プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1.関東第一高校


A/バレエ音楽「スパルタカス」~三つのダンスエピソード(A.ハチャトゥーリアン)



関東第一高校は、1987年から89年の三年間は、毎年のようにこのチームの演奏を普門館で聴いてきた立場で
言わせて頂くと「低迷期の三年間」だったと思います。
そしてこの三年間の自由曲は、ロメオとジュリエット・ガイーヌ・スパルタカスとロシアもののアレンジ作品であったのですけど、
これは結果論になってしまいますが、後年の関東第一のカンタベリーコラール・華・ベトナムの回顧・指輪物語のように
このチームはアレンジものよりは「吹奏楽オリジナル作品」の方がこの学校のカラーに合っていたのかな・・?と
感じる事もあったりします。
アレンジものですと、サウンドは大変洗練されて美しいものの、あまり聴衆に伝わるものが少なく
どこか通り過ぎてしまったような印象もあったりします。
どことなくよそゆきの演奏と言うか「ちょっと・・らしくない演奏なのかな・・」とも思いますし、
「借りたきたネコ」みたいな演奏なのかな・・?とも感じたりもします。
(関東第一のアレンジもので最高レヴェルの演奏は、91年のトッカータとフーガニ短調だと思います)

1989年の演奏でどのあたりの印象があまり芳しくないのかというと、全てにおいて中途半端みたいな点なのかなと
思います。
男子校らしい豪快さがある訳でもなく、指揮者の塩谷先生が「このように表現したい」と意図していた柔らかい響きが
完全に出し切れていた訳でもないし、斬新な解釈がある訳でもないですし、
確かに音とサウンド自体は大変洗練されて美しいのですけど、
「あまり伝わるものが無いのかなぁ・・」と思ったりもします。

プログラム一番という出演順も少し気の毒でしたね。
普段の練習では、多分ですけど、もっと伝わるものがあるのだと思うのですけど、
特に課題曲において感じた事ですが、音の芯が確立されないままふわっ・・と音楽が開始され、
「音楽として生き生きとした雰囲気」が伝わらないまま本番のステージが終わった感じがします。
単純に比較すると、この年の関東第一は、都大会の方がもっと聴かせる演奏をしていたと思います。
この年の自由曲の「スパルタカス」も決して悪い演奏ではないと思います。
出来自体は決して悪いものではないと思います。技術的にも一定の標準はクリアしています。
「三つのダンスエピソード」の中で、大変ゆったりとしたアダージョ部分のⅡをメインに自由曲を構成し、
ラストはⅠの速いテンポの部分で追い込んでいくという構成でしたけど、
Ⅱのアダージョは部分的に音楽がたるみ、アレグロも美しいけど、少し迫力に欠け、
もう少し男子校らしい豪快さは演出してもよかったんし゜ゃないのかな・・と感じたものでした。

結果的に、1983年の初出場から通算して四回目の銅賞受賞となりましたが、銅賞はこの年で終わり。
翌年から新しい関東一校の歴史が始まっていくのです!
この1990年の「華~吹奏楽のために」の素晴らしい演奏以降の関東一校は、まるで別人のチームのように
生まれ変わり、そしてあの1993年~95年の栄光の三年間に繋がっていくのです!
結果論になるかもしれないですけど、この時期の関東第一は「産みの苦しさ」みたいな過程だったのではないのかなとも
思ったりもします。

このバレエ音楽「スパルタクス」ですけど、
吹奏楽経験者の皆様にとっては、ハンスバーガー編曲による「三つのダンスエピソード」というアレンジものの方が
馴染みがあるのかもしれませんよね。

このハンスバーガーによる吹奏楽アレンジ版の「三つのダンスエピソードは」

Ⅰ.ギリシア奴隷の踊り 商人たちの入場  ローマの遊女の踊り ジェネラルダンス

Ⅱ.フリージアの踊り エジプトの少女の踊り

Ⅲ.若きトラキア人の剣舞

から構成されています。
吹奏楽コンクールにおいては、1978年の天理高校のようなカットのパターンが多かったような気もします。
(Ⅰの前半のみを演奏しクラリネットのソロが終わったところでカット、そしてⅡも同様に前半でカット、
 そして最後のⅢで華々しく終わらせるパターン)
前述の1989年の関東一高のように、Ⅱをメインにし、Ⅰの最後の曲で終らせるというパターンもありましたし、
1989年の都大会での足立区吹奏楽団のように、Ⅱのクラリネットの大変長いソロをメインに構成し、
Ⅱのラストをもって静かに曲を閉じるというパターンもありました。
最近では・・・・
ハンスバーガー編曲よりは、仲田守氏のアレンジの方が演奏される傾向にあるのかな・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3392-d5cd0bd3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |