プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.常総学院


B/スペイン狂詩曲~Ⅱ.マラゲーニャ Ⅳ.祭り (M.ラヴェル)


私の勝手な意見なのかもしれないですけど、日本の吹奏楽コンクールは、1989年の常総学院の登場で
劇的に何か「変化」がもたらされたような印象が大変強いです。
私より少し年代が上の皆様ですと、
「吹奏楽コンクール・高校の部において、今後の限りない飛躍を示唆する演奏は1977年の銚子商業である」
みたいな意見を言われている方が多いような気もするのですけど、
そうですね・・確かに間違ってはいないのですけど、
真の意味で高校の部全体の方向性になにか「変化」を与えた演奏というと、私としてはやはりこの年の常総学院を
強く推したいと思います。
常総学院の初出場以前と以降では、サウンドの作り方・響かせ方・表現方法等に多少の変化をもたらすきっかけと
なったのが、この年の常総学院ではないのかな・・?と思っています。
それ程後世に影響を及ぼした演奏の一つなのだと思います。
確かに習志野高校など常総学院のあのサウンド近いものは過去に幾つかはあるのですけど、
あそこまでサウンド自体がフランス音楽に近いというか、音のエスプリをここまで追求した演奏は、
ありそうでなかったような気もします。
まさに吹奏楽の表現としては限界近くまで到達している洗練の極みと言える演奏でしたし、
繊細さ・洗練さが極限にまで達している圧倒的名演があの年の常総学院なのだと思います。
しかも驚くべきことに、常総学院は、この年が全国大会初出場なのです!
埼玉栄ですら全国大会初出場は、なんかポケッ・・とした冴えない演奏をしていたというのに、常総学院は
朝早い演奏時間帯で初出場で、ああいう稀有な名演を後世の私たちに残してくれていましたので、
やはりあの演奏は「伝説の名演」に相応しい演奏と言えますよね!

この演奏を聴いて感じた事は、
「へー、日本の吹奏楽コンクールも随分進化したものだ・・・もしかしてこの日の演奏は、今後の
日本の吹奏楽コンクールの変化を示唆するものかもしれない」という事でしたが、
自分で言うのも何ですが、この時感じた事は後で振り返ってみると当たっていたような気もします。
常総学院は、この年以降も、サロメ・アルプス交響曲など名演を続出させますが、
音自体にあそこまで色気を出せること自体、驚異的なのだと思います。
この年の自由曲「スペイン狂詩曲」も、曲自体のけだるさと情熱を音色の変化をうまく使いながら
巧みに表現していたと思います。
この年は計10団体に金賞が出る結構審査が甘い年だったと思いますが、常総学院は
「グランプリ」に相応しい圧倒的な金賞の演奏を聴かせてくれていたと思いますし、
大変申し訳ないのですけど、他の9の金賞受賞チームとは、少し格が違う・・みたいな印象すら感じさせてくれていました!
課題曲B/WISHも冒頭から「ひそやかさ」が伝わり素敵でしたけど、展開部の流れが大変スムーズでしたし、
とにかくサウンドが美しい事に感嘆させられまくりで、
私の印象としては、「課題曲の前半が終わった段階で既に金賞確定」みたいなオーラすら漂わせていたと思います。
自由曲の「スペイン狂詩曲」のⅡ・マラゲーニャのあのけだるい雰囲気を管楽器だけで表現出来る事は
まさに驚異的だと思いますし、あの原曲をよく知る私でも、全然違和感を感じさせないものだったと思います。
Ⅱはテンポ的にも音色的にもめまぐるしく微妙な変化が続いていく難曲ですけど、
その「微妙な変化」が大変アンニュイに表現されていて素晴らしかったです。
Ⅳの祭りもⅡのけだるさに加えて「華やかさ」と「切れとスピード感」も遺憾なく発揮されていて
全く文句の付けようがない演奏だったと思います。
特に中間部のコールアングレのけだるいソロの雰囲気を十分にキープした上で、ラストの華麗なる追込みに向けて
スピード感と音のキレを保ったままエンディングに向けて突進していたのはまさに圧巻でした!

なんとなくなのですけど、埼玉県の与野・伊奈学園・春日部共栄などの「洗練された演奏」に
少なからず影響を与えていたのは、常総学院ではないのかな・・とも
感じたりもしますね。

最後に余談ですけど、この「スペイン狂詩曲」は、既に1970年代後半に出雲第一中学校や山王中学校等が
演奏していたのですけど、
1980年代前半~中盤までは一時的に全く演奏されなくなった時期があるのですけど、
これは、市川交響吹奏楽団が1981年にこのスペイン狂詩曲を自由曲に選び
無事に千葉県大会を通過しながらも、吹奏楽連盟から
「スペイン狂詩曲の編曲には著作権法上の問題があるから演奏は出来ない、関東大会では自由曲を変更するか
辞退してください」と言われて自由曲を「寄港地」に変更していた経緯が大きかったと言えるのかもしれないですね。

不思議な事に常総学院の演奏はちゃんと当時の「日本の吹奏楽」のCDにも収録されているのに
なぜか1993年に限っては「スペイン狂詩曲」を自由曲にした習志野とか袋原中学校が
「収録不可」としてCD化されていなかったのはなんかヘンな感じもしたものでした。
しかも翌年の94年は普通にこの曲はCDに収録されていましたから尚更そうした奇妙さは感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ずいぶん経過してからのコメントで失礼します。
この常総の出現?はたしかに脅威でした。
私はこの演奏をブラスの響きで聞くのですが、録音していたカセットテープを擦り切れるほど聴き、どんな編成で演奏するとこんなサウンドが出せるのか不思議に思った記憶があります。

あと収録不可談義だと、ロシアものはよくあって1986年の御影高校の火の鳥が収録されませんでした。ここのカスチョイは楊氏の独断場で暴れまくりの興奮演奏だったので、残念で仕方ありません。

常総学院

まったく 様


常総学院の全国初出場のあの演奏はまさに衝撃的な普門館デビューだったと思います!

たまたま使用していた楽器が管楽器のみであった・・という感覚のフランス音楽の繊細さをあそこまで優雅に
表現されていた事に当時は驚いたものでした!

揚先生の御影の「火の鳥」は、「王女たちのロンド」が少し不安定のように感じましたけど、
魔王カスチェイでそれまでの鬱憤を晴らすかのようなロシア的野蛮さで、若さを炸裂させていたのは
大変印象的でした。
終曲を全国大会でカットしたのは御影が最初なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3428-68364164
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |