プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
25位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歴代プリキュアには各シリーズごとに「素晴らしきヒロイン」とも言うべきプリキュアが一杯いますよね!

そうした正義のプリキュアに対して、そんなに数多い訳では無いのですが、「悪のプリキュア」というのか
「ダークヒロイン」みたいな御方も実はいたりもします。

それでは、誰がダークヒロインに一番相応しいのでしょうか・・・?

そうですね、広義的に言うと、フレッシュのイースとか姫プリのトワイライト様とかスイートのセイレーンとか
(厳密に言うと男が化けたものですけど)ハピネスのアンラブリーとか
色々と候補者はいると思います。
だけど、イース・トワイライト様・セイレーンは後にプリキュアとなってしまいますし、
個人的には「そりゃ、アンラブリーで決まりでしょ!!」と声を大にして言いたい気持ちはあるのですけど、
アンラブリーはあくまで「女装キャラ」という事で泣く泣く外しますと、
そこに登場してくるのは・・・そう! 5代目プリキュアの「ハートキャッチプリキュア」における「ダークプリキュア」以外
ありえないのかなぁ・・と思ったりもしますね!

プリキュア5の映画で登場した「ダークドリーム」も捨て難いものがあるとは思います。

ハートキャッチの「ダークプリキュア」の存在感の強さは本当にすさまじいものがありましたね!!

私としては、やはり第10話での圧倒的な力の差を見せつけ
ブロッサムとマリンを「未熟なプリキュア」とバッサリ切り捨てたあのシーンが印象的ですし
序盤の第10話の段階で
ふたりのプリキュアに敗北と屈辱を味あわせたダークプリキュアの存在感は本当に素晴らしかったです!!

あくまで個人的な意見なのですけど
歴代プリキュアにおける最終決戦の激しさは、SSとハートキャッチが双璧だと思います。
特にハートキャッチの場合は、あのゆりさんの壮絶なドラマと悲劇がありましたし、
ダークプリキュアの壮絶な最期・・・そして最後は・・「救い」があったと思いたいです!

とにかくハートキャッチの最終決戦は大変な見応えがありました!!

さてさて・・・そんなダークプリキュアなのですけど、ハピネスのラブリー・ハニー・フォーチュンの
バンダイのS.H.Figuarts がいまだに発売されていない中でも、
しっかりとS.H.Figuarts にて制作・発売が既にされています!

うーーむ、敵キャラなのにこの優遇ぶり!! ハピネス好きの私にとっては・・・ちょっと「嫉妬」の対象になってしまうのかも・・??



繝€繝シ繧ッ_convert_20161219175319



このダークプリキュアのフィギュアーツなのですけど、翼は2種類付属しており、翼を閉じた状態だけでなく、
翼を広げた状態も再現できるのが中々魅力的ですね!
それと、オッドアイの表情パーツがちゃんとセットされているのかも「さすが、わかっているねぇ~!」という感じですね!

このダークプリキュアの商品概要を下記に記させて頂きますと・・・

 主な商品内容  ・本体
            ・交換用表情パーツ3種
 ・交換用右手首3種、交換用左手首2種
 ・ダークタクト
 ・交換用翼
 ・スタンド
 主な商品素材  ABS・PVC・POM製
 商品サイズ  全高約15cm
 価格      3990円(税込)

魂ウェブ限定商品のダークプリキュアですけど、やはりこの片翼とゴスロリっぽい雰囲気も多少はあるこの黒のドレスに
ググっ・・!とくるものはありますね!
ハートキャッチのフィギュアーツは、ブロッサムも当然既に制作・発売済なんですけど、
感想としては「とっても可愛いけどやっぱり弱そう・・」みたいな感じも無くは無いのですけど、
この「ダークプリキュア」はとにかく見た目の雰囲気からして既に「強そう・・」みたいな感じは伝わってきますよね!!




繝€繝シ繧ッ00_convert_20161219175347



繝€繝シ繧ッ8_convert_20161219175504



ダークプリキュアというと、東方の妖夢を彷彿とさせる独特のおかっぱヘアが特徴ですけど、
妖夢の場合はとっても可愛い!という感じがするのに対して、ダークプリキュアの場合は「シャープ!」とか「鋭い!」みたいな
感覚の方が強いですね!
全体的な顔の造形もシャープでかっこいいですし、
交換用表情パーツで両目が開いている祭の「オッドアイ」が異彩を放っていると思います。
(アニメ本編第10話でも、片目からオッドアイの両目を開いた瞬間に、変身前でしたけど、つぼみとえりかが
その圧倒的パワーの前に後ずさりしていのは大変印象的でした!)

ドレスはパールブラックで塗装されていてとっても美しいですね!

スカート自体に可動箇所が仕込まれていないので下半身の可動範囲はかなり狭くなっている感じがあるのは
少し惜しまれます。

でも圧巻はこの「片翼」の迫力ですね!

東方の吸血鬼のレミリア様の翼も確かにかっこうはいいのですけど、なんとなくですけど、
ゆゆ様じゃないけど、見方によっては「こうもりみたい・・」みたいな印象も無い訳では無いのですけど、
このダークプリキュアは、まさに「極悪の吸血鬼」みたいな雰囲気があり、
「片翼」だけの飛行という事もありましたけど、片翼だけで空を飛んでいる場面は本当に異彩を放っていたと思います。
そうした独特な翼の迫力と威圧感をよくぞフィギュアの世界でここまで表現出来たかと思います!




繝€繝シ繧ッ3_convert_20161219175438



それにしてもダークプリキュアの強さは光っていましたね!

歴代プリキュアの中でも、正規のプリキュアとか善悪という枠を取ってしまうと、
実力だけなら歴代最強と言えるのかもしれません。
第10話のようにブロッサムとマリンの2人を同時に相手しても、二人を撃破し強制変身解除まで追い込んでいますし、
第一話の冒頭で既にムーンライトすらも撃破し、第33話にてサンシャインも敗っているため、
ハートキャッチのプリキュアたちは最低一回は撃破している事になりますので、その強さはまさに本物ですよね!

改めて「ハートキャッチ」を振り返ってみると、
第10話の完成度が高く、この回は何度見ても飽きない素晴らしい回だと思います。
この回は、ストーリーが凝縮され、前半の回想とか丘の上でのプリキュアとしての自覚と決意のシーンとか
さやかのサッカー部での砂漠の使徒の乱入とか、ダークプリキュアの登場とか、
シプレとコフレの捕虜とか、プリキュア大爆発とか、ブロッサム・マリンとダークプリキュアの初対決、
そして完膚なきまでに叩きのめされるシーンとか、
ゆりを見てのダークプリキュアの意味深な退場とか、
見所の多い回であり、ハートキャッチの中でもかなり好きな回の一つでした!

ラストで、ダークプリキュアが、ブロッサムとマリンにとどめを刺そうと思えば簡単に出来たはずなのに、
ゆりの姿を見ると「そういうことか、面白い・・」といって立ち去ったのは、
「未熟なプリキュア何ていつでも簡単に倒せるけど、バックにムーンライトが庇護しているというのなら今は見逃してあげる」という示唆だったのかな・・・?
この回の一か月後に再度ブロッサムとマリンはダークに敗北し変身を強制的に解除させられ、
この時は、サバークが「ムーンライトに関わるな」と厳命し、そのおかげで二人とも再度助かる訳なのですけど、
これは、後で振り返ってみると、ダークとゆりは実は姉妹なのですから、
サバークとしても痛し痒しという感じなのでしょうね。
序盤のブロッサムとマリンは、よく敵幹部が使用していた「未熟なプリキュア」という言葉がぴったりかもしれないです。
序盤で二回も敵方に敗北し、完膚なきまでに叩きのめされるパターンは極めて珍しいと感じます、
大抵一度敗れても次回はやっつけるという王道パターンなのですけど、
ハートキャッチは二度も敗れ去る・・・うーん、だけどここが面白い所で要は、
つぼみとえりかの成長に合わせる形でプリキュアとしても後半にかけてこの二人はグイグイ強くなっていきましたからね・・ !
初期の頃は色々な意味で未熟でも、「成長」というのがハートキャッチのカギでもあり
それが最終的には、つぼみの「心の花」が見事に開花した物語とも言えると思います。

話をフィギュアーツに戻しますと、「ダークプリキュア」のフィギュアーツで大きな見せ所は、
言うまでもなくあの独特な異彩を放つ片翼だと思うのですが、
同時にプリキュアの世界では少しばかり珍しい「絶対領域」をお持ちの大変素晴らしい御方という事も
言えると思います!
足のほとんどは黒ニーソに包まれており、見事な絶対領域を表しているのは素晴らしいですよね!

歴代プリキュアで「絶対領域」というと、スイートの奏も素敵でしたけど、
やはり(男の女装なんですけど・・)ハピネスの「アンラブリー」がやっぱり最高です!!

だけどこのダークプリキュアの絶対領域も素晴らしいと思います!!



ぬえ-1


ぬえ



最後に余談ですけど、やはり「絶対領域」というと、私的には言うまでもなく東方Projectのあの「封獣ぬえ」の
あの素晴らしすぎる絶対領域を推したいですね!

あのぬえの絶対領域は素晴らしすぎますし、
それをフィギュアの世界でもあんなにも見事に具現化したグリフォンの制作者の皆様には
心から敬意を表したいですね!!

あの黒髪、黒ニーソ、黒ミニスカワンピで絶対領域も完備という点が素晴らしいと思いますし、
このグリフォンフィギュアのぬえの「絶対領域」の素晴らしさはまさに圧巻だと思います!!
というか・・・このぬえの「黒ミニスカワンピース」は大好きです!!

ちなみにですけどこの封獣ぬえのグリフォンフィギュアについては
このブログの過去記事ですけど、こちらの 封獣ぬえ・絶対領域!! をご覧頂けると幸いです!

→ 封獣ぬえ・絶対領域!!

ちなみにですけど、このぬえの記事は、当ブログの開設時から今日までに至るまでの当ブログで
過去最多アクセス数を頂けた記事です!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

素晴らしい敵がいるからこそ、すばらしいヒーローが引き立つのですね^^ダークプリキュア、片翼なのがまたかっこいい!どう見ても、強そうにしか見えません。それにしても相変わらずの膨大な知識量。ただただ感嘆するばかりです^^

最強の悪玉プリキュア

八咫烏(冬眠中) 様


確かに・・・!

第一印象から既に「尋常じゃないオーラ」は出まくっていると思います。

ご指摘の通り、こんな極悪キャラがいるからこそ、正義のヒロインは引き立つと思いますね!

まさに世の中のバランスを示唆しているような設定でもありますよね。

こんばんはです(^^)/
黒いの大好きごにぎりは当然ダークプリキュアも大好きだったりします。ダークプリキュアは文句なしに強い悪のプリキュアでしたね!個人的にはバットエンドプリキュア勢も話の展開込みで好きな面々でした。本物対黒い偽物の対決は胸が熱い!そして絶対領域について。うちの子(エリス)は必ずニーソックス着用という程絶対領域信者です。
別記事の内容になりますが、これからもぬくぬく先生様のプリキュア関連の記事、楽しみにさせて頂きます(^^)好きなものは好きに語りましょう!

絶対領域

ごにぎり 様


ダークプリキュアのあのクールさ+強さは、リアルタイム時から痺れていました!

そう言えば、スマイルにもバットエンド組がいましたけど、わずか一回だけでは勿体なかったですね!
私としては「絶対領域」と言うと、東方ではぬえ、プリキュアではアンラブリーがとっても大好きです!
そう言えば・・エリスちゃんも二―ソックス着用でしたね!
エリスちゃんの可愛らしさに比べると、ダークプリキュアはまさに「極悪非道」以外何物でも
なかったかもですね・・・(笑)

ご配慮ありがとうございます!

プリキュア記事はまだまだ頑張りますので、こちらも宜しくお願いいたします!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3351-0690cb6e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |