プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
13位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・・前回の第9話のあすかと久美子の「心理モノローグ」があまりにも濃厚でお見事で、
見ている人が100人いれば100通りの解釈・感じ方が出来るようなとてつもなく奥深くて繊細なつくりで
素晴らしかっただけに、
それから比べてしまうと、この第10話は、久美子の「ストレートな感情」を何の小細工もなしにド直球に放り込んだという
印象が大変強く、
第9話のデリケートさに比べてこの第10話は、おおらかさの方がより強調され、
確かに見ている方としてはとてつもなくわかり易い構造になってはいるのですけど、
第一期からこの「響け・・」を見ていて
この「響け・・」の持ち味でもある「胃がギリギリ痛くなるような重たさ」の魅力にはまってしまっている人間の観点から
見てしまうと「感動はあるけど逆に響け・・らしくないシンプルなわかり易さがあるな・・」と
なんか妙に捻くれた見方をしてしまったものでした・・(笑・・)

確かにユーフォの第二期はまだ続きますけど、
私の感覚で書いてしまうと、このアニメの絶対的な「神回」というのは、第一期は第12話、第二期は前回の第9話
じゃないのかな・・?とも思ったりもします。
(あくまで私個人の感想です・・・)







第10話ですけど、やはり構成がなかなか巧みですね。相変わらずこのあたりの構成・演出の
京都アニメーションのレヴェルは作画と合せて驚異的に高いと思います。

久美子のお姉ちゃんは、実は現況のあすかに繋がっているのだと思います。
久美子のお姉ちゃんは
「自分の道を行きたい…そう素直に言えばよかった」
「文句言いながら、ずっとお母さんたちの言う通りにしてきた」
「それが頑張ることだって勘違いしてた。我慢して、親の言うこと聞いて堪える…それが大人だって」
というセリフから示唆される通り、本音は「吹奏楽を続けたかった! だけど親の意向もあり、それが出来なかった・・・
それを今ではすごく後悔している」という事なのだと思われます。
だからこそ本音としては、妹の久美子が全国大会出場を決めたという事は、
もしかして・・・お姉ちゃんなとっては「うらやましい・・眩しい・・」と感じる事でもあるでしょうし、
心の深層としては久美子に対するやきもちみたいなものとか
「この子は次女なんだし、私と違って長女じゃないから自由にやりたいようにできる」みたいな感情も
あるのかもしれないです。
だけどそんな事よりもここで重要な事は
「親の意向に沿う形で結果的に吹奏楽と楽器を続ける事を断念した事を後悔している」という事に
お姉ちゃんが気がついた事であり、
同時に、
「私はもう親の意向に沿うばかりの操り人形じゃない! 私は私のしたい事を今後歩んでいく!
たとえそれが今はイバラの道であったとしても後悔はしない!
親が決めた路線をいい子ちゃんぶって歩く事はもう嫌だ!!」というお姉ちゃん自身の「心の叫び」が伝わってくるような
感じは間違いなくあったと思います。

そう! そうなるとここでリンクしてくる御方と言うと・・・いうまでもなく、前回の話の中で
「親の意向・・」とか「あんなのでも親は親」とか
「吹奏楽と大好きなユーフォを人質に取られる形で吹奏楽を続けてこられた」とか
「母親の幸せの中に吹奏楽は入っていない」とやっと「本音」を吐露してくれたあすかなのだと思います。

あすかは、「親は大切にしないといけない」という世間体と「母親と私は違う! 私はあなたの操り人形ではない!」
という心の本音で揺れ動いているのだと思うのですけど、
もしもですけど、あすかが自分の本音と反する形で親の意向に従い、
せっかくつかんだ「全国大会での演奏」という貴重な経験を積む事が出来なかった場合の数年後のあすかは
間違いなく久美子のお姉ちゃんと同じ状態に陥るのだと思います!
そう・・! 結果的に今現在の久美子のお姉ちゃんというのは、可能性的にあすかの近未来図だと思うのです。

今回結果的に久美子のお姉ちゃんは大学を中退し、自分が本当になりたい職業=美容師という夢の実現のために
「自活」そして家を出るという選択を取りましたけど、
それは必ずしも楽な道ではないですし、むしろ「イバラの道」だとも思えます。
それを示唆していたのが、味噌汁を作っていた鍋を焦がしてしまい、必死になってそのコゲを取るシーンなのだと
感じます。
その「焦げ」が象徴しているものが「親の意向に沿う事で我慢してきた鬱積」なのだと思いますし、
その焦げを必死になって磨いて結果的に焦げは取れたものの鍋自体は傷付いてしまったという事は、
自分の道を進もうとする事で「失うもの」は一杯あるけど、その覚悟はあなたなも果たしてあるのか・・!という事を
暗示しているシーンじゃないのかな・・とも思ったりもしたものでした。
そうですね・・・どうしてもこういうシーンを見てしまうと、私自身も、
親元を早期で離れて自活をする事で得たものと結果的に失ってしまった事を感じざるを得ないですね・・・
だけど・・・
久美子のお姉ちゃんもそうだと思いますし、私自身も結論から言うと・・・
後悔はしていない!という事なのだと思います。
否!!
意地でも・・例えそこに無理があったとしても「私はどんな事があっても後悔という言葉は発しない!」という事なのだと思います。

そして・・・

結果的にですけど、多分・・・あすかもそうした「イバラの道」を辿っていく事になるのだと思いますけど、
私個人としては、あすかに対しては
「親からの自立」というのは確かに失うものもあるけど、
問題は・・・
「あなた自身の今後の生き方の方を優先した方がいいんじゃないの・・・?」という事なのだと私は感じます。

ちなみにですけど・・・あすかの毒親みたいな話と言うと
思い出すのは、実の母親を告発する本を出版された女優の遠野なぎ子さんの事なのですけど、
この遠野さんと毒親と家族の在り方についての当ブログでの記事は  系図(Family Tree)~若い人たちのための音楽詩 で
語らさせて頂いております。
興味がある方は是非ご覧頂ければ幸いです。

うーーむ、私もたまにはこうしたまともで優れた内容の記事を書く事もあるものなのですね・・・

思いっきり余談になってしまいますが、
当ブログにおいて、全記事を書いているこの管理人が「過去最高記事!! こんな神がかった記事は今後絶対に書けない!」と
自画自賛している記事は響け! ユーフォニアム【第一期】 第12話なのですけど、
こんなに優れた内容の記事なのに、いまだに誰一人からもコメントを頂けていないのは
本当に書いた方としては、不本意・・の一言に尽きます・・・
誰でもいいから・・・この記事に相応しいコメントを頂く事が出来たら本当に嬉しいですね!
(たぶん永遠にないと思いますけど・・・)

響け! ユーフォニアム【第一期】 第12話

そうですね・・・これは吹奏楽コンクール全国大会において、例えばなのですけど・・・
1985年の花輪高校があんな素晴らしい名演を聴かせてもコンクールの評価としては銅賞を受けたとか
1987年の雄新中学校があんなにも心に響く素晴らしい演奏を聴かせてくれても、コンクールの評価としては
銀賞に留まっているのと、もしかして次元は同じと言ったらさすがに語弊はあるでしょうね・・・(笑)
要は・・・
それを創りだした者とそれを見た方・聴いた方との「見解の相違」という事なのかもしれないですし、
その辺りは「コンクールの審査は水物・・」と言われるのと感覚は近いのかもしれないです。

最後にこれも思いっきり余談になってしまいますが、
当ブログにおいて「この記事が今年最高の記事!!」と自負する記事と言うのは、
早苗さんと現代資本主義
だと思います!
それと・・この記事もいまだにコメントゼロというのも・・・
書いている方としてはとてつもなくテンション下がりまくりという感じでもあります・・・(泣・・)

→ 早苗さんと現代資本主義

そうですね・・・管理人が「こんな手抜き記事みたいな・・」という記事に意外なほどの反応を頂いたり、
前述のユーフォとか早苗さんみたいな大変優れた内容の記事が反応皆無というのは、
吹奏楽コンクールにおける聴衆の感じ方と審査員の評価の「ズレ」という事にも多少は被るものはあるのかな・・・??




7ebc2486-s_convert_20161210173500.jpg



c3c7acbd-s_convert_20161210173525.jpg




話がそれまくりで大変失礼しました・・・

あ・・・Aパートで久美子のお姉ちゃんが「全国聴きに行くから・・」と言っていましたけど、
いやいや、お姉ちゃん!
今現在の全国大会のチケットは完璧に「プラチナチケット化」していて、入手は極めて困難です・・・
1984年に私が初めて普門館開催の高校の部を聴いた時なんて、余裕で並ばずに当日券を購入でき、
プログラム一番があの天理だというのに会場は7割も入っていなかった時代から見ると
信じられない現在の光景でもあります。

そして運命のBパート・・・

ここで久美子は泣きながら・・・

あすかに対して「私はあなたと一緒に吹きたい! あなたと一緒に全国大会のステージで吹きたい!!」という
想いをあすかにぶつける事になります!

あすかは最初は「教室まで来て緊張したでしょ。飴ちゃん食べる?」みたいな
「おまえは関西のおかんかっ!?」とツッコミを入れたくもなってしまういつもの飄々とした感じでしたし
(「飴ちゃん食べる?」というセリフは、スマイルプリキュアの第14話の関西のおばちゃんたちみたいでした・・・)
最初の久美子の説得工作に対しては
みぞれの一件をあえて持ち出し、「理論武装では私には絶対にあなたは私に勝てない!」みたいなものを
見せつけていましたけど、
ここで久美子は主人公らしい本領を発揮します。

電車のシーンの涙は「姉に対する自然な感情」という事でしたし、
あすかの説得シーンは、まさに久美子の自然な感情の爆発でしたし、
まさに「私はあなたと一緒に吹きたい!」という気持ちがストレートにぶつけたものでした。
だけどこういう場合の人間の説得というのは「理屈」じゃないんですよね・・・
それが「気持ち」なのだと思いますし、
久美子のストレートな感情が結果的にあすかの「心」を動かしたのだと思います。

あのシーンは確かに見ていて「みえみえの展開」という事で私的には必ずしも完璧な共感はできなかったですけど、
久美子役の声優さんの
あの感極まったような迫真の泣き方・・・が大変印象的で
まさにあれは「泣いている女の子が感極まった様子」が見事に演じられ、素晴らしい!と感じたものでした!

久美子役の黒沢さんは、正直・・初期の頃の「セリフ棒読み」とか淡々とした感じが
いかにも久美子らし過ぎてあまり共感しなかったですけど、
今回のあの感極まった迫真の演技は、まさに声優魂炸裂!!だと思いました!!

10話では、基本的には何も考えていない久美子が、自分が傷つくことも恐れず、あすかの心に飛び込んだ結果、
あすかの分厚い仮面を剥がし、あすかの「心の闇」をこじ開けたのだと思います。
そしてあすかは・・・全国大会のためでも、北宇治のためでもなく、そして審査員の父親のためでもなく、
久美子のために吹く覚悟を決めて、「ただいま」と言い、
そしてあのタイトル「ほうかごオブリガード(ありがとう)」につながる展開は本当に素晴らしいものがあると思います。

さてさて・・・そうなると残った問題は・・・麗奈なのでしょうね・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

男の悔いは死ぬまで

こんばんは。

この回では後悔したくない、どういう結果になろうと自分を悔いなく出すコトかと思いました。

ボク自身は進学・就職ともに親の干渉もなく自分で決めました。
転職して今の仕事に就いたときも親は無干渉でした。
この点では恵まれていると思います。
唯一、ボクが後悔しているコトは好きな女の子に「好きだ」と言えなかったこと。
それが3回も言えなかった。
恋愛だけは超消極的で傷つくことを恐れるせいか、どうしても言えませんでした。
チャンスがあったのに、自分から潰してしまった。
男の悔いは死ぬまで消えることはナイんですよね。

だからこそ、久美子ちゃんが思いの丈を、あすか先輩にぶつけたコトは姉のように後悔してほしくない。
大人ぶったクールな対応しなくてもイイじゃん。
自分に正直に生きてほしいと思ったのでしょうか。

久美子ちゃんのように本音を言える力が羨ましく思えました。

Re: 男の悔いは死ぬまで


五航戦の愛鷹 様


確かに今回の久美子は今までのような影の薄い主人公ではなくて、自分の「想い」をストレートにぶつける事で
「自分の意志」を明確に提示していたのは素晴らしい事だと感じました。
「あとから後悔しないように・・、今現在で出来る事はやっておく」という事を久美子なりに
実践した回だとも思いますし、そうした想いは間違いなくあすかに伝わっていたからこそのあすかの「ただいま」だったという
事になると思います。

久美子もかっこうよかったですけど、
いやいや、それ以上に今回の五航戦の愛鷹 様のコメントはかっこういいと思いますし、
まさにこれこそ「男らしい一文」だと感じました!
まさに「九州男児の鑑」みたいな気持ちがにじみ出ていると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3333-81e7b54d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |