プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年12月の記事にて、カレル・フーサの超大作吹奏楽オリジナル作品の「この地球を神と崇める」の事を
散々語らさせて頂いたのですけど、
実は 当ブログの素敵なコメンター&フォロワー様のお一人であられるゆーすけ 様より
「その当該記事が掲載された直前に、そのフーサがご逝去され彼岸の彼方に旅立たれた」とのご指摘を頂き、
私も驚いたものなのですけど、
あれはもしかして・・なにか「予感」みたいなものがあったのかねしれないですね。

ちなみにその記事 フーサ/この地球を神と崇める をご覧になりたい方はこちらをご覧頂けるとありがたいです!

→ フーサ/この地球を神と崇める

フーサと言えば、この他にも「プラハのための音楽1968」という吹奏楽オリジナル曲も、
吹奏楽がお好きな方にとっては馴染みの深い曲だと思いますし、
この2曲は、21世紀も22世紀に入ったとしても「素晴らしい吹奏楽オリジナル名曲」として永久に後世の皆様たちに
受け継がれていって欲しい曲の一つだと思います。
確かにこの2曲は、人によって好みとか評価が分かれる曲だというのは当然だと思いますし、
聴く人によっては「こんな陰鬱な曲は嫌だ! 聴きたくない!!」という方も相当多いと思いますが、それは当然だと思います。
音楽は別に絶対的なものではないし、
「この曲は〇〇という感じ方をしないとダメだ!!」みたいな事は絶対にありえませんし、
その音楽を聴いて、嫌いになるも、何かを感じるのも、聴いた人一人一人の自由なのだと思います。

さてさて・・、そうしたフーサなのですけど、上記の2曲以外でもかなり魅力的な曲は幾つかあったりもします。
そうした曲の一つが、演奏時間4分程度の大変短い曲ですけど、「スメタナ・ファンファーレ」という曲であります!

この曲は、1984年にサンディエゴ州立大学の委嘱で作曲され、
スメタナの交響詩「ヴァレンシュタインの陣営」の旋律が引用され、
9部に分かれるBbクラリネットや8部に分かれるトランペットなど、大きな編成で書かれた迫力あるファンファーレです。
出だしは、ワーグナーの歌劇「リエンチ」序曲冒頭のトランペットのように
管弦楽団のチューニング音の「伸ばし」みたいな感じの曲想から開始されていくのですけど、
この部分がどんどん拡大・分裂し、
最初は小さい音の塊が数分のうちにとてつもなく巨大化していく爽快感があります。
この曲は、元々がスメタナを記念する音楽祭のイベントの一環として委嘱された経緯があるせいもありますが、
スメタナの「ヴァレンシュタインの陣営」のテーマが部分的に引用され、
決して効果的な使用ではありませんけど「わかる人には分かる・・」みたいな構造になっています。

こうした「引用」と言うと、同じフーサの曲の「プラハのための音楽1968」においても、
やはり同じくスメタナの交響詩「わが祖国」の第5曲・ターボルと第6曲・ブラニークのメロディーがかなりはっきりと分かるように
引用をされています。
特に第Ⅳ曲の「トッカータとコラール」の終結部分におけるスメタナの曲を引用した部分の効果的使用は、
「自分たちは決して屈しない!」みたいな高らかな気持ちを謳い上げていて、とてつもなく印象に残るメロディーです。
ちなみにそのフーサの曲が引用したスメタナの「わが祖国」の第5曲と第6曲で出てきたメロディーの元ネタというのは、
世界史の授業でお馴染みなのかもしれないですけど、
15世紀のチェコ(ボヘミア)で勃発した腐敗しきったカトリック勢力VSそうした腐敗したカトリックに異を唱えたフス教徒の
全面戦争とも言える「フス戦争」における
フス教徒の讃美歌「汝ら神の戦士」でもあるのです!!
そしてこの讃美歌のメロディーは「希望に満ちた未来を暗示している」みたいな雰囲気も確かに感じられ、
フス戦争もそうでしたし、1968年のいわゆる「チェコ動乱」もそうでしたけど、
「今は一時的に強い勢力に屈するのかもしれないけど、そうした時代は長くは続かない!
必ず自分たちの自由が謳歌できる時代が間違いなくやってくる!」みたいな「希望」を示唆していると言えるのかも
しれないですよね。

話を「スメタナ・ファンファーレ」に戻しますと、この曲は大変豪快に鳴る曲ですし、
フーサの他の作品みたいな「深刻さ」・「晦渋さ」はあまり無く、その意味では大変分かり易い曲だと思います。
でもこの曲、トランペット奏者は大変だと思います!
あんなハイトーンを冒頭からぶっ続けて吹いたら、とても息が続きそうにもないですね。
全体的にこの曲はシロフォーンが大活躍をします。
終始ヒステリックに叩きまくっていますので、かなり効果的にも感じられます。

でもこの曲、全く演奏されないのですよね・・・・(泣・・)
実をいうと、吹奏楽コンクールでは、過去も現在も、全国はおろか支部大会でも演奏された事は一度もありません。
それは演奏時間約4分という事が大きいのでしょうけど、
1994年のように課題曲がどれも6~7分程度と異常に長い年は、
「もしかしたら一団体くらい選んでくれないかな・・・名電が選曲してくれたら最高なんだけど・・」と淡い期待を持っていましたけど
やはり誰も取り上げてくれませんでした・・・・・(大泣・・・)

この曲は一度だけ生の演奏会で聴いたことがあります。
1989年の国立音楽大学ブラスオルケスターの定期演奏会の第一曲目として
演奏されていました。
この曲は、イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニーのCDもありますけど
1988年の近畿大学の定期演奏会を収録したCDにもこの曲が収録されていて大変気合の入った演奏を聴かせてくれています。
(音源があまり良くないのが少し残念です)

タイトルに「ファンファーレ」という言葉が付いているのですけど、
ウィリアムズの「リバティーファンファーレ」のように「本日快晴・気分爽快!!」みたいな明るく健康的な曲では決してないのですが、
優秀な金管セクションが在籍しているチームで、このフーサの曲も是非聴いてみたいものですね!!



繧キ繝」繝シ繝ォ繧ォ_convert_20170114173404



荵吝・ウ_convert_20170114173430



上記にて、フス戦争とかフス教徒というワードが出てきましたけど、
このフス戦争に関連して作曲されたクラシック音楽というと、前述のスメタナの連作交響詩「わが祖国」の第5・第6曲とか
ドヴォルザークの序曲「フス教徒」などが挙げられます。
日本においては「フス戦争」と言うと、世界史の授業で登場した以外は、正直あんまり馴染みが無いのかもなぁ・・とも
思われます。
世界史の中で「宗教改革」というと、言うまでもなく真っ先に頭に思い浮かぶ名前はマルティン・ルターだと思われますが、
実はルターよりももっと前に・・先駆的に
当時の腐敗しきったカトリック教会とか「これを持っていれば聖母マリアを強姦してもその罪は赦される」等で
お馴染みの「免罪符の販売」等に対して強烈な異議を唱え、権威的な宗教勢力の「内部からの改革」等を
求めた歴史的人物こそがフスなのです!
(フス自身はカトリックの異端審問に掛けられ、火刑に処されて命を落としています)

ルター以前の宗教改革の頃のチェコ(ボヘミア)と言っても、正直日本ではピンと来る方はそんなにいないのかも
しれないですけど、
そうした時代的背景に光を当てて、フスの後継者とも言えるフス教徒とそれを弾圧しようとした
当時の神聖ローマ帝国とその軍隊の十字軍との間の想像を絶する長期間に及ぶ悲惨な戦争(フス戦争)をテーマとした
漫画も実は最近あったりします。

それが大西巷一先生が現在も月刊「アクション」で連載中の「乙女戦争」(ディーヴチー・ヴァールカ)なのです。

あ・・「乙女戦争」と言っても、ももいろクローバーの「Z女戦争」という楽曲ではありませんので・・(汗・・!!)

この漫画の表紙の絵柄とか主人公のシャ―ルカという少女のとっても可憐で可愛い雰囲気だけを見てしまうと、
「どうせ、可愛い女の子が萌え萌えな活躍をする今風のゆるいコミックなんでしょ・・」と誤解されちゃう方も
いるのかとは思うのですけど、実際話の内容はかなりシリアスで重厚で、
少なくとも「萌え」という要素はほぼ皆無ですのでご注意を・・・
それは男性向けコミック誌の月刊「アクション」で連載ということからも示唆されていると思います。
第一巻の冒頭シーンからして、この少女シャ―ルカの凌辱シーンから開始されるほどですので・・・
最初の印象は、とてつもなくハードコアな戦争&虐殺&無慈悲な物語という感じでした。
あ、そうそうこの「シャ―ルカ」という名前ですけど、上記のスメタナの連作交響詩「わが祖国」の第3曲のタイトルが
シャ―ルカとなっているのは多分偶然なのかも・・?です。

この「乙女戦争」の概要をごく簡単に記すと・・

「1420年、ボヘミア王国。カトリック派騎士団により家族を虐殺され自身も凌辱された12歳の少女シャールカは、
フス派義勇軍の英雄ヤン・ジシュカに導かれ、最新武器であるマスケット銃を手にとり、
仲間たち共にカトリック派騎士団を相手に戦いに身を投じる。
15世紀、中央ヨーロッパで起こり「宗教改革」の端緒となった「フス戦争」をモチーフに、
少女の視点で、史実に基づいた凄惨な戦争を描く歴史巨編」
と言う事が出来ます。

ここでこの「乙女戦争」について語ってしまうと、とてもじゃないけど終わらないもので、「乙女戦争」については、
後日改めて、何回かに分けて語らさせて頂ければ幸いです。

本記事は、いわば、「乙女戦争」の前振りだったのかも・・・!? (汗・・!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3404-4ab34a5f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |