか「いかにも少女みたいな華奢な雰囲気・・」みたいな印象をもたらしているとも思えます。

そしてこのルーミアフィギュアをよーく見てみると、爪にはなんとマニキュアが塗られています!
それがまたピンク色でとっても可愛いです!
改めて感じることは、ルーミアって爪も例えばミスチーみたいに鋭角ではないし、手自体もとっても小さいし
本当に妖怪なのかな・・? しかも人食系の妖怪って本当なのかな・・・?とついつい感じたりもしますね。
ですけどルーミア本人自身が、
「えーーーー、人間を襲うの・・・? めんどうくさーーい!」とか何とか言っていますし、
東方の世界において、「妖怪」は基本的に人を捕食する事になってはいるのですけど、ルーミアに関しては、
人を食うというよりは「人の心を食う」みたいな解釈も取ってもいいのかな・・?とふと思う事もあります。



繝ォ繝シ繝溘い2_convert_20170203170228



そうそう、ルーミアというと、手を左右に広げるあのポーズも有名ですね!
このグリフォンフィギュアでもそうしたルーミアが素敵に表現されています。
そしてあのポーズも「東方紅魔郷」にて魔理沙とのバトルで登場しています。

魔理沙:で、何でそんな手広げてるのさ。
ルーミア:「聖者は十字架に磔られました」っていってるように見える?
魔理沙:「人類は十進法を採用しました』」って見えるな。

このあたりの魔理沙のツッコミもなかなか素敵だと思います。

だけどルーミアってあんな手を左右に広げているのかな・・? 三月精の漫画の中で肝試し大会の場面でも
ルーミアはああやって両手一杯広げていましたね。
昨年のうちのブログにおいてはその辺りに関しては
「私は無抵抗状態であなた達に何も危害は加えないから、あなた達も私に何も関わらないで!!」みたいな事を
あの左右に広げたポーズで示唆しているというのはさすがに考え過ぎなのかな・・・??」
みたいな事を書いていたと思いますけど、
さすがにそれは違うんじゃないのかな・・とも思っています。
なぜならルーミアの本質はあくまでも「人を襲う妖怪」なのですから、そうした引きこもりみたいな妖怪ではないし、
ましてや夜道を待ち伏せ系という悪知恵が働くタイプでもないし、
そうですね・・・ルーミア本人が少しマヌケな人食系妖怪とすると、ルーミアに時たま食べられちゃう人間っていうのも
それ以上に「マヌケだった・・」と言えるのかもしれないですね。

幻想郷内においては、妖怪は人を襲うもの、人は妖怪を恐れ、時折人自身が妖怪を退治しないといけない存在というのは
お約束でもありますからね!



繧九・縺ソ縺ォ繧ダconvert_20170203170324



ルーミアというと「そーなのかー」というあのセリフが大変有名なのですけど、
実はこのセリフが初登場したのが、レミリア様・フランちゃん・咲夜等が大活躍したあの「東方紅魔郷」なのです!
ちなみにですけど、あややとのインタビューの「東方文花帖」においては、「へー、そーなのかー」となっています。

あの「東方紅魔郷」の1面ボスのルーミアと霊夢のバトルを少しばかり再現すると・・・

霊夢:人は暗いところでは物が良く見えないのよ。
ルーミア:あら? 夜しか活動しない人も見たことある気がするわ。
霊夢:それは取って食べたりしてもいいのよ。
ルーミア:そーなのかー。

こらこら、霊夢・・・異変解決と妖怪退治を生業とする巫女さんが、妖怪の「人間食い」を容認しちゃだめでしょ・・
とツッコミは入れたいですね・・(笑)

グリフォンフィギュアのルーミアの両手を目一杯広げた雰囲気は、背景が闇みたいに真っ黒だと
多少は「怖いね・・」みたいな雰囲気も有していると思います。
だけど不思議な事にルーミア自身は、一番闇が進んでいると思われる「新月」の時だけは一切姿を現さないというのも
やはり「妖怪らしいミステリアスさ」は多少は感じさせてもくれていると思います。



mizugi-ru-mia-sama-_convert_20140817162355.png



さてさて、ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーです。

上記のとっても可愛い水着ルーミアを描かれたのは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
dream fantasy の管理人様のアミグリさんです!
上記のルーミアは2014年8月に描かれた作品です。

このイラストは当時「いぇい☆」と名付けられていて、アミグリさんが2014年夏に進められていた企画の
「夏らしい絵を描こうプロジェクト」の第二弾としてこの水着ルーミアを描かれていたものでした。

ルーミアと言うと上記で記したとおり「闇の妖怪」ですけど、闇の妖怪という事で「黒の水着」が
ルーミアにとってもよく似合っていると思いますし、「夏らしい絵」という趣旨にもぴったりの作品だと思います!

ウインクがとっても可愛いですし、
普段はまず「へそだし」なんてしそうもないルーミアのこんな可愛いおへそを拝められただけでも
「ウルトラハッピー!」と思わず言ってしまいそうな嬉しいサプライズがあると思いますね。
水着が黒と赤で構成されていますので、その鮮やかさも大変見栄えがしますし、
手首のブレスレットもとっても可愛いと思いますし、何よりも
タイトルの「いぇい!」に相応しいこのピースサインがとっても可愛くてキュートですね!

今年も昨年同様アミグリさんの「夏らしい絵を描こうプロジェクト」は是非企画化して頂きたいなぁ・・なーんて
今から願っていたりもします・・・(笑)




hiyohiyo-ru-mia_convert_20140507165947.png



こちらの「びよびよルーミア」は2014年5月に描かれた作品です。

ひよことルーミアの素敵なコラボで、
ルーミアも可愛いですけど、ひよこちゃんもとっても可愛いと思います。

このルーミアのほのぼのした雰囲気が素敵ですよね!
闇ではなくてこうした昼間のほんわかのんびりとした雰囲気のルーミアというのもまた格別な味わいがあると
思いますけど、こうした幾分ゆるい雰囲気のルーミアも描けてしまうアミグリさんは改めて素敵な東方絵師様だと
思いますね!
それにひよことルーミアという意外すぎる組合せを思いついてしまうその発想の柔軟さは
お見事!としか言いようがないと思います。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂ける事に感謝しております。

上記のルーミアのイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさんと言えば、当ブログにおいても、2/5に「こいしちゃん特集」をさせて頂き、
先日も「アミグリさんの版権作品特集 その③」を企画させて頂きましたが、
皆様の中で「こんな素敵なこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・?
こんな可愛いそふぃとかぶちことかを素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

それでは近日開催予定のアミグリさんの版権作品集 その④の方も何卒宜しくお願いいたします!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ルーミアはとっても可愛いです

>ルーミアはとっても可愛いですよね!!
東方の世界ではそんなにゲームとか公式漫画でも頻繁に登場するキャラではないのですけど、東方人気投票では毎年安定の上位位置をキープし続けていますけど、それは分かるような気もします。!

〇ルーミアはとっても可愛いです、とは、 
 丸顔のせいでしょうか。
 今まで登場人物のなかで最強丸顔ではないでしょうか。
 拙ブログ(野菜を食べやさい)の丸顔追求に大変参考になります。
 草々

ルーミアは周りを闇にするのに、自分も見えていないのですか^^;
っことは、能力使う前に、懐中電灯とかも持っていないと駄目ですね^^
ルーミアフィギュア、両手を広げたポーズが大変に元気良くてすばらしい!
何気にすごくボケのきいた横写真素晴らしいですね^^
アミグリさんのブログの一枚目の霊夢。きらきら輝いてまぶしいぐらいです^^

ルーミアちゃんも、かわいいですね~~~❤(=◇=)❤
なんというか、東方キャラって、黒、白、赤!という感じが多い気がしますが、ルーミアちゃんは、本当に、そんな感じで、❤
そして、またまたアミグリさまの描かれたルーミアちゃんがまた、かわゆくてかわゆくて!!!(>◇<)❤❤❤

やはり金髪ロリは強いですね!

ささげくん 様


なるほど・・・! ご指摘の通り、ルーミアは確かに「丸顔」かもしれないですね・・・(笑)

ご指摘されて初めて「そーなのかー」と認識したものでした・・(笑)

やはり丸顔+金髪ロリ系は可愛らしさの宝庫ですね!

ルーミア

八咫烏(冬眠中) 様


ルーミアのあの両手広げポーズは「実は何の意味も無いのかも・・」という雰囲気は実に
ほんわかして何も考えていないルーミアらしい話だと思います・・(笑)
「そーなのかー」ネタ一本でこの人気の高さは、やはりあの金髪ロリ系のなせる業なのかも
しれないですね!

闇の妖怪なのに本人は何も周りが見えないというそのポンコツさゆえに東方においてルーミアは
チルノと共に「おバカルテット」と言われて愛されているのは楽しいですね!

アミグリさんのイラストをまたまた褒めて頂きありがとうございます!

ちなみに今現在の最新の霊夢イラストですけど、予定ではうちのブログでは2/26に転載予定となっています!!

ルーミアも可愛い!

Baby pink amy 様


ルーミアは東方ではかなりの古参キャラでもあるのですけど、あの金髪ロリ系は
やはり人気が高いですし、
ご指摘の通り、黒と赤の対比が素敵だと思います。

ちなみにルーミアのあの髪のリボンは本人ですら取れないと言われていて、あのリボンをほどくと
ルーミアの真の能力が覚醒すると言われています。

またまたアミグリさんのとっても可愛いルーミアを褒めて頂きありがとうございます!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3448-c38e01f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |