プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方の舞台となっている「幻想郷」は本当に不思議な世界です。

幻想郷と外界は「結界」という一枚の見えない壁みたいなものによって遮られているのですけど、
私たちが現在住んでいる「外界」の住人にとっては既に妖怪とか神が存在している世界というのは
既に「過去の遠い幻」のような存在でしかないのかもしれません。
なぜなら外界の人間にとっては既に夜とか妖怪とかはたまた神様すらも
別に恐れられる存在ではないし、別にそれらが必要なくたってそれで構わないじゃんみたいなある意味大変合理的な
考え方が支配的になっているのかもしれないですね。
それだけ外界で暮らす我々にとっては「科学技術」が最優先で考えられ、神様とか妖怪というのは
ある意味非科学的な存在で、既に「そうした過去の遺物」は忘れられた存在と捉えられがちで、
アニメとか漫画に登場してくるキャラとか初詣の際に形式的にお賽銭を放り込む対象としか見られていないのかもしれません。

外界に住む人間にとってはそれでいいのかもしれません。

だけど、本来そうした人間の裏側に棲みついて本来は人間と共存共栄していく必要があった妖怪や神々にとっては
そうした状況は大変憂慮すべき事態だったのです。
そう! 彼らにとって一番恐れるべき事態とは、
自分たちの「存在」自体が人々の認識から消えていき、それがひいては妖怪・神々全体の「消失の危機」という事に
直結する事なのです。

だからこそ、これまで何度も語っている通り、ゆかりん八雲紫様は外界と幻想郷の間に博麗大結界を張りましたし、
神奈子たち諏訪大社の神々は自らの消滅を危惧し、幻想郷に移住するという大きな賭けというのか
大決断をする事になったのです!

東方の世界においては、宗教関連というのは霊夢の博麗神社しか存在はしていませんでした。
この博麗神社というのは、霊夢がとにかく「妖怪」を次から次へと引き寄せてしまい、
この神社は「妖怪」の溜り場みたいになっているから、参拝客が極端に少なく、
幻想郷内の人々の間では、「信仰心」が徐々に薄れていっているという感じもあったものでした。
そうした中での、神奈子たち「守矢神社」という新しい神々が移住を果たし、その事が結果的に
白蓮さんの命蓮寺という仏教陣営の勢力拡大とか神子・布都子等の道教勢力の登場をもたらす結果を
招いてしまいます。

これが意味する事は、霊夢の商売敵が増えたという事でもあるのですけど、
やはり東方の世界における「さまざまな宗教勢力の寛容性とか多様性の容認」もZUN神主様としては
意図されているのかな・・とも思います。

神奈子たちが幻想郷に移住する前までは、閑古鳥が鳴く博麗神社しか信仰の対象がなかったのですけど、結果的に
神社が二つ、お寺が一つ、道教が一つみたいに信仰の対象も増えてくれたし、
結果的に「神々が忘れ去られる」という事も無くなって神々の存在意義が高まったし、
神々が再度私たちの信仰の対象としてクローズアップされてきたという事でもありますし、
ZUN神主様としては、
「宗教と言うものは、本来は自分たちの宗教のみが絶対的に正しくて、他の宗教は排除するというものでは絶対にないはず!
宗教というものは元々はおおらかなものであり、一つの場所に同時に複数の神々が存在し、
そうした複数の神様をそこの住民が好き勝手に、これが私の神様!と選択する自由があってもいいんじゃないの・・?
宗教と言うものには元々寛容さと多様さがあってもいいんじゃないの・・?」
みたいな事ももしかしたら・・意図されているのかもしれないですね。
そうした宗教の寛容性と多様性の可能性を素敵に提示したのがこの「東方Project」であるみたいな仮説を
私自身は結構以前から唱えてはいるのですけど、私自身はそうした考えもありじゃないの・・と思っています。
「宗教の排他性」とか「他の宗教の教えを認めない」というのは、結果としてその宗教の創始者の考えとも
反する面は間違いなくあると思いますし、そうした宗教の排他性という考え自体が、
現在世界で多発している戦争やテロの原因になっている事自体とても哀しい事だと思いますし、やはり
「宗教と言うものは一人一人の人間全てを救うもの・・」という宗教の始祖の教えから鑑みますと、
現況の世界の宗教観の違いからくる争いとか偏見というものは哀しく映られると思います。
東方の宗教観はある意味大変「おおらか」なのですけど、そうしたおおらかそこそ、現代で一番求められている事
じゃないのかな・・・?
それとついでに申し上げるとZUN神主様の意図として「日本の元々の四季の美しさ」というのか
四季がはっきりと分かる季節感の素晴らしさというのも讃美されているような印象も私としては感じる事も多々あったりします。
現在の日本は、極端に夏が暑く冬が寒く、春と秋があっという間に閉じられてしまうという季節感であり、
それがひいては「日本人としての風流さ」を損ねているようにも感じられたりもするのですけど、
東方の世界は、こうした「四季の美しさ」というものははっきりと伝わっているような雰囲気も感じたりもします。

話が思いっきりそれてしまいましたけど、
とにかくこの神奈子・早苗さんといった「守矢神社」組の登場により、幻想郷に唯一存在していた「博麗神社」という
霊夢の神社に商売敵が登場し、
この事がそれまでは「信心とはお賽銭を得るためのもの」という認識程度しか持っていなかった巫女・霊夢が
多少は変化するきっかけにもなりましたし、
これはその②以降で触れさせて頂きますが、
新しい物好きで幻想郷内に外界の科学技術を持ち込む事が実は大好きな神奈子が色々とはた迷惑な(汗・・!)事を
色々とやらかしてくれたもので、地霊殿のお空にとある余計な(?)能力を与えてしまった事により
幻想郷内に少しばかり・・・否! 多大な変化と影響を与えてしまい、その結果として

1.聖白蓮というニューヒロイン、そして仏教勢力一派である「命蓮寺」ファミリーを呼び込んでしまった

2.神子という道教勢力を長い眠りから覚醒させてしまった

3.地霊殿のこいしちゃんというキャラを一躍「世界のこいしちゃん」へと変貌させるきっかけを作ってしまった

などといった事態を招いてしまったのですけど、
これは守矢神社組の登場以前はどことなくマンネリ化気味であった幻想郷の雰囲気を明らかに一変させ
新しい刺激を幻想郷内に与え、幻想郷が変化するきっかけを作ったという事で
これはこれで大変意義がある事だと思いますし、その立役者はまさにこの神奈子であるといっても差し支えは
無いとすら感じます。
その意味では神奈子の存在意義は大変大きいものがあると思いますし、同時に幻想郷に移住してその生活に
慣れ始めて段々とその「はっちゃけ振り」が明らかになってきた「早苗さん」の素敵な保護者という意味も
依然として強く有していますので、
やはり神奈子が幻想郷に移住してきた意義は相当高いと評価せざるを得ないと感じますね!

原作ゲームの一つである「東方風神録」は、私が東方ゲームで一番大好きな作品と言えるのかも
しれないです。
冒頭シーンが早苗さんが博麗神社に乗り込んできて霊夢に対して「営業停止処分」を申し渡すところから
始まっていくのですけど、初期の頃のおしとやかで少しおどおどしていそうな早苗さんを見られる楽しみもありますし、
やはりあの音楽が素晴らしいと思います。
ちなみにこの原作ゲームで登場するキャラとして、あやや・にとり・秋姉妹・鍵山雛などがいたりもします。
このゲームにおいて自機キャラは霊夢と魔理沙なのですけど
対戦モードが神奈子の場合ですと、霊夢と魔理沙に対しては、神奈子の対応と言うか言葉遣いが
若干ですけど微妙に異なっているのはなんだか面白いものもあると思います。


神奈子:我を呼ぶのは何処の人ぞ。
     おや? なーんだ、麓の巫女じゃないの。私に何か用?
霊夢:随分とフランクな神様ね。
神奈子:最近は、厳かな雰囲気を見せるよりも友達感覚の方が信仰が集まりやすいのよ。
霊夢:まあいいや、うちの神社を乗っ取ろうとするの、あれ困るからやめてくれない?
神奈子:乗っ取ろうとなんてしていないわよ。
     私は貴方の神社を助けたいだけ。貴方の神社に人が集まるようにしたいだけ。妖怪の魔の手から救いたいだけ。
霊夢:余計なお世話よ。大体ねぇ、例えあんた祀っても信仰が増えるかどうか判らないじゃん。
神奈子:信仰は0よりも減ることは有り得ない。幻想郷に足りない物は神様を信じる心。巫女の貴方なら判るでしょう?
霊夢:私だって、神社に参拝客が来たらいいなあと思ってるわよ。
    でも、それは私の力で何とかするから……。貴方の力なんか借りないから……。
神奈子:神社は巫女の為にあるのではない。神社は神の宿る場所。
     そろそろ──神社の意味を真剣に考え直す時期よ!


アリスは「早苗さん」に関して、
「やっぱり霊夢とは大違いよね! 巫女はやっぱり神様とワンセットよ!」みたいな事を言っていましたけど、
神様とワンセットである「巫女」の霊夢に対しては、
後述する魔理沙に比べて口調が丁寧で、諭すように「神社の意味」を教えている神奈子はやっぱり、
巫女とセットの神様という事がいえると思いますね。


魔理沙:山の上にこんな大きな湖とはな……。出てきな。空気の読めない神様よ。
神奈子:我を呼ぶのは何処の人ぞ。
魔理沙:お前か? 山を我が物にしようとしたり麓の神社を乗っ取ろうとしている神様は。懲らしめに来たぜ。
神奈子:……へぇ、面白いわね。幻想郷には変わった人間も居るのね。
魔理沙:そんな訳で、山に居座るには天狗や河童達とも仲良くしてやってくれないと──誰かが困るんだ! きっと。
神奈子:山は私自身であり、山は私への信仰の対象です。幻想郷にはめぼしい山がここしか無かったのですから。
     この山に住んでいる者が私を信仰しないのなら仕方がありません。
魔理沙:お、幻想郷から立ち退く気か?
神奈子:神の信仰を邪魔する者は一つ一つ排除しなければいけません
魔理沙:そこまでして信仰に拘るのは何故なんだ? 今の幻想郷に神様なんて必要ないぜ。
神奈子:信仰が失われると、幻想郷は混沌とし始めるでしょう。信仰の意味は、信仰していない人には判らない。
魔理沙:神社なら毎日の様に行ってるがな。
神奈子:信仰が失われた神社はただの小屋。貴方は毎日の様に小屋に通っているだけ。
     貴方は一度──神の荒ぶる御魂を味わうと良い!


魔理沙は、霊夢のような巫女さんではなくて「普通の魔法使い」ですので、
霊夢の時のように「わかりやすく神と巫女との関連性」を提示するという感じではなくて、
少し上から目線気味に「信仰の意味」を魔理沙に伝えているのは面白いと思います。

さてさて、その②以降においては、神奈子がいかに新し物好きの神様で、いかに余計な事をしまくって
結果として幻想郷内にとてつもない「変化」をもたらしてしまったとか
諏訪子との関係性などについて語らさせて頂きたいと思います。










さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介コーナーです!!

こちらは2010年8月に描かれた八坂神奈子です。

八坂神奈子というと数日前にグリフォンフィギュアをご紹介させて頂き、あの時は、背面のあの注連縄が
とてつもない威圧感と存在感を誇示していましたけど、
さすがにあの注連縄は常時付けている訳ではないようですね・・・(笑)
東方茨歌仙等の公式漫画でも注連縄が付いていない描写の神奈子の方が目立っていましたので、
このアミグリさんのイラストは、神奈子の平常モードとして描かれたものと言えると思います。
神奈子のあの注連縄は、正装時の衣装と言えるのかもしれないですね。
それに確かにあの背後の注連縄はとてつもなく重そうですよね・・・(笑・・)

アミグリさんのこの神奈子ととっても可愛いです!

否! 可愛いというよりは「親心」というのか「親としての優しさ」がこめられていると思います。
この神奈子の素敵な笑顔は、
時にはっちゃけたり予測不能な行動を取ったりもする早苗さんを優しく見つめてあげるような「慈愛」の笑顔
なんだと思います。
どうしても神奈子というと威圧感とか圧倒的存在感とか威厳とか崇高みたいなイメージを持たれがちなのですけど、
「対早苗さん」という観点では
「親バカ」という雰囲気の方がよくお似合いだと思いますし、
アミグリさんが描かれた神奈子は、まさにそうした雰囲気をよく醸し出されていると思います!

アミグリさんとしてはかなりの初期作品の部類に入るのですけど、当時からこんな素敵で慈愛に溢れた神奈子を
さり気なく描けちゃうところは、やはり「すごいよなぁ・・」と感じさせてくれますよね!

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂ける事に感謝しております。
いつも本当にありがとうございます!

上記の神奈子のイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさんと言えば、当ブログにおいても、こいしちゃん特集とか版権作品特集を展開させて頂いておりますが、
皆様の中で「こんな素敵なこいしちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・?
こんな可愛いカティアちゃんとかうさだとか初音ミクを素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

>宗教と言うものには元々寛容さと多様さがあってもいいんじゃないの

これはまさに今イラクとかシリアのあたりを荒らしまわっているならず者どもに言ってみたいセリフですねー^^
私の母も熱心な信者(といっても変な宗教ではなくて、ただの仏教徒)ですが、どうにも私は宗教にのめり込めませんでした。
あまりにも疑問点が多くあったからです。
否、宗教ってそもそも論理的に考えてはいけないものなんですよね。見えないものを信じるってところから始まるはずなので。
信じたいという気持ちはあっても、なかなか難しい私は、いわゆる「外界」の人間なんでしょうね^^
でも、信じている人を、ゆがんだ目で見ることはないです。むしろ、信じるものがあることをうらやむことはあります。

話は変わりますが、アミグリさんのサイトに久しぶりに言ってポチポチッとしてきました。本当は毎日でも行きたいのですが、どうにも私もサボリ性がありまして^^;ぬくぬく先生を通じて、アミグリさんの絵の良さが再認識できてよかったです^^

救いとは・・??

八咫烏(冬眠中) 様


ご指摘の通りだと思います!

日本の伝統は、八百万の神々という事で、いろんな神様を祀り、クリスマスの数日後にはお寺の除夜の鐘を聞き、
翌日には神社にお詣りに行ってしまう日本人のその「節操のなさ」こそがまさに多様性への寛容であり、
これは逆に世界の色々な人たちに是非評価して欲しい部分でもあるのじゃないのかな・・とも
思いますね。
それと「人の救い」というのも気持ち次第なのかもしれないですね。
苦しい時、辛い時、嫌な事ばかりが続いている時に
神様みたいな強い存在にすがりつき頼りたいという気持ちは、換言すると
「誰かにすがりつきたい」→ 頼らざるを得ない、すがらざるを得ないということであり、
そうした気持ちこそが「一つの救い」という事になるのかもしれないですよね。
確かに神仏は常に人を救うものではないですし、ましてやそうした現世ご利益を常に与える存在ではないのですけど、
誰からすがらざるをえない・・という一つの諦観こそが「救い」と言えるのかもしれないですね。

いつもアミグリさなの絵を褒めて頂き、私もとっても嬉しいです!

今後も是非是非 アミグリさんのブログ dream fantasyの方も宜しくお願いします!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3422-e4305eda
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |