プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


博麗神社にはいろいろな皆様たち・・・人間・魔法使い・幽霊・妖怪・妖精・仙人・鬼・神様などが
頻繁に訪れてきているようですけど、霊夢って基本的にはほぼ全ての人たちに対しては「タメ口」を叩いていて
敬語は全く使用していないのが大変面白いですよね。
相手を呼ぶ際も、名前を呼ばないでほとんどは「あんた」と呼ぶことがほとんどですし、
霊夢の保護者的存在とも言えるのかもしれないあの幻想郷最大の賢者妖怪&最強妖怪のゆかりんに対してすらも、
ゆかりんがいつものようにスキマから霊夢に近づいてきても「なんだあんたか・・」という感じですし、
霊夢が会話の中で、第三人称的な呼び方で相手を呼ぶ際の呼び方は「あいつ・・」と呼ぶことが多いですよね。
早苗さんとか神奈子とか秋姉妹といった神様関連の皆様方に対してもあいつ呼ばわりしていたのは
実に霊夢らしい話だと思います。
ちなみにですけど、公式の中で霊夢が唯一「さんづけ」をしているのは、森近霖之助だけだと思います。
そうそう、「東方三月精」のとあるシーンで、霊夢を驚かせようとした光の三妖精でしたけど、
あの中で、人に化けたスターサファイアが、道端で苦しそうにしている演技をしていた際に、霊夢は
珍しく・・! 「大丈夫ですか・・? どこか痛むのですか・・? よろしければうちの神社が近くにありますので・・」と
敬語を使っていたのは大変珍しいと思いますし、その意味では非常に貴重なシーンだと思います!
ま・・あの後すぐに正体がバレて、霊夢から強烈な蹴りを食らっていたのは大変面白かったです・・(笑)

そうそう、その三月精の中で霊夢と魔理沙が「どうして博麗神社に参拝客が少ないのか」という話をしていた際に、
またまたゆかりんが隙間から話に割り込んできて
「参拝客が少ないのは誰のせいなのかしら・・?」と諭した際も、霊夢は
「あんたら妖怪が蔓延っているせいでしょ!!」とムカッとした様子でゆかりんに対して箒を向けていたのは
やはり霊夢らしいなぁ・・と感じさせるものでした。
「東方儚月抄」上巻における導入場面は、そのゆかりんが霊夢に対して稽古を付ける場面から開始され、
「そんなんじゃ、うちの式神にも遠く及ばないわよ・・」とかなんとか叱咤激励していましたけど、
うーーむ、妖怪退治を生業にしている巫女が、その妖怪に対して稽古をつけて貰うというそのアバウトが
実に「常識に囚われてはいけない幻想郷」らしい話であり、こういう所がやっぱり東方は魅力的ですよね!!
東方の素敵な所って一杯あるのですけど、
やはりこういう多種多様な価値観とか考え方を、あたかも底なし沼のようになんでもかんでも一切を「受忍」してしまうような
おおらかさがとっても魅力的だと思いますし、
いかにも「日本=八百万の神々の国」というものを象徴したようなバックボーンであり、素敵な所だと思います。

霊夢は早苗さんたち守矢神社組が来るまでは、幻想郷内に唯一建立されている神社・・否! 幻想郷内で
唯一の宗教的施設という事で
(「東方風神録」以降に登場してきたのが、守矢神社であり、白蓮さんの命蓮寺であり、
神子の道教勢力なのでした・・)
本来は幻想郷内でもっともっと信仰を一身に集めていて、お布施とかお供え物とかお賽銭とか
わんさかわんさか入ってきても全然不思議ではないはずなのですけど、
やはり霊夢自身の修行不足&勉強不足という事で、幻想郷内の人たちに、「霊夢という博麗神社の巫女さんこそが
神様と私達を繋いでくれる人なんだ・・」という成果を今一つ発揮出来ていないようにも感じられますし、
何よりも博麗神社と人里を繋ぐ「参道」はかなりの距離がある上、この参道には参拝客を襲ったりイタズラしたりする
妖怪たちがうじゃうじゃいますし、
博麗神社内の境内の大木には、とにかく人間たちにイタズラをする事が大好きなあの光の三妖精もいますし、
そしてこれが一番大きい原因なのですけど、霊夢自体が「幻想郷内の妖怪」たちをうじゃうじゃと招き込んでしまう体質のため、
霊夢が別に何をしなくても妖怪たちが日常的に博麗神社周辺をたむろしているというのが
最大の理由と言えるのかもしれないですよね。
霊夢的には、人里から近くて安全が比較的確保されている白蓮さんの命蓮寺が定期的に縁日とか読経ライブ等を開催し、
参拝のお客さんが絶え間ない事をやっかんでいる描写もあったりするのですけど、
その際も霊夢は「あのお寺は集客がうまくて人を集める才に長けている」という感覚を有していて
「どうして博麗神社に参拝客が少ないのか・・」という本質的原因を案外と理解していないという事も
大変面白いものがあると思います。
早苗さんの守矢神社は元々が「妖怪の山」の山頂に建立されているため、最初から幻想郷の人間たちの参拝の可能性が
極めて低いという事に対して
(守矢神社の参拝客とかお布施の相手は、天狗や河童等の妖怪という事であり、守矢神社の資金源の一つとして
外界の科学・技術をにとり達河童に売りつけているというのも面白いですね!)
霊夢の博麗神社は、人里から博麗神社までの「参拝道の安全」さえ確保していれば、少なくとも今よりはたくさんの
参拝客が見込めるはずなんですけど、
そうしないのは霊夢の面倒くさがり屋の性格とか
「そんな面倒なことしなくたって、私には、異変解決とか妖怪退治による謝礼という収入があるから
別にそんな信仰とかどうでもいいじゃん!」みたいな意識があるかもしれないですね。
だけどその辺りも、東方風神録以降に神奈子とか早苗さんとか白蓮さんから
「もっと信心を集めなさい」とダメだし食らっているのもありますし、最近の作品の秦こころを原因とした宗教戦争みたいな異変の
影響とか華扇のうるさい小言のおかげもあり、
以前よりは、「どうすれば参拝客を集められるのか」という事を少しは意識するようになってきたのは
霊夢としての成長はあるのかもしれないですよね。
やはりそこで一番影響があったのは、同い年にも近い同業者の早苗さんと言えるのかもしれないですね!

早苗さんにとって、神奈子と諏訪子という偉大なる二社の神々がが自分の身近にいて尚且つ稽古をつけてくれたり、
「こうすれば幻想郷内でも守矢の信仰がもっと得られるんじゃないの・・?」みたいな貴重なアドバイスを貰ったりするなど
何かしらの「安心感」は持っているような印象もありますね。
東方茨歌仙においても、霊夢とのアルコールを巡る喧嘩の際も、早苗さんに対して「お酒に関する意趣返し」の
アドバイスをしていたのも諏訪子でしたし、
「人里からの参拝客が見込めないなら、そうだったら人里と妖怪の山の山頂を繋ぐロープウェイを作ろう」みたいな計画を
立案するのも神奈子でしたし、
もしかして・・? 早苗さんが人里で辻説法みたいな事をしているのも神奈子からのアドバイスがあったのかも
しれないですよね。
一方霊夢の方ですけど、考えてみると霊夢って実は「一人暮らし」みたいなものですよね・・・
食事のシーンなんかも一人きりで食べているシーンもありましたけど
(霊夢のお食事は、ご飯・味噌汁・さんま等のおかず一品・お茶といったえらく質素なのが大変印象的です・・・)
早苗さんの場合は、ま・・・常に二人の神がそばにいるみたいな安心感が恒常的にあるのに対して、
霊夢の場合は、そうした「相談相手」が常に近くにいる訳では無くて、基本的には神社の運営等は
霊夢自身が自分の頭で考えないといけないというのが早苗さんとの大きな違いではないのかなとも思います。
もっとも、霊夢の場合は、常に誰かの「訪問者」がいるという感じですよね。
ま、ほとんどの場合は相方とも言える魔理沙ですけど、前述の通りゆかりんの場合もありますし、
レミリア様・咲夜・妖夢・あやや・光の三妖精・萃香・多々良小傘とか、マミゾウとか、
まーとにかく「誰かかっかはひっきりなしにやって来る」みたいな感じもありますよね。
早苗さんの保護者は神奈子と諏訪子という神であるのに対して、
霊夢の場合は、ゆかりんという「妖怪」であるのは、やはりとっても面白いものがあると思いますし、まさに
常識では囚われてはいけない世界に霊夢たちは住んでいるのだと思います。
上記で霊夢の食事の事を触れましたけど、公式漫画等でも、ゆかりんからタラの芽を差し入れしてもらって
それを天ぷらにして魔理沙に振る舞ってあげていましたし、
早苗さんから「信者さんから貰った野菜を貧乏神社におすそ分けしてあげる」と言われていた事もありましたし、
ま・・別にお賽銭が特段入らなくても、霊夢一人ぐらいの食費だけなら、博麗神社周辺の妖怪さんたちの寄付行為または・・
強奪・・?によって何とかなりそうですね・・(笑)
それと三月精では不思議な場面も幾つかあり、その一つが霊夢の神社内の祭壇には、
どこからくるのかは全くわからないのですけど、突然お神酒が祭壇の上に出没して、光の三妖精を驚かせていたり
していましたけど、
あれって・・?
外界と博麗神社が繋がっている事を示唆するシーンでもあり、
またまたもしくは、幻想郷に古くからいるあの困った(?)スキマ妖怪さんが、外界から入手してきたお酒を
例のあのスキマから祭壇に放り込んでいるのかもしれないですよね・・・(笑)

それにしても霊夢の博麗神社の「貧乏神社」というのは既に鉄板ネタですらあるようにも感じられますね。
初期の頃ですとそうしたネタは二次創作の範疇でしたけど、
公式においても例えば・・・
「東方緋想天」でアリスに対して「副業で人形供養を始めれば儲かるのかな?」 と言っていましたし、
「東方地霊殿」で萃香に対しては・・・「まぁ確かにうちの神社は火の車だけど」 とも言っていましたね。
最近のうちのブログの記事の中で
「ドール・お人形さんを捨てる場合はそれなりの供養が必要」と書かせて頂きましたけど、
外界で資本主義の洗礼を浴びている早苗さんなんかは、幻想郷の人里で、鍵山雛とタッグを組んで
「3月3日のひな人形祭りとか流し雛で不要となった人形をお安く供養させて頂きますよー」とか何とかいって
ちゃっかり商売をしそうな感じがありますけど、
面倒くさがりの霊夢は、そうした早苗さんの商売繁盛ぶりを地団駄踏んでみているだけなのかもしれないですね・・・(笑)

でもそういう霊夢の大雑把で面倒くさがりな所は私も大好きです!!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリさんの素敵なイラストのご紹介です!!
その①とその②において既に宣言させて頂きました通り、当ブログの「霊夢語り」はこれから当面の間続きますけど、
霊夢語りで毎回転載させて頂く霊夢のイラストは全てアミグリさんが描かれた作品を予定させて頂いております。

そんな訳でこのとっても可愛い霊夢のイラストもアミグリさんが描かれたもので、こちらの霊夢のイラストは
2013年 8月にアミグリさんが描かれたものです。

アミグリさんが描かれた霊夢は、どの霊夢もこの「紅白の巫女さん衣装」がとても鮮やかで
私も大好きです!
霊夢は東方の絶対的主人公ですので、そりゃも―――、多くの素敵な東方絵師様が過去も現在も
そりゃ素敵な霊夢をたくさん既に描かれていますし、私もそうした絵師様の様々な素敵な霊夢を見るのは大好きです!
だけど、私はやっぱり「アミグリさんが描かれた霊夢」が一番しっくりきますし大好きですね!
この2013年の霊夢は、アミグリさんが描かれた霊夢の中でもトレードマークのあの頭のリボンが
比較的大きめに描かれているのも大変印象的でとても可愛いと思います。

霊夢のこの巫女衣装ですけど、早苗さんが初めて東方に登場した際は、
頭の飾り(霊夢→リボン 早苗さん→カエルとヘビの飾り物)を別にすると、巫女衣裳そのものは
霊夢も早苗さんもよく似ている・・否! 霊夢の巫女衣裳の2Pカラーが実は早苗さんなのではないのか・・?
みたいな話もあったようですけど、
早苗さんのあの最近の変りよう+はっちゃけ振りを見せつけられると
誰ももう「霊夢と早苗さんは似ているから巫女衣裳も似せている」みたいな事を言われる方も既にほぼ
皆無となっているような気もしますね。

ちなみにですけど、アミグリさなの霊夢の作品の中には、上記の霊夢に青カラーを施し表情を少し加筆された
青霊夢 というのも実はあったりします!
興味がある方は是非この青霊夢もご覧頂ければ幸いです! → 青霊夢

上記のこの素敵な霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

アミグリさんと言えば、当ブログにおいても、今月は、フランちゃん特集とか版権作品特集を二度に渡って
させて頂きましたけど、
皆様の中で「こんな素敵なフランちゃんを描く人のブログってどんなもんなのだろ・・?
こんな可愛いカティアちゃんとかあかりとか黒ウサギを素敵に描けちゃう人のブログってどんな絵が掲載されているのだろう・・?
他にどんな作品を描いているのかな・・・?」などと興味がある方は、
是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  を
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

どうぞ宜しくお願いいたします!

それでは次回の霊夢語り その④およびアミグリさんの版権作品特集 その③なども引き続き
宜しくお願いします。
そして既にちらっと(?)告知はさせて頂いておりますが、来月掲載させて頂く予定でもあります
「アミグリさんが描かれたこいしちゃん特集」の方も是非注目して頂ければとっても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3396-fd8df68d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |