プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.玉名女子高校


D/メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために(田中賢)


今現在の吹奏楽コンクールにおける九州支部の全国大会常連校、そして全国大会でも金賞を受賞し続ける
名門チームというと、そりゃ言うまでもなく福岡の精華女子と熊本の玉名女子の2校の存在が光り輝いていると
思われるのですけど、その玉名女子の全国大会初出場が実はこの年、1989年でした。
私もこの時の演奏はよく覚えているのですけど、なんかイメージとしては、おさげ髪のセーラー服の女の子が
たどたどしく演奏している・・そんな雰囲気があったような気がします。
この時代・・1989年当時は既に「女子高校」が全国大会に出場する事自体は全然珍しい時代ではありませんでしたし、
共学校の場合ですと、部員の8割近くは女の子という時代に既に入っていましたけど、
今現在の吹奏楽コンクールの精華女子などのような「出場すればほぼ間違いなく素晴らしい演奏を聴かせてくれて
ほぼ確実に金賞を受賞する」みたいな「絶対的なエース的な存在」が女子高であるという時代では
まだなかったような気もします。
(今現在の女子高の優位性という流れの先駆的存在は、就実と中村学園、その途中経過的存在が、
 たとえば・・鈴ヶ峰女子とか土佐女子とか光ヶ丘女子とか安城学園などの学校と言えるのかもしれないですよね)

1989年~90年において、九州支部代表の玉名女子とか精華女子が全国大会初出場を成し遂げていましたけど、
両チームとも面白い事に初出場から21世紀前半までは、吹奏楽コンクールにおいては、正直・・微妙な位置にいたという
感じもあり、確かに上手い事は上手いし下手ではないのだけど、特に際立った個性も圧倒的な歴史的名演を残していた
訳では無いという雰囲気もなくは無かったと思うのですけど、
精華女子は自由曲にクロード・スミスやバーンズ・スパーク等の高度な吹奏楽オリジナル曲を自由曲にするようになって以降の
その圧倒的な存在感と数々の名演は皆様既にご承知の通りですし、
玉名女子も2012年以降の急に吹っ切れたような素晴らしい名演の連続と大活躍ぶりも既に皆様よくご存じの通りです。

だけど、後述しますけど、玉名女子の初出場の演奏は、正直・・あまりいい出来の演奏では無かったです・・・(汗・・!)
精華女子だって初出場のロメオとジュリエットとか92年のダフニスとクロエとか93年のディオニソスの祭りとか
一応金賞は受賞していたものの94年の三角帽子は、あまりにも平凡な演奏で、現在のような圧倒的存在感はまだ皆無
でしたので、やはり「名門校」といえどもそこにたどり着くまでには時間がかかるし、それに至るまでの間には
指揮者の先生や奏者の皆様など関係者の多大なるご苦労の賜物だと思います。
余談ですけど、私がいまだにアニメ「響け! ユーフォニアム」第二期における北宇治の全国大会出場自体に納得が
いっていないし文句たらたらなのは、
「吹奏楽コンクールというのはそんな数か月足らずで突然変異的に上達する事は100%ありえません!」という
私自身の経験とか現実的な吹奏楽コンクールの実態が頭の中にあるからと言えるのかもしれないですね。

1989年の玉名女子ですけど、あんまりいい演奏ではなかったです・・
一言で言うと「粗い演奏」です。
悪く言うと音量だけで勝負した演奏、良く言うと大変おおらかな演奏と言えるのだと思います。
課題曲Dが始まった瞬間から、「音がデカい!」とか「やっかましー演奏」みたいな感じもあったのですけど、
ポップス系のマーチといえどももう少しきめの細かさというのか音自体の繊細さは必要だったといえるのかもしれません。
この課題曲Dを演奏する場合のドラムセットって、大抵の場合ステージ横手に配置されるパターンが多かったような
気もするのですけど、玉名女子の場合、自由曲がメトセラⅡという打楽器群が主役の曲であるため、
舞台の最後段の位置にも打楽器をセットした事情もあり、ステージ正面にドラムセットを配置したという事情も
多少はあるのかとは思うのですが、とにかく課題曲に関してはドラムセットのビートがビンビンと響いてくる印象が
大変強かったように思えます。
自由曲の「メトセラⅡ」に関しては、曲のよさに助けられたという感じの演奏で終わってしまい、
音楽の内容以前にこの曲に書かれている音符を消化するだけで精一杯という感じで終わってしまったという印象が
大変強く、当時普門館の客席から聴いていた私のハートに響くものは当時はあんまり無かったのは
惜しまれます。
打楽器セクションは7人ほどいたと思いますが、奏者の技術とか叩き方のレヴェルがバラバラで
統一感があまりなく
感じたままに叩くという印象が大変強く「曲としての美感」に欠けていた事と
中間部のオーボエのソロをはじめとする木管セクションのサウンドに透明感とか音自体の艶があまり感じられなかったのも
コンクールとしてはマイナスに作用していたと感じられます。

既になぜか市立川口の時に書いてしまっているのですけど(汗・・!)
玉名女子と浜松商業と東海大学第一は、自由曲に「メトセラⅡ」を選んでいます。
恐らくは、前年度のヤマハ浜松の歴史的超名演に触発されたのでしょうけども、
残念ながら「二匹目のドジョウはいなかった・・・」という感じでした。
正直、3チームとも私のハートにはあんまり響いてこない印象の薄い演奏でした・・・
玉名女子は前述の通り、技術的に未消化な感じでしたし、
東海大一は、打楽器になぜか和太鼓を取り入れていましたが、その意図も演奏効果も全然意味不明だし、
浜松商業の優等生過ぎる演奏もあまりピンとこなかったし
(浜松商業は1991年に同じメトセラⅡを取り上げていますが、この時は素晴らしい演奏を聴かせてくれていました!)
3校ともに揃いもそろって少々期待外れ・・という印象は拭えなかったと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3415-ad2dc5b5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |