プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日は「節分」です!!

当ブログでの節分関連ネタですと、過去には、プリキュアたちの被り物による豆まき大会の様子とか
「浦和の調ちゃん」関連として、「調神社」における盛大な豆まき大会の様子とか
その際に大量にばら撒けられたお菓子・おもちゃ・小銭・お米等を拾い集めるうちらポンコツ夫婦の様子とか
書かせて頂いた事もありましたね。
先日の「あやや記事」においては、パチュリーさんの視点から見た「紅魔館の節分」みたいな記事を書かせて頂き、
それは、退治される鬼側からの視点という事もありましたし、
いかにもパチュリーさんらしいというのか、
「(萃香みたいな)はぐれ鬼の襲撃からの事前の予防訓練」みたいな感じで、豆まきを敢行している様子が描かれていて
これは結構興味深いものがあったと思います。

そして本日は正式な節分の日という事もありますので、
豆をまいて鬼を追い払う側からの視点から「幻想郷の節分のありかた」をほんの少しばかり語らさせて頂きたいと
思いますが、ちなみに本記事のメインは、あくまで後半の華扇のグリフォンフィギュアです! (笑・・)

博麗神社の霊夢が行おうとしている節分は言うまでもなく日本古来からの伝統的ないわゆる「豆まき」です。
つまり、霊夢が意図する節分とは鬼退治の行事であり、つまり、鬼と人間を結びつける儀式でもありますし、それは同時に
鬼は人間を襲う代わりに人間は鬼を退治するという幻想郷内の妖怪対人間の絶対的なお約束ルールでもあります。
茨歌仙において割烹着を着て豆を炒っている霊夢はとっても可愛いですね!
節分と言うと、よく「年の数だけ豆を食べなさい」と言われたものですけど、
さてさてじゃー今年の節分は私は一体いくつ豆を食べる必要があるのでしょうか・・・(苦笑・・)
年々食べる豆の数も増える一方なのですけど・・! (滝汗・・!!)
そういえば、幻想郷の皆様も食べられる豆の数は相当なものがありそうですよね・・・
フランちゃん・レミリア様ですら500粒程度! あややは1000粒・・・
ゆゆ様は多分・・・1500粒ぐらいなんでしょうけど、ゆゆ様の胃袋はほぼ無限ですので、1500粒程度なら
楽勝でしょうね! (笑・・)
神奈子・てゐ・白蓮さんあたりで数千粒というレヴェルで、ゆかりんは・・?? うーーむ、聞かないでおきましょうね・・・(汗・・!)
永琳様は・・・・うーーむ、これは凄い! 何億粒!!というレヴェルになってしまいそうですね!

霊夢から「華扇もうちの神社の豆まき手伝って!」と頼まれる華扇ですけど、
明らかに困惑して嫌そうな華扇・・・!
だって、そりゃ、そーですよね!! (笑)
現時点でも公式としては、「華扇の正体は鬼である」と表明した事は一度もないのですけど、ここまでの
様々な状況証拠から見て「華扇=実は鬼」というのはほぼ誰の目にも明らかなのだと思います。
この話が収録されている「東方茨歌仙」第21話のラストのト書きにおいては
「鬼の気持ちは鬼のみぞ知る」なーんて事が書かれていましたけど、公式でも既に半分認めているという事なのかも
しれないですね・・・(笑)
先日のあやや記事でも書いた通り、鬼は炒った豆を体に投げられるのが苦手との事で、
実際華扇もそして・・・レミリア様も、炒った豆が皮膚に触れると水ぶくれを起こすとの事です。
(え―――、それってもう華扇鬼説確定じゃん!! みたいな話はよく聞かれますよね・・・)
その事を相談された小野塚小町は腹を抱えて大爆笑しています。
小町は間違いなく既に華扇の正体を知っているからこそのあの反応なのでしょうね。
小町は華扇に「紅魔館の節分」の話を紹介し、
「紅魔館では豆をぶつけ合わない節分を模索している」という事を華扇に教えます。
そうですね・・・この辺りは前回のあやや記事で書いた「パチュリーさんの話」と矛盾する点もあるのですけど、
パチュリーさんが提唱した「無鉄砲に豆を投げ合う事」にそれに参加できないレミリア様が不機嫌になり、
「そんなつまらない節分はやめちまえ!」みたいな事を咲夜さんに伝え、咲夜さんとして
「それだったら・・」という事で
「豆を投げ合わない節分」、つまり・・・太巻きを食べるすなわち恵方巻きを食べるという行事に変容させていったという
解釈が妥当じゃないのかなと思ったりもします。
(あやや記事は「東方文花帖絡みでもありまして、あの中ではパチュリーさんは、とにかくやたらめったら豆をぶつけ合う
 事を奨励していました・・)

華扇は咲夜さんの話を聞き、それだったら・・と思いついたのが「豆料理大会」だったのです!
華扇としては、豆をぶつけ合わないですむような「豆料理」をテーマとした節分を意図していたのかも
しれないですよね。

だけど霊夢としてはあまり面白くはありません。霊夢としては、豆をぶつけての鬼退治こそが私の本分と思って
いたでしょうし、その準備も珍しく(?)ちゃんとやっていましたからね・・・

この際に華扇が霊夢を説得した論理がとても興味があります!

すなわち・・・

「鬼は元々は人間が変化したもの」→「人間誰の心の中にもそうした鬼みたいな要素は内在している」
→「それだったら人間の体内に潜んでいる鬼を追い出すために、鬼が嫌いな豆料理を食べることで
  体内の鬼を追い出そう!」という理屈であるのですけど、
  これってもしかして・・・?
 「華扇は元々は人間で、人間から鬼になったもの」という事を示唆しているのかな・・・?

そんな訳で博麗神社の「節分」は豆まきではなくて豆料理大会の屋台と化してしまいました!
そこに鬼のお面を付けた萃香が登場します・・「たーべちゃうぞー!」と萃香は人間を脅かします。しかし誰も反応なし・・・
退治してもらえなくて涙目になる萃香がロリ可愛いです・・・
そこで華扇が「豆が無ければ雪玉をぶつけて鬼を追い出せ!」とこっそりアシストし、雪合戦?になって
無事に終了と言う流れでした。
あれれ・・・? 幻想郷の人間は、そんなに鬼を怖がらないし平気で雪もぶつけられるんだ・・という点に関しては。
上記で記したとおり、節分とは鬼と人間を結びつける儀式でもあるのですけど、
鬼は人間を襲う代わりに人間は鬼を退治するという一つの信頼関係が復活したことで萃香としては
喜んだという解釈も取れるのかもしれないですね。




闖ッ謇㍉convert_20170122184150



東方における「鬼」と言うと、そりゃ言うまでも無くも萃香とか星熊勇儀の名が出てきますけど、
「東方茨歌仙」の主人公の華扇自身も「その正体は鬼でしょ・・」とか
「妖怪の山の鬼四天王の3人目ではないか・・・」とは随分前から言われていますよね。
確かに華扇は、右腕全体を包帯でグルグル巻きにしていますけど、右腕自体は既に失っていて、現在その捜索にも
あたっているようです。
日本古来の伝承の「鬼」と言うと、酒呑童子を首領として、
配下には副首領の茨木童子、そして四天王として熊童子・虎熊童子・星熊童子・金熊童子の四人を従えているようですけど、
東方においては、萃香の元ネタは酒呑童子で、星熊勇儀の元ネタが星熊童子とされていますが、
茨木華扇の元ネタが実は茨木童子じゃないのか・・・というのは結構前から囁かれてはいるようですけど、
公式においては、否定も肯定もされていないようです。
だけど・・・腕が切り落とされている設定は茨木童子と被っていますし、
萃香・勇儀が左腕に装着している「鎖」を華扇自体も付けていますし、
二つ名の「片腕有角の仙人」という言葉が示唆している通り、やはりあの頭には「角」が隠されているんじゃないのかな・・とも
思いますね。
ま・・普段は「お団子ヘア」として誤魔化しているようですけど、
華扇が髪をハラリ・・とほどいたシーンは一度もありませんから、多分ですけど、頭上には「角」が生えていて
その正体は「鬼」なのかもしれないですよね。

さてさて、ここから先は華扇のグリフォンフィギュアについてです。
華扇のグリフォンフィギュアと言うと「最近取り上げたばかりじゃん・・」と言われる方もいらっしゃると思いますが、
あれはグリフォンでも「ナノリッチシリーズ」のゆるい方のグリフォンで、しかもあのナノリッチ華扇は
発売中止という事態になっていて、まさに「幻のナノリッチ華扇」となっています・・・(泣・・)

この華扇の商品概要は下記の通りです。

素材形態 : PVC製塗装済完成品
価格 : ¥ 8,800 (税込¥ 9,240)
発売時期 : 2013年3月発売
サイズ : 約18.5cm (スケール 1/8)
原型製作 : でる

幻のナノリッチはゆるくて可愛いフィギュアで、こちらの方は、まさに東方の素敵なお姉さんの一人だと思います!!



闖ッ謇・_convert_20170122184259


闖ッ謇・_convert_20170122184223



改めてですけど、この華扇のフィギュアは頭の「お団子」がとっても可愛いと思います。
右手の「包帯」のつくりが実に巧いですね!
あ・・・ちなみに華扇は怪我をしているのではありません。
包帯に包まれた右腕は失くしたために実体がなく、煙のようなものが詰まっているとの事です。
だけどこのグリフォンフィギュアはなんかいかにも「腕が実在していそう・・」みたいな雰囲気を醸し出しているのが
実に秀逸ですね!
ちなみに失くした腕については今現在も探索中という事で、茨歌仙第1話での霊夢との出会いも
霊夢が「ヘンな腕を祀っている」と聞きつけたのがそもそものきっかけでした。
(ま・・結局、それはマジックハンドでしたけど・・・笑・・)
左手の「鎖」も東方における鬼の象徴みたいで、なんか実に意味深です。

東方の世界の鬼の皆様は、なぜか一様に片腕に鉄の鎖をぶら下げています。
萃香・勇儀・そしてこの華扇・・・
うーーむ、やっぱり華扇はどうみてもその正体はやっぱり「鬼」なのかもですね!



闖ッ謇・_convert_20170122184350



このグリフォンフィギュアの華扇の後姿なんですけど、なんか私個人としてはとっても「色気」を
感じさせてくれている仕上がりだと思います。
スカートがふわっ・・と浮いている辺りとか太ももとか生足がなんか妙に眩しく感じられるというのが
そうした感覚を持ってしまう理由なのかもしれないですね。

設定の上では、華扇は意外とおっちょこちょいな所もありますので、もしも華扇が博麗神社の縁側で
うとうとお昼寝でもしていれば、背後からこっそり忍び寄り
あの「お団子ヘア」を後ろからほどいてみたいものですね! (汗・・!)

それと・・・

華扇は、上半身は確かに仙人っぽいけど、スカートから下は普通の女の子・・みたいな印象も
このフィギュアからは感じたりもしますね。




闖ッ謇・_convert_20170122184424


闖ッ謇・_convert_20170122184325


やっぱり華扇は美人さん系ですね!

パッチリとした赤い瞳に、口角の上がった口元が魅力的な凛々しく美しい表情だと思います!!

先日発表された東方人気投票ですけど、私の中では「7枠目は誰に入れようか・・」と散々迷い、
華扇もその有力候補ではあったのですけど、
今回は私は7枠目は「アリス」に入れました!
うーーーむ、華扇も捨てがたいものはあったのですけど、こういう素敵なフィギュアを見てしまうと
心が揺らぎますよね! (汗・・!!)

ピンクの髪とお団子のリボンには、フワリと風に流される動きが表現されていて素敵です!

茨模様が描かれたスレンダーなコスチュームがフィットし、柔らかそうなボディラインが表現されているのも
大変魅力的だと思います。

やはり華扇は素敵な「東方のお姉様」ですよね!! いずれはゆかりん=八雲紫様のような素敵なレディーに
なられる可能性も十分すぎるほどあると思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

幻想郷のみなさんは大量に豆を食べないといけないから大変ですね^^;私は今年何粒食べましょうかね(それ以前に、豆を買ってくるか大いに謎ですが^^;)。華扇のフィギュアは後ろ姿がすばらしい!お団子ヘアもかわいらしいです。

節分は

こんにちは。

節分といえばプロ野球のキャンプでも担当記者に鬼の面を被せるヤラセの撮影会があります。
さらに恵方巻を期待の若手選手に食べさせるヤラセの撮影会も。
ファンに公開すれば文句ないんですけどね。

拍手コメントの件は気づかず放置してスミマセンでした。

お団子ヘアをほどくと・・??

八咫烏(冬眠中) 様


最近の節分は、どのコンビに行っても恵方巻きばかり売っていておにぎりの販売個数が少ないから
困ってしまいますね・・
節分の豆なんて、毎年毎年増えるばかりで嫌になってしまいますね・・(苦笑)

華扇なんですけど、多分その正体は「鬼」そのものですので、あのお団子ヘアを包んでいる布地をほどくと
「角」が出てくるのでしょうね! (笑)

豆まき

五航戦の愛鷹 様


ご指摘の通り、プロ野球キャンプではそうした行事は定番なのかもしれないですね!
私の子供の頃の記憶では、
当時の宮城球場近くの神社にロッテオリオンズの選手が豆を撒いている姿がニュースで放映されていたのですけど、
あれれ・・? その時選手たちはキャンプ中ではなかったのかな・・?とも思うのですが
実際はどうだったのでしょうかね・・?
当時のロッテはカネやん監督でしたので、選手よりは監督の方が目立っていたのかもしれないですね。

華扇って鬼かもしれないのですか?
私ずっと仙人だと思ってました(^_^;)
腕がないようなので、
不思議に思っていたのですが、
色々な設定上のウワサがあるんですね。

鬼ですっ!! (笑・・)

kirakiya.rumari 様


そーなんですよ! 華扇は多分ですけど98%以上の確率でその正体は「鬼」だと思われますし、
その状況証拠はあり過ぎるほど揃っていますからね・・(笑)
鬼というとイメージ的には「恐ろしい」という印象がありますけど、こんなお綺麗で魅力的な御方でしたら
鬼でも全然OK!という感じですよね。
それにうる星やつらのラムも一応は「鬼」ですからね・・(笑)

右腕が無いというよりは、一応は煙みたいなモニュモニュしたものは付いていて、
あんな煙みたいな腕でもモノを持ったり痛みを感じる事は出来ているようなので
その辺りは大変面白いものがあると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3420-0906f923
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |