プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年、1989年の全国大会・高校の部なのですけど、
プログラム1番の関東第一からプログラム27番の兵庫高校まで全ての演奏を普門館で聴いた私の
率直な感想ですけど、
一言で言うと、「地域格差が目に余るのかな・・?」という感じのものでした。
そして比較的出場チームの「差」がはっきりと明瞭に出てしまい、上手いチームとそうではないチームの差が
とてつもなく付いてしまったという印象もあったりします。
具体的には・・・・東京・中国・四国支部代表の演奏と関西・関東・北陸支部代表の演奏を単純に比較しても
「本当にこれで同じ高校生なのかな・・」と思わず感じさせてしまうくらいの「大差」が付いてしまったような感じもあります。
そしてこの「地域格差」というのは、実は最近の吹奏楽コンクールを聴いても似たような事は感じる事もあり、
その辺りは難しいものがありそうですね。
そして、この年は金賞受賞チームと銀・銅の間の「差」は、率直に言うと「天地との開き」みたいな感じすら
あったようにも思えます。
ま・・・例によってなのですけど、秋田県の「花輪高校」の銅賞は、あれは私、今でも全く納得していないですね!
花輪高校の銅賞は、どう考えても「審査員の好き嫌い」としか思えないですし、
1985年・87年・89年の花輪高校の銅賞は、私自身いまだに吹奏楽コンクールで理解しがたい評価の一つと
申し上げたい気持ちで一杯です!

この年の高校の部の私にとっての「グランプリ」は、間違いなく常総学院だったと思います。
というか、1989年の常総学院が実は全国大会初出場であったという事実もまさに「驚き」以外の何者でも
なかったですね!
あのまるで管弦楽団による洗練されたようなサウンドという方向性は、
まさに1990年代以降の吹奏楽コンクールの「一つの方向性」を示唆した演奏そのものであり、その意味でも大変
歴史的意義は大きい演奏の一つではなかったのかな・・と思いますね。
そしてあの初出場から既に28年の歳月が経過しているのですけど、
常総学院は、当時の同じ本図先生という大変優秀で指導力のある先生が指導をされ続けていて、
89年のあの「一つの方向性」を更に発展進化させ続けている演奏を聴かせ続け、あの初出場の年からずっと
全国大会の常連をキープし続けている事実は、まさに「脱帽!としか言いようがないですし、
心の底から敬意を表させて頂きたいと思います。

1986年の全国大会で、ドビュッシーの「海」を計3チームが自由曲に選んで、2チームともアレンジャーが異なるという
事情もあるにせよ、習志野・高岡商業・神戸の各チームがそれぞれ異なる表現・解釈の
「素晴らしき海の競演」を聴かせてくれていたのですけど、
1989年の大会も田中賢の「メトセラⅡ」を自由曲に選んだチームが3チーム出場し、演奏していたのですが、
玉名女子・浜松商業・東海第一の3校とも、大変残念な事に「凡演」を聴かせてくれて、
当時の私のテンションを思いっきり下げてくれた事も一つの懐かしい思い出と言えるのかもしれないです。

たげとこの年で一番インパクトが大きい演奏というと、洛南高校じゃないのかな・・・?

あの演奏は、まさに宮本先生のアクの強さが漲り渡り、「宮本先生=洛南高校」というとてつもなく強烈なサウンドが
確立された瞬間じゃないのかな・・・とも感じさせてくれました!
ああいう演奏が出来ちゃうチームは、今現在の吹奏楽コンクールの高校の部では皆無と言えるのかも
しれないですね。
あの「宮本先生=洛南高校」という組合せは、「吉永陽一先生=兵庫高校」に匹敵するとてつもなく個性的なものだったと
今でも思ってしまいますね。
1989年の洛南の自由曲は、レスピーギの「ローマの松」だったのですけど、
これはよい意味でも悪い意味でもいかにも「男子校」らしい側面が出てしまい、人によっては
「もう少し静かな熱演もほしかった・・」という事を言われるとは思うのですけど、
東方Projectの「早苗さん」じゃないですけど、あれはまさに「はっちゃけた演奏」であり、
やりたい放題のある意味とんでもない演奏なのですけど、あの「自由奔放さ」は、絶対に最近のコンクールでは
聴く事が出来ないものであり、改めてあの演奏をCDで聴いてもあの「とてつもない熱気」にはワクワクさせられるものが
ありますね!
それと洛南の「ローマの松」ですけど、二つほど特筆すべきことがあり、
一つは大変強引なカットでもあるのですけど、なんと全楽章を演奏してしまう荒業をやってのけた事と
二つ目は、第一曲においては、なんと・・!
トロンボーン奏者が「フルート」に持ち替えるという前代未聞の豪快な荒業すらも普門館の聴衆に
お披露目していたのは、まさに驚きでしたね!
吹奏楽コンクールで「楽器の持ち替え」というのは珍しい話でも何でもなくて、
フルートがピッコロ持ち替えとかオーボエがコールアングレ持ち替えとか
クラリネットがエスクラ持ち替えとかファゴットがコントラファゴット持ち替えとか
はたまた・・・打楽器の数があまりにも多い場合ですと、時折ですけど、コントラバスが打楽器を部分的に持ち替える事も
あったりしますし、
大変古い話ですけど、1970年代の職場の部・・・たとえば新日鉄釜石あたりですと、
トランペット奏者がホルンに持ち替えるという事例もあったりはします。
だけど上記の場合、あくまで木管楽器が木管を金管楽器が金管をという事なのですけど、
この年の洛南のように金管楽器が木管楽器に持ち替えるという事は極めて異例ですし稀ですし、
そのあたりは「いかにも宮本先生らしい話だよなぁ・・」と改めて感じてしまいますね!

ま・・・この辺りは詳しくは、本記事の洛南高校の際に語らさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3383-284676e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |