プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


霊夢は言うまでもなく博麗神社の素敵な巫女さんなのですけど、
「東方強さ議論」でよくネタにされている通り、幻想郷内では強さ的には「最強の部類」と言ってもいいと思いますし、
霊夢を倒せそうな御方というと、本気を出した場合のゆかりんに限られるんじゃないのかな・・?とも感じますね。
東方の創造主・ZUN神主も確か早稲田大学の学際のイベントにおいても確かそうした旨に近い発言を
されていましたので、多分そういう事なのだと思います。
昨年夏の「東方茨歌仙」にて、ゆかりんが霊夢にあっけなく敗北し「もう悪さはしない・・」と約束するようなシーンが
あったと思いますが、あれはどうみてもゆかりんがわざと手を抜いて負けてあげてその場を丸く収めたという
解釈の方が極めて妥当のように感じられます。
霊夢は、異変発生時は異変解決屋としての腕を遺憾なく発揮し、妖怪退治と異変解決をやり遂げてしまうのですけど、
異変が無い場合は、とにかくのんびりまったりしているというイメージが大変強くて、
掃除をしている振りをしているとか魔理沙とだべってお茶をすすっているというのが「普段の日常の霊夢」ではないのかなと
思いますね・・(笑)
ちなみにですけど初期作品の霊夢って、異変解決の際に本気モードになった際限定で瞳の色も変わっていたような気も
するのですけど、さすがに最近の作品ではそうした「目の色の変化」は無いですね・・

日常生活のシーンというか霊夢の食事シーンなのですけど、お茶をすすっているシーンに比べて
少ない感じもありますけど、既にその①記事で等でも書いた通り、霊夢の食卓は大変質素な印象がありますよね。
よく言われる話ですけど、鈴奈庵の霊夢の夕ご飯が、ご飯・魚一匹・お茶だけというメニューでしたけど、
確かにあのシーンだけ見てしまうと「やっぱり博麗神社は貧乏なんだ・・」という感じもしますし、
守矢神社の早苗さんが茨歌仙での描写では、確かに酒豪ゆえにおかずとかおつまみが必要というせいもあるかとは
思うのですが、かなり豪華に夕ご飯みたいな印象もあるのとは極めて対照的な感じもあったりします。

そうそう・・霊夢の食事シーンで「東方三月精」において、霊夢がゆかりんからタラの芽を差し入れされて
それを天ぷらにして魔理沙と一緒に食べるシーンがあったのですけど、
その際、霊夢が箸を手にしていたのは、意外にも左利きでした!
同じく三月精の第18話においては、霊夢は台所で炒め物を作っていて、その際、菜箸を左手で持っていました。
また同じく三月精の第22話においても、霊夢は左手に筆を持ち字を書いていました。
またまた三月精のミスチーの屋台でも、霊夢は左で箸を持っていたと思います。

だけど上記の鈴奈庵での質素な食事シーンの際は、霊夢は右手に箸を持っていました。

そして霊夢は原作のゲーム上においては、利き手は右手の場合がほとんどだと思いますので、
霊夢の左利き設定と言うのは「東方三月精」に限られた話のようでして、
もしかして・・霊夢は左利きでもあるし右利きでもあるし、要は両手使いと言えるのかもしれないですね・・

親の躾の方針によっては、子供が幼少の頃に左利きが判明した場合でも、無理やり右利きを強要させたり、
箸を持つ時だけは右手という場合もあるみたいですけど、
霊夢の場合、幼少の頃の保護者というのは、私の脳内妄想では、先代巫女・ゆかりん・藍ですので、
その保護者の皆様たちは「そんな細かい事気にするなっ!」という感じの御方だったのかもしれないですよね・・(笑)

上記で記したとおり「東方三月精」において、霊夢はゆかりんからタラの芽を差し入れて貰っているのですけど、
その際にゆかりんは霊夢に対して
「幻想郷は現在雪に覆われて大変寒いが、結界の先の外界では、暖冬で雪一つ無い状態・・
現在のこの寒さでは収穫できないタラの芽が外界では収穫できるという意味を
霊夢・・・あなたの頭できちんと考えなさい」と諭していましたけど、
うーーむ、やはりこういうシーンを見てしまうと、ゆかりん=八雲紫様は、まさに霊夢の幻想郷における保護者みたいな
立ち位置の御方ですよね!
貧乏な(?)博麗神社と霊夢のために美味しくて貴重な食材を差し入れしなか゜らも、同時に
「幻想郷の存在意義」について霊夢に改めて自覚を促すゆかりんは、さすが!としか言いようがないと思いますし、
こういうゆかりんは本当に私は大好きです!!
そう言えば、ゆかりんは、儚月抄冒頭シーンでも霊夢に対して稽古を付けてあげ「神の降霊」という技を取得させていましたし、
三月精の別のシーンでも、博麗神社の大木を「神木」として祀りながらもいつもの怠け癖と飽きっぽさで、祀っていた事自体を
忘れて放置していた際に、霊夢に対して
「神様というものは、放置されるとどんどん忘れられた存在になります」と諭した上で
「霊夢・・・あなたにはお勉強とお仕置きが必要なようね・・」と釘を刺すゆかりんは、やっぱり幻想郷内での
霊夢の「素敵な保護者」と言えるのかもしれないですよね。
うーーむ、私は是非是非ゆかりんからお勉強を教えて頂きたいです! (ゆかりんのお仕置きはやばそうだから、パス! ・・汗・・!!)

それでは、ゆかりんが霊夢に対して示唆していた事とは何なのでしょう・・・?

それは、霊夢に対して「もっと幻想郷のシステムと博麗神社の存在意義をきちんと勉強しちゃんと認識して!」という
事なのでしょうけど、
幻想郷内で暮らす人間たちはともかくとして、妖怪・妖精・幽霊・天狗・吸血鬼・天狗・宇宙人・妖獣などは全て
もはや「外界」で存在する意義など無いしその必要性も無い。
そうした者たちが暮らせる場所は「幻想郷」以外存在ないし、
そうした「外界」と「幻想郷」は、確かにうすい結界一枚という壁一枚で遮られているのに過ぎないのだけど、
この二つの世界は既に「別世界」である事をちゃんと理解してね!
そういう事を霊夢に「タラの芽」で示唆していたのだと思います。
結界一つ越えた向こうの世界は暖冬でもはや季節感も存在しないし、ましてや神様も妖怪も人々の心の中には
既に棲みついていない世界なのであり、
幻想郷の巫女として生きるからにはちゃんとこの基本的ルールは最低限認識しておきなさいという事を霊夢に
教えていたという事になるのだと思います。

「東方三月精」において、サニーミルクたち光の三妖精が、今まで暮らしていた魔法の森を離れて
霊夢の博麗神社内の大木に移住をした時の話のエピソードとして、
あのゆかりんの独白(モノログ)がありましたけど、あのお言葉は、大変意味深なものがあったと思います。

「こうした大切な神社すら誰にもお詣りをされず寂れてしまう・・・・
 外界は既に夜も妖怪も誰も恐れはしない・・・
 観光地という事でもない限り、誰も神社になど目もくれない・・・という事なのだろうか・・・」

うーーーん、この言葉はかなり重たいものがありそうですね・・・
外界から完全分離をしなければ「妖怪」の存在すら許されなくなった状況・・・
「妖怪たちへの畏敬」、ま、これってすなわち・・・人間達が「妖怪の存在」を認めて敬っているという事の証でも
ありますからね・・・

そうした「妖怪」を巡る状況と言うのは、実は、「神様」というのか、「信仰心」に関しても
同じような事が言えるのではないのかなという事が
早苗さんを含めて、神奈子・諏訪子と言った「守矢神社」組が幻想郷内に唐突に外界から入ってきて
いきなり霊夢の「博麗神社」の乗っ取りを企てたという「東方風神録」において
提示をされていると思います。

前述においてのゆかりんの危惧がまるで予言されたかのように、
幻想郷の外の世界、つまり外界においては、神々への畏敬とか神を信ずる心とかいわゆる「信仰心」が薄くなってしまい、
「人々から崇められ敬われ、信じられる」という事でその存在意義があった「神様」そのものの存在意義とか
必然性が徐々に失われつつあり、
本来はそうした「信仰心」によってその存在を維持していた神奈子や諏訪子といった古来の神々の
存在価値が喪失されていき、「消滅」という可能性すら否定できないという
かなり危機感は元々あったのだと思われます。
そこで、神奈子たち「守矢神社」の神々たちは「一つの賭け」に打って出て、
自分たちの存在意義を確かなものにしようと画策いたします。
それがどういう事かと言うと・・・
神奈子たちは、外界で信仰を得る事を諦めて、幻想郷内で妖怪たちから信仰心を得ようとして
湖と神社ごと幻想郷の妖怪の山に引っ越し、
それと共に早苗さんや諏訪子も幻想郷に移り住んできたという事なのです。

霊夢は異変解決の際とか妖怪退治の際の真剣モードには定評があると思いますし、霊夢のあの研ぎ澄まされた
集中力と勘の良さこそが霊夢の強さであり、霊夢の特質なのだと思われます。
だけどそれ以外の平時においては、基本的にはのんびり屋で、
「幻想郷内で信仰を得るためには私は何をしなくちゃいけないのか、何が私に出来る事なのか」という事を
ほとんど何も考えずにいて、
その②でも書いた通り、霊夢にとっての「信仰」とは「自らの生活費と神社管理維持費を稼ぐためのお賽銭集めのための方法」
という事であり、
霊夢にとって、
「人々から信仰が失われるという事はどういう事なのか・・」
「その結果、神様が消滅するという事はどういう危険性を招き、それが外界と遮断されている幻想郷にも
どのような影響があるのか」
みたいな事は全くの無自覚だったのだと思われます。

そしてそうした霊夢の無自覚さに対して「一つの変化」を生み出すきっかけとなったのが、言うまでも無く
あの「東方風神録」なのであり、守矢神社の風祝でもあり同時に現人神でもある早苗さんの
登場だったのだと思います。
だから、霊夢にとっても東方の世界にとってもこの「早苗さん」の登場と言うものは、改めて大変その意義は大きいものが
あったのだと思います。

東方風神録の霊夢モードの場合、対神奈子においては、

霊夢:余計なお世話よ。大体ねぇ、例えあんた祀っても信仰が増えるかどうか判らないじゃん。
神奈子:信仰は0よりも減ることは有り得ない。幻想郷に足りない物は神様を信じる心。巫女の貴方なら判るでしょう?
霊夢:私だって、神社に参拝客が来たらいいなあと思ってるわよ。
    でも、それは私の力で何とかするから……。貴方の力なんか借りないから……。
神奈子:神社は巫女の為にあるのではない。神社は神の宿る場所。
     そろそろ──神社の意味を真剣に考え直す時期よ!

上記のように神奈子は霊夢に対して、「巫女としての自覚」を促していましたし、

やはり霊夢モードで、対早苗さんの場合は、

早苗:ここの山は私と私の神様が頂くわ。そして貴方の神社を頂けば……幻想郷の信仰心は、全て私達の物……。
霊夢:そんな事したら、幻想郷におわす八百万の神が黙ってはいないわよ。
早苗:これは幻想郷の為でもあるのですよ。
    今の信仰心が失われた状態が続けば、幻想郷は力を失います。奇跡を起こす力を失うのです。
霊夢:冗談じゃない。信仰心くらい、私の力で何とか戻すわよ!
早苗:私は風祝の早苗。外の世界では絶え果てた現人神の末裔。
    神を祀る人間が祀られる事もある。巫女が神になる事もある。貴方にはそのぐらいの覚悟が出来て巫女をしているの?
霊夢:別に神になってもならなくても関係ないわ。やるって言ったら、やる時もまぁまぁあるの!
早苗:そう。では現人神の力を見て考えなさい。奇跡を起こす神の力を!

と・・やはり当時の早苗さんの視点から霊夢に対して「巫女としての覚悟」を促していました。

そうそう・・・この「東方風神録」においては、霊夢の保護者的立ち位置のゆかりんは、一切登場してきません。

これはもしかしたら、ゆかりんも霊夢の普段の「巫女としての無自覚」に多少危惧するものがあり、
守矢神社といういわば霊夢の商売敵を幻想郷に移住してくることを黙認した上で、
「霊夢にはこうした試練も必要だし、それが巫女としての自覚につながれば私としてもしめたもの・・」と
ゆかりんなりに計算し、
わかっているのに「知らないふり」を決め込んでいたのかもしれないですよね。









さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年8月に描かれた
「8月9日は博麗霊夢の日」にちなんでの霊夢のとっても可愛すぎる素晴らしい一枚です!!

この霊夢って本当にいかにも「女の子っ!!」というオーラに満ち溢れていて
可愛いというよりは・・・「美しい」という言葉の方がもしかしたらがしっくりとくるのかな・・?と感じさせてくれていて、
「こんな美しい霊夢は、まさに神様の花嫁みたいな存在!」と思わず口ずさんでしまいそうな霊夢だと
思います!
本当にこの霊夢は「まさに夢見る美少女」だと思います!!
との時の霊夢はなんとなくいつも以上に「肩の露出」が目立っているようにも感じられ、
その辺りが「可愛い」だけではなくて「大人としての美しさ」みたいな印象をもたらしているのかもしれないですね。
そっか・・霊夢は、脇見せも素敵ですし、こうした肩見せも素敵なんですね!

上記のこの素敵な霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

そうそう・・! これはほぼ私の「宣伝」になってしまいますし、既に予告記事は掲載済なのですが、
いよいよ・・!!
明日、2月5日(日曜)は、アミグリさんが過去に描かれたたくさんのたくさんの・・「こいしちゃん特集」を
させて頂きます!
とにかく可愛くて素敵で多種多様なこいしちゃんに一杯会えますので、是非・・・明日も当ブログを覗きに
きて頂ければとっても嬉しいですし、
決して期待外れという事は120%無い!と断言させて頂きたいとも思っています。

そのくらい素敵なこいしちゃんがたくさんいますよぉーー!! (笑)

1/4の「アミグリさんが描かれたフランちゃん特集」もおかげさまで大好評でしたけど、
是非こいしちゃん特集も楽しみにして下さい!

皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・? 」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

それでは、明日・・・「こいしちゃん特集」で皆様をお待ち申し上げております!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

霊夢の考察、とてもおもしろく拝見いたしました。
幻想郷でも最強レベルな霊夢ですが、博麗神社が貧乏なのはなんとなく色々なところで聞く話ですね^^;まあ、あそこに来てお金を入れる人って限られているのかもしれませんが…^^;

初めまして!

初めまして、コメント失礼します!
いつもありがとうございます!
コメントしたいけど正直、アニメとかサブカルとかあまり知らないのでコメントするのをためらっておりました。これを機に私のブログも異なるジャンルの方のブログを参考にして色々試行錯誤していこうと思いました!
コメント失礼いたしました!

貧乏神社

八咫烏(冬眠中) 様


博麗神社の貧乏神社話は既に鉄板ですよね!(笑)

霊夢の信仰とは「お賽銭を得るためのもの」というのが大変面白いものがありますし、
原作ゲーム・書籍・漫画等でも
半分詐欺まがいな手法で参拝客集めをしているのも最早お約束化されている感じもありますね!
ひどい時には、巫女さんなのになぜか「幻想郷の母」みたいなインチキ占い師まで始めてしまい、
あの時は結構儲かっていたみたいですね・・(笑)

Re: 初めまして!

通りすがりのfc2ブロガー 様


いえいえ、こんな拙いブログにお越し頂きありがとうございます!

いやいや、そんな参考になるような事は何も書いていないですけど(汗・・!)
今後とも宜しくお願いします。

宜しければコメントの際にはお名前を記して頂けると大変ありがたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3419-1433a7cb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |