プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.洛南高校


D/交響詩「ローマの松」(O.レスピーギ)


当ブログの1/30記事にてこの年の洛南の事は実は既に散々書かせて頂いておりましたので、
別にあえて記事にしなくてもいいのかな・・?と思ってはいたのですけど、
なぜかあの日のあの記事のアクセス数が極端に少なく(汗・・!)
ほとんどの方があの記事をご覧になっていない事が推察されますので、
1/30の記事を今回加筆訂正したものを本記事として再掲載させて頂きますので、その点は何卒
ご了承いただけると幸いです。

1989年の全国大会・高校の部でグランプリ候補というと、常総学院・埼玉栄・東海大学第四・習志野・淀川工業・
福岡工大付属あたりがその有力候補なのではないのかなと思うのですけど、
銀賞受賞チームの中でも素晴らしい演奏を聴かせてくれたチームもかなり多かったと思います。
新屋・仙台向山・下松などがその筆頭格だと思いますが、
その中でも洛南高校の演奏はいかにも「洛南高校らしい演奏」だと思いますし、
この年出場した全27チームの中で一番インパクトが大きい演奏というと、洛南高校のローマの松だったと
私的には思っております。

あの演奏は、まさに宮本先生のアクの強さが漲り渡り、「宮本先生=洛南高校」というとてつもなく強烈なサウンドが
確立された瞬間じゃないのかな・・・とも感じさせてくれました!
ああいう演奏が出来ちゃうチームは、今現在の吹奏楽コンクールの高校の部では皆無と言えるのかも
しれないですね。
あの「宮本先生=洛南高校」という組合せは、「吉永陽一先生=兵庫高校」に匹敵するとてつもなく個性的なものだったと
今でも思っております。
まさに個性がギラギラ漲っているみたいな言い方がこれほどしっくりくるチームは少ないとすら思えます。

課題曲は、ポップス系マーチを選曲したのは極めて意外でしたし、洛南のそれ以前の方向性としたら
BのWISHを選んだ方がよかったような気もしますし、
あの課題曲Dは確かに豪快で楽しさは溢れていましたけど、反面「もう少しすっきり聴かせて欲しかった・・」
みたいな印象もあり、
この曲はどちらかというと弾けるようなキラキラ感が求められるのに、
ギラギラと脂ぎったような演奏みたいな雰囲気もあり、それが課題曲Dとしてはあんまりすっきりしない印象に
なったのかもしれないです。
だけどそうした「ギラギラした脂ぎったような演奏」がプラスに作用したのが自由曲の「ローマの松」だったと思います。

これはよい意味でも悪い意味でもいかにも「男子校」らしい側面が出てしまい、人によっては
「もう少し静かな熱演もほしかった・・」という事を言われるとは思うのですけど、
東方Projectの「早苗さん」じゃないですけど、あれはまさに「はっちゃけた演奏」であり、
やりたい放題のある意味とんでもない演奏なのですけど、あの「自由奔放さ」は、絶対に最近のコンクールでは
聴く事が出来ないものであり、改めてあの演奏をCDで聴いてもあの「とてつもない熱気」にはワクワクさせられるものが
ありますね!
それと洛南の「ローマの松」ですけど、二つほど特筆すべきことがあり、
一つは大変強引なカットでもあるのですけど、なんと全楽章を演奏してしまう荒業をやってのけた事と
二つ目は、第一曲においては、なんと・・!
トロンボーン奏者が「フルート」に持ち替えるという前代未聞の豪快な荒業すらも普門館の聴衆に
お披露目していたのは、まさに驚きでしたね!
吹奏楽コンクールで「楽器の持ち替え」というのは珍しい話でも何でもなくて、
フルートがピッコロ持ち替えとかオーボエがコールアングレ持ち替えとか
クラリネットがエスクラ持ち替えとかファゴットがコントラファゴット持ち替えとか
はたまた・・・打楽器の数があまりにも多い場合ですと、時折ですけど、コントラバスが打楽器を部分的に持ち替える事も
あったりしますし、
大変古い話ですけど、1970年代の職場の部・・・たとえば新日鉄釜石あたりですと、
トランペット奏者がホルンに持ち替えるという事例もあったりはします。
だけど上記の場合、あくまで木管楽器が木管を金管楽器が金管をという事なのですけど、
この年の洛南のように金管楽器が木管楽器に持ち替えるという事は極めて異例ですし稀ですし、
そのあたりは「いかにも宮本先生らしい話だよなぁ・・」と改めて感じてしまいますね!

Ⅰの演奏が一番優れていたと思いますし、前述の通り、ステージ最後段のトロンボーンが全奏者フルートに
持ち替えていたあのインパクトは相当大きかったと思います。
Ⅱは冒頭だけほんのわずか演奏しⅢのジャニコロの松に入ったのですけど、このⅡとⅢは
1987年の山形南と同様に「もっと静かな熱演」みたいな繊細な味わいも聴かせて欲しかったですし、
この辺りのモヤモヤ感と中途半端さが結果として銀賞という結果に終わった要因の一つじゃないのかなとも
今更ながらに当時のCDの演奏を聴くと感じたりもします。
そのⅡとⅢのもやもや感を豪快に吹っ飛ばしてくれたのがⅣのアッピア街道の松でした!
Ⅳはどうしてもカットの関係でテンポ設定が少し速すぎたような感じもしますし、クライマックスのあのとてつもない大音響に
入る前に既に奏者が相当ヒートアップしてしまい、
あの「大興奮の爽快感」は、もう少し後にもってきてもよかったんじゃないのかな・・とも思いますけど、
それでもラストは相当鳴らしまくり思いっきり強引に盛り上げていましたので、
音楽的爽快さは満点に近いものがあったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

個性派バンドの初期衝動

こんばんは(^^)
コメント失礼致します(^^)

トロンボーン奏者にフルートを吹かせる、やはり宮本先生らしいやり方ですね(^^)

余談ではありますが、ローマの松全楽章演奏の10年後に演奏したダフニスとクロエでも、ファーストトロンボーン奏者以外にフルートを吹かせていましたね(^^)
(京都会館で行われたニューイヤーコンサートでも再現されていましたが、あれはぶったまげましたね(^^))

ちなみに洛南高校のDVDに当時の部員たちの名簿があるのですが、89年の地点で部員は50名を超えていて尚且つ充分にメンバーが揃っていたにも関わらずなぜこのような持ち替えしたのかは…、永遠に謎のままですね💦

何とも宮本先生らしい演奏ですね(^^)

ローマの松

まずは当時の指揮者・顧問だった宮本輝紀先生が数年前に急逝されたこと、非常に残念に思っています。。。宮本先生のご冥福をお祈り申し上げいたします。
「ローマ三部作」の一つで高名なクラシック曲ですが、同じ三部作の「ローマの祭り」と比べるとコンクールではあまり自由曲として選曲されない傾向ありますよね。高い技術力が必要なこととサウンドが貧弱だと残念な演奏になりがちなことから、自由曲としては敬遠されているかもしれませんね。
四半世紀も前ですが、今は亡き北野英樹先生が顧問だった福島県・原町一中が自由曲として選曲して、東北大会での生演奏を聴いたことがありました。
原町一中の演奏は上手いとは思いましたが「う~ん……中学生にこの曲は無理がある……」と思った記憶があります。中学生が音楽的なことを理解するにはまだ厳しいかなと。。。この曲で全国大会金賞はあまりなかったような気がしますし、そういう「全国金賞が出にくい曲」と意味ではストラヴィンスキー「火の鳥」とかチャイコフスキー「ロメオとジュリエット」とかと同じかなとも思いますね。
宮本先生退職後なかなか全国大会にも支部大会にも出場するのに難儀しているようですが、ここも花輪高校同様にいつの日か全国大会のステージに帰ってくることを期待したいです!

視覚的効果も大切・・??

esakui69 様


BJの89年の関西大会の講評担当の一人の永野慶作先生は、確か私の記憶では
「トロンボーンがフルートに持ちかえした場合、ピッチの問題等もあり本来は難しいのだが、
ここであえてそうした事をやった意図は視覚的効果なのかも・・?」みたいな事を書かれていたと思いますが、
やはりあれはどちらかというと見た目のインパクトとしての効果もかなり高かったと
実際のあの演奏を聴いた者の視点では感じてしまいますね!
というかああいう個性的な演奏が出来ちゃう方ってあんまりいないですし、いかにも宮本先生らしい演出だと
今でもあの「驚き」は新鮮に感じますね!

洛南ってとても面白いチームで、あくまで私個人の感じ方なのですけど、
繊細なフランス音楽を取り上げても、海とかスペイン狂詩曲は大変繊細で洗練された音楽に聴こえるのですけど
ダフクロを洛南がやると、とてつもなく骨太の音楽に聴こえてしまうから、
そのあたりの宮本先生の感覚も素敵なものがあったと思います。
特に88年と96年のダフクロは、悪く言うと厚化粧、最大限の賛辞を贈ると「勢いと高潮感」なのだと思います。

洛南の復活も大いに期待したいですね!

東北代表で思い出すのは・・・

一秋田県民 様


ご指摘の通りだと思います! 「ローマの祭り」は喧騒極まりない曲ということで、ノリと勢いで絢爛豪華な色彩感で
多少のパートバランスの不備とかミスはごまかせちゃうのですけど、
「ローマの松」は、フランス音楽みたいな繊細な色彩感を強く求められちゃう曲でもありますし、
コンクールでよく演奏される「アッピア街道の松」もクライマックスのあの咆哮に至る前段階で既にパワーを使い果たすような
演奏もかなり多く、コンクールの自由曲としては難しい面も多々あるのだと私も思います。

そうした中、東北代表で印象的なのは、1987年の山形南高校なのだと思います。

前年の「タラス・ブーリバ」が普門館では極めて残念な演奏をしてしまったという雪辱もあったのだと思うのですけど、
あの年の山形南は普門館ではとにかく「溢れんばかりの気迫」が伝わってきて、
確かに全体としては、雑とかもう少しppとしての熱演が欲しいとか色々あるのですけど、
あのおおらかな高揚感は素晴らしいものがあったと思いますし、奏者としての
「前年のあの不甲斐無い演奏の雪辱をしたい!」という気持ちが普門館の客席にも伝わってきて
私はあの気迫は大変高く評価していますし大好きなローマの松でした!

花輪や洛南といったかつての名門復活も今後期待したいですね!

それと宮本先生みたいなああいう個性のかたまりみたいな先生は、今後なかなか輩出されにくい時代なのかも
しれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3445-18f2d276
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |