プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


永江衣玖は、龍の世界と人間の世界の間に棲む「竜宮の使い」と呼ばれる妖怪でして、
龍神の言ったことから重要な情報を抜き取って人々に伝えるのが仕事とされ、
例えば、幻想郷に近々大地震が発生しそうみたいな情報を把握すると、いち早く幻想郷に赴き
「間もなく大地震が到来する」と警告を発していきます。
よく衣玖は「天人」と勘違いされている方もいらっしゃるみたいですけど、実際はあくまで妖怪さんです!
あの幻想郷屈指の迷惑天人でもある天子の「監視役」という役割も担っている面があり、
「東方緋想天」のストーリーモードでも天子のあのとてつもないわがままぶりに頭を悩ませたり、
ゆかりんに会った際は「なんとか天子にお灸を据えてあげて!}と頼んだりしている苦労人みたいな雰囲気も
ありそうですね。
よく二次設定においては、あちこちで迷惑を掛けまくっている天子をあのフリル地獄の羽衣でとっ捕まえてきて
天子に代ってあちこちに「天子がやらかした迷惑行為」をペコペコ頭を下げながら謝罪に廻っているというのも
なんか微笑ましいものもあったりしますね・・(笑・・)

本人がおっとりとした面倒くさがり屋でもあるので、
唐突に何の前触れもなくいきなり相手の前に出没し、初対面の相手に地震が起こることだけ告げて去っていくという
感じてもありますので、
ある意味ありがた迷惑な御方なのかもしれないですね・・・??
そうでしたよね・・衣玖は幻想郷の皆様に「間もなく地震が来ますよ」と予知を告げに来る際も
問答無用で各邸に不法侵入し、突然何の前振りも無しに事務的に
「地震がやってきます」と告げて即帰っていきますので、言われた方は「なんじゃそりゃ・・!?」みたくなってしまいますけど、
こういうシーンを見てしまうと、衣玖の能力は「空気を読む程度の能力」という事で
その場の特性をすぐに把握し、すぐに馴染む事ができるという設定なのですけど、
「本当にそうなの・・? この告知方法はまさに場の空気を読めない能力じゃん・・!」と余計なツッコミを
入れたくもなってしまいます・・・(笑・・)

永江衣玖は、屈指の東方絵師泣かせのキャラの一人だと思います。
先月当ブログでも取り上げさせて頂きました鍵山雛も描かれる絵師の皆様にとってはまさに「厄介・・}」としか言いようが
ないキャラで、この雛は「厄」を自分の能力として活用しているキャラでもあるのですけど、
この雛のフリルの描き方の難しさは、絵師様にとってはまさに「厄」以外の何者でも無いような気がしますね・・(笑)
お空・ぬえ・秦こころ・雛・八坂神奈子、そしてこの永江衣玖は東方絵師様にとっては鬼門とも言えるのかもしれないですし、
同時に腕の見せ所でもあると思ったりもしますね。

永江衣玖は、長い触角のついた帽子と羽衣、ロングスカートが特徴的なのですけど、このグリフォンフィギュアにおいては、
あの「羽衣」の再現度がとにかく「お見事」だと思います!!
でもこれって明らかに制作者泣かせのキャラだと思います。
そしてこの衣玖ですけど、あの羽衣のフリル地獄は、二次元として描かれる方も三次元として制作される方も
まさに「フリル地獄」そのものですよね!
そうそう、下記の衣玖のフィギュアを見て頂けると気づかれると思うのですけど、
何やらとてつもなく妙な紅白のドリルみたいなものを手にしていますよね!
そう! そのドリルこそが衣玖の武器みたいなものなのです!
羽衣を手に巻きつけてドリルにするというあの奇想天外な技は、東方でも屈指の「凶悪なアイテム」のようにも
見えますよね!
非想天則ver1.においては、このドリルはさらに風をまとっているため見た目よりも遥かに巨大なようにも
感じたりもします。



豌ク豎歙convert_20170121183010


さてさてこの衣玖のグリフォンフィギュアなのですけど、やはり上記でも触れさせて頂きましたが、
羽衣のフリル地獄振りとかあの奇妙なドリルの三次元としての仕上がりが「お見事!」としか言いようがない
感じになっていると思います。
ドリルはもちろん、宙を漂う羽衣の不思議な無重力感などとにかく気合の入った造形と言えると思います。

この永江衣玖のグリフォンフィギュアの商品概要は下記の通りです。

素材形態 : PVC製塗装済完成品  龍魚ドリルver
価格 : ¥ 8,200 (税込¥ 8,610)
サイズ : 約21cm  1/8スケール
発売時期 : 2012年11月
原型製作 : あきやまあきお

そうそう、先ほど記し忘れたのですけど、衣玖は竜宮の使いという事なのですが、普段は天界の雲間を遊泳していて
滅多に人前には姿を見せない事です。
そうした普段は人前には自分の姿を晒さないという「神秘さ」がこのフィギュアにも素敵に表現されていると思います。
帽子に結ばれた触覚のようにも見える長いリボンと身体にまとった長い羽衣は、
実在する深海魚、リュウグウノツカイがイメージされたとの事です。



豌ク豎・_convert_20170121183037



豌ク豎・_convert_20170121183103



このグリフォンフィギュアですけど、浮いたつま先や羽衣の広がりにより常に宙に浮かんでいる独特のフワフワ感を
見事に再現していると思います。
そして改めてですけど、衣玖のあの「龍魚ドリル」の発動状態の再現はまさにこのフィギュアの
最大の見せ所だと思いますし、それを立派に表現していると思います。
右腕の羽衣が円錐状に絡みつき、ドリルの形を形成しているのですけど、この羽衣自体が鄙じゃないけど
あの「フリル地獄」の様相を呈していますから、まさに制作者泣かせ以外の何者でも無いキャラなのですけど、
それだけに制作者の「愛」が遺憾なく伝わってきますし、
そうした苦労が素敵に結集された完成品だと言えると思います。



豌ク豎・_convert_20170121183135



羽衣の前方部分のたわみ具合、肩からそのまま大きく弧を描いて後方へと流れる様子などは、
普段の天界の雲間をふわふわと舞っているかのような無重力感が素敵に伝わっていると思います。

それにしても本当に厄介なデザインですよね!! (笑・・)

二次元のイラストでも衣玖のあの独特な羽衣とかフリルとかドリルをきちんと描き切る事自体大変厄介な面が
あると思うのですけど、それを三次元フィギュアでもこうやってそうした難しさを少しもややこしく感じさせることなく
素敵に三次元として表現出来る事に
改めて日本の「技術の高さ」を感じずにはいられないですね!!



豌ク豎・0_convert_20170121183303



後ろから衣玖を拝見させて頂くと、ドリルを腰だめに構えた右手の角度やら、顔横に上げた左手やら、
スカートの広がりやらが合わさって、格好良いシルエットになっていると思います。
やはりこうして見てみると衣玖自体が「複雑な美しさ」を外見的に有しているキャラなんだなぁ・・と改めて
感じますね。
ちなみに中身の方ですけど、どちらかというと大人の風情が感じられるおっとりとしたお姉さんのようにも
感じられます。
作品の中で、チルノ戦で衣玖が勝利した場合でも、「チルノ=おバカさん妖精」などのように格下とかバカにするような
様子も一切なく、大変丁寧な言葉遣いで優しくチルノに接している衣玖は、まさに「東方の素敵な大人」
なのだと思います!

改めてこの「ドリル」なんですけど、
羽衣を螺旋状に巻いて作っているのですが、フリルの赤色がその螺旋構造を強調していて、
確かに一見すると「とてつもなく乱暴な凶器」のようにも見えてしまいますよね・・(笑)
ま、衣玖は大人ですので、そうしたドリルも決して悪意を持って乱暴に使用しない点はさすがだと思いますね!

羽衣が緩みはじめている箇所から腕が見える辺りは、
羽衣を巻いて作っている雰囲気が出ていて、フィギュアとしての立体感が伝わってきます!



豌ク豎・_convert_20170121183236



豌ク豎・1_convert_20170121183338


衣玖のあの羽衣の圧倒的存在感はやっぱり素晴らしいし、惚れ惚れするものがあります!!
フィギュアの三次元化でも多種な角度から眺めるだけでも楽しかったりするものですね!

やはり衣玖は実に立体映えするキャラクターだと改めて感じます。

リボン、ストール、羽衣、ドリル、ロングスカートなどなど・・ひとつひとつに表情がついており
1体のフィギュアとしては過剰積載とすら感じる情報量にも関わらず
右腕のドリルが最も強調されるようにそれぞれが調節されておりポージング含め
非常にうまいバランスでまとまっているのが本当に素晴らしいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

「フリル地獄」ですか。
製品を見ている側からはわからないような、制作者泣かせの「鬼門」にあたるものがあるんですね。
実際、フィギュアだけでなく、書くだけでもさぞかし大変なことなのでしょうね。
しかし、結果お見事なフィギュアになっているので万事Okといったところでしょうか。
ぬくぬく先生さんのように知識を持っていると、このフィギュアのすごさというのがはっきりと見て取れるのでしょうね^^

このフィギュアもスゴイ!
スカートの動き、髪の揺れ
躍動感が出てますよね♪
また後ろ姿でチラッとみせる足
スラ~っとしてて羨ましいヾ(´︶`♡)ノ

フリル地獄

八咫烏(冬眠中) 様


天の羽衣というと一般的には優雅とか天女が可憐に舞っているみたいないなイメージもあるかとは思うのですけど、
このフィギュアは、原作設定の無茶振りを最大限優雅に三次元として再現していて、
特にあの羽衣をあんな危険極まりない「ドリル」として変容させても、フィギュアの見た目としては
奇抜という印象よりは「非現実的な優雅さ」を華麗に演出していると思いますし、
あんな厄介なキャラをここまで素敵に三次元化できた制作者スタッフに最大限の敬意を表したいものです!

妖怪なんだけど「天女」みたいですね!

napo 様


そうなんですよ! この御方は妖怪さんなんですけど、見た目はとっても優雅で美しいですよね!

見た目はまるで天女みたいな優雅さがあると思います。

ご指摘の通り、後ろ姿のおみ足がとっても美しいですよね!
ああやってチラっ・・と見せて頂けるところになんか「ドキッ・・」としてしまうものを
感じてしまうのは、フィギュアの醍醐味と言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3418-68567f67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |