プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


25.東海大学第一高校


B/シンフォニア・フェスティーヴァ  Ⅰ.ファンファーレ Ⅱ.アリア Ⅲ.トッカータ (A.ランニング)


前年の1982年は、「呪文とトッカータ」で東海大会ダメ金で、全国大会への連続出場が一旦途切れてしまいますが、
翌年にしっかりとこうやって全国大会に戻ってくる辺りは「さすが!」という感じがありますね。
自由曲の「シンフォニア・フェスティーヴァ」はこの年の東海第一が全国大会初演です。
この曲は、全国大会では1996年以降は演奏されていませんけど、支部大会では忘れられることなく演奏され続けていますので、
やはりこの曲の普遍的価値は皆さんよく分かっていらっしゃる!という事なのだと思います。
演奏は一言で言うと、「積極的な攻めの演奏」に尽きると思います。
管楽器のダイナミックな響きが特にトランペットを中心にガンガンストレートに伝わってきますが、 
反面詰めが甘いというか、ミスが多く、音が非常に粗いため、「管楽器独特の生臭さ」も
伝わってくるような演奏でした。
トランペットが終始大活躍する曲ですが、ラストで息切れを起こしたのは少し残念な所です。
ソロトランペットは第一楽章の冒頭から第二楽章、そして第三楽章の至る所で大活躍する曲で、
東海第一の奏者も冒頭をはじめ、あのとてつもないハイトーンをものともせず大変生き生きとした躍動感のある
音楽を聴かせてくれていたと思います。
それだけにⅢのトッカータのラストのソロトランペットの息切れと音外しは大変勿体なく感じますし
「何も最後の最後であんなに盛大に音を外さなくても・・」とついつい思ってしまうぐらいかなり目立つミスでしたので
大変惜しかったです。
だけどあのソロトランペット奏者は、特に第一楽章の大健闘は素晴らしかったです!
第二楽章のアリアのたっぷりとした歌も申し分なかったです。
この曲は金管主体というか、どうしてもトランペットばかり目立ってしまいがちなのですけど、
全体的な音楽のつくりは大変生き生きとして、特に第三楽章は、木管の跳ね上がるような感じがとても楽しかったですし、
あの雰囲気はまさにオペレッタとかミュージカルみたいな「楽しい雰囲気」が大変素敵に表現されていたと思います。
全体的な印象としては、東海大学第一の積極果敢に攻める演奏とか思いっきりの良さにもすごく好感が
持てたものでした。
ただ、この東海大学第一の演奏は、今改めて聴くと、
テンポが速すぎて、曲全体が完全には消化出来ていない感じもします。
後にこの曲を自由曲に選んだチームと比べてカットを短くしているせいもあるのですが、
12分という時間制限の中で、「迷うことなく駆け抜けた・・だけど荒すぎた・・」という印象もあるのかもしれないですね。

この曲は、1987年に計3団体が全国で自由曲として取り上げられ
瞬間的に注目を集めます。
だけど、
明徳義塾は、単に豪快に鳴らしただけ・・
富山ウィンドは何か理屈っぽくて素直に楽しめないしカットも何か不自然・・
NTT中国は、課題曲が風紋のせいか、第三曲のみ演奏
でしたので、いずれもこの曲の名演の決定打にはなっていません。
という事で、コンクールでこの曲の素晴らしい名演はまだ出ていませんので
どこかのチームの素晴らしい演奏を今後期待したいものです。

この「シンフォニア・フェスティーヴァ」は、三曲から構成されています。

Ⅰ.ファンファーレ

 冒頭からトランペットのソロが大活躍します。
 クライマックスでのドラの鳴りが極めて豪快!!

Ⅱ.アリア

 木管楽器のしっとりとした表情が印象的。そんな中でもトランペットに
 ゆったりとしたソロの場面も与えられています。

Ⅲ.トッカータ

 ミュージカルみたいなノリの曲です。
 全員で楽しく踊りまくるみたいなイメージの曲で
 ホント、聴いているだけでハッピーな気持ちになれます。
 だけどエンディングのトランペットのハイトーンを決めるのは至難の業・・・

CDでは、東京佼成の演奏が一番素晴らしいと思いますし、この曲の数少ない決定打みたいな
演奏です。

最後に・・・

後年指揮者の榊原先生は、生徒に対するセクハラで逮捕され、吹奏楽界を永久追放みたいな感じに
なったのは大変遺憾な事です。
この時代から既にそうした兆候があったとの事ですが、やはり先生と言うか、指導者と言うものは
「天狗」になってはいけないものですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

吹奏楽界の”田代まさし”

こんばんは(^^)
コメント失礼します(^^)

榊原先生は確かに斬新な選曲で、吹奏楽に新しい風を吹き込んで下さいましたが、天狗になってしまったのは哀れな話ですね(>_<)💦

そういう意味では神様と呼ばれても努力を続ける屋比久先生の爪の垢を煎じて飲んで欲しいですね(>_<)💦

カリスマと言われた故に天狗になってしまい、部活動を私物化しようとした罪は一生かけても消えないですからねー(>_<)💦
何処かで彼の歯車が狂ってしまったか判りませんが、全国レベルのバンドに育ててしまった故のプレッシャーや重圧に耐えきれなかったのもまた事実ですね(>_<)💦

ただもうこんな個性的な先生が出て来ないのは本当に残念です(>_<)💦

吹奏楽界の”田代まさし” → うまい! 「座布団、10枚ですね!」(笑・・)

esakui69 様


確かに・・・そうした意味ではまさに屋比久先生は「神様」以上の存在ですね!

それと・・・

榊原先生のように、プロのオーケストラの奏者から高校教師兼吹奏楽指導者になった実例として
花輪高校の小林先生みたいな偉大な存在もいるのですから、
榊原氏は、本当に小林先生の爪の垢でも煎じて飲んで頂きたいものです!
しかも、小林先生は貧乏県立高校を率いてのあの「伝説」ですから、頭が下がる思いです!
ちなみに小林先生は、秋田南の転任後は、とある田舎の県立高校の教頭先生も務められています!

榊原氏は・・・どっかで「道」を誤ったのでしょうね・・・

ネリベルの「世の終わりの行進」とかギリングハムの「神が愛なら・・・」のあの内省的な演奏が
素晴らしかったですし、まさに「さあ、これから!」という時でしたから、
勿体無いのですけど、こればかりは「自業自得」としかいいようがないですね。

吹奏楽界の”田代まさし”・・・・あまりにも適切な表現で言葉がでないです・・(笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3348-374b537c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |