プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.伊予高校


A/バレエ音楽「ガイーヌ」~序奏・ヌーネの踊り・バラの少女の踊り・レスギンカ舞曲(A.ハチャトゥーリアン)


この年の伊予高校は、上甲先生として2回目の全国大会出場となりましたけど、上甲先生として初めての全国の
1986年の「ローマの祭り」は私も大好きな演奏で、あの演奏は当時普門館で聴いていても
大変エキサィティングでわくわくとしたものが伝わり、
まさに「絶えずどの瞬間も自分たちに出来る事を精一杯伝えている!」みたいな雰囲気がとてつもなく生き生きと伝わり、
私はあの伊予高校の演奏は今でも大好きです!
伊予高校は86年の演奏は銀賞でしたけど、伊予高校はこんだけ何十回も全国大会に出場しているのに、
金が1回、銀が3回、残り全て「銅賞」という結果なのですけど、
確かに他の支部に比べると技術的に多少見劣りするのは誰が聴いても明らかではあるのですが、
上甲先生時代の「絶えず何かを精一杯表現しようとする」と言う姿勢はどの時代も、どの顧問の先生時代も
共通していると思いますし、
確かに技術的には拙いものが多々あるのだけどあの「熱さ」・「ひたむきさ」は私も高く高く評価したいです!!

1987年~88年の伊予高校は残念ながら四国大会ダメ金という事で全国大会には進めなかったのですけど、
実はなのですけど、私、この2年間の伊予高校の四国大会の演奏なのですが、
生演奏ではないのですけども実況録音の演奏をカセットテープで聴いた事があります。
当時のブレーン社は、なぜか知りませんけど、四国大会のそうしたコンクールにおけるライヴ演奏の
カスタムテープ作成という事も請け負っていたようで、そうしたマニアックな演奏をひたすら追い求める知人がいるせいもあり、
私もそのおこぼれをその知人から頂く事が多々あり、結果的に87年~88年の伊予高校の四国大会のダメ金の演奏を
カスタムテープで聴く幸運に恵まれたものでした。
その中で大変印象に残ったのは、1987年の自由曲のハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」でした!
確かに音量過剰で、曲自体大変騒々しくてとてつもなくよく鳴る曲ではあるのですけど、
さすがに「ちょっといくらなんでもやりすぎ・・ちょっとというかかなり音量過剰」みたいな印象はありますし、
音がデカすぎてコントロール不能みたいな所がコンクールとしてはマイナス評価を受けたのかもしれないですけど、
私個人はあの生命力溢れる躍動感は素晴らしいと思いますし、
あれはまさに「人間の本能」そのものなのだと思います。
そしてなぜか知りませんけど、この年のブレーン社の四国大会の録音が大変素晴らしく、あの残響音の素晴らしさもあり、
私は87年の伊予高校の演奏はかなり大好きです。
余談ですけど、この年、87年の中学校B部門の三津浜中学校の風紋と自由曲のショスタコーヴィッチの
交響曲第5番終楽章の演奏も、大変録音が良い上にあの終始攻める雰囲気が大変好感に思えたものです。
だけど翌年、三津浜中はA部門に出場し、四国大会も突破し全国大会に臨んだのですけど、
普門館ではなぜか「守りの演奏」に入ってしまい、前年みたいな積極的な表現がほとんど見られなかったのは
大変惜しまれる事でした。
やはり「普門館」には魔物が棲んでいるのかもしれないですね・・・

話がされましたけど、1989年の伊予高校は3年振りの普門館という事もあり、上甲先生も奏者も少し固くなっていたのか、
緊張感が悪い意味で出てしまい、
印象としては、上記の1988年の三津浜中学校みたいな少しよそ行きの演奏というのか、
幾分「守りの演奏」に入ってしまい、86年のローマの祭りみたいな積極性があまり感じないまま
課題曲も自由曲も終わってしまったような印象が私の中ではあったりもします。
自由曲の「ガイーヌ」のレスギンカは、木管の消化不足も少し印象が悪かったように思えます。

やはりコンクールの演奏と言うのは大変難しいものがありますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

三津浜中

今年は元日早々感染性胃腸炎で寝込み、2月に入った途端にインフルエンザで寝込んでおりましたなおりパパでございます><

さて、伊予高校の記事なのに三津浜中のほうに反応してしまいましたw

まぁ、理由はその三津浜中の田村先生が、まさに私の恩師でございますので。。。

80年に鈴木先生が菊間中から転任してこられるまで、田村先生が雄新中の吹奏楽部顧問をされていたのですが、やっぱり中学時代の先生っていうのはいい意味でも悪い意味でも一番印象に残ってるもんなんですよ。

もちろん田村先生は「いい意味」での印象ですよ。

伊予高校の上甲先生は、伊予高校の前は大洲高校の吹奏楽部を指導されていましたが、伊予高校に赴任されてから一気に花咲いた感じですね。

まぁ、私が住んでいた頃は伊予高校自体まだなかったし・・・

懐かしい記事をありばとうございました。

普門館は怖い・・??

なおりパパ 様


新年早々、感染性胃腸炎とかインフルエンザとか大変でしたね!
どうかくれぐれもお大事にされて下さい。

三津浜中の田村先生が恩師だったのですね。
雄新中も田村先生がしっかりとその基礎を築いていたから、鈴木先生が異動後すぐにあのような素晴らしい
実績を残せたと言えるのだと思います。

そうした素晴らしい先生でもやはり初出場の「普門館」は鬼門だったと言えると思いますし、
普段の練習では積極果敢な演奏が出来ても、やはり普門館のステージでは練習の成果がなかなか発揮しにくい
「魔物」みたいな雰囲気は間違いなくあのホールにはあると思います。

そういえば伊予高校も開校2年目で3年生がいないのにいきなり全国大会代表に選ばれるのも
すごい話だと思いますし、
伊予高校が初代の阿部先生から何人もの顧問が変わってもああやって全国に出場し続けている事は
偉大な事だと思います。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3407-39782e4d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |