プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5.下松高校


B/プラハのための音楽1968 (K.フーサ)



この下松高校ですけど、最近の現役世代の皆様ですと「え・・、下松高校・・?? なにその学校?・・・聞いた事がない・・」
みたいな感じなのかもしれませんけど、
1980年代後半~90年代前半に連続して全国大会に出場していた中国支部の常連校の一つでした。
最近は、この学校の名前を耳にする事は全く無いのですけど、
いつの日にか「かつての名門復活」が果たせるといいですね・・・

この学校を初めて耳にしたのは、1985年の普門館で、下松高校が全国初出場を果たした年でした。
その時の率直な私の印象なのですけど、そうですね・・・
「サウンドが貧弱・ひ弱な音楽作り・個性も特に感じない極めて印象がうすい演奏・アピールポイントが脆弱」
そうした感想でした。
自由曲が「幻想交響曲~終楽章」という極めて劇的要素を持ち演奏効果が高い曲のはずなのですけど、
それでも音楽の骨格が極めて貧弱という印象で
正直、初出場の際はマイナスみたいな印象しか持っていなかったです。
だけど二回目の出場の際は、結果として銅賞という評価なのですけど、私個人の感想としては
「とてつもない飛躍! 技術は一旦置いておいても、その豊かな感性とその表現力は素晴らしいし、
特に最後の音の伸ばしで閉じられる部分のサウンドは、カラヤン指揮/ベルリンフィルが演奏したこの曲に
勝るとも劣らない素晴らしいものがある!」
みたいにとにかく素晴らしい演奏だったと思います。
確かに、細かい木管の動きとか金管の破裂音とか
ハープをマリンバ+ヴィヴラフォーンで代用した為、その部分がなんとなく違和感を感じてしまうなどの難点も
あるのですけど、それを上回るスケールの大きさと劇的な表現力には本当に感心させられたものでした。
そして下松高校から聴こえてくるサウンドは極めて「温かい」というか人間的な香りが漂います。
下松の指揮者の中井先生の経歴とかは正直全然わからないのですけど、
そこから聴こえてくる音楽は・・・
いかにも普通の県立高校の先生と生徒が一生懸命「手作りの音楽」をして、その努力の結果として普門館に
たどり着いたみたいな雰囲気が漂いましたし、
その音楽も「厳しい中にも温かさが滲みでているような優しい音楽」みたいな香りが漂っていたと思います。
そうですね・・・・
私は1986年のこのチームのこの音楽を生で聴いて、
「このチームは将来絶対大化けする!!」と確信し、自分の吹奏楽仲間に対してもそうした「予言」(?)みたいな事は
色々と言っていたと思います。
そして結果的に私のこの予言(?)というのか予感は、1991年に見事に的中となる結果になりましたけど、
あくまで私個人の感想としては、下松高校というと86年の演奏と87年のアルメニアンダンスパートⅠと
89年の演奏の方が私の好みです!

さてさて、1989年の演奏ですけど、課題曲B「WISH」は全部門を通じて、この下松高校が演奏したものが
個人的には一番好きな演奏です。
何でしょうかね、少し不思議な感覚なのですけど、
ものすごーーく可愛い女の子が目の前にいて、思わず頬ずりして抱きしめたくなる
そんな感覚の演奏なのです。
一言で言うと、音色に切れがあるのに、それでいてチャーミングな演奏・・
まさに奇跡的な演奏だと思います。
感覚としては、中学の部門の志村第一中学も、こうした傾向の演奏をしていました。
課題曲Bは、強気の攻めの演奏は、土気中学校に尽きると思うのですが、下松高校のWISHは
守りの演奏なのだけど、何か「温かく見守っていきたい・・・」と感じさせる演奏なのです。
そうですね・・・「可憐な演奏」という言い方がなんかしっくりきそうな感じです。
冒頭のあのひそやかな雰囲気をあここまで温かい目線で表現出来た演奏って多分ですけど、下松高校以外は
なかったような気もします。
常総学院の課題曲B/WISHは、技術的・音楽としての器の大きさと言う意味では多分全部門を通して最高の演奏
なのかもしれないのですし、それに対して下松は、悪く言うと地味な演奏ではあるのですけど、
あの可憐でひっそりとした可愛い雰囲気でまとめた課題曲は、私にとってはまさに「WISH」=希望という言葉が
しっくりくる演奏だったと思います。
対照的に自由曲は、「プラハのための音楽」という大変な難曲で、
劇的で凄まじいというのか胃がギリギリと痛くなる程の緊張感を要求される大変厳しい曲です。
この「プラハのための音楽」を吹奏楽コンクール用のカットヴァージョンとして演奏する場合、
オーソドックスなのが名電方式とも言われるⅢの打楽器のみのアンサンブルとⅣを組み合わせたカット方法が
一般的なのかもしれないです。
そうした名電のカット方法に対して「こういう方法もありますよ・・」と提示をしたのが1988年の東海大学第四高校で、
Ⅰのファンファーレ等の強奏部分をメインにした箇所とわずかにⅢとⅣの主に前半部分を構成し、
唐突にラストのコラールへと結びつけるかなり強引なカットとも言えるものでした。
東海大学第四のカット方法はある意味大変分かりやすく、音楽として演奏効果を狙いやすい部分を意図的に
抽出したような印象すら感じられます。
それに対して1989年の下松高校は、東海大学第四と同じようにⅠとⅣからの構成としているものの、
普門館で聴いた限りの私の印象としては、「東海大学第四とは全然異なる雰囲気!」という印象が大変強いです。
下松は、Ⅰの部分もどちらかというと弱奏の部分というのかフルートソロをメインとした内省的で静かな部分を
メインにカットし、Ⅰを静かに閉じ、Ⅲの打楽器アンサンブルは演奏せず、Ⅳのダダダダダ・ダダ・ダダダダダ!という冒頭の
強奏部分から開始させ、Ⅳの激しい葛藤を経て、東海大学第四がカットしたティンパニソロ部分と後半の感動的な
あのコラールも高らかに鳴らしてくれていて、
「音楽としてのストーリー性」は大変強く感じる事が出来ました。
Ⅰで静かな内省的感覚を表現し、Ⅳの「抑圧に対しては自分達は絶対に屈しない!」という高らかな宣言みたいな感覚を
謳い上げ、やはり「音楽としての流れ」は大変見事に表現出来ていたと思います。
それとこの年の下松は音色が大変美しかったのが大変印象的です。
サウンドに透明感があるチームというか、音色を最優先に考えるチームは、
オリジナル曲でも、古典曲でも、現代音楽などどのような選曲をしても、コンクールとしては十分すぎるほど通用するという
事を見事に立証したような演奏でもありました。
音色がいいと、多少技術的な難があっても見過ごせてしまうという所なのかもしれませんよね。
同じ自由曲を選び、大体同程度の技術・表現なのに、下松は銀、出雲は銅と評価が分かれたのも
このあたりで明暗が分かれたのかもしれないです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3423-a534d061
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |