プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「響け! ユーフォニアム」もあと2回で最終回になります!

最終回はやはり「全国大会での演奏」がメインという事になるのかな・・?

そうですね・・・ユーフォの第二期も前回、第10話をもって久美子の周りの人たちを巡るゴタゴタに一定の決着が
図られたという経緯もありますし、
第9話と第10話のあまりにも充実した内容から比べてしまうと、この第11話は、どことなく番外編というか
エピソード回のようにも感じられ、見ている方としては大変気持ち的に「楽・・」という感じもあったものでした! (笑)

そうですね・・・・・

こんな事書くと「これはアニメ作品なんだからそんなヘンに現実的な事言わないでよ・・」みたいなお叱りを
受けそうなのですけど、
北宇治高校吹奏楽部があの激戦の関西大会を突破して全国大会代表の座を掴みとったのですから、
「こらこら・・・君達、せっかく全国大会への出場が決まったのだから、そんな身内のゴタゴタに動揺していないで
もっと本番に向けての練習に集中しろよっ!」と文句を言いたい感じもあったりします。
ま・・・・どうしてもそこには、
「私だって全国大会はさすがに無理としても一度ぐらいは都大会でもいいから普門館で吹いてみたかった!」とか
「全国大会に出場できる奏者たちは本当に限られた人たちのみ・・そうした人たちが羨ましい・・」
みたいな私自身のやっかみとか嫉妬心みたいな「黒い感情」があるのは間違いはないのですが、
私のように全国大会・支部大会で演奏したくても結局その「夢」を一度も実現できなかった人間の観点から
申し上げると
「全国大会に向けてもっと真剣な気持ちで練習しろよ!!」みたいについつい余計な感情を持ってしまいますよね・・・(汗・・)
響け・・は、関西大会突破以降は、あすかの退部問題とか麗奈の滝先生への「想い」等で
なんか「なかなか部員全員の想いが一つにまとまらないな・・」みたいなもどかしさを感じてしまいますし、
「全国大会出場を逃した他校とかそれ以前に県大会で消えてしまった学校のメンバーの想いもちゃんと
考えてあげてよ!!」みたいな想いも私の中には間違いなくあったりもしますね。

だけど、そうした「不安定さ」というのがまさに「スクールバンド」の一つの魅力でもあり楽しさでもあるのかな・・とも
思ったりもしますね。
以前も書いたことがあるのですけど、現実的な話をしてしまうと、いくら優秀な顧問が赴任したとしても
わずか数か月足らずで、5月の段階で「海兵隊」すらまともに演奏できなかった吹奏楽部が、支部大会を突破して
全国大会に進めるなんてことは、まず100%ありえません!
このアニメをご覧になって、「吹奏楽」に興味を持たれる方が増えられるのは大変ありがたい事であると思うのですけど、
同時に・・・
「なんだ! 吹奏楽コンクールってちょろいんだ・・・あんなに実力が無くても短期間で練習すれば全国にも行けちゃうんだ!」
見たい誤ったイメージを持たれてしまうのは
「ちょっと勘弁してよ・・」みたいな想いもあったりはしますね。

この「響け! ユーフォニアム」の舞台は京都なのですけど、
1990年代~2000年代初めの頃まで「京都」を代表する吹奏楽の名門チームというと洛南高校という素晴らしいチームが
ありましたけど、洛南を長年指導されていた宮本先生が勇退され
(宮本先生も最近でもないですが、ご逝去されておりました。先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます)
それ以降の洛南高校は、全国大会はおろか時には関西大会出場すら果たせない年もありまして、
「響け・・」が提示しているように
「新鋭校が一つ出てくるとそれ以前の常連校の出場枠が一つ減る」という事でもあり、
改めてですけど、こうしたコンクールの厳しさとか競争の激しさを感じさせられる瞬間もあったりします。
その競争の激しさが「コンクールの絶え間ないレヴェルアップ」の大きな要因にもなっているのですけど、
同時にそこには「審査は水物」とか「審査員の好き嫌い」とかも絡んできますし、
改めてですけどこうしたコンクールは大変だなぁ・・と実感させられますね。

関西大会と言うと、ここ最近は大阪府ばかりが突出していますね。
つい最近まで、天理の奈良県とか上記の洛南の京都府とか兵庫県の県立高校も関西大会のあの激戦を突破して
全国大会に出場していましたけど、
やはり「大阪の私立はお金を持っているよなぁ・・」みたいなやっかみも多少はあるかもですね・・・(汗・・)
このブログでは、兵庫県の県立高校の素晴らしさは何度も書かせて頂きましたが、
兵庫・明石北・明石南・尼崎東・尼崎西・御影・神戸・西宮などのような「公立高校」が
あの激戦の関西大会を突破して全国大会に何度も出場し、あのような素晴らしい名演をいくつも幾つも残して
いたのは本当に驚異的な事ですし、
公立高校出身の私としてはまさに「憧れ」みたいなエリアですね!!







4e5d22a1-s_convert_20161218193201.jpg



前回の話で懸案の「あすか問題」に目途が立ちましたので、さてさて残った問題は、
「滝先生には実は奥様がいて、その方は既に亡くなってはいるけど滝先生は、その奥様の事をいまだに引きずっている」
という事に気が付いた麗奈の「心理的ショック」という問題ですけど、
こらこら・・・久美子! そういう時こそ、麗奈の百合要点のあなたの出番でしょ・・!?と言いたくもなってしまいますが、
実際にそんな展開になってしまいました。
というか、今回の展開はまさに第一期のあの伝説的神回と言えるあの第8話の再現でしたね!

ここで少しばかり第一期のあの場面を少しばかり再現すると・・・

麗奈:痛い・・・・でも、痛いの嫌いじゃないし・・・

久美子:なんかエロい・・・・

麗奈:変態・・・・

「中3のコンクールの時、本気で全国行けると思ってたの?って聞いたんだよ?性格悪いでしょ・・」

「それって悪口・・・??」

「これは愛の告白」

「良い子の顔して、でも本当はどこか冷めてて。だから良い子ちゃんの皮…ペリペリってめくりたいなって」

「久美子ならわかってくれると思って…私、興味ない人とは仲良くなろうと思わない!」

「当たり前に出来上がってる流れに、抵抗したいの」

「私、特別になりたいの。他の奴らと、同じになりたくない!!」

「だから私は、トランペットやってるの。他の人と同じにならないために・・・・」

第一期のあのシーンはまさに「濃厚な百合回」でしたね!

そして第二期もほぼ似たような展開になっていましたが、
麗奈のあの「叫び声」は、第一期の第三話のあの「新世界」における
「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーー!!」という叫びと重なるものがあったと思います。

今回の第二期の11話における麗奈と久美子の会話は、第一期の「百合」に麗奈の滝先生への「想い」も加わり、
更に意味深なものになっていたと思います。

私さ、自分の弱さにビックリした。

奥さんがいたって聞いた時、ヤバイくらい動揺して…

もう奥さん、いないんだよ

うーーむ・・この辺りの麗奈はまさに「恋する乙女の憧れ」みたいな甘酸っぱい面もあったかとは思いますが、
同時に「麗奈、こわい・・」みたいな雰囲気もあったと思います。

そんな中での久美子の「私、応援してるよ」は、久美子らしい一言でもあり、
久美子の麗奈に対する「想い」も伝わってくるかのようなシーンでもあったと思います。

余談ですけど、夏紀のポニーテールは本当に可愛いですね!



9b39e671-s_convert_20161218193226.jpg



北宇治高校吹奏楽部は、滝先生の父親がかつて吹奏楽部顧問を務め全国大会にも出場した事があるのですけど、
滝先生にしてみれば「父親がかつて指導していた学校を息子の自分が受け継ぐ」という事で
心のどこかには「静かな熱い想い」が間違いなくあると思います。
そして滝先生にはもう一つ「受け継がれた想い」があるのです。
それが何かと言うと、滝先生の若くしてご逝去された奥様というのは、実は北宇治吹奏楽部の卒業生で
在籍時には全国大会に出場したものの金賞は取れなかったという事で
「未練」はあったと思いますし、
同時に滝先生の奥様としては「私もいつかは北宇治高校吹奏楽部の顧問としてこの部を指導し、
全国大会に導き、全国で金賞を取りたい!」という想いは間違いなくあったと思います。
だけどその奥様は不幸な事に若くして世を去られた・・・
奥様の「この世への未練」は相当あったと思いますし、それが分かっている滝先生の「喪失感」は相当なものが
あったと思います。
だから現在の滝先生は、父親からの想いと亡き妻からの想いという「二つの想い」を胸に秘めているのだと
思います。

そして麗奈自身は、幼少のロリの頃に既に滝先生と出会っていて、
実はその頃に既に滝先生にひそかな「想い」を秘めていたのですね!
そして中学生に成長した麗奈に滝先生が掛けた「もっと上手くなりたい。もっと遠くに行きたい。そんな音です」という言葉は
本当に素敵なものがありましたし、
麗奈が滝先生に憧れ・・または「恋に恋する」みたいな甘酸っぱい感情を有するのも当然かもしれないですね。

だけど私は、ロリ麗奈の可愛らしさに一撃でノックアウト!という感じでした!

あのロリ麗奈は本当にとっても可愛かったです。

ラストの麗奈と久美子の滝先生のお墓参りと麗奈の「誓い」のシーンはとても美しかったと思います!

最後に余談ですけど、滝先生はいわば「吹奏楽の親子鷹」みたいなものですけど、
現実の吹奏楽コンクールでもそうした実例が最近ありましたね!
吹奏楽ファンの皆様ですと秋田県の「山王中学校」と言うとすぐに「ああ・・木内博先生ね・・」みたいにピンとくると思いますが、
1970年代に一世を風靡した木内博先生時代の幻想交響曲・スペイン奇想曲・三角帽子・スペイン狂詩曲などのような
名演を後世の私たちに残して頂いた大変立派な先生でしたけど、
その木内博先生の後を受け継いだ羽川先生・細谷先生も大変立派な実績を残され、
そして2007年以降は、木内博先生のご子息の木内恒先生がその山王中に赴任され、
父親の木内博先生時代以上の素晴らしい演奏を既に聴かせてくれていますので、
まさに素敵な親から子へと「伝統」というバトンが受け継がれたまさに「見本」みたいな実例だったと思います。

まさに滝先生の素敵な実例と言えると思いますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

滝先生の檄

こんばんは。

この回は久美子ちゃんと高坂さんの繋がりを試す感じがしました。
高坂さんが滝先生の奥さんの存在を知った要因として、久美子ちゃんが喋ったと滝先生や橋本先生が誤解した点は残念だったかと。
久美子ちゃんはペラペラ喋らんでしょうよ!ってツッコミましたけど。
高坂さんに喋ったってイイ方向に転がるワケがない。
知らぬが仏とばかりに気遣ったコトが若干のスレ違いを生んだかと。
それは友達に対する思いやりでしょうよって。
まあ、泥沼にならずによかったって。

この回でインパクトあったのは、滝先生のダメ出し。
「弱いです。全然弱い!」
来年はV奪回のホークスへの檄のようです。
う、キビシー。

Re: 滝先生の檄

五航戦の愛鷹 様


久美子は、あすかといい麗奈といい、はたまたみぞれと希美の件と言い、
本人はどちらかというと醒めているタイプなのに不思議とそうした「事件」にさりげなく巻き込まれちゃうタイプと
言えるのかもしれないですね・・(笑)
麗奈と久美子が滝先生の奥様のお墓参りをするシーンは、
見方によっては「女の子はある意味怖いよな・・」を感じさせるシーンではありましたけど、
麗奈としては、滝先生のためにも、そして何よりも自分のプライドのためにも
全国で素晴らしい演奏をしなくてはいけないみたいな「誓い」にもなっていたのが素敵だと思います。

「弱いです。全然弱い!」

これは吹奏楽の練習ではよく言われる言葉ですけど、
それじゃーーー!と言わんばかりに音が割れまくった汚い音での強奏をしてしまうと、今度は指揮者から
「うるさい!」と怒られてしまうし、
その辺りのさじ加減は難しいですね・・


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3350-d65ece60
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |