プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
12位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日ですけど、「第13回東方Project人気投票」の受付が開始されました。
投票開始は2017年1月15日(日)0:00からとなっていて、受付締切は2017年1月21日(土)23:59までとなっています。
そして注目の結果発表は、速報値として1/22未明を予定しているとの事です。

この東方人気投票ですけど、第11回目辺りまでは、5月の例大祭前後の頃に実施されていたのですけど
昨年と今年は随分と早いというか、以前の開催時期に戻ったという感じですね。

この東方人気投票は、前々回の第11回に大変大きな波乱と言うかドラマが待っていて、
まさかまさかの霊夢の首位陥落、そして霊夢に代って1位に躍り出たのが、あのこいしちゃんだったのでした!
そしてこいしちゃんの1位というのは、「妖怪」キャラが初めて1位になったという事でも大変意義があると感じています。
それに、こいしちゃんというキャラ自体、東方地霊殿で初登場したあたりの順位は35位と今現在では
到底考えられないほどの低評価でありまして、今現在の視点で見てみると「ありえない・・」以外の何物でも無かったですね!

さてさて・・そうした中、こいしちゃんに思いもよらない「ビッグチャンス」(!?)が舞い込んできます!

そう! それこそが、「東方心綺楼」と言う秦こころが「希望の面」を失うことにより起きた異変なのですけど、
この作品の主人公は言うまでもなく秦こころなのですが、
その「影の主人公」というほど物語に強く強く絡んでくるのが、この「こいしちゃん」なのであり、
結果としてこの作品と次の「東方深秘録」によって、こいしゃんの注目と人気は一気にうなぎのぼりの勢いで急上昇し、
なんと・・・!
2015年の「第12回東方人気投票」においては、東方の絶対的エースとも言える、あの霊夢と魔理沙のツートップを抑えて、
まさかまさかの「第一位」を獲得し、
ここに「世界のこいしちゃん」を見せつけたのでした!!

こころが紛失した「希望の面」をこいしちゃんが拾って自分のものにする事で、
こいしちゃんのいわば「絶対的な無の心」に「希望」という灯が点灯するようになり、
その結果として、こいしちゃんは、道教勢力・仏教勢力・魔理沙・霊夢等々とのバトルの中で勝ち進む事で、
「他人から注目される事の快感」とか「他人から自分と言う存在を認識される事への喜び」という
思いがけない「副産物」も得ることになっていったのです!

そうした中、昨年の第12回においては、霊夢と魔理沙がまさに「雪辱」を果たし、霊夢が1位、魔理沙が2位に無事に(?)
返り咲き、こいしちゃんは3位に留まりましたけど、
いやいや、これはこいしちゃんの大健闘なのだと思いますし、「こいしちゃん人気」は既に定着したものと
言えるのかもしれないです!

さてさて、そうした中、今年の第13回目は果たしてどんな結果になるのか今からとっても結果発表が楽しみです!
昨年は珍しく東方自体に新作が出なかったこともあり、新キャラも登場していませんので、
恐らくはそれほど大きな順位変動はないはず・・と予想しますけど、
早苗さんの言葉じゃないけど「幻想郷は常識に囚われてはいけない世界」でもありますので、
今回の結果も大注目です!
私としては、「東方の絶対的なエースは霊夢であって欲しい!!」という思いは大変強くて、 今回も出来れば前回同様に
「霊夢の1位、魔理沙の2位は変わらないで欲しいなぁ・・」と思います。

こいしちゃんのお姉様のさとり様は実は内心では・・・ ??
「こいし・・・あなたの一位はとっても嬉しいのだけどねお姉ちゃんとしては、こいしの一位はまだ早いんじゃ
ないのかなと思っているのよ・・」とでも思われているのかもしれないですね・・(笑)
前回のさとり様は第8位でしたけど、 今回の第13回はどうなるのかな・・??
なんとかベスト10入りはキープして欲しいなと思うのですけど、東方の世界は常識が通用しない世界ですし、
とにかく魅力的なキャラがまさにてんこ盛りですので、結果は予測不可能ですね。
そうですね・・、私としては、今回は是非早苗さんはベスト10入りして欲しいです!!

とにかく・・・・1/21の結果発表が待たれる所です!!

前回までとの変更点は、ベストパートナー部門が特別部門として登場した事です。
開催時点での次回作である「東方憑依華」が、2人1組のコンセプトであるがゆえと思われますけど、
お気に入りの2人組を計5セット選ぶことが出来ます。

参考までに前回の第12回のキャラ部門の結果を記しておきますと・・

1  博麗 霊夢
2  霧雨 魔理沙
3  古明地 こいし
4  十六夜 咲夜
5  フランドール・スカーレット
6  魂魄 妖夢
7  レミリア・スカーレット
8  古明地 さとり
9  アリス・マーガトロイド
10 射命丸 文

となっていて、ちなみに早苗さんは第12位と「あと少し!」でした!!

前回も、古明地姉妹とスカーレット姉妹とでベスト10に二組の姉妹が入っていましたけど
さてさて・・・・
今年はどうなるのでしょうか・・・? 結果発表が今からとっても楽しみです!!




紫



霊夢



そんな訳で、私も投票開始初日に、全部門にて投票を済ませてきました!!

え・・・・?? 誰に投票したかですって・・!? そんなの言えないですよ・・・(笑)

だけど「人妖部門」に投票させて頂いた7人のキャラだけをこっそりと(?)お伝えさせて頂きますと、
ゆかりん・早苗さん・さとり様・こいしちゃん・あややの「私の大好き東方5人組」は当然の事として、
東方の絶対的エースの霊夢に当然入れさせて頂き、
そして・・!!
7枠目は、正直、迷いに迷いました・・・
妖夢・チルノ・サニーミルク・うどんげちゃん・ゆゆ様・華扇・物部布都・小野塚小町・ぬえなど
候補者は一杯いっぱいいたのですけど、
今回は・・
アリスに入れさせて頂きました!

そしてベストパートナー部門は、
「霊夢-魔理沙」・「霊夢-早苗さん」・「アリス-魔理沙」・「さとり様-こいしちゃん」・「霊夢-ゆかりん」を
選ばさせて頂きました!

今年はどんな結果が待ち受けているのか・・・なにか劇的なドラマがあるのか無いのか、とにかく
結果が楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3405-f5d27cbb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |