プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プログラム4番の玉名女子の際に
「この年はプログラムの前半だけでメトセラⅡが3チームも被ってしまったけど、いずれも
私にとってはあまり魅力的ではなかった演奏」と記させて頂きました通り、
プログラム6番と8番にまたまたこの「メトセラⅡ」が自由曲として登場し、大変申し訳ないのですけど
私としてはあまりいい演奏には聴こえなかったものですので、この2チームは下記に一つにまとめさせて頂きたいと
思います。
そして後半に改めて田中賢の「メトセラⅡ」について簡単に触れさせて頂きたいと思います。


6.東海大学第一高校


B/メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために(田中賢)


東海大学第一高校は、80年の全国大会初出場を経て、85年に初金賞、
そして86年には最早伝説と化しているラムの「イーゴルファンタジー」を
榊原先生節が「どだっ! まいったかぁーー!!」と言わんばかりに炸裂した大変個性的でエキサィティングした演奏を
聴かせてくれ、
「東海大学第一は全国に出場すれば何かをやってくれる!」みたいな期待感を感じさせる学校に成長していたと
思います。
だけどその歩みも決して順調なものではなくて、
88年の「神人協力説の寓話」は曲自体の魅力の乏しさもありましたけど、東海第一とは到底思えない
音自体の貧弱さ+音程不良という最低の演奏を聴かせてくれ、私を大いにガッカリさせてくれ、
90年~91年は、榊原先生らしくない(?)クラシック音楽のアレンジものを選曲され、
その「固い音楽表現」に違和感を感じたものです。
東海大学第一高校が真の意味で覚醒したのは、1992年以降の演奏からであり、それが花開いたのは1997年以降なのだと
思います。
そうした意味では1988年~91年は低迷期というのか、試行錯誤の時代だったと言えるのかもしれないです。
(榊原先生=東海大学翔洋のサウンドが確立し、「さあ! これから!!」という時にああした事件を先生自身が
起こしてしまった事は自業自得としか言いようがないのですけど、吹奏楽界にとっても
損失とも言えるのかもはれないですね・・)

そうした迷っている時代の1989年の自由曲がメトセラⅡでしたけど、
課題曲B/WISH共々言える事は、
「とにかく音楽が理屈っぽく聴こえて全然楽しくない!」という印象でした。
83年のシンフォニアフェスティーヴァとか86年のイーゴルファンタジーみたいな「思いっきりの良さ」が影を潜め、
「音楽を知的に知的に表現しよう・」とする意識がヘンに強すぎる印象もあり、
結果的に大変理屈っぽい演奏になってしまい、
もう少し「感覚的なもの」が欲しかったようにも思えます。
技術的にも前年の「サウンドのひ弱さ」が完全に解消されておらず、音量は大きいけど音の芯まで鳴りきっていない
という印象も感じました。
それとメトセラⅡの例の打楽器ソロが展開された後のグレゴリア聖歌あたりでなぜか唐突に
録音された「鳥の声」が流れていましたけど、
あの意図は全く不明ですし、あれは完全に作戦ミスだったと思います。
ラストの打楽器で「和太鼓」を叩かせたアィディアは榊原先生らしいとは感じました。

私の評価は銅賞でしたけど、結果は銀賞に入賞・・・


8.浜松商業

A/メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために(田中賢)


1989年の浜松商業のメトセラⅡに関しては、
「全然未消化・・・音楽として成り立っていない」
「結果として勢いだけで音楽を推進した感じ」
「打楽器セクションの粒が揃っていないし、打楽器と管楽器のバランスに配慮が欠けている部分があり過ぎ・・」
「結局何を言いたいのかよくわからない・・音楽が混然としすぎている・・」
みたいな印象で、とにかく音楽が雑然とし過ぎているという印象でした。

だけど・・・・

1989年のこの不本意な演奏の「経験」を十分活用し、更に磨きと進化を魅せてくれたのが1991年の演奏だったと
思います!
89年の演奏で物足りなかった「整然さ」と「スピード感」と「緻密さ」に精度を加え、
更に・・「勢い」が加味された素晴らしい演奏だったと思います。
そしてとにかく打楽器セクションの粒が揃っていても神がかり的な統一感が客席にも十分すぎるほど
伝わっていたと思います。
一応は「再演」と言えるのですけど、なんでわずか2年足らずであんなに「進化」出来ちゃうのでしょうね・・・!?

あれは本当に生で聴いていてゾクゾクとさせられたものですし、高校生の「進化」と遠山先生の指導力には
本当に頭が下がる思いでした!


ここから先は「メトセラⅡ」に関する補足です。

「メトセラ」とは、旧約聖書の中に出てくるユダヤの族長の名前で、969歳まで生きたという言い伝えが
あるとのことですけど、このメトセラと曲自体の内容にどうした関連性があるのかどうかは
正直よく分かりません。
但し一つ言える事は、このメトセラⅡには、間違いなく「躍動感」・「ひたすら生きよう!!とする強い生命感」・
「原始主義音楽と言うかストラヴィンスキー・バルトークの路線のようなバーバリズム」みたいなものは私の中で強く感じます。
「混沌とした時代でも、強い意志と生命力を持って生き抜こう!!」みたいな強烈なパワーは
曲の中の至る所から感じさせてくれます。

作曲者の田中賢氏の言葉を引用すると・・・・

「相反する2つの要素」を持つ曲をイメージした。
それらがひとつの曲の中で対立する…
たとえば「打楽器群」(日本の祭りに代表される和楽器の響き)VS「管楽器群」(西洋の音楽)であり、
「前半部」(現代語法による無調音楽)VS「後半部」(グレゴリオ聖歌をもとにした調性音楽)であり、
「理知的」VS「激情的」である。

とのことですけど、
確かに言われてみるとその通りのイメージの曲ですね。
前半の「混沌」とした感じは、いかにも現代音楽というか23音主義の無調音楽にも通ずるものがありますし、
タムタムの表面をスーパーボールでこすり付け、ウワーーンという奇妙な反響音の後に続いて
展開されるオーボエの優しいソロは、確かにグレゴリオ聖歌の引用ですからね・・・
だけどこの曲の白眉は何と言っても
中間部の7人の打楽器奏者のみによる華麗なる打楽器(というか太鼓の世界)の掛け合いだと思います!
大宮ソニックでの1988年の全国大会のヤマハ浜松の初演を聴いた時は、本当に驚いたものでした!
吹奏楽コンクールであんな長大な打楽器のみのアンサンブルは初めて耳にするものでしたし、
pp~fffの太鼓連打は、とにかく強烈ですさまじいインパクトがありました!!
曲の後半からラストは、グレゴリオ聖歌に乗っかった管楽器(=西洋楽器)がメロディーラインを形成する
そのバックでは、打楽器群が、まるで日本のお祭り太鼓のような演奏を続けているのも大変印象的です。
「和」と「洋」が、あるいは「聖」と「俗」が合体したかのような印象を聴衆に否が応でも感じさせるものがありますし、
上記で東海大学第一が曲のラスト近くで和太鼓を使用していた演出は、そう言う意味では
大変理に適っていたものなのかもしれないですね。
そして、西洋の聖歌が、いつしか日本民謡のように響き始めるのですけど、
そこに輝いているのは、まさにすべての制約から解き放たれた「永遠の生命」=969歳のメトセラなのかな・・・
という感じもあります。

この曲では7人の打楽器奏者を要するのですけど、この7人で計28種類の打楽器を扱っています。
打楽器奏者はやっぱり大変ですよね!

その内訳は・・・・

1st  サスペンドシンバル、ボンゴ、ティンパニ
2nd  ザイロフォン、ボンゴ、トムトム(3)
3rd  ヴィブラフォン、ウッドブロック、コンガ、カウベル、ゴング
4th  マリンバ、テンプルブロック(5音)、バスドラム、シンバル
5th  グロッケンシュピール、木鉦(浄土宗で使われる仏具)、コンガ
6th  タイ・ゴング(東南アジアに流布する音程のあるヘソ付きドラ)、 ボンゴ、トムトム(2)、マラカス
7th  チューブラーベルズ(チャイム)、テンプルブロック(4音)、カウベル、コンガ、バスドラム、トムトム(1)

となっています。

最後になぜ曲のタイトルが「メトセラⅡ」となっているかというと
そもそもこの曲は、ヤマハ浜松の第23回定期演奏会の為に委嘱された作品であり、
それが元々は「メトセラⅠ」と呼ばれるものです。
だけどメトセラⅠは12分程度の曲であり、
これをコンクール用にカット・再構成した曲が「メトセラⅡ」なのです。

1991年12月にサントリーホールで「吹楽」という邦人吹奏楽作品のみを取り上げたコンサートで
ヤマハ浜松が、この「メトセラⅠ」を演奏していましたけど、
本当にあの演奏は音楽に感動があり素晴らしかったです! 大宮ソニックでの全国大会以上の感動がそこにはありました!
メトセラⅠとⅡの最大の違いは、
中間部の打楽器セクションに掛ける時間もありますし、その打楽器の掛け合いが終わった後の
管楽器によるゆったりとした展開部分がある点なのだと思います。

私はメトセラⅠの方が作曲者の意図はより明確に伝わるようにも思えます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

東海大一高についてはサウンドの魅力が少ないバンドと認識してしまっていて、ただ個人的には85年のタブロウの演奏が印象に残っています。
メトセラはどこがやっても似た演奏になるなか、本家のヤマハ浜松だけは別格の仕上がりを見せますよね、田中賢くくりだと86年の南の空のトーテムポールがメトセラや紅炎の鳥よりも大好きです。

田中賢


まったく 様


東海大学第一は、個人的には全国初出場の「二つの交響的断章」のあの切れ味鋭い個性的なサウンドが
大変印象的ですし、あの攻めの積極的表現は素晴らしかったです!!
90年代後半以降の洗練さと内省的な表現スタイルも悪くはないと思います。

メトセラは、ノーカットヴァージョンのヤマハ浜松のⅠの演奏は私も大好きです!
「南の空のトーテムホール」も素晴らしい曲だと思いますが、Ⅱ・リラとの違いは「ハーブの有無」だけというのも
なんかさびしい気もしますね・・(笑)
地味だけど「華」も結構好きな曲です・・

南の空の~ってハープだけなんですか??ガックリ。
Ⅱはちゃんと聞いていないんですよね・・・

「華」・・・90年の関東第一でしたかね、染みる曲ですね。
ただ関東第一ってどうしても87年のトラック事件の印象で
「不幸な学校」と思っちゃってます。
3金のころはすごかったですけどね。

関東第一の悲劇・・

まつたく 様


関東第一の例の閉じ込め事件ですけど、当ブログの関係者からの過去のコメントを転記しますと・・

「メンバーの一人がトラックに閉じこめられた、ではなく、
ほとんどの楽器を積んで、メンバーの一人が付き添った
トラックが、普門館ではなく違う会場に行ってしまって、
本番に間に合わなかったんだそうです。
付き添ったメンバーは荷台の中にいたため、
どこに向かっているのか確かめられず・・・
だから付き添ったメンバー(それが多分チューバ)がおらず、
楽器も他の団体から急遽借り受けて演奏しているとのことです。
メンバーにとってはあまりにも可哀想な話なんです」

どちらにしても普門館の本番ステージでは、チューバは一人でも大健闘していたと思いますし、
少なくとも都大会の演奏よりは、進歩していた演奏だったと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3426-a5f6009e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |