プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


サードアイ(第三の目=三つ目)を有するキャラってアニメや漫画等でもたまにいたりもするものですよね。

その代表的なキャラを手塚治虫先生の「三つ目がとおる」の写楽保介と答えてしまう私は、
やっぱり「昭和生まれ」と言われてしまいそうですね・・(汗・・!)
昭和後半の世代とか平成生まれの皆様ですと「ドラゴンボール」の天津飯とか「妖怪ウォッチ」のさとりちゃん辺りの方が
馴染みがあるのかな・・?

「三つ目がとおる」ですけど、1974年~78年にかけて少年マガジンで連載されていたものが、
この作品はなぜか忘れられた頃の1991年になって突然テレビ東京がアニメ化されていたのが大変不思議に
感じていたものでした。



縺輔→繧垣convert_20170201101549



縺輔→繧頑ァ論convert_20170201101616



だけど私にとっての「サードアイ」って言ったら、そりゃも――! 古明地姉妹、特にお姉様のさとり様という
イメージしかないですね!
ちなみにさとり様は、このサードアイでもって他人の心を読み取ることが出来ます。
そして後述しますけど、さとり様の妹のこいしちゃんは自らの意思でこのサードアイを閉じています。
姉妹でのこの違いがもしかしたら、サードアイから伸びているコードの仕様・本数・色の姉妹での違いを
もたらしているのかもしれないですね。

これはさとり様・こいしちゃん両方に共通する事なのですけど、
サードアイからは複数のコードが伸びていまして、その末端はすべてハートに繋がっているというのが
二人のサードアイに関する類似点だと思われます。
そしてこの二人の違いなのですけど、
サードアイから伸びるコードの本数は、さとり様が6本でこいしちゃんが2本というのが一応公式ゲームにおける
立ち絵や公式書籍の挿絵で判明できている点です。
サードアイからのコードの本数に関しては、作品とか二次創作における絵師様の気分・考え方等によって(?)
時に違いが見られたりするのは、
これは「細かい事はあんまり気にするなっ!」という事でもあり、事実、チルノにしたって、チルノの羽の枚数は
作品によって結構まちまちで、初期の頃に比べると現在の羽の枚数は2~4枚程度減っている先例だって
あるくらいですからね・・(笑)
種族が二人とも同じ妖怪「覚」であるにもかかわらずコードの本数が姉妹で違うというのは、
自然に考えると、こいしちゃんは自らの意思でサードアイ自体を閉じてしまっていますので、本体が機能しない以上
付属品とも言えるコードの本数もそれほど必要ないじゃん・・という事で、こいしちゃんがコードを引っこ抜いた
可能性も考えられますし、生命の進化論ではないですけど
「必要ない機能・器官は退化する」という法則に従って、こいしちゃんのコードも必要ないという事で
自然に淘汰されていったと言えるのかもしれないですよね。
そうそう、実はなのですけど、「東方心綺楼」において、こいしちゃんに関する新事実も判明し、
「コードの本数はこいしちゃんの意志で自由に増やせる」との事で、最大8本のコードを新しく生やしている描写も
実際にあの原作ゲームの中では見られていました。
だから普段のこいしちゃんのコードの少なさは、単にこいしちゃんが体内に(?)しまいこんでいるという事も
可能性として考えられるんじゃないのかな・・?とも思ったりもします。

そうそう、さとり様に関してなのですけど、さとり様のサードアイのコードは武器にもなるとの事で、
先端をハート型の槍に変化させて相手を串刺しにするという攻撃も行う事が出来るとの事です。
さとり様は、原作のセリフの上では「私は戦闘はあまり得意じゃない」と言われているのですけど、
そうした串刺しとか相手の心をサードアイで読み取るだけでなく、相手の心のトラウマも瞬時に読み取り、
そのトラウマに対する精神攻撃を行ったり、
本編ゲーム内でスキマ妖怪のゆかりんや鬼の萃香などラスボス級の強力な能力・弾幕をコピー再現したりする 事も
出来ますので、
さすが伊達に「東方求聞口授」で白蓮さんとか神奈子がさとり様を最大限警戒しただけの事はありそうですね!

そしてさとり様のコードの色は、先端にいくに従って赤→黄色へと色が変化しているようにも感じられます。
さとり様のコードは確認できる限りでは、頭、胸、左手、下腹部のハートに繋がっていますけど、
原作立ち絵ではそれが細部まで確認しにくいという事情もあり、絵師様によって色々な解釈が出来そうですし、
その辺りは見解が分かれているような感じもあったりします。
唯一つ間違いなく言えることは、さとり様のコードはすべて上半身で繋がっているという事だと思えます。



縺薙>縺励■繧・s_convert_20170201101639



こいしちゃんのサードアイ自体は前述のように閉じられていますので、そのコードもさとり様に比べると
本数も少なく、基本的には2本という事になっています。
色は藍色から藤色へと変化しているように感じられます。
こいしちゃんの二本のコードは最終的には両足のハートに繋がっていますけど、なんかあれって戦闘の際には
躓いたりしそうでなんか邪魔のような気も・・??

さとり様のサードアイの瞳の色は赤色または茶色なのですけど、こいしちゃんのサードアイの瞳の色は、
閉じられているので現段階では不明です。

こいしちゃんは元々一体どうして自身のサードアイを閉じてしまったのだろう・・?という事に関しては、
二次創作でもそれをネタにされている方は比較的少ないような印象もあったりします。
それに関しては、実姉のさとり様がサードアイを通して他人の心を読み取る事によって妖怪・人間・怨霊等から
嫌われていて、その事に大変心を痛めてしまった実姉の例を間近で見ていた妹のこいしちゃんが
「こんな能力、私はい~らないっ!」とそうした妖怪・覚の能力を放棄してしまうのも無理はないというのはほぼ定説に
なっているのかな・・?
だから二次創作のネタになりにくいという事情もあるような気もします。

反面、閉じてしまったこいしちゃんのサードアイを何とかもう一度開けて貰えるように
さとり様から命令されたお燐ちゃんやお空が
こいしちゃんに頼みに行ってもこいしちゃんからきっぱりと断られてしまい、お燐ちゃんもお空も困り切ってしまうという
二次創作ネタは結構見受けられているような気もします。

これは私の「脳内妄想」の領域に入ってしまうのですけど、
こいしちゃんは命蓮寺ファミリーの一員として今後本当にこいしちゃんが出家する可能性もあったりします。
こいしちゃんは現在は在家信者という扱いですけど
こいしちゃんの最近の発言として「出家したい・・・」というのも実はあったりもします。

もしもこいしちゃんが本当に出家して地霊殿から出て行ってしまうとなると
さとり様としては果たして黙って看過されるのかな・・・・
どうなんだろう・・・
こいしちゃんの意志をあくまで尊重するのか・・・・
はたまた・・・
地霊殿ファミリーを従えて、こいしちゃんの出家阻止のために命蓮寺に殴り込みに行くのか・・・
もしもですけど、地霊殿ファミリーVS命蓮寺ファミリーの「抗争」になったとしたら、かなり激しいバトルというのか
幻想郷の一つや二つ・・・破壊しかねない危険を孕んでいますよね・・・
確かに地霊殿組は命蓮寺ファミリーに比べると人数は劣るのですけど、その中には
鳥頭なのですけど、とてつもなく「取扱注意」みたいな存在の「お空」がいますし、お空が万一暴発したら・・・
確かに幻想郷は崩壊する危険性もあるんじゃないのかな・・?
さとり様には元々「心を読み取る能力」があるから命蓮寺チームの作戦何てお見通し済なのかもしれないですよね。
うーーむ、このバトルはどうなるのでしょう・・・

そうした一触即発状態の中、そこに現れたのは当のこいしちゃん本人!

そしてこいしちゃんは、さとり様に対して、久しぶりに自身の「サードアイ」の瞳を開いた上で
「お姉ちゃん!! 今の私の心の本音を覗いて!! お姉ちゃんなら分かるでしょ・・・!!
私の本音を・・・!! 私が何を望んでいるのかという事を・・・!!」

そして、さとり様は、「わかったわ・・」の一言だけ発して地霊殿に戻っていった・・・

そうした脳内妄想も私の中にはあったりもするのですけど、
実際、こいしちゃんは、比較的規律が厳しいとされる命蓮寺ファミリーの中に順応できるのかな・・?みたいな
不安要素もありますし、
こいしちゃんは、元々自由奔放にあっちへふらふらこつちへふらふらするのが大好きな
自由奔放・次の行動の予測不可能というのが売りの妖怪さんでもありますので、
さすがに一か所だけに閉じ籠っての修業というのは厳しいんじゃないのかな・・?と思ったりもしますよね! (笑)

こいしちゃんは、やっぱり「自由奔放さ」が一番の魅力であり持ち味だと言えますよね!!



winter-koisi-2013!!_convert_20131210170727.png



koisichandesuyo!!!_convert_20130312123438.png



最後に・・・ほんの少しばかり当ブログがいつも大変お世話になっているdream fantasy の素敵な管理人様のアミグリさんが描かれたこいしちゃんのイラストのご紹介を
させて頂きたいと思います。

アミグリさんが描かれた上記の「冬こいし」と「春こいし」の季節感を感じさせる素敵な連作イラストは、
先日、2/5の当ブログにおける「アミグリさんが描かれたこいしちゃん特集」で転載&ご紹介をさせて頂いた作品
なのですけど、
あの記事をご覧になって頂いた皆様からの素敵なコメントとして一番多かったと思われるのは、
上記の「冬こいし」と「春こいし」の連作作品であったような気もしますし、
私自身もこの2枚のイラストはとっても大好きなものでして、
先日既にご紹介済ではあるのですけど、
「いやいや、あの素晴らしいこいしちゃんは何度も何度も当ブログでご紹介をさせて頂きたい!」と私は思っておりますので、
改めてここで転載をさせて頂きたいと思います。

冬こいしのマフラー&手袋のこいしちゃんの可愛らし! 春こいしのあの幻想的な雰囲気!
見れば見るほどため息が出てしまい見とれてしまうほどの名作だと思いますし、まさにここには「アミグリワールド」が
全開なのだと思います!!

このこいしちゃん以外に他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

上のフィギュア見て、
あみぐりsanのイラスト見て想う!
スカートのバラ模様を 再現して
描いてるぅ〜!
ほんと、お上手ですよね♪(^-^)

サードアイ、私も三つ目がとおるを最初に思い出してしまいます。その後は、幽遊白書の飛影とかでしょうか。たまに思うのですが、サードアイって額にありますよね。髪の毛が長いとチクチクして、辛くないのでしょうか。そんなことを言ったら、目玉のおやじは大変でしょうけれども^^;チルノの羽が何枚か決まっていないというのは知りませんでした^^;片目ウィンクのフィギュアがかわいすぎる^^

心が読めるっていうのは便利なようで実は誰も得しない能力なのでしょうかね。考えが伝わりすぎて逆にコミュニケーションが成立しなくなるというのも考えてみると気が狂いそうかもしれませんw
こいしちゃんは能力を封じてますがどっちが幸せかというとどうでしょう…。

このこいしちゃんイラストは何度見ても素敵ですね。
冬こいしちゃんの寒そうな中で温かそうな感じ、なんとも癒されます。

先日は、私が描いた布都、神奈子、霊夢のイラストを載せていただき、ありがとうございました!

そして、古明地姉妹のサードアイに対する考察、とても興味深いですね!!

さとり様は、こいしちゃんよりもサードアイのコードの本数が多いので、描くのが大変なのです…(汗)

そして、冬こいしと春こいしの再転載もありがとうございます。
よろしければ、これからも再々転載していただきたい作品です!

こんばんは(^^)/
いつも楽しくBlog拝見させていただいております!
ドラゴンボール」の天津飯 とってもわかりやすいです(笑


コードの重要性を描く側としてあまり意識していませんでした、、
数が違う程度の理解だけででしたので とても反省中^^;

ぬくぬく先生のおっしゃる通り、こいしちゃん自ら抜いた、あるいは自然(進化の過程)でそうなった
どちらの可能性もありそうですが そこから推測できる彼女の内面が、とても興味深いなぁと思いました。

そしてアミグリ様のイラストもいつも可愛い&キラキラッ☆してますね♪

こんばんは。

サードアイですか、良いものなの良くないものなのか・・・
その能力使う人次第で、いくらでも解釈が異なるような気がします。
「冬こいし」のイラスト、再掲載されたのですね。
私の家の美月(寒中見舞いの時のドール)にニット帽とかマフラーとかを付けて見ましたが驚くほど似合いました。
それは今回の次の記事で・・・

napo 様、ありがとうございます!

napo 様


アミグリさんのイラストを素敵に褒めて頂きありがとうございます!

アミグリさんという御方は2012年頃まで「東方Project」のとの字も知らなかった私を素敵に東方の世界に
呼び込んで下さった素敵な絵師様で、私もあこがれの人ですね!

スカートの造型も素敵に再現されているだけでなく、オリジナルティーもきちんと出されている点は
いつも「すごいなぁ・・!」と感心させられるばかりです!


なるほど・・!

八咫烏(冬眠中) 様


あ・・・なるほど! 確かに・・・

「三つ目」というと幽遊白書の飛影がいましたね! すっかり忘れていました・・(汗!)

さとり様のサードアイは胸元にいますので、サードアイとしては居心地がよい場所なのかもしれないですね・・(笑)

ちなみにチルノの羽ですけど、初期作品ではなんと! 羽は8枚になっていて、段々数が減っていき、
今現在では4枚という所に落ち着いているそのテキトーさが面白いと思います!

さとり様のフィギュアは素晴らしい仕上がりなのですけど、ほとんど市場に出回らないのが
難点ですね・・・
一度手にした方は中々手放さないのが東方ファンの一つの傾向といえるのかもしれないです。

こいしちゃん・・

schwert 様


霊夢は最初にさとり様と対面した際に次から次へと自分が考えている事をさとり様に読まれた時は
「会話の必要が無くて楽じゃん・・」とお気軽モードでしたけど、その後うんざりした感じになった事に
象徴されるように、心が読まれた方にとっては「恥ずかしい」と同時に「不気味・・」と感じてしまうものなのでしょうね。
だけどこいしちゃんのように他人から認知されない、気が付かれないというのも大変辛いものもあるんじゃないのかなとも
思います。
その辺りを原作ゲームで素敵にフォローが入り、こいしちゃんに「希望の仮面」を拾わせたことで
こいしちゃんに「他人が注目される喜び」を与えてくれたことは
大変大きな救いがあったと思いますし、現在のこいしちゃん人気に繋がっているような感じもあるのかな・・?と
思ったりもしますね。

今回もアミグリさんのイラストを素敵に褒めて頂きありがとうございます!!

私もあの冬こいしは大好きな作品の一つです!!

是非是非宜しくお願いします!

アミグリ 様


いえいえ、またまた先週から今週はアミグリさんのイラスト転載で大変お世話になりありがとうございました!

というか、今週も宜しくお願いします!! 詳細はあとでメッセージさせて頂きます!

さとり様のサードアイのコードなのですけど、本数は公式でも判明しているのですけど、具体的にどの場所に
接続されているかは実は公式でも不明の箇所があるとの事ですので、それをイラストとして描かれる絵師様は
本当に大変ですよね!
こいしちゃんの場合はその点が既に判明しているので描きやすいものがあるのかもしれないですね。

それにしても「春こいし」と「冬こいし」は素晴らしい連作作品で、
多くの人たちから賞賛のお声が届いているのは、むしろ当たり前と言えるのかもしれないですね!
いえいえ、こちらこそ宜しくお願いします。
あのこいしちゃんは当ブログでもこれからも何度も何度も再転載をさせて頂きますので
何卒宜しくお願いいたします!

Cれに 様、コメント頂きありがとうございます!!

Cれに 様


こちらこそいつもありがとうございます!

こうやってこんな拙いうちのブログにもコメントを頂けた事がとっても嬉しいです!

どうかこれからも宜しくお願いしますね!!

こいしちゃんは一見ふわふわとして明るい自由奔放なキャラなのですけど、
サードアイを閉じて以降は、確かに他人から嫌われる事はなくなったけど同時に他人から誰からもその存在を
認知されず無視され続けたという立ち位置という事を考えると、
こいしちゃんのあの明るさの裏側に「哀しさ」みたいなものもあったのかもしれないですね。

それだからこそ原作ゲームにおいて、こいしちゃんにこころの「希望の面」を拾わせ、こいしちゃんが
素敵にチェンジするきっかけを与えてくれたことは本当に素晴らしいと思いますし、
こいしちゃんにとっては大きな救いとなったと思います。

アミグリさんのイラストも褒めて頂けてとっても嬉しいです! ありがとうございます!!

次回の記事がとても楽しみです!!

冬音 様


そうですね・・・「サードアイ」というのか筒井康隆の小説でもあったと思いますが
「他人の心を読めちゃう」というのは、もしかして人間にとってはパンドラの箱なのかもしれないですし、
人間には「知らない方がいい事がある」という事を示唆した設定なのかもしれないですね。

他人の心が読めちゃうゆえに自身の心を閉ざしたというのもなんだか切ないものは感じますよね・・

「冬こいし」は私も大好きな作品の一つです! 気が付いて頂きありがとうございます!

是非是非、冬音様のブログで、「冬こいし」みたいなニット帽とかマフラーを身に纏ったドールさんを
見てみたいです!
次回の記事をとても楽しみにさせて頂きますね! 期待しています!!

こいしちゃん…かわいい!!!(><)❤
アミグリさまの描かれるこいしちゃんは、かわいいですね~~~❤
(=◇=)❤
サードアイは、チャクラとかとはちがうものなんですね…

こいしちゃんは天使!!

Baby pink amy 様


そうなんですよ!

こいしちゃんは今や、フランちゃん人気を超える東方でも大人気キャラです!!
本当にこいしちゃんは可愛くて自由気ままで大好きです!

サードアイは、チャクラみたいな「気」ではなくて、あくまで読心術の術みたいなものかもしれないですね。

またまたアミグリさんの素敵なイラストを褒めて頂けて私もとっても嬉しいです!

あの「冬こいし」はうちのブログでも色々な皆様から賞賛のお声を頂けております!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3440-7eb055c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |