プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.淀川工業高校


D/大阪俗謡による幻想曲(大栗裕)


この年の淀川工業は、5年連続金賞がかかり、指揮者の丸谷先生も大変だったと思いますし、先生としての
気合の入りようも大変なものがあったのではないのかなと推察されます。
思い起こすと、1984年の全国大会も、1980年~83年で4年連続金賞を達成し、
「さあ! この年に金賞を受賞すれば5年連続金賞の偉業を達成し、85年のステージはあの栄誉ある特別演奏を
普門館でお披露目できる!」と丸谷先生も奏者もかなり気合が入っていたと思いますし、
その気合が全てプラスの方向で遺憾なく発揮された素晴らしい「寄港地」を普門館の聴衆に聴かせてくれていたと
思います。
だけどあんな文句の付けどころがない素晴らしい演奏がなぜか銀賞にとどまり、
5年連続金賞達成という偉業は残念ながらこの時は達成できませんでした。
閉会式の審査結果発表の際、富山商業の銀賞と同じくらい・・いやそれ以上
会場からの「えぇーーー」とかブーイングみたいな声が沸き起こり
普門館の会場がかなりざわついていたのが今でもはっきりと覚えています。
最近になって改めて1984年の淀川工業の課題曲・シンフォニエッタと自由曲の寄港地を聴いてみたのですけど、
「この演奏のどこが銀賞なんだろう?? この年の全体のレヴェルと金銀銅のバランスを考慮しても
誰がどう聴いてもハイレヴェルの金賞にしか聴こえない・・
百歩譲って富山商業がどうして銀賞になったのかというと、音量過剰がマイナスに評価されたと思うけど、
淀川工業は音量的なバランスやパートバランスも全く問題ないように響いているし
やはりこの結果はいまだによく分からないというか不可解なものがあるよな・・」という感想しか出てこないですね。
その意味でもやはりこうした「コンクールにおける審査というものは水物である」とか
「コンクールの審査員の好みによって結果も大きく左右されることがある」という事を提示している典型的な事例で
あったものだと今更ながらに感じたものです。

そうした経緯もあったので、丸谷先生も「今度こそ・・・」という思いがあったのかもしれません。
自由曲を選出する際、もしかして・・・?
「寄港地」もその候補になっていた可能性もあるのかとは思うので゛すが、
丸谷先生はもしかして・・・?
「寄港地は1978年も銀やったし、84年もあんな完璧な演奏をしても金とれへんかったしなぁ・・」とか
「1988年の土佐女子は、あんだけ緻密で素晴らしい寄港地を聴かせてくれていたのに、やっぱり評価は銀賞・・
うーーむ、やっぱり寄港地はあかん!」
「80年に一度大阪俗謡による幻想曲は演奏しているしそのノウハウもあるから、今回は
俗謡でええとちゃうか・・?」
みたいな事も考えられたのかもしれないですね・・・(笑)

そうはいってもやはり5年連続金賞がかかったステージはやはり緊張するものがありますし、
丸谷先生としても奏者としても相当のプレッシャーはあったと思われます。
そうした思いがかえって緊張と重荷になったのかもしれませんが、課題曲の「すてきな日々」はポップス系という
楽しいマーチのはずなのに、ちょっと重たい感じもなくはない演奏になっていて
(課題曲の演奏自体は全く悪いものではありません! 技術的にはまず問題ない仕上がりだったと思います)
丸谷先生も「あれ、いつもとちょっと違うねん!  これはちょっとあかん!」と感じたのかもしれません。
課題曲が終わるといったん指揮者の雛台から降りて、奏者に「肩の力を抜いて・・」みたいな指示を
されていたような記憶が私の中にあります。
(違っていたらすいません・・!)
それが功を奏したのか(?)自由曲「大阪俗謡による幻想曲」は本来の調子の演奏になり、
素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
1980年にも同じ自由曲を取り上げ、この時の演奏と比べると「鄙びたような感覚」とか
「わしらアホやねん」みたいな感覚は少し後退したものの、代わりに
洗練さ・サウンドの勢いが加わり、80年を超える素晴らしい名演を聴かせてくれました。

結果としてこの年は無事に金賞を受賞し、翌年の1990年には晴れて「5年連続金賞達成の特別演奏」という栄誉のステージを
お披露目する事が出来たのは、本当によかったと思います。

自由曲の大栗裕の「大阪俗謡による幻想曲」なのですけど、この曲はこの年に札幌白石高校も
自由曲に演奏しいるのですけど、
淀川工業は大変ノリの良い自然な流れを聴かせてくれていたのに対して
札幌白石はノリが大変悪くて歌心があまり伝わらない少しギクシャクした演奏を聴かせてくれていて、
同じ自由曲を選びながらも全く対照的な演奏を聴かせてくれる事になってしまいました。
やはりこれは「大阪俗謡」というモチーフを淀川工業は、まさに「俺たちのご当地ソング」みたいな感覚で
大変なじみ深くメロディーラインを奏でられていたのに対して、
この曲の元歌自体が「ご当地ソング」ではない札幌白石は、今一つ曲に対する「共感度」がうすかったようにも
当時聴こえたものですし、この点がもしかして両校の評価を分けた原因の一つなのかもしれないですね。

ちなみにですけど、1981年の課題曲Bは「東方地方の民謡によるコラージュ」で、
やはり全体的な印象としては、例えば、青森県信用組合とか花輪高校とか弘前南高校とか
残念ながら東北大会ダメ金でしたけど秋田県の大曲高校などは、
「地元ならではのこぶし」みたいな雰囲気とか「歌に対する共感度」というのは、他のエリアのチームよりは、
私の気のせいかもしれませんけど幾分強めに感じられたものです。

やはりメロディーラインが子供の頃から馴染みがあるとのそうではないのとでは、その表現にも多少は
影響を及ぼしていると言えるのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

淀工にしか出せない味

こんばんは(^^)
コメント失礼致します(^^)

私自身もこの演奏は課題曲をDVDで、自由曲を音源で聴かせて頂きましたが、課題曲は楽しさと迫力のある演奏、自由曲は80年の時に増して更に洗練された感じでまさに金賞間違い無し!と思える演奏でしたね(^^)
コンクールの全国大会での採点結果で自由曲は文句無しの満点なのは凄いですし、大阪俗謡の持ち味をフルに活かしているのは本当に凄いですね(^^)

チャンチキの部分はまさに浪速の底力を見せ付け、もう目の前でだんじり祭りが喧嘩神輿をやるぞっ!っていう感じでバーチャル浪速旅行ですし、静かになる部分では寸分の狂いもなくしっかりと息を合わせた演奏なのはまさに驚きです(^^)

5出5金がかかっていた分、当時の奏者達と丸谷先生は相当なプレッシャーがかかっていたと思いますが、それを跳ね除けてこれでもかっ!という位の演奏をして下さったのは本当に凄いの一言です(^^)

まさに文句無しの名演です!

日本の民謡・地域音楽を素材にした課題曲

1981年の青森県信用組合の「東北地方の民謡によるコラージュ」は1998年発売の全国大会音源による「吹奏楽コンクール課題曲集」で初めて聴きましたが、尺八やお寺・仏壇にある鐘(鐘は間違ってたらすいません…)など使って演奏していたので「さすが東北勢!」と思いましたね。
個人的に明らかに北海道・東北地方を意識した課題曲と思ったのは、1998年の課題曲Ⅱ「稲穂の波」が強く印象に残ってます。あの曲、関東より西側の学校・団体の演奏だと(あくまでもCD音源ですが)上手いけど完成度も高いけど、全然「稲穂」らしくなくただ単に音が揃っているだけの印象でしたが、北海道・東北勢は「稲作地帯」の光景を日々見ていることもあって、必ずしも技術的に高い演奏ではなくても「稲穂」の情景が見事に演奏に出ていて感激した記憶が残っています。
この曲のベスト演奏は、最近低迷していますが新屋高校だと思います。秋田県大会でも聴きましたが上手いだけでなく、曲名どおりの音楽表現をして、多くの学校・団体が難儀していた最後のフルートのハーモニー?も新屋高校は見事に決めてました。
1980年の課題曲C「北海の大漁歌」も曲名からして北国をイメージした課題曲で自分的には好きですね。
東北地方の民謡によるコラージュの作曲者の櫛田先生(名前の「てつ」の方、変換しても出てきません…)、後に1994年の課題曲Ⅳ「雲のコラージュ」という課題曲も作曲しましたが、この曲もなんとなく東北っぽいメロディーと音楽ですが気のせいですかな??

大阪の魂!!

esakui69 様


この年の淀工の演奏を普門館の生演奏を聴く事が出来たのは、今にして思うと財産ですね! (笑)

録音で聴くと「楽しさ溢れる課題曲」ですけど、当時の普門館の雰囲気は、聴衆も奏者も丸谷先生も
相当緊張していたような空気は間違いなくあったと思います。
そうした緊張感を全て吹っ飛ばした俗謡はまさに「快演」に相応しい演奏だと思いますし、
ご指摘のようにチャンチキを含めて奏者全員の、まさにだんじり祭りのような「気迫」を感じていたのは
私だけではないと思います!!

魂と気迫が演奏者の気持ちにストレートに乗り移った圧巻の名演だったと思いますし、演奏終了後の
ブラボーとはちょっと異なる「オオーー」みたいな自然な歓声は
大変印象的でした。

それだけに最近の淀工の選曲のたらい廻しは少し残念ですね・・

以前は、ダフクロ・スペイン・俗謡のたらい回しが最近ではダフクロと俗謡の二曲のレパートリーしか無いと聞いたら
なんか東西の関東代表のチームなんかはあんまりいい気分はしないのかも・・・(汗・・)

大曲高校も凄かったです!!

一秋田県民 様


1981年の山形で開催された東北大会で聴いたあの青森県信用組合のコラージュを生演奏で聴く事が出来たのも
私にとっては貴重な財産ですね!
当時、いきなりアルトサックス奏者がまさか尺八に持ち替えて吹くなんて予想にもしなかっただけに
あれは本当にサプライズでした!
だけど青森県信用組合が凄いのはそうした特殊楽器の効果的使用だけでなく全体のあの「東北のこぶし」を朗々と響かせて
いたのは素晴らしかったですし、
大曲高校のあのコラージュにおける凄まじい緊張感と間合いと研ぎ澄まされた感覚は、
私にとっては、全国大会・支部大会を通して「最高の課題曲」の演奏だったと思います!
大曲のあの研ぎ澄まされた感性は素晴らしかったです!!
あの名演は是非普門館でもお披露目して欲しかったですね!!
ちなみにですけど、青森県信用組合の1980年の課題曲C/北海の大漁歌は、2m程度の木を舞台に持ち込み、
その木をコーンコーンと打ち鳴らしていた演出も大変素晴らしいものがあったと思います。

「稲穂の波」もご指摘の通りだと私も思います。

私もあの稲穂の波の最高名演の一つが神奈川大学と新屋高校だと思います。
新屋高校の稲穂の波は、スマートなんですけど間違いなく「日本人の心のふるさと」みたいな「歌」が
秘められていて素晴らしかったです。

いつも素敵なコメントを頂きありがとうございます。

ちなみに当ブログの明日・・3/4の吹奏楽記事は「花輪高校」です!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3439-8c6b71ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |