プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


八坂神奈子は、ある意味幻想郷内のはた迷惑でお騒がせな神様なのかもしれないですね・・・(汗・・!)

地霊殿異変→お空の暴走→ムラサ・ぬえ・一輪たちの地底からの脱出→聖白蓮の復活などの一連の異変について、
確かに表だってその名前は出てきませんけど、
そうした異変の元々の原因を作りだしたのは、他ならぬ神奈子と諏訪子でしたので、
「東方星蓮船」あたりの頃は、神奈子というと「ハタ迷惑な神々・・・」という印象は拭えなかったですし、
「また守矢がなにかしでかしたのかっ!!」みたいな感じもありましたよね!
あの頃は「また守矢かっ!?」とか「これじゃ、ゆかりんが過労死しそう・・」みたいな雰囲気もあったものですけど、
それに関しては、外界から幻想郷に引っ越しをして間もない頃でしたし、
外界の技術の進歩を分かっている神奈子と諏訪子にとっては幻想郷の古い体質とか技術の遅れを
二人の神さまなりに心配していたという事にしておきましょうね・・・(笑)

上記で神奈子と諏訪子という守矢神社の二社の神の事に触れたのですけど、
この二人の神々は、単純に「仲がいい神様」とか「フレンドリー」と書けない点がとても興味深いものがあると思います。
勿論今現在は一つの神社内で暮らしていますので、決して「仲が悪い」とか
「顔を見るのも嫌!」という訳ではないのですけど、そうですね・・実際の所は、喧嘩友達とかくされ縁とか
実は、利害関係が一致しているから本当は仲がいい・・と言ってもいいのかもしれません。
要はちょっと「複雑な関係」と言えるのかもしれないですね。

神奈子と諏訪子の背景なのですけど、はるか昔に、神奈子が諏訪子の国を侵略し、
諏訪子は当時としては最先端の武器でもある「鉄」を使って防戦したもののあえなく敗北・・・
結果的に諏訪子の国は神奈子によって乗っ取られてしまい、
それ以降、諏訪子の象徴でもある「カエル」を神奈子の象徴でもある「蛇」が丸呑みし食べてしまうというお祭りまで
開催されてしまいます。
それだけを見てしまうと、この二人の仲は犬猿の仲同然になっても仕方が無いですし、
神奈子は諏訪子から相当の「恨み」を買われていても仕方が無い話だと思われます。
上記で書いた通り、幻想郷に移住後も「喧嘩仲間」みたいに感じにもなっているのですけど、
決して「不仲」という事ではありませんし、どちらかというとお互いにウインウインの持ちつ持たれつの関係が
既に築かれていると思います。
前述の通り、神奈子は諏訪子の国の乗っ取りに成功はしたものの、諏訪子の王国の民衆は
新しい支配者としての神=神奈子を中々受け入れては貰えず、やむを得ず不本意ながらも
王国を自分の物にすることを諦めざるを得ませんでした。
その代わりに新しい神=タケミナカタを呼び、洩矢の神と融合させることで、
対外的には王国の信仰を支配したように見せかけたという事にしてしまったのです。
八坂神奈子の名前を全面に出しながらも、その運営には土着の神様でもある諏訪子の力を使用して神社そのものの
信仰集めと宣伝を行っています。
これはどういう事かと言うと、神奈子は表向きに自らの名前をどんどん使用しながらも
実際の神社の管理運営は諏訪子に任せ、
結果として表向きは神奈子が仕切り、実態は諏訪子の好きなように管理運営できるという事になっています。
神奈子の得た信仰の恩恵を諏訪子としてしっかりメリットとして受けている訳ですので、諏訪子としても
決して悪い話ではないと思われます。

いわば、表向きは神奈子が支配し、その実質的な管理運営は諏訪子という事なのだと思います、
これは「権力の二重構造」と換言出来るのかもしれないですね。
白蓮さんの命蓮寺においても、表向きの信仰の対象は毘沙門天、すなわちその代理の寅丸星なのですけど
実際のここでの代表者は言うまでもなく白蓮さんですので、
ここにも「権力の二重構造」みたいな感じになっています。
毘沙門天は、寅丸星の事を全面的に信用したわけではなく、
こっそり毘沙門天自身の直属の部下であり本来の弟子であるナズーリンに動向を監視させているという経緯が
あったりもします。
そうなんですよね・・・この辺り、命蓮寺には少し面倒な要素があって、
上記で記したとおり、命蓮寺のNO.1は白蓮さんなのですけど、
表面的には命蓮寺の「信仰の対象」でもある毘沙門天の代理という寅丸星がいるし
寅丸星を監視するように毘沙門天から命令されているナズーリンがいたりもしますし、
その最上位に毘沙門天がいたりもします。
そナズーリンにとっては、別に白蓮も寅丸星も自分にとっては上司でも何でもない
「私の上司はあくまでも毘沙門天だけなんだぁー」みたいなプライドが、時にナズーリンが寅丸星とか白蓮に対して
尊大な態度を取ってしまう原因なのかもしれないですよね。
あ・・この辺りは、神奈子にはあんまり関係がない話でしたね・・(汗・・!)

最近のニュースとして「平成天皇の御退位後の地位はどうすればいいのか・・果たして現代において
上皇という名前は相応しいのか」みたいな事も既に議論されているようですけど、
こうした権力の二重構造というのは、上皇と天皇・江戸の将軍と京都の天皇とか
幕府内の隠居した後の元将軍と現将軍とか
はたまた現代でも・・・・古い話ですけど、例えば・・・1980年代の中曽根政権における田中角栄さんの影響とか
90年代の海部~宮沢政権における小沢一郎の影響とか
今に始まった話ではないし、こういった感じが幻想郷内でも実は発生していたというのも
何となくですけど興味深いものはあったりもしますね。

話がそれました・・・
話を神奈子が祀り上げたタケミナカタに触れさせて頂きますと、
タケミナカタの元ネタというのは、
もともとはヤマタノオロチを退治して出雲に移り住んだスサノオの子孫であり、
アマテラスの子孫による天孫降臨の際に戦い破れ、出雲から追い出された神様でもあります。
そのタケミナカタが諏訪に流れ着き、そこに先住していた神を打ち倒して新たな国を造った神様と
されています。
そうした日本書紀とか古事記での内容がこの「東方Project」にもしっかりと反映されているのは
大変興味深いものがあります。

上記の内容では、「あれれ・・? タケミナカタと神奈子は実は同一人物ではないのか・・?」と混同される方も多いのかな・・?
とも思われるのですけど、
東方の世界名においては両者は別物と考える方が合理的と言えるのかもしれないですね。

東方儚月抄において、ゆかりんが綿月豊姫によって藍と共にあの屈辱を受けている真っ最中なのに、
なぜか唐突にゆかりんが八坂神奈子について言及しているのは大変興味深いものがあったりもします。
「守矢神社の本当の祭神は諏訪の土着神だけど…建前の祭神はタケミナカタ、つまりは大国主の息子にして、
最後まで抵抗した武神」と述べていて、
同時に「大国主の息子で危険分子だからこそ、太い注連縄でもって神社に封印した・・」とも
言っています。
そう・・ゆかりんとしては「注連縄というのは神様自体を封印する意味を持っている」という事と
自分達の捕縛を皮肉っているという意図もあるのかもしれないですけど、
神奈子はどうしてあえてそんな「封印」の象徴でもある「注連縄」を
自らの衣装の留め具&飾りとして着用しているのかな・・・?なんていう素朴な疑問もあったりもします。

だけど、神奈子としてはせっかく侵略・征服した諏訪子の国でその後の外界の科学技術の進歩と共に
神様があんまり人々から必要とされなくなさてしまい自らの消滅の危機という事情もあったにせよ、
「地元の神様」として祀られているという「封印」を自ら解除するという意味合いももしかしたらあるのかもしれないですよね。
その辺りは、まさしく早苗さんじゃないですけど、
幻想郷は常識に囚われてはいけない世界の一つの象徴と言えるのかもしれないですね。







さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!

本記事で神奈子と諏訪子の事をなんかまとまりもなくごちゃごちゃと書いてしまいましたが(汗・・!)
上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2010年2月に描かれた「神奈子と諏訪子」です!!
なんか上の記事だけをご覧になってしまうと、「神奈子も諏訪子もなんだかちょっと難しそう・・」みたいな
誤解も与え兼ねないのですけど、実際の二人は、アミグリさんが描かれたこの二人を見て頂ければわかる通り
とっても素敵で魅力的な二社の神様たちなのです! (笑)

神奈子も可愛いけど、この諏訪子のロリ可愛さは圧巻だと思います!

まさにこの諏訪子は「東方幼女の鑑」だと思います!!

あ・・・でも神奈子と諏訪子は日本書紀以前から既に存在している神々ですし、
諏訪子の子孫の一人が早苗さんという事を考えると、あれれ・・・?? 諏訪子って実は人妻だったのの・・??みたいな
妄想もあり得るのですけど、
とにかく諏訪子のロリ可愛らしさは、てゐに匹敵するものがありそうですね。

東方絵師様の傾向として、神奈子を描かれる場合、威厳とか偉容みたいなオーラを発せられるみたいなパターンが
ありますけど、やはりアミグリさんの手に掛かると
「親しみやすい可愛らしさ」に変容しますので、やっぱり「すごいな・・・」と思いますね!!

尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮して頂けるとありがたいです。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載を快諾して頂きましてありがとうございます!

宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞアミグリさんの ブログ dream fantasy
何卒宜しくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

物語をおもしろくするのは、いかにバックボーンがしっかりしているか、ですね。そうすれば、作者が多くを語らなくても、みんなが様々な方角から分析してくれて、より世界が広がっていく。いわゆるキャラクターが歩き始めるというやつですね。
古事記、日本書紀の話も出ましたが、やはり現実社会でもたとえられるような関係、様々な事象が東方のなかでも確認できるのですね。
アミグリさんの絵もそうですよね、アミグリさんなりの解釈で、こうまで見事な世界観を生み出していらっしゃいます。
ぬくぬく先生さんの考察を見ていると、本当におもしろい世界だなーと思います^^

東方は、いわば神様たちのお話なのでしょうか?(・◇・)?
すみません(><);なにぶん、不勉強なもので…
それにしても、アミグリさまが描かれると、神奈子と諏訪子も、なかよしさんになってしまうのですね❤(^^)❤
ここへきて、東方とは、なんだか神様たちの豪華絢爛な、夢芝居のようだなあ、とかも思ってしまったりします…(=◇=)❤
イメージが違っていたら、ごめんなさい…(><);

こんにちは~

今回のイラストも素敵ですね。
ふたり揃ってるんですね~
「ふたりポーズ」ってドールで再現しようとするとバランスとかが意外と難しいです。
イラストだと人間ではありえない動きのポーズになってしまいやすいですし・・・

神話をベースにしているのも素敵ですね!

八咫烏(冬眠中) 様


東方の世界では意外と神話とかお伽噺・伝説をベースにしている事も多々あり、そのいい例が
永琳・輝夜等の「かぐや姫」とかレミリア・フランドール等の「吸血鬼伝説」とか
さとり様-こいしちゃんの妖怪「覚」伝説とか
西洋・東洋・過去・現在のそうした多くのバックボーンを素敵に原作ゲーム等に取り入れているのはすごいと
思いますし、それがヘンにごちゃごちゃしていないというのかごった煮なんですけど「素敵な多様性」を提示しているのは
素晴らしいと思います。
逆に言うと日本の「八百万の神」→物事の多様性みたいなものを素敵に示唆しているのかなとも
思ったりもします。

アミグリさんのイラストをまたまた素敵に褒めて頂きありがとうございます!
アミグリさんのかなり初期の作品なのに、既にこの頃から今の作風につながるものは間違いなくあったと思いますし、
過去作品も今現在の作品も含めて
本当に素晴らしい絵師様だと思います。

東方は・・・

Baby pink amy 様


> 東方は、いわば神様たちのお話なのでしょうか?(・◇・)?


そうですね・・ほんの一言で言ってしまうと、この「神様たち」というワードを「妖怪」という言葉に
置き換えれば正解じゃないのかなとも思いますね・・(笑)
そしてこの妖怪の中には、妖精・妖獣・幽霊・亡霊・鬼・天狗・河童・吸血鬼・仙人などさまざまな種族が
含まれているのだと思います。

アミグリさんのイラストをまたまた褒めて頂きありがとうございます!!

東方で「神様」というと、主にはこの神奈子と諏訪子、そして現人神で最近まで女子高生だった早苗さんと
厄神の雛と付喪神たちという感じなのですけど、
神奈子と諏訪子はなかよしというか「くされ縁」みたいな感じで、
ツーカーの仲というのか以心伝心みたいな雰囲気が素敵だと思います。

ちなみに神奈子は東方でも屈指の酒の強さを誇っています!

冬音様のミカヅキと美月(ミカヅキ2)のお二人も素敵・・

冬音様


今回もアミグリさんが描かれたイラストを素敵に褒めて頂きありがとうございます!

ちなみにアミグリさんによると「ふたりポーズ」とか大人数イラストは苦手との事で、単独絵が多いとの事です。

たしかにイラストもドール撮影もバランス等がありますから「ふたりポーズ」は難しいものがありそうですね。

だけどミカヅキと美月(ミカヅキ2)のお二人は冬の廃駅を背景にされているせいもありますけど
とてもお美しかったのは大変印象的でした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3433-b4ad868c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |