FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


初代プリキュアのなぎほの・ひかりの世界に慣れてしまうと、
どうしても二代目プリキュアのSSは、
「なーんだ、顔も設定も妖精の雰囲気も初代とそっくりじゃん・・」とも思ったりもしますが、
やはり初代とSSには違いもあると思いますし、
何よりも確かになぎさと咲は何となくヴィジュアルが似ているような感じもするのですが、
なぎさがどちらかというと頭は悪いけど常識的な普通の中学生であるのに対して、
咲は、シリーズでも屈指のド天然娘という
明確な違いもありますし、
やはり両方共に良さがあり、最近のスマイルやドキドキに慣れてしまうと
改めて初期の頃のプリキュアを見ていると、初期の頃らしい新鮮さも発見され
面白いものもあります。





直接関係はないのですが、中の声の人つながりで見てみると、

〇健太⇒後のキュアルージュ

〇安藤さん⇒後のキュアパイン

〇仁美⇒スマイルの佐々木先生

〇宮迫⇒後のナッツ

という事もあり、例えば文化祭の回なんかは、何か後のオールスターを見ているかのような
感じもあったりします。

SSは歴代シリーズの中で、顕著な特徴と言えば、

①敵キャラから初めてプリキュア側に寝返った戦士の登場

②あまりにも魅力的な敵キャラ~咲以上にウルトラ天然級のマヌケ幹部

という事があげられると思いますが、
やはり相当目立っている点は、主人公である咲と舞の朝昼晩・春夏秋冬・学校内外を問わず
終始イチャイチャイチャイチャしているそのあまりの「仲の良さ」があるのかなーと
思います。
そうした二人の仲の良さが象徴されている回として、
第36話「何作る? 舞の悩みと文化祭」があるのかなーと思います。
この話は、文化祭の統一モニュメントのデザインを一任された舞が色々と悩む事がメインに
なっているのですが、
その中で、咲が舞に対して、
「そんなに頑張らなくてもいいではないかー」
「クラスの代表とか、そんな事はどうでもよい」
「とにかく楽しんで」
「私が舞の作品が好きなのは、舞が楽しんで作品を書いている事が伝わってくる事」
と色々と咲らしい言葉で舞に伝えている事がとても印象に残っています。
この回の前の回が「ソフトボールの決勝戦」で
投手戦の末敗れた咲に対して、舞が語りかけていくことがベースになっていますが、
この回は、その前回を踏襲した上で、逆に咲が咲自身の言葉で舞に伝えている事が
ミソなのだと思います。
いわば、第35話と36話は「二つで一つの回」とも言えると思います。

余談ですが、
この回のエピソードとして、
キントレスキーが校舎のてっぺんから、窓から、色々な所から咲舞を見ていますが、
どうみてもあれは「ストーカー」ですよね・・・
それと、健太のつまらないギャグに対する安藤さんの冷たい視線の反応が
何かとても楽しいです・・・
文化祭のモニュメントも、単発で出すには勿体ないほどの良い出来だと思います。

それにしてもSSはストーリー全体に「優しさ」・「ほのぼのとした雰囲気」が顕著ですよね。
前作の過激さに対する「チェンジ」としてこうした路線が選択されたと思いますが、
その方向性は間違っていなかったと思います。
だけど初代に慣れた視聴者からは、その辺りが「物足りない」と感じたのかも
しれませんよね・・・
スポンサーと我儘な視聴者の反応に左右されがちなアニメ制作に当たっての一つの難しいテーマ
なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/338-249fd7a7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |