プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


八坂神奈子は、幻想郷内での種族は妖怪ではありません!
実は諏訪子と同様に列記とした「神様」なのです!
:幻想郷における神様は、秦こころ・多々良小傘みたいな付喪神みたいなモノに憑りつく存在もいたりもするのですけど、
あれはどちらかと言うと神様ではなくて妖怪そのものという立ち位置なのかもしれないですね。
鍵山雛も「厄神」という事で広義的には神様みたいな御方なのかもしれないですけど、
やはり妖怪という立ち位置の方が相応しいのかもしれません。
よく誤解されることは、天子ちゃんは神様であると言われる方もたまにいたりもするのですけど、
天子はあくまで天界に住む御方という事で、決して神様ではありません。
それにあのわがままし放題のあの周囲の迷惑など顧みないあのお気楽さはどうみても「神様」ではないですよね・・(苦笑・・)
早苗さんは一応「現人神」という生きながらにしての神様みたいなものなのですけど、
早苗さんはつい最近まで外界の女子高生という事情もあるのですけど、どうみても「普通の女の子」という印象ですよね!

そうした意味では、幻想郷における列記とした神様というのは、「いかにも神様らしい風格がある」という意味においては、
まさに八坂神奈子が一番しっくりくると思います。

そしてこの神奈子と諏訪子という守矢神社の二社の神様というのは、実は幻想郷に土着の神様ではありません!
実は最近まで、外界の諏訪湖周辺の神社に祀られていた神様なのですけど、
とある切迫した事情により幻想郷に移住をせざるを得ない神様でもありました。
「神様」と言うのは、実は、人でも妖怪でもなんでもいいから誰かから「信仰」を得られないと
自分たちの存在自体が危うくなるというか消滅の危機にあるという事なのです。
東方三月精において、紫様が霊夢に対して「せっかく祀った神様も、信仰が失われると神様と言えども
消えてなくなってしまう」と警告した言葉は、まさに神奈子と諏訪子の神々だって
決して例外ではないのです!!
だからこそ神奈子と諏訪子は大変な危機意識があったのです。
それゆえに湖や建物ごとそっくり幻想郷に移動をせざるを得なかったのです。それが「東方風神録」のバックボーンに
なった背景なのです。

そうした神様として大変な決断を主導したのが八坂神奈子という事なのだと思います。

当ブログにおいて、何回かに渡ってこの「八坂神奈子語り」を「霊夢語り」と並行してさせて頂きますので、
今回はその「前夜祭」みたいな感じでこの八坂神奈子の大変堂々とした圧倒的存在感のグリフォンフィギュアを
取り上げさせて頂きたいと思います。



縺九↑縺点convert_20170123205256



この神奈子のフィギュアですけど、
「山坂と湖の権化」の呼び名に相応しいとにかく威厳の感じられる素晴らしい圧巻の仕上がりですね!!

東方の高身長フィギュアと言うと、お空とか小野塚小町が大変印象的でしたけど、
この神奈子も相当身長が高く、かなりの「尊厳」がこの三次元からも伝わってきますよね!!
とにかくまさに「圧巻のボリューム」だと思います!!
そのボリュームを生み出すのは、背面の注連縄なのですけど、茅の輪のように円形を描くそれは、神奈子の
帯留めの役割も果たしているようです。
袖口を締める藁紐には、鈴が配置されており、神奈子が動くたびに
シャランと涼やかな音を響かせることが想像できますけど、こういう細かい事もフィギュアでもきちんと細かく
表現出来ている事は「すごい芸が細かいな・・」と改めて実感させられます。

本当にまさに偉大なる母神という雰囲気ですね!!

早苗さんの幻想郷内での親代りにまさに相応しい御方だと思います!!

この神奈子フィギュアの商品概要は下記の通りです。

素材形態 : PVC製塗装済完成品
価格 : ¥ 8,400 (税込¥ 8,820)
サイズ : 約24.5cm  1/8スール
発売  :  2011年6月発売
原型製作 : あきやまあきお

一言で感想を述べると「神々しい! 神々しすぎるッ!! 神奈子様、素敵すぎる!!」という事に尽きると思いますね!



縺九↑縺・_convert_20170123205321



いや―ー、何度見てもこの圧倒的存在感には感嘆するばかりです!

その注連縄もそうなのですけど、前述の通り、袖口を締める藁紐の鈴の配置によって、神奈子が動くたび
シャランと涼やかな音を響かせているというその芸の細かさも
その大胆極まりない全体のボリューム感と合わせて、剛と柔がきちんと両立されている事が提示されていて
素晴らしいと思います。
東方フィギュアでここまで圧倒的な存在感を示しているキャラも珍しいのかも・・?
他には、お空とゆかりんとキューズQのスカーレット姉妹ぐらいなのかも・・??

ちなみにですけど、袖口を締める藁紐の鈴は、諏訪の大祝の神器である八栄鈴を表現したものではないかとは
よく指摘されているようですね。
この神奈子の制作者は、もしかしたらこのフィギュア制作にあたっては、元ネタの「諏訪大社」の事も色々と
調べ上げた上でこの素晴らしい神奈子フィギュアを制作されたのかもしれないですね。
どちらにしても制作者の気合を十分に感じさせていると思います。



縺九↑縺・_convert_20170123205444



神奈子のボリュームを生み出すのは、背面の注連縄が大きいのだと思います!
茅の輪のように円形を描く注連縄は、神奈子の帯留めの役割も果たしているのですけど、それ以上に
あの注連縄があまりにも巨大すぎで嫌でも目立ってしまうという感じですね!
横から見てもその重量感は遺憾なく伝わってきますよね!
見るからに重そうなあの注連縄を軽々と背負っているようにも感じられる神奈子はやっぱり東方でも
屈指の存在感がありますよね!



縺九↑縺・_convert_20170123205415



神奈子の背面ですけど、改めてこの注連縄の出来映えは素晴らしいと思います。
見ている人に「なにこれ・・!?」みたいな威圧感と不思議感は間違いなく伝わっていると思います。
どうみてもこれが単なるフィギュアには思えないような仕上がりぶりなのですけど、
そう感じさせるのは、やはり神奈子の「神様としての威厳」なのかもしれないですね!



縺九↑縺・_convert_20170123205350



縺九↑縺・_convert_20170123205514



八坂神奈子は東方でも「東方五大老」と揶揄されるほど、比較的ご長寿の御方なんですけど、
とてもとても・・御年数千歳とは思えないほどの「美しさ」が備わっていると思います。
東方キャラは、霊夢・アリス・妖夢・咲夜・こいしちゃん・フランちゃん等に代表される通りその「素敵な美少女」振りが
際立っている世界なのですけど、
そうした中でも、この神奈子とかゆかりんとか永琳様なと゜のように「素敵な大人としてのレディー」が
一定の役割を有して、時にそうした少女たちを導いている事はとっても素敵な事だと思います!

それにしても神奈子の美しく整った御尊顔は素晴らしいですね!
まさに「美しい女神様」そのものだと思いますし、そして神奈子は美しいだけではなくて「強さ」も備わっているのは
特筆に値すると思います!
ゆるやかなウェーブの内巻きの髪型も美しいですね!

頭環のような形状で髪を飾る編み藁の紐は、全面に配置された紅葉がワンポイントとして効いていると思いますし、
とても鮮やかな印象があります。

それにしても圧倒的な存在感を示しながらも、
神奈子の胸の大きさに由来するあの服のふくらみの曲線感とか柔らかい雰囲気は、まさに素敵な
女性そのものだと思いますし、
まさに早苗さんの「幻想郷の母親代わり」に相応しい母性の神様に相応しいと感じられます!

ちなみにですけど、胸元にキラリと輝くのは神鏡です。
これもまた諏訪大社の神器である「真澄の鏡」をモデルにしていると思われる造型が素晴らしいですし、
その気配り振りというのか芸の細かさには脱帽するばかりです!

こういう姿を見ると改めてですが、「神奈子は山の神」だという事を改めて実感させられますね!




縺輔s譌ゥ闍誉convert_20170123205549



最後に余興として、神奈子と早苗さんのツーショット!

早苗さんも一応は現人神という神様でもあるのですけど、早苗さんは二つ名の「山の新人神様」という通り
そのフレッシュさが光っていると思います。
そしてそうした早苗さんを、まるでわが子の成長をそっと温かく見守る母親のような存在でもある神奈子の存在意義は
改めて大きいものですね!

なんとなくですけど、このお二方の神様たちは、やはり「親子」のようにも感じたりもしますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

信仰の対象とされなくなると、確かに消滅の危機ですよね。
神様って全能っぽいイメージがあるのですが、何の能力も持たない人間に依って立っているというのが、なんだかおもしろくもあります。
神奈子のフィギュアは、仰る通り、すごく迫力ですね^^
背景の縄の存在感がすごいです。
しかしそれにもまして、神奈子の存在感がすごい気がします。

しかし、早苗さんの「外界の女子高生」ってポジションはなかなかおもしろいですね^^

神奈子様

割と好きなキャラなんですが何故か共感者が少ないんですよねぇ^^;

これは女性的な魅力と勇ましさの出た美しい神奈子様ですね。
凛々しい表情とか後ろの注連縄の迫力もあって、いかにも神様という雰囲気も薄れてないのもすごいです。早苗さんと並ぶと本当にどこか親子感が漂ってくるあたり作り手さんサイドの上手さを感じます。

早苗さん・・(笑)

八咫烏(冬眠中) 様


ありがとうございます! ご指摘の通り神奈子の圧倒的存在感をフィギュアという三次元でも見事に
表現出来ていると思いますし、後ろの注連縄の存在感はもはや「威圧感」すら漂わせていると思います。
だけどそんなありがたい(?)神様ですら、霊夢は「やっつけろー!」と言わんばかりに退治してしまうのですから、
やはりやんちゃな巫女さんとも言えますよね・・(笑)

早苗さんは幻想郷移住前は女子高生という設定なのですけど、
面白い事に早苗さんは実は理系という設定はなんか意外な感じもありますね・・(笑)
ちなみに早苗さんは歴史が少し苦手との事で神奈子から「もっと歴史を学んで」と言われると
小学校の教科書を持ち出してくる辺りは
早苗さんの素敵な「ずれた感覚」を提示していて面白いものがあると思います。

神奈子様!!

四浪人(しなもんゃ)様


えーー、!? 私も神奈子様は大好きですよ!

確かにはた迷惑な神様(?)でもあるのですけど、神奈子と諏訪子がいなければ、
さとり・こいし・白蓮・ムラサ・神子・布都といったニューヒロインは出没していませんので、
やはりあの存在感は偉大ですよね!!

とてつもない存在感!

schwert 様


神奈子はご指摘の通り、男性的な強さと女性的な慈愛と美しさの両方を兼ね揃えた素敵な神様だと私も思います。

このフィギュアは特に後ろの注連縄の造りはまさに「神様!」に相応しい神々しさが光っていると思いますね。

アリスは早苗さんの事を評して「霊夢とは大違い、やはり巫女は神様とワンセットよね」と言っていましたけど、
確かに早苗さんと神奈子は、パートナーでもあり親子的関係でもありますし、
何よりも早苗さんの幻想郷における素晴らしき保護者みたいな役割も担っていると
思えますね!

こんばんは。

「信仰」を失った神社は朽ちていくだけですものね。
集団離農後の土地や廃集落にある神社(と思われる)の跡地を見ると、「東方」のことはあまり分かりませんが神奈子様の御心も分かるような気がします。
そう考えると、年1度でも地域のお祭りを開いてくれる神社はまだ恵まれているのかもしれませんね。
1/365日でも神社のことを想ってくれるのですから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

神様は祀られてこその存在ですよね・・

冬音 様


これはご指摘の通りだと思います。
神様というものは人間たちから祀られなくなったり、願いを掛けられなくなったり畏敬の感情を持たれなくなり
忘れられた時から神々は消滅していくのかもしれないですね。
そうした意味では地域のお祭りとか行事というものは相応の意味があると言えるのだと感じます。

同時に死者達も同じことが言えるのかもしれないですね。

生きている人間から「思い出してあげる事、生前のその人との記憶を蘇らす事」自体が
もしかしたら先祖供養と言えるのかもしれないですし、
神社にとってもたとえ年に1~2回程度でも参拝し神様の存在を思い出す事自体が一つの「信仰」と
言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3424-85b2cee2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |