プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


霊夢は、博麗神社の素敵な巫女さんです!

私自身は実は・・・・生まれ自体は青森県という事もあり、巫女さんというと
今現在では言うまでもなく「霊夢」を連想してしまうのですけど、東方の世界を知るまでは
恐山のイタコという口寄せ巫女というイメージがあったものです。
巫女というのは大別すると二つあるとあると思うのですが、一つは口寄せ系といって死者の魂を降霊するタイプと
もう一つは神和系という神に奉仕する聖職者または神様や神霊のお言葉を伝えるタイプと思われるのですけど、
霊夢自体はどちらなのかな・・?
幻想郷では、亡霊のゆゆ様とか半人半霊の妖夢が普通に幻想郷内を散策していたり、
幻想郷と冥界の境界が緩みがちであるため、冥界の亡霊たちが人間界に降りてきてそれを妖夢が再び冥界に
連れ戻す描写がある通り、死者の魂をわざわざ呼び出さなくても亡霊の方から勝手に幻想郷内に
フラフラとやってくる感じでもあるため、少なくとも口寄せ系の巫女さんではないと思います・・(笑)

それと霊夢と言うと、イメージ的には異変解決屋とか妖怪退治のスペシャリストみたいな印象を持たれがちなのですけど、
霊夢の本分はあくまで「巫女さん」であり、つまり・・・
神様や神霊と人間たちの間の架け橋みたいな役割を担うとか神事や祭りの際に神楽などを奉納したり
平時の際にご祈祷とか厄払いみたいなものが本来任務なのではないのかな・・と思われます。
だけどどうしても霊夢というと巫女無双みたいな「腕っぷしの強い異変解決屋」といイメージばかりが先行してしまいますよね!
霊夢が本来期待されるべき役割とは、神様との対話または神様の声の代弁者という事なのかもしれないですし、
それを具現化した術というのが「神降ろしの能力」なのすもしれないですけど、
霊夢自身は、東方風神録においては、自らが仕えるべき「神様」とも言うべく八坂神奈子・諏訪子・秋姉妹も
やっつけてしまいますし、付喪神とも言える多々良小傘なども退治してしまいますし、
やはり東方風神録においても厄神様とも言うべく鍵山雛を退治しちゃっています・・・(笑)
「東方儚月抄」においては、霊夢と綿月依姫は共に「神様」をその身に降霊し、
霊夢は「神様相手では戦いにくい」と愚痴っていますけど、やはりそうした神様相手でも戦ってしまいます。
要は霊夢にとっては、異変解決のためなら、相手が妖怪でも幽霊でも鬼でも吸血鬼でも、はたまた神様であったとしても
「そんなの私には関係が無い!」という感じなのかもしれないですね。
神様とすらも戦ってしまうことが出来るというのが、良い意味でも悪い意味でも霊夢の能力と言うのか特性なのかも
しれないですよね。
東方儚月抄においては、月に向かう動力として住吉三神を神降ろししていましたし、
綿月依姫とのスペルカード戦において、穢れを嫌う月の民用に大禍津日神がその身に溜めた
厄災を弾に変えた弾幕を使用して激しいバトルを演じていたのは大変印象的ではあるのですけど、
神様をそんな事に使ってしまえるのがいかにも「霊夢らしいよなぁ・・」と感じてしまいますね。
そう言えば霊夢は、東方三月精においても、
大晦日の晩に、星の神である天香香背男命の力を封じる儀式を毎年欠かさず執り行っていた事も描かれていましたね。
また三月精や茨歌仙においても、ご神木とか珠を祀るために巫女さんとしてのお祓い儀式をしている描写も
ありましたけど、そのあたりは
「あ・・・霊夢もたまには巫女さんらしいこともするんだ!」と思わず言ってしまいたくなりそうでした・・・(笑)

霊夢の原作における設定上の元々の能力とは「空を飛ぶ程度の能力」です。

東方キャラはどの登場キャラもそれぞれが凄まじい能力を持っていて、幻想郷では数少ない人間ポジションの
咲夜さんは「時間を操作する程度の能力」で魔理沙は「魔法を使える程度の能力」で
早苗さんは「奇跡を起こす程度の能力」という事なのですけど、それに比べたら霊夢の能力は
ちょっと普通過ぎるのではないのかな・・?と感じなくもないのですけど、
よく考えてみると、普通の人間で空を飛ぶことはできませんよね・・・(笑)
魔理沙は魔法で空を飛び、咲夜さんは空間を弄って飛んでいます。
それに対して霊夢は、あくまで「能力で」として空を飛んでいるというのが咲夜・魔理沙との違いなのかもしれないですね。
だけど最近の東方的な解釈としては、
空を飛ぶ→重力にしばられない(無重力)→どんな物事にもしばられず霊夢の前では意味がないというのが
定説という感じみたいにもなっていると思います。
ちなみにですけど、旧作においては自力では飛べず亀(玄爺)に乗っていたのが、今となってはなにか懐かしい感じも
あると思います。

あ・・霊夢というと忘れちゃいけないというのか・・これが博霊神社の巫女としての最重要能力と言えるのだと
思いますが、霊夢の「博麗の巫女としての能力」は忘れちゃいけないですよね!
これは大きく言うと二つ意味があるのですけど、一つは幻想郷の結界を管理するための力であり、
もう一つが言わずと知れた異変を解決するための力です。
紫んとして霊夢に一番求めたい事は言うまでもなく結界の管理と幻想郷内の人と妖怪のパワーバランスの維持だと
思われるのですけど、
これまで散々書いた通り、博麗神社自体が人里から離れていてその参道に妖怪たちがうじゃうじゃといるもので
参拝客が元々少なくお賽銭収入が期待できないため、妖怪退治と異変解決の謝礼収入が霊夢の生計の源に
なっている事情もあり、霊夢の本来の「博麗の巫女としての能力」がもっぱら異変解決のための方にばかり
使用されているのは、ゆかりんとしては「ちょっと頭が痛い・・」という感じなのかもしれないですよね。
結界管理はどちらかというとゆかりんの式神の藍に押し付けられてしまっているという感じもありますし、
霊夢は、「ちょっとまずい・・これは紫に来てもらわないと・・」というある意味非常事態時に、普段どこに棲んでいるか
誰もわかりゃしないゆかりんを呼び出すために、わざと結界を緩めてしまい、慌てたゆかりんが
博麗神社に血相変えて乗り込んでくるなんて事も過去にはありましたからね・・・(笑)

霊夢の「能力」というのかその圧倒的な強さなのですけど、その根幹になっているのは、
霊夢の持つスペルカードのひとつ「夢想天生」じゃないのかな・・??
あのカードは、霊夢の最終奥義的な技として、永夜抄、緋想天、非想天則、心綺楼においても
使用されていたと思います。
東方における「誰が最強なのか議論」とか巫女無双理論の根拠とされているのが、この夢想天生なのですけど、
あれはある意味霊夢の最強能力だと思います。
ありとあらゆるものから宙に浮き無敵となり、これが遊びでなければ、誰も霊夢に勝つことが出来ないというのは
やはり既に定説になっているのかもしれないですよね。

霊夢は普通の人間ですけど、異変となるとめっぽう強く、どんな妖怪ですらも霊夢に勝てないとすら
言われてもいますよね。
(例外は、やはり八雲紫様ぐらいなのかな・・??)
スペルカード戦においては、自分から勝負を投げ出さない限り、霊夢に負けはほぼありえないとすら
言えるのかもしれないですね。
霊夢が身体を動かせば無意識に瞬間移動し目をつぶってても敵に当たるあの「夢想天生」はまさに
東方最強カードであり、霊夢の最大の能力なのかもしれないと思います。

だけど普段にの平時の霊夢はのんきで、魔理沙と一緒にだべってお茶を飲んでいるという印象も
強いですね。
あの平時ののんきさと異変時の強さのギャップが霊夢の一つの魅力とも言えるんじゃないのかな・・??

そうそう、博麗の巫女としての能力は、スペルカードに限らず
陰陽玉、お祓い棒、封魔針、お札などの道具を使って妖怪退治をすると言う事もしていましたね!
こちらの方がより巫女さんらしい雰囲気もありそうですね。
それと、これは能力ではないのかもしれないですけど、
幸運、直感 本気を出せば丁半博打で負けなしの幸運とか危険を寸でのところで回避する直感というのも
霊夢の強さの一因なのかもしれないですよね。
特に異変解決時の直感は非常に優れており、手掛かりがなくても勘に従って動けば真相に辿り着いてしまうのは
やはり「霊夢は東方の主人公なんだなぁ・・」と改めて感心させられたりもしますね。








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、上記の霊夢のイラストは、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
昨年、2014年5月に描かれたとっても可愛い霊夢です!

霊夢って作品によっては髪型とかリボンの形状とか髪の長さそのものが結構まちまちという感じもするのですけど、
この霊夢は、アミグリさんが描かれた霊夢としては「髪の毛が長い霊夢」という印象があります。
でもこうした長髪霊夢もとってもとっても可愛いですよね!!

髪の長さが普段より長めというと、普段よりも「女の子らしさ」を強調しているようにも感じられますし、
その意味ではまさに女の子の魅力を普段以上に発揮した霊夢だとも思えます。

いつものアミグリさんのタッチに比べて少しだけアニメっぽい雰囲気が感じられ、
これはとにかくとっても可愛いです!!
何となくですけど、今この瞬間にでもトコトコと歩き出そうな雰囲気が醸し出されていると思います。

上記のこの素敵な霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

二週間前はアミグリさんが描かれた「こいしちゃん特集」を企画化させて頂きましたが、
1/4の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」と合わせて、
皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんやこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

そして、これは後日改めて予告をさせて頂きますが、これまて゜のフランちゃん・こいしちゃん特集がとっても
好評でしたので、
今度はアミグリさんが描かれたチルノまたは妖夢の特集も予定させて頂いております。

こちらの方も是非楽しみにして下さいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

題名を見て、あれっ?霊夢の能力って何だっけ?って今更にして思ってしまいました^^;
そうそう、「「空を飛ぶ程度の能力」でした^^
いや、ぬくぬく先生さんも仰っておられるように、アクが強い東方の世界においては、もはや「歩く」程度の能力にしか思えませんね^^;でも、「夢想天生」のほか、やはり主人公補正なるものがある以上、やはり霊夢は最強だと思います^^
それにしても、アミグリさんの絵のすばらしいこと。
ちょっと落ち着いた感じの色の霊夢が、本当にすばらしいですね^^私も「空を飛ぶ程度」で良いので、能力が欲しいです^^;

ほほ~~~う!!!(ⓞ◇ⓞ)❤そうなのですね!!!
霊夢ちゃんについて、いろいろと詳しいことがわかりました!!!
感謝です(=人=)❤
ううむ、これは、ふらんちゃん続いて、やはり重要キャラである霊夢ちゃんのいらすとも、いずれ描かなければ!!!(><)❤
うふふ、ただいま、ふらんちゃんの色塗りちゅうなのです!!!
もうすぐアップします!!!そうしたら、ぬくぬく先生、ぜひぜひ見にきてくださいねッ❤約束です!!!(><)❤

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

kirakiya.rumari 様、こちらこそありがとうございました!

kirakiya.rumari 様


最近はメッセージ・拍手でも色々と不具合が起きているみたいでして、困ったものですね。

改めて先日はイラストの転載やリンク貼りを快諾して頂きありがとうございました!

こうした事は、kirakiya.rumari 様さえ宜しければ是非また次の機会も設けさせて頂く事が
出来れば幸いですし、
その際には何卒宜しくお願いします!

橙は可愛い化け猫ですね! (笑) 少し頭が足りなそうなところもとってもかわいいと思います!

素敵な巫女さん!

八咫烏(冬眠中) 様


そうなんですよ! 実は「空を飛ぶ程度の能力」なのですけど、
やはり「異変解決屋」としての腕っぷしの強さというイメージが相当強いですね!
ちなみにですけど、私の脳内妄想では、幻想郷内最強は、八雲紫=ゆかりんだと思うのですけど、
ゆかりんが手を抜かずに本気で挑んだ場合にのみ霊夢に勝てそうな気がします。

東方の「能力」は結構テキトーな面があり(笑)
早苗さんの「奇跡を起こす程度の能力」は、今のところは早苗さん単独では「手品」程度というのが
なんか笑ってしまいますね・・
それと響子とか小傘みたいに声の大きさと唐傘等で人を「脅かす程度の能力」というのはなんか微笑ましいものが
あったりもしますね(笑)

今回もアミグリさんのイラストを褒めて頂きありがとうございます!

楽しみにしています!!

Baby pink amy 様


霊夢はとっても可愛いですし、まさに東方の主人公に相応しいとっても魅力的なキャラだと思います!!

amy様の霊夢も今後楽しみにさせて頂きますね!

そして・・・amy様のフランちゃんも完成を楽しみにさせて頂きますね!
もちろん!
完成の暁には、飛んで行って拝見させて頂きたいと思います!!

ごぶさたしています!

東久留米のミズ 様


わぁーーー、お久しぶりですけど、こうやってうちのブログに遊びに来て頂けてとっても嬉しいです!

お元気そうで何よりです!!

相変わらずピアノやクラシック音楽に触れられているご様子・・なんかとってもホッ・・とするものがありますし、
そのお変わりない様子がとても嬉しいです。

私ですか・・?
そうですねぇ・・このブログをご覧頂ければわかる通り、大分趣向は変わったようですけど(汗・・!)
結構これでも吹奏楽やクラシック音楽もネタにしている方だと思っています・・(笑)
音楽はやはり素敵なものですよね!

ブログの方も頑張らさせて頂きますが、昔からの「質より量」は全然変わっていないようですね・・(汗・・!)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3438-cd03258a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |