プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.埼玉栄高校


A/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り(R.シュトラウス)


この年、1989年の高校の部ですけど、普門館の全出場チームをプログラム一番から最後まで
全く居眠りすることなく(?)聴いた私の感想を申し上げると、
「前半の出場チームは少し低調だったのかも・・・?」みたいな印象を持ってしまいます。
前半のメトセラⅡの3チームとか関東第一・伊予・玉名女子なんかは正直「ちょっとね・・」という感じの演奏でも
あったのですけど、そうした幾分停滞感を感じていた1989年の高校の部の空気を一変させたのは、
既に掲載させて頂きましたプログラム7番の常総学院とそしてこのブログラム9番の埼玉栄高校の
まさに「関東の雄」と言うべき2チームだったと思います。
(この年の関東代表4チームは市立川口以外は高校の部でも突出していた名演の連続だと思います!)

埼玉栄高校って、1985年の全国大会で突然何の前触れもなくいきなり全国大会に初出場を果たし、
あっという間に吹奏楽の名門校&常連校な躍り出たような印象が大変強いです。
これ、私の記憶で語っているもので間違っているかもしれないのですけど、
1985年の前年の1984年の埼玉県大会では、埼玉栄高校は大滝先生の指揮ではありますが、
課題曲B/土俗的舞曲と自由曲/狂詩曲「タラス・ブーリバ」~Ⅲでもってコンクールに臨んでいますが、
県代表に選出されず県大会で散っていたと記憶しています。
ちなみに埼玉栄高校は、1983年以前は吹奏楽コンクール自体に出場をしていません。
つまり全く何の実績も無かった学校がいきなり全国大会の常連校になり、毎年ああやって私たちに
素晴らしい演奏を聴かせ続けている訳ですから、
やはり大滝先生の功労は素晴らしいものがあると思います。
そうそう・・「響け! ユーフォニアム」の最終回の一つ前の回においての出番待ちシーンで
「あ!栄高校です!関東の雄 指揮者は小滝先生」とかサファイアちゃんが言うシーンがありましたけど、
あれは埼玉栄高校の大滝先生をモデルにしたと思われますね・・・(笑)
ちなみに現在は大滝先生は勇退されて、現在の埼玉栄高校は奥先生が指導されています。

埼玉栄高校は、埼玉という地名が付いているものの学校自体は浦和とか大宮にある訳では無くて、
国道16号線沿いの、橋を越せばもう川越!みたいなエリアに校舎があり、
最寄駅は確か川越線の西大宮駅だったかな・・?
あの辺りは本当に遊ぶところも何もないエリアですので、スポーツ・吹奏楽等に打ち込みたいのなら
うってつけの学校なのかもしれないですね・・・(笑)

埼玉栄の初出場の85年の「ディオニソスの祭り」はちょっと緊張したのかあまり個性は感じさせない演奏でしたけど、
翌年、86年の「ダフニスとクロエ」第二組曲でいきなり覚醒してしまい、当時の普門館の聴衆の度胆を
抜いていたと思います。
というか、ハープ・チェレスタ無しでダフクロのⅠの夜明けのあんな細かい動きを木管だけでやり遂げてしまう
あの繊細な表現力には脱帽しか無いとすら感じさせてくれる演奏だと思います。
1987年もちょっと危なかったけどスレスレで全国大会金賞に入り、「いよいよ脂がのってきた!」と感じさせてくれた中、
1988年は、自由曲にストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」という大変な難曲で臨んだものの、
結果は、まさかの関東大会ダメ金で終わってしまい、埼玉栄の全国大会連続出場は一旦ここで途切れてしまいます。
だからそのせいもあるのかとは思いますが、この年、1989年は大滝先生としても
相当の覚悟と気合で臨んだと思われます。
その演奏は、まさに気迫と自信が漲る素晴らしいものだったと思います。

あの演奏は、もしも1960年代の頃のように表彰制度が順位制だったと仮定したら、
第一位=優勝の座を掛けて、この埼玉栄と常総学院が熾烈な争いをしていたような感じすらあったと思います。
この年の高校の部は、結果的に金賞が10チームも出る大盤振る舞いになってしまいましたけど、
金賞受賞チームの札幌白石・習志野・埼玉栄・常総学院・高岡商業・富山商業・浜松所業・淀川工業・
兵庫・福岡工大付属の中でも特に光り輝く金賞だったと思います。

課題曲A/風と炎の踊りは、冒頭のひそやかさが素晴らしかったですね! 当たり前の話かもしれないですけど、
音色が美しいチームは表現力にも自然と幅が出てくるような感じなのだと思います。
後半の踊りの部分に入っても荒れる事もなく、むしろゆったりとした高まりみたいなものも自然と醸し出されて
いたと思います。
自由曲の「サロメ」も、課題曲同様に演奏に余裕があり、ゆとりをもって「色気」を出すという
すごい事をさらっとやってのけていたと思います。
感覚としては「妖艶さ」は今一つだったようにも思えますが、逆に上品で洗練されたサロメという印象が強いです。
だけど同時に、上品なんだけど音楽のスピード感というのか推進力が備わっているみたいな側面もしっかりと
聴かせてくれていて、音の美しさと音楽としての切れ味が実に素敵にマッチしていたと思います。
常総学院との単純な比較論で言うと、常総がサウンド重視とすると
埼玉栄は、演奏のスピード感を重視するという感じもしました。
全体としては、「王者の貫録」という感じが漲る演奏だったと思います。

私の記憶違いかもしれませんが、演奏終了後に指揮者の大滝先生が退出する途中で、
会場に向けて小さくガッツポーズをしていたような記憶があります。
大滝先生としても全てを出し尽くせた充実感があったと思いますし、前年の雪辱を果たせた満足感があるのではないのかな・・と
感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3429-60023d27
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |