プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10.札幌白石高校


D/大阪俗謡による幻想曲(大栗裕)

ライヴの音楽とは毎回常に同じ演奏が出来る訳ではありません。
それがこうしたコンクールの場では尚更そうした事は言えるのだと思います。
「甲子園には魔物が棲んでいる」とは昔から言われている言葉ですけど、同様に
「普門館にも魔物が棲んでいる」という事なのかもしれないです。

「あれ・・何だか気持ちが乗らない」

「あれれ・・なんだかいつもの練習とは全然違う演奏になってしまった!」

「練習の時には毎回無難に出来ていた事が、大事な本番に限って致命的なミスをやらかしてしまった」

「緊張しすぎで今一つ気持ちが乗らないで焦りの気分だけ先行してしまって、普段の練習の成果が
全く発揮されないまんま本番のステージが終わってしまった・・」

そうした事は多分ですけど、過去の全国大会でも最近の全国大会でも決して珍しい話ではありませんし、
むしろそれはごく普通の光景なのだと思います。
例えば精華女子・淀川工業・常総学院・埼玉栄等の吹奏楽の名門校が「凄いよな・・」と感じさせる点は、
もちろん演奏が凄いというのもあるのですけど、
毎年毎年そうした「凄い!」を継続している点というのか、
こうしたスクールバンドの場合、たとえ指揮者が同じでも奏者は毎年、卒業・進級という事でメンバーが異なっている訳
でもありますので、
その毎年異なるメンバーが上記のように「練習の成果が出ないまんま何となく本番が終わってしまった・・」みたいな
演奏にさせない点は本当に驚愕に値しますし、
やはりそれが「伝統」なんだなぁ・・と改めて実感させられますし、
スクールバンドの先生方には本当に心の底から敬意を表したいものです!

でも逆に言うと、「一発勝負のコンクールは何が起きるかわからないから面白い」とも言えると
思います。
毎年のように素晴らしい演奏をし続けていたあの名門チームがこの年だけはなぜか惨憺たる演奏を聴かせてくれたとか
課題曲では全然ダメだったのに、自由曲に入ると別人チームのように魅力的な音楽を聴かせてくれたとか
支部大会では知性的な演奏を聴かせてくれていたのに、なぜか全国大会では吹っ切れたように
別人チームみたいな豪快でとてつもない大音量の爆演を聴かせてくれたとか
本番では毎回借りてきたネコみたいなおとなしい演奏をしていたあのチームが、この年に限っては
なぜかとてつもなく音楽として雄弁な演奏を聴かせてくれたとか
ま――、本当に色々とありますし、
「それだから吹奏楽コンクールを聴くのはやめられない!」というのは間違いなくあると思います。

大変前振りが長くなってしまいましたが、
「毎年素晴らしい演奏を聴かせ続けてくれたチームがなぜかこの年だけは全く冴えない演奏をしてしまった」の
典型的事例がこの年の札幌白石高校ではないのかなとも思います。

札幌白石は、1986年に念願の全国大会初金賞に輝き、86年~88年の3年連続で金賞を受賞し、
特に87年の若さと躍動感が爆発した情熱的なオセロとか、
88年におけるひそやかさと活気の両面を見事に表現し、「日本人の奥ゆかしさと照れ」を見事に表現した「仮面幻想」は
本当に素晴らしい演奏だったと思います。

そうした中、「今年は4年連続金賞をなしえて、5年連続金賞に王手を掛けるのか!?」とか
「前年は大栗裕の作品で今年も大栗裕の作品だし、どう考えても今年は盤石だよね・・」というのが
普門館の会場内の聴衆が感じていた事なんじゃないのかなぁ・・と推察します。

だけど、現実はそううまくはいきませんでした!

まさに上記の通り「吹奏楽コンクールは何が起きるかわかりゃしないし、たとえ前年に金賞を取っていたとしても
支部大会で素晴らしい演奏を聴かせてくれていたとしても
それが全ていい方向で普門館で発揮される訳じゃない!」という事を証明したような演奏になってしまったと
感じたものでした。

課題曲は、無難なオーソドックスな演奏で、十分「楽しさ」も伝えていたと思います。
だけど自由曲の「大阪俗謡による幻想曲」は全然のらない演奏でした・・・
恐らく演奏している奏者達も「あれ、いつもと調子が全然違う・・」と戸惑っていて、
あっという間に本番自体が終了してしまったという感じがぬぐない演奏だったと思います。
当時客席で聴いていた私自身も「なにかずれているね・・」と感じたものでした。
上記の通り、音楽は生き物ですし、特にコンクールは、普段と全然違う事が起きてもおかしくないという事を
立証する演奏になってしまい、結果として銀賞に留まり、
「5年連続金賞達成」は、1994年までお預けになってしまいます。
良かった点は、自由曲」の打楽器のチャンチキを担当していたお兄さんがとてつもなくノリノリにチャンチキを
叩きまくり、あれは見ている方としてはとっても気持ちがよかったと思います。
そう言えば、87年のオセロのシンバルのお兄さんも、シンバルを叩いた次の瞬間に表面→裏面へシンバルを180度回転させ、
舞台の照明の関係で、シンバルがキラリと輝いて見せるあの一連の動きも素晴らしいものが
あったと思います・・・(笑)

大栗裕の「大阪俗謡による幻想曲」ですけど、この曲を自由曲に選ぶチームって
圧倒的に関西圏のチームが多いですね。
淀川工業の他には、尼崎吹奏楽団・近畿大学・大津シンフォニックバンド・天王寺川中学校・金光八尾などが
この曲を自由曲に選んでいるのですけど、やはり関西圏が多いですね。
というか・・・・
関東・東北ブロックでこの曲を自由曲にして全国大会に臨んだチームはあんまりないというかほぼ皆無じゃないのかな・・?
数少ない例外が、1989年の札幌白石高校なのですけど、
上記で既に書いた通り、全然札幌白石らしくないよそ行きのなんか不自然で、ノリが悪い演奏だったのですが、
この曲自体、もしかして「大阪の古い歌」とか「童謡」とか「ご当地ソング」をベースにされているのかもしれないですよね。
大栗先生のこの曲を演奏すると関西の方は血が騒ぐのかもしれないですけど、
私のように東北生れ・関東育ちですと、正直・・・「何それ・・・??」みたいな感覚があるのかもしれないですよね。
この曲には多分いくつかの関西の「俗謡」がフレーズとして出てきているのでしょうけど、
すいません・・私には一つも分からないです。
多分ですけど、この曲を私自身が吹いたとしてもあんまりピンとこないのかもしれないです。
逆に関西圏の方がこの曲を吹くとビタリトとはまるというか、何か「燃えるもの」があるのかもしれないですよね。
この曲、本当にリズムをつかむのが難しいと思います。
私が卒業して一年後に母校の高校の後輩達がこの曲を定期演奏会で演奏していましたけど、
とにかくノリが悪くて恐ろしいくらいリズムがギクシャクしていましたね・・・(苦笑・・)
後日この曲のクラリネットのパート譜を見たのですけど、一言で言うと、変拍子が大変面倒でやっかいという印象でした。

そうした意味では札幌白石にとっては、「ご当地ソング」ではなかったことが一つの敗因と言えるのかも
しれないですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

確かに仮面幻想は良かったですね。一方「俗謡」は外国人がやる日本民謡みたいな感じだと言っていた人がいました。実際には感覚的な評価でない部分で差がついたのでしょうが。

大阪俗謡

sankichi1689 様


ご指摘の通りだと私も思います。

あの年の札幌白石は、ちょっと「らしくない演奏」でして、
ご指摘のように「外国人が日本の能を舞っている」とか
宮廷楽器で西洋のクラシック音楽を奏でているような「違和感」があったと思いますし、
それがああした評価の大きな要因になっていたとも思いますが、
やはり一発勝負のコンクールは難しいものがあると思います。

邦人作品、実は選曲難しいですよね。。。

札幌白石は「う~ん、ちょっと…」という感じの演奏だったんですね。
「俗謡」は関西地域のチーム以外が演奏しても、技術的に上手くはあってもあの「らしさ」を表現するのは難しかったでしょう。
でも逆にいうと、伊藤康英さんの抒情的「祭り」・石井歓さんの「まりも幻想」などは北海道・東北を舞台・設定した曲でしたので、これらは逆に関西チームが演奏すると「らしさ」を表現するのは難しかったかもですね。
北海道・東北のバンドが抒情的「祭り」を演奏すると、海の荒々しさ・途中の木管楽器のハーモニーのノンビリ感がよく出ていたと思いました。
最近はこの伊藤康英さんや管理人様が先日の投稿された「メトセラⅡ」の作曲者の田中賢さんの曲でさえもあまり演奏されなくなりましたが今は亡き小山清茂さんの曲を含めて、新進気鋭の邦人作品ばかりでなく、あの方々の曲を演奏(特に中学・高校の部で)してほしいですね。

小山清茂は永遠に演奏され続けてほしいですね・・・

一秋田県民 様


全くの同感です! 私も全く同じ思いですね!

最近のあの洗練された華麗な邦人作品も確かに素晴らしいと思いますし、吹奏楽の一つの方向性であることは
間違いないのですけど
「日本人にしかわからないわびさびの感覚の曲」も受け継がれていって欲しい曲だと思います。
そうした意味においては、ご指摘の伊藤康英・小山清茂の作品はうってつけだと思いますし、
特に「吹奏楽のための木挽歌」のあのひなびた情緒の感覚は、日本人として絶対になくしてはいけないものだと
思います。
石井歓の「大いなる秋田」とか「まりも幻想」とか伊藤康英の「北海変奏曲」などもそうした曲の一つだと思います。

そうそう・・「大阪俗謡」とは逆に1981年の課題曲B/東方地方の民謡によるコラージュは、逆に西日本のチームが
演奏すると不思議とうすくちになっていたのもなんか面白いものがあると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3431-f84eb7e1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |