プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「カルピス」って昔からある素晴らしい定番商品の飲み物ですよね!
今現在は、コンビニやスーパーに行けばたくさんの種類の美味しそうな飲み物がたくさん陳列されているのですけど、
私が子供の頃の飲み物って、こんなにたくさんの種類はなかったように思えます。
こんな事書くと、またまた昭和生まれが戯言書いている・・みたいに思われるのかもしれないですけど、
あの当時は粉末ジュースというものがどちらかというと家庭では馴染みがあったのかも・・?
その粉末ジュースを水道水で溶かして冷蔵庫で冷やして飲むというのが一つの定番で有ったような気もします。
ま・・今の若い皆様方に「粉末ジュース」と言ってもそんなにピンとこないのかもしれないですね・・(汗・・!)
そしてあの当時の冷蔵庫の定番飲み物っていうと、
コカコーラ・ポンジュース、そして「カルピス」だったのかもしれないですね。
そのくらいカルピスは日本では長期間定番中の定番商品じゃないのかな・・?とも思いますね。
カルピスという商品は昔も今も濃縮タイプで、これを飲む際は水で薄める必要があるのですけど、
濃縮しないで最初から水で薄めた商品というのは、実は昭和の頃には存在はしていませんでした!
水で薄めるという時間経過により粒子の凝集・沈澱などの劣化が生じたため、水で薄めた商品化が
中々出来にくかったという事情もあったようですね。

だけど・・!

さすがモノづくり大国日本!!

ちゃんとその辺りの難しさをクリアして1991年に世に出た商品が、あの大ヒット商品の「カルピスウォーター」なのですっ!!

あのカルピスウォーターが世に出た頃は、「水みたい・・」とか「味がちょっとうすいんじゃないの・・?」みたく
言われている方も多々いらっしゃった記憶がありますけど、
私的には「いやいや、そんなことないよ! こんな飲みやすくて水みたいにゴクゴク飲めて、とても爽快で清らかな味で、
こんなおいしい飲み物飲んだ事ない!!」みたいな印象すら感じたものでした。
でもなんでカルピスウォーターって真夏も勿論の事、真冬でもあんなに美味しくゴクゴク飲めちゃうのでしょうかね・・?
以前は「カルピスウォーター・ライト」とか「カルピスウォーター・レモン」という商品もあったのかとは思うのですが、
レモンは私的には大好きな商品でしたけど、いつのまにか廃番になってしまったのはとっても残念です・・(泣・・)




カルピス




さてさて、もちろん「カルピスウォーター」も完成された素晴らしい商品なのですけど、
元の「凝縮型タイプ」も真冬でも色々と応用範囲が広いと思います。
これって、「cookpad」というサイトの「みんなのレシピ」というコーナーで既に紹介されていレシピなのですけど、
「しょうが入りホットカルピス」というのは真冬に飲むととっても温まると思います!
これ、作り方はとてつもなく簡単でして、カルピス1に対してお湯を4で割り、すりおろしたしょうがを入れてかき混ぜるだけで
完成です!
ピリッとしたしょうがの刺激を「カルピス」が和らげる大人も子どもも飲みやすいホットドリンクだと思います。
仕事から家に戻った際に、この温かい「しょうが入りホットカルピス」を飲むと冷え切った体が温まりますし、
カルピスと生姜の相性はいいもんだなぁ・・!と改めて感じたものでした。
あ、そうそう・・このホットカルピスですけど、
お湯ではなくて温めた牛乳でももっと美味しくなると思いますよ!
あんまり生姜を入れ過ぎちゃうとなんとなくですけど牛乳が凝縮しやすくなってしまう傾向にもありますので
注意は必要かと思います。
冬場の自動販売機の温かい飲み物というと、コーヒー・ミルクティー・コーンスープ・ココア・緑茶・ホットレモンが
美味しいと思いますけど、「ホットカルピス」という商品が存在しないのは、
「凝縮しやすい」という課題がいまだに解消できていないせいなのかな・・・?

うちのブログの食べ物ネタではなぜか「豚キムチ」がよく出てくるのですけど、
実はこの「豚キムチ」と隠し味としてのカルピスの相性ってとってもいいものがあると思いますよ!
市販の豚キムチ鍋スープに、キャベツ・ニンジン等の野菜を入れ、キムチと豚肉と豆腐を投入し、
そこに隠し味として生姜を投入すると冬場は本当にポカポカ温まりますし、とっても美味しいと思います。
そして更に・・「隠し味の隠し味」として鍋全体に対して大匙2~3程度のカルピスの原液を注入すると
あらあら不思議! 味がもっとマイルドに仕上がり、これもまたとっても美味しいと思います。
そっか・・キムチもカルピス自体も元は「発酵食品」ですので、最初から相性はよかったと言えるのかもしれないです。
豚キムチ鍋スープの代わりに「豆乳」を使っても構わないと思います。
この豆乳の場合、若干ながら辛みが足りないような気もしますので、豆板醤を追加してもいいと思います。
これは私も一度自分で調理して試してみましたけど、味はかなり美味しかったと自負しておりますっ! キリッ・・(汗・・!)
更に余計な事を書きますと、昨年末の記事において、明星食品のカップラーメンの「チャルメラ とんこつ」について
書かせて頂きましたが、あれにチョイ足しとして、キムチと小さじ1杯程度のカルピス原液を入れると
これも味に深みとコクが出てきますので、これも私としてはお気に入りです!
更に書きますと・・
鳥の唐揚げを作る際の衣とか豚肉の生姜焼きのたれにもこのカルビス原液のちょい足しは、隠し味としては
最適だとも感じます!

カルビスは発酵食品で乳酸菌もベースにしていますから「からだにピース」のキャッチコピー通り、
私たちの「健康」にも最適な飲み物の一つと言えるのかもしれないですよね!
おいしさだけでなく、感染症予防・抗腫瘍・血圧の低下作用など健康に効果があるとの事ですし、
長寿効果も期待できるとの事です!
疲労回復効果もあるので、夏バテ解消にも活躍しそうですし、冬場には上記の通り「生姜入りホットカルビス」も
美味しいと思います

飲み物としてはもちろんですが、料理の隠し味にも使えるので冷蔵庫に1本用意して
おくのも悪くはないと思います!
(→あれれ・・、私はいつからカルビスの社員になったのでしょ・・?? 汗・・!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

昔のネタがイイ

こんにちは。

カルピスは大正時代から発売されたロングセラー。
発売当初からのトレードマークのやつが大好きなんですが。
世界的に有名な黒人ダンサーのジョセフィン・ベーカーをモデルにしたネタ。
訳のわからん偽善団体が圧力かけて今のロゴになったんです。

カルピスはCMもインパクトありますよね。
昭和47年(1972)には札幌冬季オリンピックの女子フィギュアスケートで銅メダルを獲得したアメリカのジャネット・リンを起用したり、中原ひとみと娘の土屋沙織(同時3歳)を起用したりと、素晴らしいネタが、わんさかあります。

そして、日曜日の夜7時半からの世界名作劇場のアニメ。
フランダースの犬やトム・ソーヤの冒険、赤毛のアンなどアニメ史に名を残した番組を1社でプレゼンツ(提供)したコトは有名ですね。

冬のしょうが入りホットカルピス

>「しょうが入りホットカルピス」というのは真冬に飲むととっても温まると思います!
これ、作り方はとてつもなく簡単でして、カルピス1に対してお湯を4で割り、すりおろしたしょうがを入れてかき混ぜるだけで
完成です!

〇なるほど、冬のカルピス、いいですね。
 私は焼酎お湯割りが好きなので、それを試したくなりました(笑)。
 草々

乳酸菌とキムチってけっこう相性良いですよね~、
カルピスもキムチもどっちも好きな私にとっては良いレシピ!
ちなみに私は、炭酸水で割ってカルピスソーダにするのが好きですw
そういや昔って、カルピスは瓶でしたよね~、紙のパッケージを脱がす(?)のが好きでした。

カルピスにそんな使い方があったとは…
豚キムチ鍋の隠し味になるというのがビックリでした。マイルドさが出るというのは美味しそうです。
カルピスウォーターが甘すぎず薄すぎず飲みやすくて便利なので原液にはあまり手を出さなかったのですがちょっと気になりますね。

世界名作劇場

五航戦の愛鷹 様


そうそう! カルピスというと世界名作劇場アニメの単独スポンサーでもありましたね!

懐かしいですね!

フランダースの犬・家なき子・赤毛のアンなどまさに名作の鉄板ネタばかりでした!

私としては、1978年の「ペリーヌ物語」と1984年の「牧場の少女カトリ」が大変印象的でした!
85年の「小公女」はちょつと原作を逸脱しすぎていて、
当時は「あれじゃ、セーラはまるで青い瞳のおしんじゃないかっ!」とツッコミを入れながら
見ていたものでした・・(笑)

とっても温まりますよ!

ささげくん 様


真冬に飲むホットカルピスはお勧めですよ!
ショウガを加えるともっと美味しいですし、体にもいいと思います。

そういえば、「焼酎のホットカルピス割」というのは一部の居酒屋ではメニュー化されていたような気もしますね。

カルピコ

めろ子 様


そうなんですよーー!

カルピスとキムチとチーズは共に乳酸菌の製品でもありますので
この三者の組合せに多分ハズレはないと思います。
じゃがいもたっぷりのクリームシチューの仕上げに小さじ一杯程度のカルピス原液をいれると
もっと味がマイルドになりますよ!

私が子供の頃にもカルピス炭酸はあったのですが、今現在は「カルピスソーダ」と呼ばれていますけど、
当時は「カルピコ」という商品名が付いていた事を知っている私は
既に・・「昭和の遺物」なのかもしれないですね・・・(滝汗・・!!)

schwert 様


お歳暮等の箱入りカルピスセットの中には
オレンジ味とかグレープ味の原液カルピス瓶が入っていたものですけど、
今現在は瓶ではなくて紙パックというのは時代の変化なのかもしれないですね・・(笑)

キムチ・チーズ・カルピスは共に乳酸菌の製品でもありますので、この三者の組合せにハズレは
ないと思えます。
豚キムチ鍋にスライスチーズを入れて溶かすのも悪くないですし、
そこにほんの少しばかりのカルピス原液を入れると確かに味はよりマイルドさが加わるのは
不思議ですけど間違いないと思いますし
まさにこれこそが「隠し味」だと思いますね!

へぇ~

ホッとカルピスは聞いたことありますが、料理に隠し味として使うことは知りませんでした。
そっか~、料理にね~。

なんてったって、アルコールを割ることしか知らないから(笑)

カルピスソーダも好きなんですよ。
夏場に疲れたらよく飲んだりします。
昭和だわ~。



カルピスに生姜温まりそうですね^ ^
寝る前に飲んだらホッとして、
良く眠れそうですね(^^)

私はカルピスを無糖のヨーグルトにかけて
食べたりします。
料理にも活用出来るんですね!
カルピスって万能な感じがしてきました!

日本人(企業)は、世界に誇れる様な商品を創り出して来ました。
前にお話したカップヌードルもそうですが、弱電分野でも革命的な商品を産み出してます。
多分、一神教の白系人種と違って、多神教の多元的な思考を備えているのが功を奏してるんだろうと思います。
今後も、日本人独自の創造性を生かした商品や技術を開発して欲しいですね^^

カルピスは応用範囲が広いですね!

mama.ikuko 様


そうなんですよ!

カルピスは、乳酸菌を使用した発酵食品でもありますので、チーズ・ヨーグルト・キムチなどとの相性は
元々よいと言えるのだと思いますし、
特に揚げ物の隠し味として使用することはお勧めですね!
それと夏場のキーマカレーの隠し味として使用されると味がマイルドになると思います。

飲むだけではなくて一つの調味料としても使える万能の飲み物とも言えると思いますね!

mama.ikuko 様、お若い・・・
だって私とかmama.ikuko 様の世代はカルピスの炭酸ソーダは、むかーし「カルビコ」と言っていたと思いますけど
今風のカルピスソーダというワードをご使用とはさすがお若いですね!

カルピスは魔法の飲み物・・??

kirakiya.rumari 様


元々、ヨーグルト・キムチ・チーズ・納豆・醤油・味噌などは発酵食品ですし、乳酸菌を使用した発酵食品でもある
カルピスとの相性は最高と言えるのかもしれないですね。
ご指摘の通り、カルピスと無糖ヨーグルトは絶妙の相性ですね!
これは初めて知りました。教えて頂きありがとうございます。今度是非試してみたいと思います。

ホットカルピス生姜割はお勧めですよ! 就寝前からハチミツを隠し味として数滴入れるのも悪くないと思います!

さすが八百万の神々の国ですね!

sado jo 様


ご指摘の通りだと思います!

日本人の「クリスマスの後でお寺の除夜の鐘を聞き、元旦には神社に参拝に行く」という無節操的な八百万の神々への愛着
みたいな多様性とか「ま、いっか・・」みたいなおおらかさと寛容さ
そして「モノには魂が宿る」みたいな付喪神みたいな感情なんかは
日本人の「ものづくりの大切さ」に間違いなく寄与していると思いますし、こうした多様性を寛容できる
おおらかさは日本人の美徳の一つとして今後も受け継がれていって欲しいと
切に願ったりもします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3434-3543c358
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |