プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
15位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3.市立川口高校


A/仮面幻想(大栗裕)


この年、1989年の高校の部ですけど、プログラム1番の関東第一の演奏から、当時の私は普門館で生演奏を
聴いていましたが、
率直に言わせて頂くと、プログラム7番の常総学院が登場するまでは
「あれれ・・なんか今年の大会はかなり低調でレヴェルが低い感じ・・・今年は外れ年なのかな・・?」と感じていたものでした。
それと一つ大きかったのは、前年度の1988年にヤマハ浜松が「メトセラⅡ」というとてつもない歴史的名演を残してくれた
おかげもあるのですけど、翌年の89年はこの「メトセラⅡ」が全国的に大ブレイク!
この年の高校の部でも3チームがこの「メトセラⅡ」を自由曲として演奏してくれたのはいいのですけど、
玉名女子・東海第一・浜松商業は残念ながらあんまりいい演奏を聴かせてくれていないというか、
大変感銘度の低い私的には大変つまらない演奏を聴かせてくれ、しかもその3チームがご丁寧に、
プログラム4・6・8番と前半に集中した上に演奏自体が連続する形みたいな印象になってしまい、
さすがにプログラム4~8番の1時間15分の間に3タームが同じ「メトセラⅡ」を演奏していましたので、
なんか気持ちとしては「メトセラⅡはもうお腹一杯!」という感じになってしまったのも印象としてはあんまり良くは無かったと
思います。
それと・・玉名女子と東海第一のメトセラⅡの出来があんまりよくなかったし、
浜松商業も全然消化不良気味の上に優等生すぎるつまらない演奏を聴かせてくれていましたし、
気持ちの上では、「この年の高校の部の前半を聴くのは結構しんどかった・・」みたいな印象は当時感じていたものでした。
田中賢の「メトセラⅡ~打楽器群と吹奏楽のために」は、
音楽としての感銘度が大変高く、打楽器の効果的使用の演奏効果の高さには目を見張るものがあったのは
間違いない素晴らしい名曲であるとは思うのですけど、
この曲はヤマハ浜松の初演当時から
「打楽器セクションのみを強調した外見的効果に頼った作品」とか
「ちょっと上手いチームが演奏すればヤマハ浜松みたいな演奏効果は簡単に得られやすい」みたいな批判を
受けることが多い曲でもあったのですけど、
結果的に1989年の高校の部でこのメトセラⅡを演奏した3チームの演奏を聴いてみると
「この曲は決して外見的効果だけを意図した曲ではない」とか
「誰がやってもある程度の演奏効果は得られる」という見解は全くの誤りであるという事を皮肉にも裏付ける事になってしまった
のではないかと今更ながらふと思う事もあったりします。

あ・・・なんか冒頭から話がそれました・・・

今現在はプログラム第3番の市立川口高校のお話でした・・・(汗・・!)

この年の市立川口は、そうですね・・・全盛期の勢いと輝きは失われつつあった時代に既に入っていたのかもしれないです。
市立川口は、二つの交響的断章とか無言の変革シリーズなどのような
吹奏楽オリジナル作品という曲自体の斬新さと積極果敢な表現とか個人の技術の高さとかソロ楽器の巧さは
70年代後半~80年代の中盤頃までは相当光り輝くものはあったと思います。
1980年代以降の吹奏楽コンクールの驚異的なレヴェルアップによって、
市立川口のかつてのような特異性・輝きは既に市立川口だけの特権みたいな時代ではなくなってはいたと思うのですけど、
市立川口のその後の没落過程は、86年の課題曲B/嗚呼!の冒頭のトランペットのミス、87年の課題曲B/渚スコープの
やはりトランペットの中間部のソロのミス、そしてそして・・88年の自由曲の「ハムレットへの音楽」の
やはりトランペットセクションのあの痛すぎるミス等によって既に暗示されていた・・・と言えるのかもしれないですね。

この年の市立川口には、全盛期の力は既に弱まっていたと言えるのかもしれないですね。
課題曲も自由曲も市立川口らしい「音楽としての個性」とか「伝えようとする意識」は間違いなくあったと感じられます。
だけど、そうした音楽として表現したい事の手段としての基本的なアンサンブルに何かズレが感じられ、
一言で感想を言うと「表現意欲は伝わるのに技術的なアンサンブルが今一つ・・」みたいな印象がありました。
市立川口の大ファンで、吹奏楽オリジナル作品の魅力は、まさにこの市立川口の演奏こそが原点でもある私にとっては
大変残念な感じの演奏ではありました。
上手い所と雑な部分がかなり極端に演奏されていて
部分的にすごくチャーミングな箇所も間違いなくありますし、いかにも信国先生らしい表現をされている箇所も
間違いなくありましたし、
部分的には好演の連続なのに全体としては、大変散漫とか雑という印象を感じさせてしまうのは、どうしてなんでしょうかね・・?

課題曲の「風と炎の踊り」の冒頭から序盤の音のひそやかさは大変うまく表現出来ていたと思いますが、
強奏になると、そうしたひそやかさが後退し、やはり全体としては「粗い」という印象を受けてしまいます。
自由曲の「仮面幻想」も豪快に鳴らしている部分と中間部の少し鄙びている部分の対比何か
すごくいい所もあるのですけど、全体的に緊張感が持続しきれていないという印象もありました。
仮面幻想の中間部においても、いかにも信国先生らしい表現と言うのか、瞬間的な「音楽としての間」を意図的にとったり、
部分的に音の入りのタイミングをわざとずらしたり、
極度にテンポを落としたと思ったら次の瞬間に駆け抜けていく表現があったり
いかにも日本人の「照れ」みたいな「奥ゆかしさ」をイメージさせるような表現があったりと、やはり往年の市立川口らしさは
健在なのですけど、それが持続できないアンサンブルの乱れというのか雑な仕上がりが見受けられ
残念な感じもありました。
上手いのだけど「音楽としての集中度」が今一つと言えるのかもしれません。

部分的に打楽器セクションの音が大きすぎたというのもコンクールとしてはマイナスに働いたのかもしれないです。

私にとって市立川口というと「無言の変革」も「永訣の歌」などの演奏もとてつもなく魅力的なのですけど
やはり1979年の「二つの交響的断章」という印象が大変強いです。
私、このブログでよく
「1982年の花輪高校のウォルトンの交響曲第1番終楽章の演奏こそが私がクラシック音楽という深い森の中に
入り込むきっかけ」みたいな事を書かせて頂いておりますが、同様に
「1979年の市立川口高校の二つの交響的断章の演奏こそが、私が吹奏楽オリジナル作品の魅力に気が付く
きっかけとなった演奏」と記させて頂いておりますし、
同時に、私自身が「埼玉県川口市というエリアにいつかは住んでみたい!」と思うようになったきっかけの学校とも
言えますし
(それは後年、本当に現実のものになってしまい、私自身は今でも埼玉県川口市在住です! 笑・・)
このブログの一つの目的が花輪高校吹奏楽部と市立川口高校吹奏楽部のあの偉大な不滅の名演を後世の皆様に
語り継いでいきたいという事に繋がっていると思います。

1979年当時吹奏楽コンクールの全国大会の出場チームのステージ衣装は、ほぼ例外なく学校の制服というか、
男子は学ラン、女子はセーラー服かブレザーというチームが多い中、
市立川口高校は、赤ブレザーに赤のズボン・スカートという当時としては斬新なステージ衣装でしたし、
広い普門館のステージが狭く感じるほどパーカッションをズラリとセッティングしたり
グランドハープとか法螺貝とか、コンサートチャイムとは異なる本物の「鐘」を持ち込んだり、
視覚的にも大変なインパクトはありました。
そして見た目だけではなくて演奏自体が素晴らしかったですね!
1979年の課題曲は「プレリュード」と言う「無調的色彩」の強い現代音楽系の曲だったのですが、
出だしのティンパニソロをはじめ、緊張感漲る演奏が本当に素晴らしかったですし、
後半のヴィヴラフォーン以降の木管セクションのひさやかさ、打楽器セクションの鼓動など文句のつけようがない演奏でした。
しかもこの演奏、全国大会初出場でしかもプログラム一番なのですよ・・・!!
そんなハンディーを全く感じさせない圧巻の演奏でした!!
自由曲のネリベルの「二つの交響的断章」は「これぞ゜まさしく歴史的超名演!」の名に恥じない衝撃の演奏です!!
冒頭が、チャイム・シロフォーン・グロッケン・マリンバの鍵盤打楽器から開始され
執拗に同じメロディーを反復していくのですが、この執拗な緊張感が絶品です。
アルトサックスのソロも素晴らしいし、
それに合いの手を入れる打楽器セクションの瞬発力もお見事に一言に尽きます。
ファゴットのデュエットも・・ま・・少しばかりズレはあるのですけど、やはりあの勢いは止められない感じです。
後半のティンパニソロからの金管セクションの透明かつ勢いのある展開も大変迫力がありますし、
トムトムをはじめとする打楽器セクションのやはり瞬発力と自発性は高く評価されて然るべきだと
思います。
自由曲における、ドラの鳴り方が非常に効果的なのも印象的です。特に第一楽章の鳴りっぷりは凄まじいものがありました!
あのドラは、まさに「音楽の神様が鼓動・躍動している!」という響きそのものだと思います。
この原曲は17分程度の大変長いものなのですけど、市立川口は5分30秒程度にコンパクトに収めてしまいましたので、
「もう少し長く演奏しても良かったのでは・・・? せめてこの翌年の東海大学第一高校くらいの長さは
欲しかった」とも言えなくはないのですけど、
指揮者の信国先生は、
「音楽的緊張感」を優先に考え、このカット方法にしたのかもしれませんよね。

この1979年の市立川口の演奏は、まさに私の「吹奏楽オリジナル作品のバイブル」だと思いますし、原点だと
思います。

市立川口高校は既に川口市の市立高校の学校統廃合の対象校になっていて、間もなく校名すらも
消えてなくなってしまいますけど、
私の心の中には永遠に「市立川口高校吹奏楽部」の名前は消える事は無いと思います。

市立川口高校吹奏楽部は、1990年の吹奏楽コンクールも全国大会に出場しますが、91年のダメ金を最後に
その後20年近くは吹奏楽コンクールの表舞台から姿を消してしまいますが、
最近は、B部門において西関東大会に進み、また数年前も本当に久しぶりに西関東大会のA部門に
埼玉県代表として出場を果たし、
私のような「古くからの市立川口ファン」を狂喜乱舞させたものでした!

1970年代後半まで、関東の吹奏楽というと、銚子商業と前橋商業の2チーム程度しかいわゆる名門校は
無かったようにも思えますが、
こうした状況に対して
「いやいや、関東には埼玉県の学校もありますよ!」という事を轟かせ、
現在の日本の吹奏楽のスクールバンドにおいて
「吹奏楽の多大な実績を残している名門県」と言うと埼玉・千葉・大阪・福岡・愛知等という流れを呼び込んだ
市立川口の名前は永遠に私たちの心に刻み込まれると確信します!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3413-04057fc7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |