プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
16位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


26.福岡工業大学付属高校


B/呪文とトッカータ(J.バーンズ)


1981年のケクランの「民衆の祭りのためのコラール」と1982年のリードの「春の猟犬」は
まさに吹奏楽コンクールの正統派の正攻法の演奏だったと思います。
例えば、1982年のBJの村井氏の高校の部の講評では、「名電は、この味を食べなさい!と威圧的に言う高級レストラン、
福岡工大付属は店はまだ小さいもののこの味を食べて下さいと優しく言う温かみのある街のレストラン」みたいな
大変興味深い対比を述べられていましたけど、この表現は、「まさにその通り!」という感じだと思います。
それくらい1982年の福岡工大付属の「春の猟犬」はとっても可愛くてチャーミングで
思わず「小さい子供を抱っこしてすりすりしたくなってしまうような」素敵な演奏だったと思いますし、
まさに正攻法の演奏だったと思います。

さてさて・・そうしたこの福岡工大付属なのですけど、そのわずか一年後には更に素晴らしい進化と飛躍を
見せ付けてくれていたと思います。
そう・・、この年には既に「可愛らしさ」みたいな言葉は相応しくなく、
既に名電みたいな「貫禄」というのか街のレストランからシティーの高級レストランに変貌した事を
見せ付ける演奏だったと思います。
前年の「春の猟犬」が正攻法の演奏とすると、この年は「王道を行く」ような圧巻の演奏だったと思います。

課題曲B/白鳳狂詩曲は、全国大会でも支部大会でも中々満足出来る演奏に巡り合えなかったのですが、
福岡工大付属の演奏は、私が知る限りでは最高の演奏だと思います。
この課題曲はヤマハ浜松も演奏しているのですけど、レコードの音源が
あまりにも音響が悪い宮城県民会館での実況音源という事もあり、確かに上手いのですけど、
録音のせいでとにかく音が固く感じられ、この課題曲の魅力を十分に伝えきれていないと思います。
ヤマハ浜松の原田先生の解釈も意外と淡泊で、後半のコラールのうねりはもっともっと壮大に表現して欲しかったような
感じもあったりはします。
福岡工大付属は、序盤のピッコロとクラリネットの掛け合いから徐々に気持ちが高潮していく部分や、ドラの響かせ方、
金管楽器の高揚感、どれをとっても申し分ない所です。
そしてこの年のこのチームの音の透明さはまさに「極限」にすら達していると思います。
音自体が大変美しいのに、そして同時に力強く鳴っていて、
まさに「美しさと力強さ」を両立できている見事なサウンドであり、それを実際に具現化できた課題曲だと
思います。
ラストのコラールの高揚感はまさに圧巻でしたね!
どちらかというと前半は高ぶる感情を抑制しようとする鈴木先生の意図が感じられ、後半にかけて
高まる感情を一気に爆発させた鈴木先生の解釈に共感するところ大です!

自由曲は、一転して「神秘」の世界に入り込んでしまったような錯覚に陥るほど
不思議な感覚をうまく表現しています。
同時にワイルドな部分も金管楽器を中心に豪快に響かせていますから、静と動、強弱の
コントラストが非常に鮮やかに表現されていて、実に気持ちが良い感じがします。
不協和音の音のぶつかりも、全然濁りや居心地の悪さも皆無で、とてつもない斬新な響きが
普門館の会場に響き渡っていたと思います。
この「呪文とトッカータ」は、打楽器が終始大活躍をしますけど、多彩な打楽器の一つ一つの「音のニュアンス」が
伝わっているようにも感じられ、
単に「ぶっ叩く」というのではなくて、一音一音に意味合いを感じさせていたのは素晴らしいと思います。
そしてこの年の金管楽器の優秀さは、まさに高校生離れですね!

これは既に1/3の兵庫高校の記事でも書いた事ではあるのですけど、 
福岡工大付属の演奏は、プログラム20番の東邦から27番の秋田南まで8曲の自由曲が収録された
「日本の吹奏楽83 vol.8」というレコードに入っていますが、
東邦・花輪・関東一・仁賀保の陰鬱で暗い世界を経て、兵庫の開放感と高揚感⇒東海一の躍動感
⇒福岡工大付属の神秘の世界⇒秋田南のファンタジーへと続いていきますので、全体的に
暗から明へというストーリーがあるようにも感じられ、聴いていてとてもヴァラエティーに富んでいますので
とても楽しい一枚だと思ったものです。

バーンズという作曲家は、日本においては、1982年のアルヴァマーを持って認知され始めたという
印象があります。
同年に「呪文とトッカータ」というこれまた素晴らしい曲で、大いに当時の聴衆を魅了しています。
というか、いつの間にか「呪文とトッカータ」というタイトルが「祈りとトッカータ」に変更に
なっていますが、なぜ表記名が変わったのでしょうかね・・・?
習志野高校は、当時も現在も吹奏楽の名門校で、自由曲はほとんどアレンジもので出ていますが、
1982年は、なんとこの「呪文とトッカータ」というオリジナル曲で臨んでいます。
これは、今となっては信じられない事かもしれませんがね・・・
だけど、正直演奏は粗いのが難点です。
この「呪文とトッカータ」は習志野と福岡工大付属以外のチームも全国大会でいくつか演奏されていますけど、
1983年の福岡工大付属を超える演奏はいまだに表れないというのが私の見解です。
それだけ逆にこの年の福岡工大付属の演奏が光っていたという事になると思います。

あ・・そうそう、残念ながら関西大会でダメ金で惜しくも全国大会へは出場できなかったのですけど、
吉永陽一先生が、兵庫高校から異動された西宮高校の1986年の「呪文とトッカータ」は、
実は「隠れた名演」だと私はいまだに思っています。
あの素晴らしい演奏がいまだに「知る人ぞ知る演奏」になっているのは大変残念な事なのですけど、
86年の西宮高校の「呪文とトッカータは、83年の福岡工大付属と共にこの曲の「双璧」となる演奏だと
私は思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

呪文とトッカータ

福工大附属の呪文とトッカータはホントに素晴らしいですよね。
ソロもテュッティも文句なしだと思います。
確か、当日会場にバーンズがいて、絶賛したという話を聞きましたが、
ホントなのでしょうか?
コンクールなので仕方ないですけど、ノーカットで聴いてみたかった演奏ですね。

あ、前年の1982年には東海第一もこの曲を自由曲にしているようです。
東海大会ダメ金だったようですが、こっちも聴いてみたいですw

ちなみに、呪文とトッカータの原題はInvocation and Toccataで、
invocationには確かに「呪文」という意味はあるのですが、「祈り」の方が
より意味としては近いらしく、祈りとトッカータとなったようです。
チャンスの呪文と踊りはincantationで、呪文という意味が強いのでそのままのようです。
でも、当時を知る世代はやっぱり呪文とトッカータの方がしっくりきますね。
曲のその部分の雰囲気からも僕は呪文の方がいいと思うんですけどね。

祈りとトッカータ

ゆーすけ 様


そうですよね・・最近のプログラム表記はほぼ例外なく「祈りとトッカータ」になっていますけど、
ご指摘の通り、言葉の意味としては「祈り」の方が正解だけど
曲の雰囲気的には「呪文」の方が合っていると思いますよね!
チャンスの「呪文と踊り」の「呪文」は、「おどろおどろしい・・」みたいな雰囲気もありそうですけど、
バーンズの方の「呪文」は「魔法」という感じが漂い、チャンスよりは洗練されているような印象が
あったりもしますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3349-84b74902
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |