プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


13.花輪高校


B/吹奏楽のための幻想曲「壁画」(四反田素幸)


まず初めにお断りを・・・

どうして私がこの「花輪高校吹奏楽部」について何度も何度も大体似たような内容の記事を定期的に
掲載させてくのかと言うと、その理由は下記の二点です。

1.ブログ記事と言うものは、最新記事のみトップ記事として冒頭に出てきますので、毎日更新が一つの売りである
  当ブログにおいては、せっかく「花輪高校」の記事を掲載しても数日後には下の方で埋もれてしまう。
  花輪高校吹奏楽部の偉大さを多くの人にお伝えさせて頂きたいというのが当ブログのそもそもの開設理由でも
  ありましたので、例え同じ内容の記事であったとしても定期的に花輪高校吹奏楽部の事は
  ブログ記事として掲載しておきたいですし、
  当ブログが一つのきっかけとなって花輪高校吹奏楽部が残したあの素晴らしき名演の存在を
  一人でも多くの皆様に伝えさせて頂きたいと考えているからです。

2.私自身は、高校1年の頃までは別に吹奏楽も音楽の事も特段大きな興味もなく、惰性で吹奏楽部を
  続けていた傾向があったのですけど、
  1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会において、プログラム1番の花輪高校が自由曲として演奏した
  ウィリアム=ウォルトンの交響曲第1番第四楽章のあの「魂の孤独」の素晴らしき名演を聴いた事が
  クラシック音楽の深い森の中に迷い込むきっかけを作って貰ったと同時に
  自分自身の吹奏楽とか当時吹いていた楽器であるクラリネットに真剣に向き合うようになったという大きな転換点の
  大きな動機になるなど、私自身が「花輪高校吹奏楽部」に対する感謝と畏敬の年がいまだに強く、
  花輪高校吹奏楽部のあの素晴らしき名演の数々を後世になにか「記録として残るもの」を形成しておきたいと
  思ったからです。


改めてですけど、
秋田県立花輪高校吹奏楽部は偉大ですよね・・・!!
上記で既に書いている通り、
私が「クラシック音楽の深い森の中」に迷い込むきっかけを作ってくれたのが
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番第四楽章の
圧倒的名演に心の底から感銘を受けたという事実なのですけど、
花輪高校吹奏楽部はこのウォルトン以外でも例えば・・・

ハチャトゥーリアンの交響曲第2番・同/第3番「シンフォニーポエム」
プロコフィエフの交響曲第3番
ラフマニノフの交響曲第1番
ショスタコーヴィッチの交響曲第1番
ガジべコフの交響曲第2番
ベルクの三つの管弦楽曲
シチェドリンの交響曲第2番
ブリス/バレエ音楽「チェックメイト」
などの曲は、全て花輪高校の吹奏楽コンクールの演奏がきっかけとなって
「花輪高校の演奏素晴らしいな・・・ではその原曲はどういう感じなんだろう・・」と色々と興味を持っていったのが
全ての始まりでしたし、それをきっかけにして、
「この曲以外にこの作曲家はどんな曲を残しているのかな・・」
「この時代、他にはどんな作曲家がいたのかな・・」と
クラシック音楽の深い森の中へと入り込む「きっかけ」を私に作ってくれたのが、この花輪高校吹奏楽部なのだと
今でも思っていますし、
それゆえ・・・・私は・・・永遠に・・・
「花輪高校吹奏楽部よ、永遠なれ!!」といつでも・・・そして今でも・・・心より遠き埼玉の地よりエールを
送り続けています!!
 
それにしても花輪高校の吹奏楽コンクールでの選曲は本当に素晴らしいものがありますよね!!

「え・・・その作曲家、誰・・・?? 聞いた事が無い・・」

「ガジペコフって誰・・?? シチェドリンって誰・・・? ハチャトゥーリアンの鐘って何それ!?・・・初めて聞いた・・・」

「ウィリアム=ウォルトンって何者・・・??」

「プロコフィエフの交響曲3番なんて・・・聴いた事すらない・・・」

みたいな反応は演奏当時もかなり多かったと思いますし、小林先生が花輪を指揮されていた頃と
私の吹奏楽時代はほぼ丸ごと重なっていますので
リアルタイム当時から
「花輪ってあの選曲凄いよね・・」とか
「どっからあの選曲の情報を仕入れてくるのだろう・・」とか
「だけど花輪高校って少しというか、かなりヘンだよね・・個性が極端に強いしね・・・」
というような声は、小林先生の在籍時から、色々な所で耳にしていましたので、
改めて小林先生はすごい先生だったのだな・・とその「偉大さ」をつくづく感じてしまいます・・・・

ちなみにですけど、上記でも出てきた「ガジべコフ」については、当ブログの12月の記事でも
触れておりますので、宜しければ ガジべコフって結局誰なんだ・・・?? の記事をご参照して頂ければ幸いです!

さてさて、1989年当時の小林先生=花輪高校吹奏楽部はどういう状況だったのかというと、
これはあくまで私個人の感じ方ではあるのですが、少し「不遇」過ぎたとも思えます。
毎年毎年あれだけ個性的で素晴らしい演奏を聴かせてくれながらも、
支部大会でダメ金で全国大会に進めなかったり(1986年・88年・1990年)
あれだけ完璧で素晴らしい演奏を聴かせてくれながらもなぜか審査結果は「銅賞」だったり
(1985年・87年・89年)
花輪高校の全国大会の演奏は、1984年以降は全て普門館の生演奏を聴いていた私にとっては、
正直・・・「もどかしい」とか「えーー、なんでこんなに素晴らしい演奏を花輪はしているのに誰も認めてくれないの・・!」とか
「審査員の審査基準がさっぱり分からない・・」みたいな事はずーーっと思っていました。
1987年と89年の「邦人シリーズ」も私個人としては、「大変素晴らしい! 花輪の新しい境地!!」と思っていたのに
審査員は多分ですけど・・「不気味な怨念の塊みたい演奏・・」くらいにしか感じていなかったのかも
しれないですよね・・・

前振りが大変長くなってしまいました・・・(汗・・!)

1989年の前年の88年は、花輪高校吹奏楽部としては初めてとも言える「東北大会での金賞以外の賞を受賞」という事で
小林先生にとっても部員にとっても大変残念な思いが強かったと思いますし、
小林先生としても1989年のコンクールは雪辱に燃えるものもあったのではないかと推察されます。
前述の通りこの頃の花輪高校は、85年・87年と相当気の毒としか言いようが無い全国大会銅賞という評価も
受けていましたので小林先生にとっても部員にとっても「よーし、今年はなにかやってやろう!」みたいな
心機一転の気持ちもあったのかもしれません。
それが少し力みに繋がったのかな・・?
課題曲B/WISHは少しやりすぎというのか花輪高校にしては珍しい「粗さ」の方が目立っていたような気もします。
音が幾分粗削りで、既にこの頃の吹奏楽コンクールは、習志野・常総学院に代表されるような「洗練された響き」が
高く評価される傾向にもありそれが時代の最先端という雰囲気もあった中で、こうした花輪高校の少し粗野な響きは
審査員・聴衆にとっては「少し時代遅れじゃないの・・??」みたいな印象をもたらしたのかもしれないですね。
私としては、確かに常総学院みたいなとてつもなく洗練された響きも大好きですけど、
それと同じくらい花輪高校みたいな個性的で大地に根をおろしたような素朴なサウンドも大好きですけどね!
自由曲は、87年に続いてこの年も邦人作品を取り上げていましたけど、
その演奏も大変気持ちが入ったもので、確かに少し粗削りで武骨な響きもあり、
曲自体が「どこかおぞましい・・あまりにもドロドロしすぎている」みたいな印象も与えかねない曲でしたので、
そうした泥臭さが吹奏楽コンクールの評価としては、結果的にマイナスに作用したといえるのが
この年の花輪高校吹奏楽部の銅賞という評価ではなかったのかな・・と今更ながらに感じたりもしますね。

1989年に花輪高校が演奏した四反田素幸の吹奏楽のための幻想曲「壁画」は
あの不気味な感じは確かに「おどろおどろしい」と思われても仕方がない曲&演奏だとは思うのですけど、
あそこまで邦人作品を内面深く掘り下げて演奏した事例が当時は少なかっただけに
「影の名曲&知る人ぞ知る隠れた名演」と私としてはかなり高く評価しています。
小林先生自身、1993年以降の秋田南への異動後は、三善晃・黛敏郎といった邦人作品をこれまた魅力的に
斬新に斬り込まれていましたので、
一般的には小林先生というと「ロシア系マイナーシンフォニー」というイメージが大変強いのですけど、
こうした「邦人作品」との相性もよかったと言えるのかもしれないですね。
「壁画」の演奏は、何を言いたいのか今一つ伝わってこないみたいなもどかしさはあったと思いますし、
一言で言うと、名取吾郎の詩曲「地底」みたいな暗い怨念のこもったおぞましい曲というせいも
あるとは思いますが、やはり花輪らしい個性が少し強すぎて、
この泥臭さが当時既に「洗練さ」がコンクールの評価基準になりつつあった時代に今一つそぐわなかったと
言えるのかもしれないですけど、
私は花輪高校の邦人路線は、ロシアマイナー路線と同じくらい大好きです!
もちろん、それが人の好みによって評価が真っ二つに割れがちなのはこれはある意味当然な事ではないのかな・・?とも
思いますけどね・・(笑)

花輪高校は、翌年の1990年は「三角帽子」で東北大会ダメ金だったのですが、
翌年の「バッカスとアリアーヌ」・翌々年の「チェックメイト」は生まれ変わったような
洗練されたサウンドに生まれ変わり、当時私も大変驚いたものですが、
これは小林先生自身ももしかして、「さすがに今までの表現スタイルは時代にそぐわないから、自分たちも
チェンジを図る必要がある」と思われて、小林先生としての「変化」を示した演奏と言えるのかもしれないですね。
1992年を最後に小林先生は秋田南高校へ転任され、それ以降花輪高校は、
現在に至るまで吹奏楽コンクールの全国大会の表舞台から姿を消してしまいますけど、
別に「吹奏楽コンクール」だけが全てではありませんし、何よりも「花輪高校吹奏楽部の偉大なる歴史」は
永遠に不滅ですし、少なくとも「私の心」の中では私が生きている間は少なくとも
記憶され続けると思います。

上記の補足ですけど、1992年の小林先生として最後の花輪高校での自由曲は
ブリスのバレエ音楽「チェックメイト」というまさに小林先生らしいマイナーなんだけど音楽的魅力が満載の曲を
最後に普門館でお披露目出来た事は、本当にありがたいものがありました。
1992年の演奏を聴くと誰もがそう感じるかもしれないのですけど、
花輪の1992年のサウンド・音色は、まさに「究極の繊細さ・洗練さ」の域に達しているように感じられます。
小林先生が初めて花輪高校を引き連れて普門館にやってきた1978年の音色・サウンドと単純に比較すると、
雲泥の差があるようにも感じたりもするのですが、これは別にだから78年の演奏はダメ・・と言っている
我ではありません。78年のラフマニノフには、当時なりの美点もたくさんあります!
だけど、このサウンドの違いと言うのは、まさに小林先生が1978年→1992年にかけて花輪高校で
育んできた「一つの進化」としての結果なのだと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

秋田県の吹奏楽、低迷期の時代でした。。。

この年1989年を思い出すと、なんと言っても全国常連だった秋田南高校がまさかの東北大会ダメ金で、15年続いた全国大会出場を逃したことですね…。
昭和末期から平成初期にかけての7~8年間は秋田県の吹奏楽が低迷していた時期で、なんとか秋田から毎年全国大会には出場していたものの、わずか1~2団体のみでほとんどの成績は銅賞。。。1984年に花輪高校が全国金賞授賞してから1995年に山王中学校と大曲吹奏楽団が全国金賞するまで10年連続で全国金賞がなく、特に中学の部から7~8年も東北代表を出せなかった氷河期な時期でしたなぁ。。。
今回の投稿の花輪高校も1984年の全国金賞以降は東北大会ダメ金だったり、全国出場でも銅賞だったり、特に前年1988年は東北大会20年連続優勝・金賞の大記録がかかってたのにまさかの東北大会銀賞……。厳しい時期だったと私も思います。
当時の花輪高校はロシアものから一転して邦人作品を自由曲に取りあげていたことに実は違和感を持ってましたが、今だったら「あぁ、そういう路線もあるかもね」と思います。ちなみにこの年の自由曲の作曲者の四反田素幸さんは、秋田大学教育学部(現教育文化学部)教授さんだった方です。自分の記憶違いでなければ学部長さんも務められた方だったと思います。
先月ですが私は聴きには行きませんでしたが、秋田県南部の吹奏楽連盟創立50周年記念演奏会で当時の顧問の小林久仁郎先生が客演指揮(他の客演指揮は山王中学校の木内恒先生と元湯沢南中学校で全国2金のときの藤川洋先生)されたのが記憶に新しいところです。
確かに花輪高校は全国大会のステージから遠ざかってますが、いつかまた全国大会に帰ってくることを期待したいです!

偉大なる花輪高校

一秋田県民 様


1989年の東北大会ですけど秋田南高校が自由曲にリードを選んでいた時点でもしかしたら既に「勝負あった・・」という
感じなのだと思いますし、89年の秋田南は「無難に静かに聴かせただけ・・」みたいな印象がありましたので、
やはり偉大な指導者が異動すると、後任の先生は大変なのでしょうね。
佐藤先生も秋田西の1981年のショスタコの交響曲第10番は、本当に素晴らしい演奏でしたけど、
秋田南のような伝統校では、思うように力が発揮できなかったのかなぁ・・とも改めて感じたりもします。

ご指摘の通り、この頃の秋田勢は評価としては氷河期の時代だったのかもしれないですけど、
それでも新屋・花輪は評価は評価として、演奏自体は、私はとてつもない「個性」は相変わらず感じていましたし、
89年のサウンドの洗練化がスタンダードな時代にあっても
ああした花輪の少し野暮ったいような壁画の演奏は立派な個性であったと思いますし、
私は今でも大好きな演奏です。
むしろ花輪には「バッカスとアリアーヌ」みたいなフランス音楽路線の方が無理があったような気もしますけど、
92年の小林先生の花輪としては最後の演奏になってしまったブリスのチェックメイトは
小林先生としての「一つの到達点」に達していたような感じすらあったものでした!

小林先生は意外と、イギリス音楽とも相性がよかったのかもしれないですね。

いつの日にか全国の舞台に花輪高校も戻ってきて欲しいと私も思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3442-2144f8ca
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |